主体性を高めるメリットと身につける方法を解説!主体性がないNG行動とは

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

主体性を高めたい、指示待ち人間から脱却したいがどうすればいいのかわからない、と悩んでいませんか。

自分では主体性があると思っていたが、上司や先輩から「主体性がない」と指摘されてショックだった、という人もいるかもしれません。

主体性を身につけることは、個性の発揮や自身の成長にも重要。プライベートの生活でも主体的になることでワークライフバランスも整うでしょう。

この記事では、主体性を高めるメリットや具体的な方法、さらに主体性を下げるNG行動などについて解説していきます

主体性の意味

主体性とは、自分の意志や判断によって、責任をもって行動する態度や性質のこと

類語としては「自主性」や「当事者意識」があります。

細かい意味の違いはありますが、いずれの言葉も誰かの指示を待つのではなく、積極的、能動的に行動することとして使われています。

主体性を身につけるメリット

主体性を身につけることで、仕事やプライベートでどのようなメリットがあるのでしょうか

チャンスに恵まれやすい

指示をしなくても勝手に仕事をしてくれる主体性の高い人は、周囲からの信頼も得やすいです。結果として、仕事などで重要な業務やポジションにも抜擢されやすくなります。

「チャンスを掴む」という言葉の通り、よい機会は待っていればやってくるものではありません。積極的に行動することで、自分の力でチャンスを手に入れることもできるのです。

自分らしさを発揮できる

自ら考えることで、自分らしさを発揮した行動が取れます

自分らしさは、答えや正解がないビジネスの世界で自身の社会的な価値を向上するために必須。

誰にでもできる仕事は、別の誰かやAIに乗り換えられてしまうかもしれません。

人生に後悔しない

やりたいことに積極的に挑戦することができるため「あの時ああすれば良かった」と後悔することがありません

また、主体性が高い人は失敗を恐れないという特徴も。たとえ上手くいかなかったとしても、そこから学ぶことで失敗を経験にすることができるのです。

早く成長できる

主体性がある人とは、自身の考えや意見をしっかりと持ち、それを周囲に伝えることができる人。同時に、相手の意見にも耳を傾けて改善すべきところも素直に受け入れられます。

結果として、自身をより早いスピードで成長させることができるのです。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

主体性を高める方法

主体性とは思考や行動を変えることで高めることができるスキル。

もし今のあなたに主体性が足りなかったとしても、落ち込むことはありません。主体性を高めるための方法を紹介するので、できることから早速実践していきましょう

目標・夢を持つ

主体性を身につけるためには、身につけるための理由(動機づけ)が必要です。

「ああなりたい」「こうなりたい」「あれを手に入れたい」などの目標や夢があれば、積極的に行動する理由が生まれます

例えば、仕事で「今のまま生活できればいい」と考えている人は、スキルアップ・キャリアアップをすればより生活が楽になる、もっと自由な時間が生まれると考えてみてください。

主体的に仕事をしていくモチベーションが湧いてくるでしょう。

自分の意見を持つ

何事に対しても自分の意見を持つことを習慣化してみましょう

例えば会議を聞きながら「この人の意見には賛成だ」「この問題にはA案が最適だ」など、どう思うかを自分に問いかけ、心の中で答えます。

発言する勇気がなくてもかまいません。まずは自分の意見を持つことが大切です。

これを繰り返していくことで、だんだんと自分の意見に自信が出てきて発言する勇気が持てるようになるでしょう。

選択する癖を持つ

誰かの提案や指示を待つ癖がある人や他者の意見に流されやすい人は、日常の様々な場面で選択する癖を持ちましょう

「昼食は何を食べるか」「会議は何時からやるか」など小さなことを通して、決断することに慣れていきます。

「主張して相手から嫌われるのが怖い」という人は、家族や友人など信頼できる相手でトレーニングを始めるのがおすすめです。

主体性のある人の行動を真似る

身近に主体性がある人がいる場合は、その人の行動や思考パターンを観察し真似することも効果的

主体性のある人を観察してみると、あなたよりも自己主張が強く、決断や行動のスピードが早いことに気づくでしょう。

いきなり全てを真似することは難しくても、主張や意見の言い方や態度などは参考にできるはずです。

主体性がないと判断される理由

ここからは、主体的でないと思われる理由について解説します

主体性があると自分では思っていても、社会ではそうではないと判断されてしまうこともあるかもしれません。当てはまるものがないか考えてみましょう。

受動的である

会議などの場で誰かが発言するのを待ったり、上司や先輩に指示を仰いだりするのが習慣化していませんか。

あるいは、プライベートなどで「何でもいい」「任せる」などが口癖になっていませんか。

このような受動的な態度は、指示がないと動けない、自分の意見がないなどのマイナスイメージに繋がります。

他責思考

自身の行動や判断に責任を持てていますか。「◯◯が悪い」「◯◯さえ上手くいっていれば」など他責する癖がある人は、周囲からは主体性がないと判断されがちです。

主体性とは、ただ自分で考え行動するのではなく、その行動や判断が元となって起きた物事にも責任を持つこと。他責思考のままでは自主性は育ちません。

成長意欲がない

成長意欲がなく、現状維持をしようとしていませんか

ビジネスの現場では、スキルアップ・キャリアアップなど常に成長していくことが求められます。

主体性の高い人は、意欲を持って自身の成長に取り組んでいるのに対して、主体性の低い人はできることだけをやろうとしてしまいます。

ネガティブである

物事のマイナスの面ばかりを見ることが多く、ネガティブであることも主体性がない人の特徴。

自分の能力に自信がないため、意見を周囲に伝えたり、自ら判断・行動する勇気が持てないのです。過去に大きな失敗をしたことが原因で物事に消極的になっているケースも。

まとめ

主体性は鍛えるためには、身近なことを行動や思考の癖を変えていくことがポイント。ネガティブ思考になりがちな人は、自己肯定感を高めて自分に自信を持つことも重要です。

主体性を持たざるを得ない環境にあえて自分を置く方法もあります。難しいと思っていても、やってみれば案外できた、なんてこともあるかもしれません。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました