職場の人間関係を改善する4つの方法。みんなの対処法も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

職場の人間関係は、相手を理解することで改善につながります。

この記事では職場の人間関係にストレスを感じている人に向けて、その原因や対策を紹介します。

仕事に行きたくないと感じると、プライベートも充実しません。ワークライフバランス実現のためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

職場の人間関係を改善する方法

職場の人間関係は以下の4つの方法で改善をはかってみましょう。

まずは相手を理解することから

職場に「なんだか合わないな」と思う人はいませんか。

この「合わないな」という感情は、相手にも何かしらの態度で伝わっている可能性があります。

もしかするとその態度によって、相手もあなたに負の感情を抱いていることも。

そのため、苦手と感じる相手に対しても「まず理解する」ことを心がけましょう。

不機嫌そうだなと感じたときも、それに対してすぐにイライラするのではなく、以下のように考えてみてください。

「何かプライベートで嫌なことがあったのかもしれない」
「私が〇〇さんの立場だったらどう思うだろう?」

信頼関係を築く努力をする

「信頼関係」と一口に言っても、構築するのは難しいもの。そこでまずは以下のようなことを試してみてください。

相手の自己肯定感にフォーカス

自己肯定感とは、ありのままの自分を認めることを指します。

相手の自己肯定感を高める努力をすると、安心感を与えられるでしょう。例えば以下のようなことを意識すると効果的です。

  • 感謝の気持ちを言葉と態度で伝える
  • 具体的に何が「ありがたい」のかを伝える
  • 相手の「よい」と思ったことをすぐに伝える

普段から「この人は何を言われたときに喜んでいるのかな?」と考えて観察すると、相手の承認欲求を満たせるのでおすすめです。

相手の話に耳を傾ける

相手の話をただ聞くのではなく「傾聴」を心がけましょう。

傾聴とは、相手の話を熱心に聞くこと。この「熱心に」というのは様々な表現方法があります。

例えば以下のようなことを試してみてください。

  • 相手に体を向けて話を聞く
  • 適度に相槌を打つ
  • 相手の話をそのままオウム返しする

特にオウム返しは簡単に信頼関係を築くきっかけをつかめるためおすすめです。

相手の話を否定も肯定もせずそのまま反復してみてください。そうすると、相手は「この人は話を聞いてくれている」という安心感を得られるでしょう。

非言語コミュニケーションを重視

先述したように「合わない」という感情は相手に伝わっているかもしれません。

それはなぜかというと、言葉にしなくても、あなたの感情が態度に現れるからです。これを非言語コミュニケーションといいます。

例えば言葉(=言語コミュニケーション)で相手に「ありがとう」と伝えたとしても、表情(=非言語コミュニケーション)が暗いと、感謝の気持ちの半分も伝わらないでしょう。

この他にも非言語コミュニケーションには、以下のようなものがあります。

  • 声のトーン
  • 話すスピード
  • 身振り手振り

このような言葉以外の部分も、今日からぜひ大切にしてください。そうすれば相手との意思疎通がスムーズになり、信頼関係の構築につながります。

以下の記事では、信頼関係を築くために必要なラポールについて詳しく解説しています。聞き慣れない言葉だと思いますが、参考になるはずなので、ぜひ確認してみてください。

常に口角を上げる

「常に笑顔で」と言われると、違和感を持たれる人もいるでしょう。しかし「常に口角を1cmだけ上げる」と言われると、なんだかできそうな気持ちになりませんか。

実際に鏡の前で、口角を1cmだけ上げてみてください。表情が和らぐのがわかるでしょう。

職場でも「気づいたときに口角1cmアップ」を心がけてください。周囲から話しかけやすい雰囲気を作れるでしょう。

第三者にアドバイスを求める

職場の特定の人物とうまくいかない場合は、第三者に相談して協力を仰いでみましょう。

例えば何度指摘しても態度が治らない後輩や、自分からは指摘できないような先輩など。「自分ではどうしようもない」と感じる人物に対しては、第三者の存在が非常に助かるケースがあります。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

そもそも職場の人間関係が悪化する原因とは?

この記事を読んでいる人は、前項で紹介したような方法をもうすでに試しているかもしれません。

そこでここでは、そもそも職場の人間関係が悪化してしまう原因について考えてみましょう。

固定観念にとらわれている

「先輩・後輩だからこうあるべき」
「女性だからこうあるべき」

このような固定概念にとらわれていませんか。

あるいはあなたがうまくいかないと感じる相手が、こういった「あるべき論」にとらわれているのかもしれません。

このような意見が出てしまうと、お互いの意見が平行線になることが多いです。

まずは相手の立場に立って物事を考える努力をすべきでしょう。

ストレスを周囲にぶつけてしまう

はじめは特定の人だけとうまくいかなかったのが、徐々に職場全体の人間関係の悪化につながるケースもあります。

自分の苛立ちを周囲にぶつけてしまうと、孤立につながることも。まずは自分の「イライラ」に気付きましょう。

それからその原因について考え、気持ちのリセットを心がけましょう。

自分の非を認められない

自分が「正しい」と思ったことに走っていませんか。周囲からの意見を聞き入れずに我を押し通すと、孤立の原因になります。

もちろん、自分の意見を全く持たないのも問題です。しかし周囲の意見も取り入れた柔軟な発想が、職場では求められます。

ミスを指摘されたときも真っ先に言い返すのはやめましょう。まずは受け入れ、アドバイスを仰ぐ姿勢を大切にしてください。

周囲の意見に流され過ぎ

常に周囲の意見に流されるのも、人間関係の悪化につながることがあります。

なぜなら「どこにもいい顔をしている」という誤解を招く原因になるからです。

これを避けるためには、意見を求められた場合はある程度自分の考えを示したほうがいいでしょう。ある程度自分の「軸」を持ち、周囲の意見も寛容に受け入れるバランスが大事です。

職場の人間関係の悪化、みんなはどうしてる?

職場の人間関係の悪化は、周囲になかなか相談できない人も多いでしょう。

そこで、他の人はどうしているのか、気になる人も多いはず。ここでは、世間の人の声を紹介します。

気持ちのよい挨拶をする

「あいさつくらいで変わるの?」と思われる人も多いでしょう。

しかしこれまで無意識に不機嫌な態度を取っていた場合、にこやかなあいさつを心がけるだけで状況が変わることもあり得ます。試しに1週間、続けてみませんか?

「自分にできること」に集中する

「もっと優しく言ってくれればいいのに」
「自分が悪いわけではない」

など、相手に求めることばかりに集中していませんか。

しかし相手を変えることはまず不可能。それよりも自分ができることに集中すべきです。そうすれば、いつの間にか人間関係が良好になっていることもあります。

「合わない人とは合わない」と割り切る

これは自分を守る行動とも言えますね。

「自分からの働きかけではどうにもならない」と思ったときは、こうやってリセットして考えることも大切でしょう。

苦手な人とは距離を置く

こちらも人間関係の改善に直接は働きかけず、自分の心地よさを求める方法です。この方法のよいところは、良好な関係を築けている人を大切にできる点でしょう。

このように、職場の人間関係に悩む人は、以下の2パターンの方法を試していることがわかります。

  • 自分が変わることで人間関係回復を目指す
  • 自分を守るために対象者と距離を置く

職場の人間関係を気にしない考え方も身につけよう

「自分からの働きかけではどうしようもない…」

職場の人間関係でそう感じたら、「気にしない努力をする」選択肢も検討しましょう。以下の記事で解説していますので、あわせて参考にしてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?