夏季休暇の意味とは?夏期休暇との違いや平均日数を紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「夏季休暇と夏期休暇、どっちが正しい?」「夏季休暇は法律で決まっているの?」

よく聞く「夏季休暇」という言葉ですが、意味や制度について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では夏季休暇の意味、制度の実態を解説します。

また、ワークライフバランスを実現して仕事もプライベートも充実させるためには、休暇の過ごし方も大切。記事の最後には、夏季休暇を楽しむ際の注意点も紹介します。

夏季休暇の意味とは

夏季休暇とは「夏の季節に取得する休暇」のこと。


社会人のお盆休みや、学生の夏休みなどを表す場合には「夏季休暇」を用いることが多いです。

類語には「夏期休暇」「夏期休業」があります。それぞれの単語について解説していきます。

夏期休暇の違い

夏期休暇とは「夏の期間中に取得する休暇」のこと。季節を取り上げる「夏季」と違って夏の期間を取り上げることが「夏期」の特徴です。

夏の休暇を表す言葉としては、どちらを使っても誤りではありません。ですが、NHKでは「夏季休暇」が使われており、一般的には「夏季休暇」を用いることが多いです。

夏期休業との違い

夏期休業は「夏の間に休業すること」を表す言葉です。企業が休業する際に使われることが多く「夏期休業のお知らせ」のような形で用いられます。

一個人が使う単語としては「夏季休暇」の方が馴染みがあるでしょう。

夏季休暇は法定休日ではない

「夏季休暇」は法定休日なのか、有給を消化するものなのか理解できていますか?

改めて考えると、制度をしっかり理解できていないという方も多いでしょう。

この章では、夏季休暇のルールについて解説します。

休暇には2種類ある

まず初めに休暇の種類を理解しましょう。休暇には以下の2種類があります。

  • 法定休暇:法律で定められた休暇のこと
    例)年次有給休暇、育児休暇、介護休暇、産前産後休暇など
  • 法定外休暇:企業が独自に定めている休暇のこと
    例)リフレッシュ休暇、バースデー休暇、慶弔休暇、ボランティア休暇など

このようにまとめると、休暇に種類があることが分かるでしょう。

以下では例に挙げた休暇について詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

介護休暇とは?制度内容・給与・介護休業との違い・申請方法を解説
最近は、高齢化社会になり「介護をしながら働きたい」という方も増えているようです。でも介護と仕事の両立は難しく、退職を決断せざるを得ない人も…。そこで今回は、介護と仕事を両立するための手段である「介護休暇」制度について紹介します。
産休とは?給料の有無、期間や有意義な過ごし方について解説
産休について具体的な内容を知っているという人は少ないのではないでしょうか?仕事と育児を両立させてワーキングライフバランスを実現させたいと考えている人は、ぜひ制度内容について理解を深めてみてください。記事では、産休期間中の給料の有無や、取得方法も解説します。また、政府が打ち出した夫の産休制度についても紹介します。
リフレッシュ休暇とは?有給休暇との違いや取得するメリット・デメリットを紹介
従業員の慰労やメンタルヘルスケアの一環として様々な企業で導入が進んでいるリフレッシュ休暇。ワークライフバランスを実現させるためにも、その概要・実施背景を知っておきましょう。この記事ではリフレッシュ休暇の概要やメリット・デメリットにつ...
ボランティア休暇とは?給料の有無や取得方法、導入企業を紹介
「ボランティア休暇って何?」「ボランティア休暇って給料をもらえるの?」という方に向けて、この記事ではボランティア休暇のルール・導入企業例・自分に合ったボランティアを探す方法を紹介します。従業員のワークライフバランス実現のために、ボランティア休暇制度を導入する企業は徐々に増えています。ぜひ参考にしてください。

夏季休暇は会社独自の「法定外休暇」

2種類ある休暇のうち、夏季休暇は会社独自の「法定外休暇」になります。つまり、夏季休暇は「法律で定められた休暇ではない」ということです。

あなたの会社に夏休みがあるなら、それは会社が「法定外休暇」を定めているということです。反対に「休暇がない」「有給を使って休む」という場合は、会社が「法定外休暇」を定めていないといえるでしょう。

「夏季休暇」に対する考え方は、企業によってさまざまです。制度を認識できていない方は、会社のルールを確認してみるとよいでしょう。

計画有給として付与する会社もある

なかには、計画有給として「夏休み」を付与する会社もあります。「夏休みが明けたら有給が減っていた」という方は、計画有給であると考えられるでしょう。

労働基準法では、年次有給休暇の計画付与について以下のルールが定められています。

個人が自由に取得できる日数を5日残せば、残りの年次有給休暇は計画有給として付与できる

つまり「夏休み」として計画有給を付与しても、法律違反ではないということです。年次有給休暇の消化率を上げるために、計画有給として付与する会社は少なくありません。

就業規則に法定外休暇の記載がある場合は「不利益変更」になる

夏休みを計画有給として付与することは、法律違反でないと説明しました。しかし、就業規則に法定外休暇の記載がある場合は「不利益変更」になります。

これは、もともと「法定外休暇」であった日を「計画有給」に変更すると、従業員にとっては有給の日数が少なくなるということだからです。

就業規則に「法定外休暇」として「夏季休暇」が定められていなければ問題ありません。しかし「法定外休暇」として定められている場合は「計画有給」として付与することはNGと覚えておきましょう。

就業規則の変更方法

就業規則に「法定外休暇」として定めている場合も、就業規則を変更すれば「計画有給」として夏休みを付与できます。就業規則は、労働者の過半数代表(過半数の支持を得て選出された労働者)から意見を集め、内容が合理的であれば変更できます。

意見を集めることは必須ですが、必ずしも合意を得る必要はありません。一個人が変更する機会はないかもしれませんが、制度の決まりとして知っておいても損はないでしょう。

特別休暇とは?種類、日数、有給休暇との違いも解説
決められた休日以外にも会社を休みたいときはあると思います。仕事疲れを取りたいとき、結婚式や葬式のときなど。そのようなときは特別休暇を取ってみてはいかがでしょうか。この記事では、特別休暇の意味や、種類、有給休暇との違いについて解説します。ワークライフバランスを重視して働きたい方は、ぜひこの記事を一読ください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめたebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひ無料ebookをご覧ください。

夏季休暇制度の実態

ここまでは、夏季休暇制度の意味やルールについて解説してきました。

この章では、夏季休暇制度の実態を紹介します。

夏季休暇を導入している企業の割合

厚生労働省の調査(2019年)によると、夏季休暇を導入している企業の割合は、全体の42.9%とのこと。これは「法定外休暇」として定めている割合ですが、半分以上の会社は夏季休暇制度がないことが分かります。

もしあなたの会社に「夏季休暇」がなくても、あまり珍しいことではないといえるでしょう。

夏季休暇の平均日数

厚生労働省の同調査によると、各企業が定める1回あたりの最高付与日数の平均は4.4日となっています。一般的な「お盆休み」の期間に休暇を定めている企業が多いと予想できるでしょう。

サバティカルとは?長期休暇を取ることで生じるメリット・デメリットを紹介
日本でも注目を集める休暇制度「サバティカル」をご存知ですか。この記事ではサバティカルの概要や、企業がサバティカルを導入するメリット・デメリットを解説します。ワークライフバランスを実現させたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください...

夏季休暇を楽しむ際の注意点

最後に、夏季休暇を楽しむ際の注意点を3つ紹介します。

仕事を中途半端にしない

夏季休暇に入るときは、仕事を中途半端に残すことは避けましょう。切りの良いところまで計画的に進め、必要であれば引継ぎをしっかり行うことが大切です。

これは、普段有給を取得する際も同様ですよね。取引先や同僚に迷惑をかけないように、休暇取得前は責任を持って業務に取り組んでください。

休暇前に業務の棚卸しをしておく

夏季休暇に入る前に、業務の棚卸しをすることも重要です。連休明けは、誰しも頭が働きにくくなります。業務の棚卸しをしておけば、休み明けにも切り替えをしやすくなるでしょう。

少しの努力が、連休明けの自分を助けます。面倒に感じるかもしれませんが、休暇を楽しむためにも業務を整理しておきましょう。

おすすめToDoリストアプリ6選!Excel(エクセル)・アプリ以外のToDoリストのアイデアも紹介
やるべきことをリスト化したtodoリスト。仕事の作業効率化によって、ワークライフバランスを実現させることも期待されます。毎日使って、頻繁に更新をするtodoリストの管理にはアプリに利用が便利です。この記事では、おすすめのtodoリストアプリや付箋やホワイトボードなどを使ったtodoリストのアイデアを紹介します。

休暇の終盤は生活リズムを整える

休暇の終盤には予定を入れすぎず、生活リズムを整えることをおすすめします。業務の棚卸しと同様に、連休明けの切り替えを考えておくことは、社会人として大切なことでしょう。

体調を崩してしまったり、著しくパフォーマンスが低下したりすると周囲に迷惑がかかります。連休の終盤には、規則正しい生活を心がけるとよいですよ。

朝活とは?メリットやおすすめ、三日坊主にならないコツを解説
朝の出勤前の時間を使って勉強や運動を行う朝活。集中力アップや生活リズムを整えるメリットがあり、忙しい人ほど朝活で時間を有効活用していると言われています。しかし「三日坊主になってしまった」「何をすればいいかわからない」という人も多いはず。朝活のメリットや明日からできるおすすめの朝活、そして続けるコツを解説します。

まとめ

夏季休暇は、お盆休みや夏休みなど「夏の季節に取得する特別休暇」のことです。この休暇は法律で定められているわけではなく「夏季休暇」のない会社も多くあります。

仕事・プライベート共に充実させるためには、休暇の過ごし方を意識するとよいでしょう。今回紹介した3つの注意点を参考にして、よい休暇を過ごしてください。

以下の姉妹サイトの記事では、連休明けに会社に行きたくないと感じる理由を解明します。対策も紹介しているので「夏季休暇が終わってしまうのが嫌だ…」という方は、ぜひ読んでみてください。

連休明けの仕事に行きたくない理由と対処法一覧 | テックキャンプ ブログ
連休明けの仕事になんとなく行きたくないと思っているけど、なぜだか理由がわからない。この記事では、会社に行きたくない理由と対策を紹介して会社に行ける前向きな気持ち作りをサポートします。

仕事もプライベートも楽しめる生活を手に入れよう

自由な働き方を手に入れるためのロードマップをプレゼント!

・フリーランスは自由な働き方の代わりに◯◯を失う
・フリーランスで1000万円以上稼いでいるのは◯◯万人
・未経験からフリーランスになるには◯◯をしなければいけない
・独立する前に◯◯をやっておくべき

ノマドワーカーのような自由な働き方を目指すあなたのために、テックキャンプでは限定eBook「フリーランスとして自由に働くためのロードマップ」をプレゼントしています。

無料eBookをダウンロード
タイトルとURLをコピーしました