フリーライターになるには?未経験から目指すために今からできること

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

フリーライターの仕事に興味がありますか?

会社に所属せず自由に仕事を獲得するフリーライターになれば、仕事とプライベートの両立させ、ワークライフバランスも実現できるかもしれません。

しかしフリーライターと一口に言ってもさまざまあります。この記事でフリーライターの種類や、未経験から目指す方法を紹介していきましょう

フリーライターの種類はいろいろある

フリーライターとはフリーランスで活動するライターのことを指します。

コラムニスト・コピーライター・Webライターなど、「フリーライター」と一口に言ってもさまざまなものがあるのを理解しておきましょう。

また活躍の場も雑誌・書籍・Webメディアなどがあります。未経験者にとって比較的ハードルが低いのはWebメディアでのライティングでしょう。

クラウドソーシングサービスを見ると、多数のWebメディア執筆案件がヒットします。

以下の記事では、フリーライターの仕事内容や年収について詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

フリーライターの仕事のはじめ方

フリーライターとして仕事を始めるには以下のような道があります

出版社・編集プロダクションから独立

出版社・編集プロダクションに就職し、経験を積んだのちにフリーライターとして独立する道があります。

出版業界におけるビジネススキルを培いながら独立を目指せるため、もっとも堅実な道ともいえるでしょう。

「フリーの」ライターとしての道のりとしては遠回りに感じるかもしれませんが、編集視点でライティングする機会も持てます。

また業界のなかで人脈も作れるため、独立後の案件獲得にも役立つでしょう。

ライター養成講座に通う

異業種からフリーライターを目指す場合に選択できる道といえます。費用はかかりますが、講座によってはその道のプロからライティングスキルを学べるメリットがあります。

以下にいくつか挙げますので参考にしてくださいね。

クラウドソーシングで未経験可案件を受注

未経験者にとってもっともハードルが低いのがクラウドソーシングを活用する方法です。

クラウドソーシングサービス上では、多数の未経験可案件を見られます。

一方で未経験可の案件は低単価であることが多いです。

1文字0.5円程度の案件が中心なので、初めのうちは数をこなすことで収入を得つつ、実績を作っていくことに注力することになります。

副業からライティング案件を獲得するのなら、おすすめの方法です。

クラウドソーシングサービスには以下のようなものがあります。

姉妹サイトでもおすすめのクラウドソーシングサービスを紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

未経験からフリーライターになるには

未経験からフリーライターを目指したい場合、今からできる準備があります

あなたもさっそく実行してみましょう。

クラウドソーシングサービスに登録

クラウドソーシングサービスには未経験でも受注できるライティング案件が多数あります。

まずは登録して、あなたが執筆できそうなジャンルの案件を検索してみましょう。契約に関して書類を交わす必要がないため、初めて個人で仕事を受ける際も簡単です。

SNSアカウント開設

フリーライターとして情報を発信するためのSNSアカウントを開設しましょう。

筆者である私もアカウントを持っており、執筆した記事をシェアしたり、気になるメディア記事に感想を添えて発信したりしています。

普段の発信で自分がどのような記事を書いているのか、またどのような思想の持ち主なのかを発信することができます。

SNSのDMから仕事の依頼が来ることもあるので、仕事を受ける窓口として活用することも可能です。

ポートフォリオサイト開設

執筆記事などの実績やどういった内容の記事を書くのが得意なのかなど、自身の仕事について発信するポートフォリオサイトを作りましょう。

無料ブログで開設するのもいいですし、noteを活用するのもおすすめです。

サイトトップにお問い合わせフォームを設置するのを忘れずに。

ライティングの基礎を書籍で学ぶ

ライティング関連の書籍は多数発売されています。

なかでも筆者(Webライター)がおすすめしたいのは以下の4冊です。

これらの書籍をただ読むのではなく、同時にアウトプットできると効果的です。学んだ内容をnoteの記事などに反映させ、共有していくのもよいでしょう。

文章力以外も必要!フリーライターに重要な要素

フリーライターは文章力が必要とされますが、実はそれ以外にも必要なスキルがあります。今回はSNSでの声を元にまとめました。

小さな気配り

フリーライターはクライアントとチャットツールなどを使ってコミュニケーションをとることになります。

その際に細かな気遣いができると「今後も仕事を依頼したい」と思われるきっかけになるでしょう。

構成力

構成がしっかりしていないと執筆中に軸がずれる原因になります

読者に「結局何を言いたいのだ?」と思われることになるため、構成の時点で十分見直しをすることが求められます。

親切さ

親切さはクライアントからの評価につながるのはもちろん、読者目線の記事を書くスキルにもつながるでしょう。

特にSEOライターの場合、読者が必要とする情報を網羅することが求められます。

クライアントの要望に答える力

クライアントの要望をうまく引き出し、記事に盛り込めれば、継続受注につながります。そのためにはコミュニケーション能力が求められるでしょう。

「こんな文章を書きたい」というイメージを膨らませよう

あなたがフリーライターを目指したいと思ったきっかけはなんですか?

もし「こんな記事を書きたい」「この人の文章が好きだ」というものがあれば、それがあなたが目指すべきフリーライターの方向性でしょう。

一方で「自宅でできるフリーライターである程度稼ぎたい」と思っているのであれば、高単価案件があるジャンルでしっかり執筆できる知識を得る必要があります。

「フリーライター」と一口に言ってもさまざまなので、自分が目指したい道を探しながら、行動に移してみてください

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました