時差出勤とは?メリットやフレックスタイム制との違いを解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、満員電車を避ける目的で一時的に導入した企業も多い「時差出勤」

テレワークと同様に政府が提言する「新しい生活様式」の1つでもあり、今ますます注目されています。

出勤する時間をずらすことは、多様な働き方ができたり、ワークライフバランスの実現につながったりするのでメリットが多そうですよね。

この記事では、時差出勤は具体的にどんな制度なのか、フレックスタイム制との違いやメリット・デメリットを紹介しながら解説します。

時差出勤とは

時差出勤とは「就業規則などで企業が定めた1日の労働時間のなかで、社員が各自で出勤・退勤の時間を選ぶことができる制度」のこと。

通勤ラッシュを避ける手段として注目されています。

いくつかの出勤・退勤の時間のパターンが決まっており、そのなかから自分の生活に合うものを選ぶという仕組みの企業がほどんどです。

例えば、1日の労働時間が8時間(休憩1時間)と決められている場合、8時30分〜17時30分/9時〜18時/10時〜19時といったパターンの中から選びます。

時差出勤の制度ではどんな出勤・退勤の時間を選んでも、1日の労働時間は変わりません。そこがフレックスタイム制との違いです。詳しくは後述します。

時差bizプロジェクトが普及を後押し

出典:東京都

時差Bizとは、東京都が推進する時差出勤奨励プロジェクト。働き方改革の一環として取り組んでいます。

時差BizのHPでは以下のように紹介されています。

満員電車の混雑緩和は、社会の生産性向上のための重要な課題のひとつです。
東京都では、通勤時間をずらすことによって満員電車の混雑緩和を促進する「時差Biz」を実施中です。
時差Bizの参加に資格や決まりはなく、皆様が一斉に取り組むことにより、大きな効果があることが見込まれます。

時差Bizには都内の鉄道事業者が参加し、快適な通勤に向けて様々な施策を行っています。

例えば以下のような施策があります。

  • 早朝時間帯に電車の本数を増やす
  • オフピーク時の乗客にはポイントを付与する
  • 混雑状況を見える化する

東京都が時差Bizプロジェクトを通して時差出勤を推奨したことで、企業のおける時差出勤の制度導入の後押しとなりました。

コロナウイルスの影響で多くの企業が導入

2020年、新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークと同様に一時的に「時差出勤」を導入する企業が増えました。

実際に時差出勤をした方の意見をいくつか紹介します。

自社出勤に関してポジティブな意見がある一方で、会議の時間設定が難しかったり、出勤・退勤の時間をずらさないほうが生活リズムに合っている人もいるようです。

時差出勤とフレックスタイム制との違い

混同されがちな時差出勤とフレックスタイム制ですが、じつは仕組みや目的が大きく異なります。

時差出勤は社員が各自で出勤・退勤の時間を選ぶことができますが、1日の労働時間は変わりません。

一方フレックスタイム制は、必ず勤務するコアタイムを決めているケースもよくありますが、出勤・退勤の時間も勤務時間も各自で自由に調整できます。

この違いは、そもそも制度が作られた背景が異なることが理由にあげられます。

時差出勤は「通勤ラッシュを避けるため」、フレックスタイム制は「生産性向上や働きやすい環境づくりのため」に作られました。

どちらもメリットが多い制度ですが、フレックスタイム制のほうが自由度が高いと言えるでしょう。

フレックスタイム制については以下の記事で詳しく解説しています。

フレックスタイム制とは?働く前に知っておきたいメリット・デメリットを解説
ワークライフバランスを取りやすい働き方として多くの企業で導入されているフレックスタイム制。好きな時に働けて良さそうなイメージがありますが、具体的にどのような制度であるか理解していますか?この記事では、働く前に知っておきたいフレックスタイム制の具体的な内容とメリット、デメリットについて解説します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

時差出勤のメリット

時差出勤を導入するメリットを紹介します。

筆者も時差出勤を経験したことがありますが、以下の効果を実感しました。

満員電車のストレスが軽減する

時差出勤をすることで、満員電車を避けてオフピークの時間の電車で出勤することができます。

満員電車での通勤では、自分を含めてみんなイライラしていたり、しょっちゅう遅延が発生したり、痴漢被害があったりして精神的な疲労は非常に大きいものです。息苦しくて具合が悪くなるという方もいるでしょう。

朝からストレスの溜まる通勤をしていると、仕事の効率が落ちたり、疲れやすくなります。満員電車から解放されることで、仕事や自分のメンタルによい影響があります。

満員電車通勤は本当に必要?コロナで働き方への意識が変化
新型コロナウイルス感染症は、働き方に対する意識変革を多くの人にもたらしています。緊急事態宣言により、多くの人の働く環境は一変しました。テレワークを経験した人の中には「通勤時間は本当に必要なのか」と疑問に思った人もいるはずです。この記事では、「満員電車通勤をやめることは、生産性向上に繋がる」ことを紹介します。

多様な働き方が可能になる

時差出勤ができると、社員それぞれに合った多様な働き方が可能になります。

特に育児・介護をしている方など、企業が決めた出勤・退勤の時間に合わせるため無理して働く人がいました。なかには就業できなかった人もいます。

また朝型・夜型の人どちらもいますが、勤務時間帯を選ぶことで働きやすくなるでしょう。

都合のよい出勤・退勤の時間を選べるということは、「柔軟に働くこと」や「自分らしく働くこと」ができるようになるといえます。

共働きの子育ては大変?共働き育児の問題と解決策を解説
仕事をすることで家庭を持ちながら社会との接点も保つことができ、より毎日にやりがいを感じ、ワークライフバランスを充実させることができるでしょう。一方、共働きの育児に不安を抱えている人も少なくありません。この記事では、共働き育児でよくある問題やその解決策について解説します。

ワークライフバランスを実現しやすい

自分の理想のワークライフバランスを実現しやすいのも、時差出勤のメリットの1つです。

例えば「18時からの習い事を始めたいから、早い出勤時間を選ぼう」「飲みに行くのが好きだから、早い退勤時間を選んで夜を存分に楽しめる生活にしよう」のように、退勤後の時間を楽しめる勤務スタイルにできます。

また「趣味の朝ジョギングを平日もやりたいから、遅い出勤時間を選ぼう」というように平日の朝も自分のための時間として楽しむ勤務スタイルも可能です。

もし日ごとに出勤・退勤の時間が選べるなら、その日の夜の予定や前日の退勤時間によって、出社を早めたり遅めたりできるので、さらにワークライフバランスを叶えやすくなるでしょう。

ワークライフバランスとは?実現するコツ・転職時の企業の見分け方も解説
ワークライフバランスとはどんな意味かご存知でしょうか。また、国や企業が積極的に働き方改革に取り組んでいる理由を知っていますか。じつは、日本が「とある状態」に置かれているからなのです。この記事ではワークライフバランスの意味や普及した背景、転職時の企業の見分け方も紹介します。

取引相手に合わせた勤務時間にすることができる

時差出勤の制度があれば、取引相手に合わせた時間帯に働くことができます。

時差のある海外や夜にオープンする飲食店と仕事をする場合、今まで早朝出勤や深夜残業をしなくてはいけなかった人もいるはず。

取引相手に合わせた出勤・退勤の時間を選ぶと、負担が減るでしょう。

時差出勤のデメリット

メリットの多い時差出勤の制度ですが、デメリットもいくつかあります。

以下で紹介します。

コミュニケーションをとる機会が少なくなる

勤務している時間がずれるので、出退勤時間を統一する時と比べるとコミュニケーションをとる機会は少なくなるでしょう。

「業務に関して今話したい!」という時に、相手がまだ出勤していなかったり退勤していたりする場合もあります。

またバラバラの時間に出勤・退勤するため、始業してすぐや退勤する直前にタスクの進捗確認などの定例ミーティングを行うことはできなくなってしまいます。

社内コミュニケーションを活性化させる方法は?ユニークな事例も紹介
同僚や上司、部下と普段何気なく取っている社内コミュニケーション。実は生産性やチームワークの向上などの様々なメリットがあります。社内コミュニケーションを活性化することは、社員の満足度を高めてワークライフバランスの実現にも。この記事では、社内コミュニケーションを活性化すべき理由や今すぐできる活性化の方法を紹介します。

早く出勤しても周りに合わせて残業してしまう

自分は早い退勤時間の勤務スタイルだとしても、上司や同僚が仕事をしていると帰りにくくて結局残業してしまう人も出てきます。

「上司や同僚より早く出勤しているのだから、気にしないで帰宅していいはず…」と思っていても、なかなか実行に移すのは難しいこともありますよね。

以下の記事では、周りより早く帰ることの気まずさをなくす方法を解説しています。ぜひ参考にしてください。

定時退社は悪?早く仕事を終わらせるメリット・リスク、気まずさをなくす方法を解説
定時退社と聞くと、悪いイメージを持つ方もいるかもしれません。本来であれば勤務時間が過ぎれば退社しても問題ないはずですが、なかなか帰りづらいですよね。そこで今回は定時退社をする方法や気まずさを感じなくする方法を紹介します。

管理者の負担が増す

勤怠管理者や管理職の人は、時差出勤の制度を導入すると負担が増すと考えられます。

管理者は社員の健康・安全に配慮する義務があるため、社員の実労働時間を個別に把握しなければいけないからです。

また、時差出勤には社員からの申請が必要な場合が多いですが、その承認の対応の手間もかかるでしょう。

時差出勤を導入する企業

実際に時差出勤を導入している企業をいくつか紹介します。

  • クックパッド株式会社
  • サイボウズ株式会社
  • テルモ株式会社
  • 丸紅株式会社
  • 三井物産株式会社
  • JA全農
  • サッポロビール株式会社
  • 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
  • 株式会社アスネット

導入企業の具体的な事例やほかの導入企業は、以下のサイトで確認できます。参考にしてください。

さいごに

コロナウイルスの影響でさらに注目されている「時差出勤」

時差出勤には、通勤のストレス緩和だけでなくワークライフバランスを実現しやすいなどのメリットがありました。

今後もコロナウイルスの影響が続くともいわれていて、私達は様々な変化が起こりうる「ニューノーマル時代」を迎えています。

以下の記事では、ニューノーマル時代の働き方について詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

ニューノーマル(新常態)時代の新常識と働き方。コロナ禍で私達に求められる変化とは
新型コロナウイルスは私達の働き方を一変させました。今後数年はコロナウイルスの影響は続くともいわれている中、様々な変化が起こりうるニューノーマル時代を迎えています。1人1人がこれまでとは違う働き方に戸惑っていると思います。この記事では、ニューノーマル時代の働き方や必要とされるスキルについて解説します。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました