産休とは?給料の有無、期間や有意義な過ごし方について解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

出産するときに産休を取得するのは働く女性の権利です。ですが、具体的な内容を知っているという人は案外少ないのではないでしょうか?

仕事と育児を両立させてワークライフバランスを実現させたいと考えている人は、ぜひ制度内容について理解を深めてみてください。

記事では、産休期間中の給料の有無や、取得方法、有意義な過ごし方を解説します。また、政府が打ち出した夫の産休制度についても紹介します。

産休とは

産休は厚生労働省が労働基準法で定めた法律です。

働いている女性が出産前後に取得できる休暇のこと。産前休業と産後休業の2種類があります。

産前休業は出産までの準備のための休暇、産後休業は出産後に失われた体力を回復するために設けられています。

対象者

産休は働く女性全員が取得対象者になります。正社員はもちろん、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなど雇用形態は問いません

社員に産休を取らせることは会社の義務になります。働いて間もない人でも、雇用期間に関係なく取れるので安心してください。

期間はいつからいつまで

産休は産前休暇と産後休暇の2種類があると前述しました。


それぞれの休暇がいつからいつまでかを説明しましょう。

産前休業:出産予定日から6週(42日)

予定日よりもし出産が遅れた場合は休業期間が延長されます。逆に予定日よりも早めに生まれた場合は期間は短くなります。

2人以上の赤ちゃんを妊娠している場合は、14週(98日)前から取得が可能です。

産前休業の取得は申請制になるので注意が必要です。ギリギリまで働きたい人は産前休業を取らないという選択肢も。

ですが、体調が急変することもあるので、家族や職場などとしっかりと相談して取得の有無を決めましょう。

産後休業:出産した翌日から8週(56日)

産後休業の取得は義務化されています。法律で産後8週は働くことが禁止されているのです。

産後6週を過ぎて経過が順調で、医者の診断書がある場合は仕事に復帰することが可能。

有給休暇と組み合わせて休業するのもおすすめ

産前産後休業後に職場に復帰した際に、有給休暇の期限が切れているということもあります。そうならないために、産前休業に入る前に有給休暇を取得しておくといいでしょう

里帰り出産や体調面などを考慮して早い時期から身体を休める期間を設けておくと、安心して出産に挑めます。

産休期間を自動計算できるサイト

「出産予定日は把握しているけど、産休期間がいまいちよくわからない」

このように具体的にどれくらい産前・産後に休めるのか知りたいと思っている方は自動計算サイトを使ってみてください

育児休業予定日や受け取れる給付金などについてもすぐに知ることができます。

育休との違い

産休と育休を混同している人もいるとも思うので、育休について解説しておきましょう。

まず育休は男女ともに取得できます。1歳に満たない子供を持つ親が育児を目的として利用する制度。育休には「育児休業」「育児休暇」という2種類あります。

育児休業は育児介護休業法で定められた法律で、取得するための条件があります。育児休暇は会社独自の制度で、育児休業の条件に満たない人のための制度です。

育児休業について知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

産休中の給料の有無や支援制度

産休が取得できるのは嬉しいですが、気になるのは金銭面。


給料の有無や支援制度がどうなっているのかを紹介しましょう

出産手当金

産休中の生活をサポートしてくれる給付制度です。産休中は無給になるため、原則給料の3分の2が生活費として健康保険料から支払われます

期間は最大14週(98日)、2人以上の出産の場合22週(154日)です。産休手当金がもらえるかどうかには条件があるので確認してみてください。

・勤務先の健康保険に加入している
・産休後に職場復帰予定
・産休中は会社から給与がないor給与額が手当金より少ない
・妊娠12週(85日)以降に出産(流産・死産・中絶含む)

出産手当金は産休前に申請書を会社からもらい、産休後に会社に提出します。申請しなければもらえないので注意しましょう。

フリーランスや専業主婦の方は受け取ることができません。

パートやアルバイトは支給される?

正社員以外でも勤務先の健康保険に加入している場合は、パートやアルバイトなどの雇用形態でも支給されます

産休前後に退職した場合は支給される?

産休前後に退職した場合は一定の条件を満たせば支給対象になります。

・健康保険加入期間が退職日までに1年以上継続(任意継続期間は含まず)
・産休中に退職
・退職日に出社していない

出産育児一時金

出産にかかる高額な費用による家計負担を軽減するための制度です。赤ちゃん1人につき42万円を受け取ることができます。

双子の場合は84万円、三つ子だと126万円が受給額です。受け取ることができる対象は以下になります。

・健康保険、国民保険に加入していて妊娠12週(85日)以上で出産した人
・健康保険に加入している人の扶養家族

妊娠週数が22週未満で出産した場合は40万4000円です。

社会保険料の支払いは免除

産休期間中は健康保険料や厚生年金保険料などの支払いは免除されます。

免除期間も通常通り支払っていることとしてカウントされるので、将来受け取れる年金が減額されることはないので安心してください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

産休の取得・申請方法

産休の取得・申請方法について解説します。


まず、妊娠がわかってから会社に報告をしなければいけません。以下に順を追って方法を見ていきましょう。

  1. 会社に妊娠を報告:赤ちゃんの心拍が安定してから報告。報告は所属部署の上司に
  2. 産休申請:申請に必要な書類を勤務先の担当者から受け取る。必要な書類を提出
  3. 育児休業申請:産休後にそのまま育児休業が取れるように申請を済ませておく

それぞれ会社の就業規則を確認しておくと安心です。産休に入る前後はバタバタするので、早め早めに準備しておくことをおすすめします

産休を取る際に気をつけたいこと

いざ産休を取ることになってもおそらく「これってどうなの?」という疑問や不安もあるのではないでしょうか。

ここでは産休を取得する際に注意しておいたほうがいい点について解説します

産休について把握しておく

大前提として、産休についての基本的な制度について把握しておきましょう

産休、育休を混同している人もいると思いますので、何が違うのかを理解しておくことをおすすめします。

また、産休は国から与えられた休業制度であるため、会社に気にすることなく取得可能。

産前休業、産後休業で休める日数が異なる、給付金があるなどを知っておくだけで安心感が異なります。

職場には早めに妊娠報告をする

職場には早めに妊娠報告を済ませましょう。


つわりが激しくなる8〜12週目の間に直属の上司に報告することがおすすめ

妊娠後に受け持つ業務などについて上司と相談しておくと、産前休業にスムーズに入れるでしょう。また、職場への復帰についての段取りも調整しておくことも大切です。

業務の引き継ぎをしておく

業務の引き継ぎを早めに後任者にしておきましょう。

普段の業務をしながら引き継ぎ作業はなかなか大変です。あらかじめ引き継ぎスケジュールを組む、業務マニュアルを作るなどをしておくと円滑に後任者に業務を引き継げます

マニュアルを作成する際はシンプルかつ簡潔にしておくことが大切です。

保育園の情報を収集しておく

産休明けに赤ちゃんを保育園に預けて、すぐに職場復帰したいと考えている人も多いと思います。

待機児童問題などをニュースで聞くと、早めに入れそうな保育園の情報を入手しておくことは大切。自治体の役所で情報はもらえるので活用しましょう。

あるいは自身で保育園を調べて問い合わせをすることもおすすめです。

今後のキャリアプランを考える

産休後のキャリアプランを考えることもやっておきましょう。


仕事と子育てをどのように両立させるのかを考えることは大切です。あなたが目指すキャリアを築けるように、夫と育児の分担などを相談するのもいいかもしれません。

産休中におすすめの過ごし方

毎日仕事をしていたのに急に長期の産休に入ると手持ち無沙汰になる人もいるはず。産休中におすすめの過ごし方を紹介します

やりたいことリストを作る

産休後に自分がやってみたいことを考えてみてはどうでしょうか。

仕事をしている時はなかなか自分と向き合う時間がなかった人は、今後達成したい目標や、叶えたい夢などをノートやメモ帳などにリスト化してみてください

「高級ホテルのアフタヌーンティを楽しむ」「子供の洋服を作る」「副業をする」などなんでも構いません。

資格取得のための勉強

職場復帰後に役立つ資格を取るための勉強もおすすめです。スキルアップのための資格ならWordやExcelなどに役立つMOSや、ITの知識を身につけるならITパスポートなどがあります。

お金に関する知識をもっと深めたいなら簿記がいいでしょう。オンライン講座で資格の勉強をすることも可能なので手軽に始められます

赤ちゃんグッズを作る

よだれかけ、布おもちゃなどを本を見ながらつくるのもおすすめ


初心者向けのキットも売ってあるので、物作りが苦手という人でもできます。

自分の赤ちゃんのために愛情を込めてグッズをつくってみませんか。

部屋の掃除

仕事で忙しくて部屋の掃除がなかなかできていなかった人は、産休中に部屋の掃除をするものいいでしょう。

赤ちゃんを受け入れられるように部屋を衛生的な側面を含めてきれいにしておくことは大切です。また、産休明けに部屋がきれいだと疲れやストレスも軽減されるでしょう。

マタニティフォトを撮る

妊娠中の今しかできないことはマタニティフォトを撮ることです。

赤ちゃんとつながりを感じられているときに、記念としてマタニティフォトを撮っておくと、一生の宝ものとして残して置けるでしょう。

夫の産休を政府が創設方針

2020年7月に夫の産休制度創設の方針を政府が打ち出したことがニュースになりました。


具体的には産後休業を初めて男性が取得可能になるというものです。

共働き夫婦が増えている中で、育児は男女ともにするというのが当たり前になりつつあります。それでも、まだ女性の負担する割合が多い現実があります。

それを打破するために、政府は出産直後に夫が休業を取り、妻のサポートをできるようにしようとしているのです。

出産後の妻は精神的、肉体的に負担が大きく産後うつになりやすい傾向があります。それを未然に防ぐという狙いもあります。

下記のニュース・コラムで夫の産休については詳しく解説しているので、こちらも御覧ください。

まとめ

産休は働く女性にとっても大切な制度であり、期間です。制度についてあらかじめ知っていると、スムーズにライフイベントを乗り越えることができるでしょう。

また、この大切な時間を自分の今後のキャリアやワークライフバランスを実現するために活用してみてください。この記事があなたの参考になれば幸いです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました