人の役に立つ仕事の探し方。どんな仕事でも貢献度を実感できる考え方とは

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

人の役に立つ仕事に就きたいけれど、どのような仕事に就くべきなのか悩んでいませんか。

医師・教師・警察官などパッと思いつくような社会のためになる仕事は、特別な資格やトレーニングが必要で少しハードルが高いのも事実です。

この記事では、就職や転職で「人の役に立つ仕事」を探す方法を紹介します。

人の役に立つ仕事はやりがいも得られ、ライフワークバランスの実現にも一歩近づけます。

人の役に立つ仕事の探し方

いくら人の役に立ちたいと思っても、あなた自身がその仕事に対して熱意ややる気を持っていなければ仕事を続けることは難しくなるでしょう。

あなたが納得し、誠意を持って社会のために働ける仕事の探し方を紹介します。

自分のやりたいことを書き出してみる

まず、あなたがやりたいことを書き出してみましょう。

就職や転職活動をする際には「こんな風に働きたい」「こんな職場で働きたい」などのイメージを何かしら持っているはずです。

「外ではなくオフィスで働きたい」「1人ではなくチームで働きたい」「土日は休みたい」「教育に関わりたい」「医療に関することがやりたい」などやりたいことや興味のあることを具体的に書き出すことから始めましょう。

誰に対して役立ちたいかを考える

「人の役に立ちたい」という思いを深堀りしましょう。そして、具体的に誰に対して、どのように役に立ちたいのかを考えます。

例えば教育と一言でいっても、幼児教育から高等教育、大人のためのビジネススクールなど種類は様々あります。

あるいは、介護という分野の中でも、介護する人とされる人、どちらの目線に立つかによって、仕事は変わってくるはずです。

どのように役に立ちたいか

どのように役に立ちたいか、役に立てるかを考えることも重要です。

例えば病院では、患者を診察する医者の他に、看護師や事務作業を行うスタッフ、清掃員など多くの人が関わっています。

学校の運営には、子どもたちと直接接する教師だけでなく、給食を作る人、教科書や教材を作る人、清掃、事務などをする人も必要です。

つまり、最前線で現場で働くだけでなくサポート役としてバックオフィスで働くという選択肢もあるのです。

どれくらいの人の役に立ちたいか

直接「ありがとう」と言ってもらえるような少人数の役に立ちたいのか、直接顔は見えなくてもできるだけ多くの人のために働きたいのかについても、考えてみましょう。

例えば、子供向けのプログラミング教室を開けば、直接顔が見える範囲の人の役に立つことができます。

一方、子供向けのプログラミング教材の開発をすれば、直接顔は見えなくても全国の不特定多数の人の役に立つことができるでしょう。

やりたいこと・役に立ちたい対象から仕事を探す

これまで深堀りしてきたあなたのその思いを元に、あなたが熱意を持って続けられる仕事を探します。

「人の役に立ちたい」という気持ちは立派ですが、その仕事があなたの性格や能力にマッチしていなければ続けることは難しいです。

あなたがやりたいこと、興味を持っていることを基準に、仕事を探していくことが重要です。

人の役に立つ仕事を探すポイント

人の役に立つ仕事を探す際には、次に紹介するポイントを抑えておきましょう。

役に立つ仕事はどんなものか考える

人の役に立つ仕事をするためには、どのような仕事がどのような人の役に立てるのか、と具体的に考えてみましょう。

例えば、私達がスマートフォンを使って友人や家族といつでもコミュニケーションが取れるのは、スマートフォンを開発してくれる人、売ってくれる人、アプリを開発してくれる人やインターネット環境を整備してくれる人などのおかげです。

このように、あなたが普段どのような人のおかげで生活することができているのかを考えるのもよい方法です。

どの仕事も人の役に立っている

病院には医師の他にもたくさんの人が関わっている、と解説した通り、直接顔が見えなくても人の役に立っている仕事はたくさんあります。

どのような仕事も、どこかで社会や人の役に立つことに変わりはありません。

どのような仕事に就くことになっても「自分の仕事は誰かのためになっている」と信じて働くことが大切です。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

人の役に立てる今どきの仕事

どのような仕事であっても誰かのためになっていることは変わりありません。

では、人の役に立てる仕事には例えばどういった仕事があるのでしょうか。ここでは、今の時代だからこそ社会から求められている仕事を紹介します。

プログラマー

プログラマーとはコンピューターを動かすプログラミング言語を使い、ソフトウェアやシステムを作る仕事です。

私達が普段使っているスマートフォン、パソコン、インターネット、アプリ、テレビ、オンラインショッピング、オンラインバンキングなど、現代社会のインフラはプログラマーが支えていると言っても過言ではありません。

プログラマーになるためには、大学で情報工学などを選考する他、独学やプログラミングスクールで学ぶ方法があります。

未経験でも就職できる求人もあり、初心者でも就きやすい職種の1つです。

姉妹サイトでは、社会人・初心者におすすめのプログラミングスクール22校を紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、HPやブログなどのWebサイトのデザインを企業や個人などから依頼されて行う仕事です。

依頼者から感謝してもらえることはもちろん、自分の仕事がたくさんの人の目に触れることでやりがいや達成感が味わうことができます。

特別な資格は必要ありませんが、専門学校や大学で学んでからデザイン事務所に就職するのが一般的なルートです。

スクールなどでデザインの基礎知識やツールの使い方、実践演習などを行うとよりスムーズに就職できます。

姉妹サイトでは、独学でWebデザイナーになる勉強法などについて紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

イベントプランナー

イベントプランナーとは、展示会・コンサート・スポーツイベントなどの企画を考える仕事です。

企画から準備、運営までの全般を担います。

イベントプランナーになるためには、広告代理店やイベント企画会社などに就職する方法があります。

必要な資格はありませんが、イベントの運営ノウハウ・コミュニケーションスキル・体力などが求められるでしょう。

裏方ではありますが、たくさんの人に感動を与えられるやりがいのある仕事です。

ライター

ライターは紙媒体やwebメディアなどに掲載する文章を執筆する仕事です。

語彙力や文章力などが求められますが、未経験者でも始めやすいのがメリットです。

ITや医療などの専門知識が求められる分野の他、趣味やライフスタイルなど身近な分野もあります。

ライターとして経験を積んだ後、ライターを束ねたりメディアの構成を決める編集者としてキャリアアップすることもできます。

クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトには多くの求人が掲載されているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

姉妹サイトでは、おすすめのクラウドソーシングサイトを紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

まとめ

人の役に立てる仕事は、たくさんあります。その中からあなたが興味や、やる気を持ってできる仕事を見つけるためには、具体的にどのような人の役に立ちたいか、どのように役に立てるかを掘り下げて考えることが重要です。

次の記事では、資格なしでも目指せる人の役に立つ仕事を紹介します。「人の役に立つ仕事」について具体的なイメージがしたい方はぜひ読んでください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました