フリーランスとして向いている人と向いていない人の特徴を解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

フリーランサーという言葉が広く普及し、フリーランスとして働くことに憧れや興味を抱いている人も増えてきました。

一方で、企業などに属さずに自らの力で仕事を受注し、収入を得ることに対して「自分にも出来るだろうか」といった不安を感じる人も多くいます。

この記事では、フリーランスとして向いている・向いていない人のタイプや、フリーランスとしての仕事の始め方などを解説します。

フリーランスに向いている人の特徴

仕事に限らず、スポーツや勉強などを含むどのようなことにも「向き・不向き」はあります。

その一方で、「自分では向いていないと思っていてもやってみたら意外と向いていた」、「合っていると思って始めたことが実はあまり得意ではなかった」など、自分がどのようなことに向いているかどうかは本人でもわからないことがもあるものです。

これからフリーランスに向いている人の特徴をいくつか紹介しますが、当てはまらないからといって必ずしもフリーランスに向いていないというわけではありません。一つの参考としてご覧ください。

自分からコミュニケーションが取れる

フリーランスは、仕事の受注から納品、スケジュールの管理、クライアントとのやり取り、請求書の発行などの事務手続きなど全て自分で行うことが基本です。そのため、仕事に関することや手続きの方法で疑問がある場合、それらに対しても自ら解決しなければなりません。

必要に応じて適切な人・組織に自分からコミュニケーションを取る姿勢が求められます。初対面の人とのコミュニケーションが苦手な人や、外部との交流に関して受け身である人は、フリーランスとして仕事をする上で少し苦労するかもしれません。

スケジュール管理がしっかりできる

スケジュール管理はフリーランスに限らず社会人にとって必須のスキルですが、特にフリーランスにとっては重要です。

今持っている仕事の全体量とそれぞれの納期や残っているタスクなどを把握し、納期に遅れることのないように日々の作業内容を決定する必要があります。スケジュール管理を怠った結果、締切に遅れてしまうことがあるとすれば、それはフリーランスとしてのあなたの信頼にも影響を及ぼすでしょう。

タスクが管理できるアプリなどを活用し、スケジュール管理を徹底して行えると仕事が捗ります。

仕事や収入の変化に対応できる

フリーランスと企業で働く会社員の大きな違いの一つに、仕事量・収入の安定性があります。会社という組織の中で仕事をする会社員は、契約で定められた一定の報酬があり、かつ繁忙期や閑散期などの変動はあったとしても毎日何か「やること」があるでしょう。

一方、フリーランサーは仕事量に応じて収入が変動するため、仕事をたくさん受注した場合には多く、少ししか受注できなかった場合には少なくなります。

これは、フリーランスとしての実力や経験などによっても異なるため、フリーランスであってもほぼ一定の収入を確保できている人もいます。しかし、特に駆け出しのフリーランサーは仕事や収入が不安定に変動することが予想されます。

そのような変化があっても「収入源を増やす」「節約して支出を減らす」など臨機応変に対応することが求めらるでしょう。

自分のペースで仕事をどんどん進めたい

フリーランスとして働くことによる大きなメリットの一つは、自分のペースで仕事が進められることです。他の人とチームになって一つの仕事を進めるよりも、自分が出来ることを自分のペースで進めることが好き、という人はフリーランスに向いていると言えます。

ただ、フリーランスになれば仕事に必要な作業を完全に自分のペースで進められるとは限りません。

企業や個人などのクライアントから仕事を受注するフリーランスの場合、締切など多少の拘束があると考えれます。

気分転換の方法を理解している

これまで解説してきた通り、フリーランスには収入や仕事量を安定させるためにはスキルや経験が必要です。フリーランスを続けていく中では全く仕事が受注できない時や、それまで受注していた仕事が突然なくなってしまうというケースも考えられます。

もし仕事の状況が悪くなった時に、「また営業活動を頑張ろう」と前向きになれる自分なりの気分転換の方法を理解しているとフリーランスとしての働き方を長続きさせることができます。

お金の計算が得意

会社員であれば企業が行ってくれる確定申告や納税などの手続きも、フリーランスは自ら行う必要があります。その他にも、作業量にあった報酬を貰えているのかなどを考える上でもお金の計算が得意な人がフリーランスに向いていると言えます。

税金関係の手続きについては専門知識も必要になりますが、近年は画面の指示通りに数字を入力していくだけで税金や保険料を計算できるソフトもあり、さほど深刻に考える必要はありません。

ただし「ある仕事に対する報酬が適正かどうか」については、作業を時給換算した時にいくらになっているのかなどには敏感になるべきです。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

フリーランスとして働くのは向いていない人の特徴

フリーランスとして活き活きと働いている友人や知人を見て、自分もフリーランスになろうかと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、中にはフリーランスとしてではなく企業などに属して働いたほうが活き活きと、また高いパフォーマンスが発揮できる人もいます。

ここからはフリーランスではなく別の働き方のほうが向いていると言える人の特徴を紹介します。

コミュニケーションや営業活動が苦手

営業活動やクライアントとのコミュニケーションはフリーランスとしての大切な仕事の一つです。どれだけスキルや実績があっても仕事が受注できなければフリーランスとして食べていくことが出来ないことを考えると、これらに対する苦手意識はフリーランスにとっては致命的となります。

もちろん、たとえ苦手意識を持っていたとしても仕事を続ける間に克服する(あるいは慣れていく)ことは可能です。また、仕事で最低限必要となる程度のコミュニケーションスキルがあれば良いので、多少の苦手意識であればさほど心配はいらないでしょう。

自己管理(セルフマネジメント)ができない

これまでの解説の通り、フリーランスは基本的に「一人」で仕事をするため、スケジュールやタスクの管理などを含めて自分自身で責任を持って行うことが求められます。そのため、「自分に甘い」「自己管理が苦手で締め切りや約束に遅れてしまいがち」という人は要注意です。

あなたをよく知る友人・家族・今の同僚などに自分が自己管理がしっかりと出来ているかを聞いてみるとよいでしょう。

安定的な収入が欲しい

自由な働き方ができるフリーランスは、一方で収入が不安定になりがちです。エンジニアなど高い専門スキルと経験を持つフリーランサーなど、一部の職種では同年代の一般的な会社員よりも高い収入を得ることも可能でしょう。しかしその状態がずっと続くという保証はありません。

家族などを養うために収入は安定させたい、という方にはフリーランスは不向きである可能性があります。

本業として安定的な収入を確保しつつ、副業としてフリーランスをするといった働き方を検討してみるとよいでしょう。

仕事の責任をすべて負うのは不安

責任感も重要です。フリーランスは基本的に「あなた一人」で全てを管理するため、何かトラブルがあった場合などにもあなたが対応することになります。会社員のように上司があなたの代わりに謝ってくれたり、会社が賠償金などを支払ってくれるということはありません。

トラブルやミスを起こさないような自己管理能力も必要であることに加え、何かあった時に責任を取る覚悟も求められます。そのため、仕事の責任を全て自分で負うことに不安がある、出来るだけ責任やプレッシャーのない環境で仕事がしたい、という方には不向きと言えるでしょう。

ネガティブな感情を溜め込んでしまう

職業などによらず、多くの社会人が「仕事関連」で何かしらのストレスを抱えています。ストレスの内容は職場の人間関係に関するものが多いですが、その他労働時間や収入、仕事内容など仕事に関連するあらゆることがストレスの原因となりえます。

これらのストレスは、定期的に発散をしないと集中力の低下や仕事のミスに繋がります。特に一人で作業することの多いフリーランスという働き方は、周囲にすぐに悩みや不満などを打ち明けられる人が少なく、感情のコントロールも難しくなりがちです。

物事を深刻に考える癖がある人や、心配性の人などは、フリーランスを始める前にネガティブな気持ちを共有できるフリーランス仲間や友人などを見つけておくことをおすすめします。

フリーランスとして継続的に仕事を受注するためには、社会人としての最低限のマナーに加え、いくつかの抑えておくべき重要なポイントを踏まえておくべきです。

もし上述の「フリーランスとして向いている条件」に当てはまったとしても、以下の点ができていないとスムーズに働くことは難しくなるでしょう。具体的に解説していきます。

納期を守る

まず基本的に、クライアントから指定された納期は厳守しましょう。締切の日時を過ぎてしまうと、それがたとえ1分であっても「納期を守った」とは言えません。

スケジュールやタスクを管理した上で、もし納期を守れないようであればそれがわかった時点でクライアントに相談・報告することを心がけてください。

納期遅延はあなたの信頼に大きな影響を及ぼします。日々のタスク管理などをしっかり行った上で、仕事を受注する際には体調不良や急な予定、トラブルなどにも備えて予備日を設定するとよいでしょう。

受注した仕事は最後までやり遂げる

一度受注した仕事は、最後までやりきりましょう。特にフリーランスの駆け出しの頃は、自分自身のスキルや作業ペースなどを把握しておらず、自分が出来る以上の仕事を受注してしまうこともあるかもしれません。

そのような場合であっても、一度受注したのであれば最後までやりきることが重要です。途中に投げ出したり、クライアントに連絡をせずに納期に遅れるなどは、フリーランスである以前に社会人のマナーとしても適切ではありません。

クライアントと円滑にコミュニケーションを取る

クライアントとの円滑なコミュニケーションは仕事をスムーズに進めるだけでなく、信頼関係の構築にも重要な役割を持ちます。フリーランスはインターネットを通じてリモートで仕事をしている人が多く、クライアントと実際に顔をあわせる機会がないまま仕事が完結することも珍しくありません。

そのような状況であるからこそ、認識の食い違いが生まれないために頻繁なコミュニケーションが必要です。初めて仕事を受注するクライアントの場合には、挨拶の意味も込めてチャットなどではなくスカイプなどでのビデオ通話で打ち合わせをする、といった工夫が出来るでしょう。

体調管理をする

フリーランスには有給休暇はありません。つまり、仮に体調を崩して仕事ができなければその休んでいる期間の収入はなくなってしまう可能性が高いです。

体調管理が重要であることは会社員も同じですが、会社員の場合はいざと言うときに休んでいる人の仕事を別の誰かがカバーしたり、有給休暇を利用して会社を休むことが出来ます。

フリーランスとして働くのであれば、体調管理も仕事の一つと捉え、規則正しい生活や十分な睡眠など、会社員以上に体調管理を厳密に行いましょう。

税金について理解する

フリーランスは請求書の発行や売上・経費の管理などの事務関連の手続き、さらに会社員であれば会社が手続きをしてくれる確定申告(年末調整)などの税金の手続きも個人で行う必要があります。

これからフリーランスを目指すという方は、必要な手続きを必要なタイミングで焦ることなく行えるように、あらかじめ税金については理解しておきましょう。

確定申告については以下の記事で詳しく解説されています。こちらも合わせてご確認ください。

確定申告はどうやるの?副業をしたい会社員や初心者フリーランス向けに解説 | テックキャンプ ブログ
「副業を始めたいが、税金の支払いや確定申告についてわからないことが多く踏み出せない」 「フリーランス1年目で、確定申告の方法がよくわからない」 こう考えていませんか。 確定申告がいくらから必要になるのかは、副業のやり方や収入・所得によって異なります。この記事ではこれから副業を始める会社員や初心者フリーランス向けに、確定

向いてない人でもフリーランスとして働くには

これまでの記事でフリーランスに向き・不向きがあることを解説してきました。しかし「不向きの特徴に当てはまるがフリーランスとして独立したい」という方もいらっしゃることでしょう。

そのような方でもフリーランスになれないわけではありません。仕事を始める上で意識しておくべきコツを解説します。

まずは簡単な仕事からチャレンジする

フリーランスと言ってもその仕事は多種多様であり、仕事の単価も異なります。フリーランスに興味がある人は、まずは簡単な仕事から始めるのがおすすめです。

簡単な仕事は期間が短く、作業内容もシンプルであるため、クライアントとのやり取りもあまり発生しません。その分報酬も低く設定されていますが、これらの仕事をまずはお試しとしてやってみることで、

・そもそもフリーランスという働き方が自分に合っているか
・クライアントとのコミュニケーションは十分に取れるか
・自分の作業ペースや作業ができる時間帯

などを知ることができます。

副業からスタートする

いきなり独立して専業にならず、副業から始めることもおすすめです。いきなりフリーランスでの仕事だけに絞って活動をするのは、収入が大幅に減ってしまうリスクがあります。

まずはあなたがフリーランスとして働くことができるのか、フリーランスとしての働き方が合っているかどうかを本業の傍で試し、うまくできそうであれば独立に踏み切る流れがよいでしょう。

以下の記事では、会社員におすすめの副業について解説されています。ぜひ参考にしてください。

会社員からフリーランスになりたいなら、まず『副業』として始めるべき理由 | テックキャンプ ブログ
会社員として働きながら、フリーランスのような働き方もしたいと考えていませんか?それなら「副業フリーランス」から始めるのがおすすめです。この記事では、会社員は副業ができるのかをはじめ、副業フリーランスの働き方をわかりやすく解説します。

集中できる作業スペースを探す

オフィスなどに出勤して仕事をしないフリーランスにとって、集中ができる「自分だけの仕事場」を見つけることは重要です。自宅で集中して作業ができるスペースを作ってみたり、自宅での作業が難しそうであればカフェやコワーキングスペースなどを利用してみると良いでしょう。

カフェなど家以外の場所を仕事場とすることで、運動不足の解消や気分のリフレッシュなどにも繋がります。普段は家で作業をするが、週に1回はカフェで作業をする、といったように気分転換の日を作ってみることもおすすめです。

フリーランス専門のエージェントに相談する

フリーランスとしての始め方や営業のやり方、請求書の発行方法やお金の管理などがよくわからない、という方はフリーランス専門のエージェントに相談してみる方法もあります。

エージェントを利用する以外には、すでにフリーランスとして活動している知人や友人などに話を聞いて、イメージを膨らませる方法おあります。

フリーランスの仕事の探し方については以下の記事で詳しくまとまっています。目を通してみてください。

フリーランスの仕事の探し方と安定して案件を獲得するステップを解説 | テックキャンプ ブログ
あなたはフリ―ランスとして働きたいと思っていませんか? 「自分のスキルならもっと稼げるはず」「自分の仕事のペースで効率よく働きたい」という思いを感じた場合に、フリーランスへの転身を考えたことがある方も少なくないでしょう。 「会社勤めには自分の取り組みたい仕事を選べる自由はないけれど、フリーランスなら好きなように働けるか

フリーランスとして働くならスキルは必要

これまで解説してきた「向き不向き」はあくまでも素質や性格の話です。実際にフリーランスとして仕事を受注していくためには、仕事をする分野のスキルや経験が必須となります。

実際、企業などで経験を積んだ後に独立してフリーランスとして仕事をしているという方は多いです。過去の経験を活かす場合であっても他者(ライバル)との差別化のために新たにスキル・知識を身につけている人もいます。

クラウドソーシングサイトなどを活用すれば、データ入力や文字起こしなど特別なスキルがなくても行える仕事もありますが、そういった仕事は単価が低く、お小遣い程度の収入にしかなりません。

フリーランスとして会社員と同等、またはそれ以上の収入を得るためにはフリーランスになった後も継続的なスキルアップが求められます。

独学でスキルを身につける

本やオンラインサイトなどを利用して独学をする方法は、通勤時間や仕事終わりなど空いた時間を活用してスキルを身に着けたい方や、お金をなるべくかけたくないという方におすすめの方法です。

自分のペースで学習が進められるというメリットの一方、時間がかかる、挫折しやすいといったデメリットもあります。検定試験の合格などのゴールを設定し、スケジュール管理をしながら着実にスキルを身につけられるようにしましょう。

独学で資格を取ってキャリアアップする方法については以下の記事でも紹介されています。

独学で資格をとって転職・キャリアアップしたい!挫折しない勉強のコツを解説 | テックキャンプ ブログ
キャリアアップや転職のために資格を取りたい。できれば独学で取得したい。このように考えている方はぜひお読みください。おすすめの資格や独学で取得を目指すポイントを詳しく解説します。

専門のスクールに通う

専門的・実践的なスキルを短期間で効率的に学びたいという方はスクールに通うのがおすすめです。独学よりも費用はかかりますが、より集中的・効率的に学習ができます。

スクールによってはその後の独立支援、就職支援などを行っていることもあり、フリーランスとしての良いスタートダッシュを切りたいという方にとって大きな助けとなります。

会社員として働くという選択も必要

フリーランスに憧れを持ち、いざなってみたが思うように出来なかったとしても、悲観的になる必要はありません。フリーランスからまた会社員に戻ることも選択肢の一つです。

会社員は労働時間や業務内容など、フリーランスのように全て自分で決められるわけではありませんが、収入面に関してはフリーランスよりも安定しています。

仮にフリーランスとして挑戦した後に会社員に戻ることを決断した場合でも、その判断は決して間違ってはいません。企業によっては、フリーランスとして働いた経験やその中で培ったスキルを求めているケースも多くあり、あなたのフリーランスとしての経験を会社員として活かせる機会もたくさんあります。

また、リモートワークやフレックス制度を採用している会社であれば、自宅や地方などのリモート環境下で業務が出来たり、勤務時間帯を自由度を持って決められることもあります。

どのような働き方が自分に最も合っているかを考えながら選択していきましょう。

さいごに

フリーランスとして継続的に仕事を受注し、一定レベルの収入を得るためにはスキルや実績などに加えて、クライアントとの信頼関係を築くためのコミュニケーションスキル、スケジュール管理能力や自己管理能力なども必要です。

フリーランスをやってみたいが自分に合っているかわからない、という方は副業として初めてみるとよいでしょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?