レジリエンス(心の回復力)とは?意味や身につけるメリットも解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「仕事のミスなどちょっとしたことで落ち込むことが多い」「失敗をいつまでも引きずってしまう」

あなたは、このような悩みを抱えていませんか。

ストレス社会と言われる現代社会。身の回りで起こる様々なことで一喜一憂して神経を消耗してしまう人、ワークライフバランスを崩してしまう人はたくさんいます。

もっと心を強くしたい、折れない心が欲しいという人は、レジリエンス(心の回復力)を高めてみましょう

この記事では、レジリエンスの意味や高めるメリットなどについて詳しく解説します。

レジリエンスとは

レジリエンス(resilience)という言葉は、元々、工学や物理学で使われていました。

物質や物体に外的な力を与えた場合、どのくらいその力を吸収できるか、どのくらいその力を取り除けるかに関わるのが、物質や物体の持つ「レジリエンス」です。

そこから派生し、現在は外的な力による変形に対する「弾力性」、変化や変動に対する「復元力」や「回復力」という意味で様々な分野で使われています。

レジリエンスとストレスの関係

ストレス(stress)という言葉も、元々は物理学で使われていたもの。

ストレスとは「外の力からのゆがみ」のことであり、レジリエンスと対をなす言葉となっています。

つまり、ストレス(外力による歪み)を跳ね返す力こそがレジリエンスなのです。

心理学的レジリエンスとは

心理学の分野においては、レジリエンスとは次のような意味で使われています。

・困難や脅威にうまく適応する能力
・逆境に対しての精神的回復力、自然的治癒力
・ストレスや逆境の環境においても、自分の目標を達成するために再起する力

その言葉の意味から、レジリエンスは心の回復力の他、逆境力、再起する力、折れない心などと訳されることも

なお本記事では、この心理学的レジリエンスについて解説していきます。

ビジネスにおけるレジリエンスの意味

ビジネスの場面でも必要なレジリエンス。

ビジネスにおいては、仕事の際に受けるストレスや逆境に対して、耐え忍んだり無かったことにするのではなく、それらを受けとめ、跳ね返し、適応する力を指します

レジリエンス(心の回復力)を高めるメリット

心の回復力であるレジリエンス。

高めることで次のようなメリットがあります

仕事のパフォーマンスが上がる

レジリエンスによって心のストレス耐性ができあがります。

精神状態が安定するので、集中力、活力高く働くことができるでしょう。ちょっとしたことに動じたり、取り乱すことが減り、物事を冷静に考えることができるというメリットも。

一喜一憂をしなくなる

一喜一憂をしてしまうのは、レジリエンスがきちんと身につけられていない証拠。目の前のことに一喜一憂するのは、より多くのエネルギーを使い神経を消耗させてしまうことにも。

そのような人はレジリエンスを高めることで、物事を俯瞰的、客観的に見ることができるでしょう。

人間関係のストレスが減る

人間のストレスや悩みの多くは、人間関係によるものだと言われています。

職場の人間関係は主な転職理由の1つにも数えられます。キャリアを積んでいくためにも、どのようなタイプの人ともできるだけ上手く付き合いたいものです。

レジリエンスがあれば、相手の拒否反応やネガティブな出来事に上手く対処できます。何気ない一言や心無い一言で動揺したり傷つけられたりすることも防げるでしょう。

目標を達成する力が養われる

昇進やキャリアアップなどの目標達成には、ストレスや困難、チャレンジがつきもの。

これらを乗り越えるからこそ、目指すものを入れられるのです。

その一方、ストレスやプレッシャーに負けて挫折してしまう人も。レジリエンスを身に着け、チャレンジや困難を乗り越える力を養いましょう

環境の変化に適応できる

転職や転勤、組織改編、企業合併など、社会人として働いていると様々な変化に遭遇します。

予期しないタイミングで望まない変化を強いられることもあるでしょう。しかし、レジリエンスによってこれらの変化に対しても柔軟に対応・適応することができます

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

レジリエンスが特に必要な人とは

変化やストレスの多い現代社会で求められているレジリエンス。

折れない心、心の回復力は特にどのような人に必要なのでしょうか

ストレスを溜めやすい人

まず、ストレスを溜めやすい人にはレジリエンスは必須

真面目な人や完璧主義の人、頼まれたらNoと言えないお人好しの人などは、特にストレスを溜めやすいといわれています。

本人は自覚していなくても、実は心や体にはストレスが溜まっていた、というケースも。それが許容範囲を超えて爆発し、心身を病んでしまうのです。

そうならないよう、レジリエンスで日常からストレスを跳ね返すことが必要です。

変化の多い企業・業界にいる人

グローバル化やIT化が進む現代、昔からある大企業が突然経営危機に陥ることも珍しくありません。

顧客のニーズの変化により、業界の勢力図がいきなり逆転することも。

時代のニーズやトレンドに大きく左右される企業や業界にいる人は、今後の変化に対応するために今のうちからレジリエンスを身に着けておくべきでしょう。

管理職など組織で人を束ねる立場の人

管理職やリーダーなど人を束ねる立場の人は、それ以外の立場の人より多くのストレスにさらされます

思い通りの仕事をしてくれない部下と、無理な要求を突きつける上司との間で板挟みになってしまうことも。

このストレスや逆境に適応するために必要なのが、レジリエンスなのです。

まとめ

レジリエンスを身につけることで、人間関係のストレス軽減や目標達成など、ビジネスやプライベートの様々な場面でメリットがあります

ストレス社会の中で生きづらさを感じている人はレジリエンスを鍛えていきましょう。

具体的な鍛え方やレジリエンスを学ぶおすすめの本については次の記事で解説しています。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました