メラビアンの法則から学ぶビジネスコミュニケーションと第一印象のポイント

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

仕草や話し方などの非言語情報によるノンバーバルコミュニケーションの重要性を示しているメラビアンの法則。

その法則をビジネスに活かすことで、第一印象がよくなる、他者との信頼関係がよりスムーズに構築できる、などの効果が期待されます。

自分に自信が持てるようになり、モチベーションアップやワークライフバランスの実現にも繋がるでしょう。

この記事では、メラビアンの法則から学ぶビジネスコミュニケーションのコツと、第一印象をよくするためのポイントについて解説します

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則とは、心理学者であるアルバート・メラビアンが1971年に提唱した法則です。

「笑いながら怒る」「不満そうに承諾する」など、視覚や聴覚の情報と言葉(言語)情報が一致しない場合、視覚、聴覚、言語のどの要素がどれくらい印象に影響するのかを検証しました。

3Vの法則(7-38-55のルール)

メラビアンの法則は、3Vの法則(7-38-55のルール)とも呼ばれています。

具体的には、言葉と表情、態度が矛盾している条件下で、言語・聴覚・視覚の3つの情報は以下の順番で優位性を持っています。

・視覚情報(見た目、しぐさ、表情、視線)55%
・聴覚情報(声の質や大きさ、話す速さ、口調)38%
・言語情報(言葉そのものの意味、会話の内容)7%

非言語(ノンバーバル)コミュニケーションの重要性を示す法則

誤解されていることが多いのですが、メラビアンの法則が示すのは「人は見た目が大事」ということではありません。

この法則が本来説いているのは、非言語(ノンバーバル)コミュニケーションの重要性です。

メラビアンは、話している内容や言葉などの言語情報の重要性に加えて、表情や声のトーン、仕草などの非言語情報も正確な情報伝達には重要であると主張しています。

メラビアンの法則から学ぶビジネスコミュニケーションのコツ

視覚・聴覚情報と言語情報が矛盾しているという特殊な条件で行われたメラビアンの実験。

そこから導き出されたメラビアンの法則を、そのまま一般的なビジネスやプライベートでのコミュニケーションに用いることはできません。

しかしこの法則を元に、よりスムーズなコミュニケーションを取るために必要なことは学ぶことができます。

メラビアンの法則から学ぶビジネスコミュニケーションのコツを紹介しましょう

言語・聴覚・視覚情報は一致させる

言語情報と聴覚・視覚情報との不一致は、相手に混乱を与えます。

笑顔で厳しいことを指摘する上司や取引先に対して、どのように反応すべきかわからず困った、という経験はありませんか。

誤解やコミュニケーションロスを防ぎ、より正確に相手に情報や感情を伝えるためには、言語・聴覚・視覚情報は一致していることが大切です。

大切なこと、重要なことを話しても相手になかなか真剣に受け取ってもらえない、という人は、声のトーンや大きさに注意してみるといいでしょう。

非言語コミュニケーションを活用する

言葉のチョイスや話す順序などの言語情報はたしかに重要。

ですが「話しても伝わらない」という問題がある場合には、非言語コミュニケーションを見直してみましょう。

どんなにいい話や面白い話でも、無表情な棒読みではその良さ・面白さは伝わりません。表情豊かに、抑揚や感情をつけて話すことで、相手はより多くの情報を得ることができます

大きさや形、動きを表現する時は手や腕を使うなど、身振り手振りをつけるのも有効です。

相手の話にはリアクションをする

コミュニケーションとは双方向であることが基本。相手の話を聞いている時にも、非言語コミュニケーションを意識しましょう。

相手の話にうなずく、相槌を打つ、楽しい話は楽しそうに、重要な話は真剣そうな表情で聞くことで、相手は「聞いてくれている」と感じることができます

「聞いてくれている」という感情は、相手からもっと話を引き出すだけでなく、信頼関係を構築するのにも重要。

自分の話を聞いてもらうためにも、まずは相手の話を聞くことが大切なのです。

正しい言葉を使う

非言語情報も確かに重要ですが、言葉はコミュニケーションの土台。どれだけ見た目や話し方が素晴らしくても、話している内容を理解してもらえなければ意味がありません。

曖昧な言葉や難しい言葉、誤った言葉ではなく、わかりやすく正しい言葉を使うことを心がけましょう

「いつも同じ単語ばかり使っている」という人は、ニュースを見たり、新聞や本を読んだりして語彙を増やす努力をしてみましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

第一印象を良くする見た目のポイント

見た目が全てではないとは言え、見た目が第一印象に与える要素は大きいもの。

特に第一印象は最初に会った時の3~15秒で決まるとも言われています。面接や商談などの大切なタイミングで見た目で損をしないよう、気をつけるべきポイントを解説しましょう

自分に似合う色を身につける

人にはそれぞれ、パーソナルカラーというその人に最も似合うとされている色(トーン)があります。

パーソナルカラーはその人の肌や髪、目などの色で決定され、色相、彩度、明度を軸に春・夏・秋・冬の4つのタイプに分かれます。

似合う色を身につけることで、顔色がよくなったり、健康的に見えるようになったりと第一印象をよくする効果が期待できるでしょう。

パーソナルカラーはWebサイトなどで簡単に診断することもできるので、ぜひやってみてください。以下におすすめサイトを掲載しておきます。

色が持つ力を利用する

パーソナルカラーとは別に、気分に応じて色を使い分けることも効果的。「情熱の赤」などと言われるように、色はそれぞれ与える印象が異なります。

例えば次のような色の力を利用して、シーンに応じてネクタイやシャツの色を変えてみてはどうでしょうか。

・赤色:エネルギーに満ち溢れている、やる気がある
・青色:真面目、冷静、集中力がある
・白色:純粋、誠実
・茶色:安定している

髪をまとめる

大学生の就職活動の時期になると、髪を後ろでまとめている女性や前髪をかきあげている男性をよく見ることがあります。

周りに合わせてなんとなくやっていた、という人もいるかもしれません。

しかし、髪をまとめることにはきちんとした理由があります。

髪で顔の一部が隠れていると、相手はあなたの表情を上手く読み取ることができません。「何か隠している」というイメージを与える可能性も。

また、髪が顔の周りにあることで、あなた自身が髪に気を取られて無意識に触ったり、相手の話を聞き逃してしまうことにも繋がります。

清潔感を出す

パリッとしたスーツ、シワのないシャツ、磨かれた靴など、服装は清潔感を重視しましょう。

一流の営業社員は訪問前の数時間はタバコを吸わないという話も聞きます。

ちょっとしたシャツの黄ばみやシワで、相手に「不潔」「だらしない」といった印象を与えてしまわないよう、特に注意しておきたい点です。

背筋を伸ばす

無意識に普段の癖が出てしまいがちなのが姿勢。猫背は暗いイメージを与えてしまうため、大切なシーンでは特に意識してピンと伸ばすようにしましょう

正しい姿勢は、壁に背をつけた時にかかと、お尻、肩、頭の4点が壁に触れている状態。姿勢はいきなり矯正しようと思っても難しいので、普段から意識することが大切です。

まとめ

「人は見た目が9割」という内容で誤解されがちなメラビアンの法則ですが、大切なのは非言語コミュニケーションの重要性を理解すること。

視線や手の動きなど小さな動作でも相手に与える印象は変わってきます。また、視覚・聴覚情報と言語情報が一致していることは、正確な意思疎通の基本。

話している時の様子は自分では見えづらいので、同僚や友人などに聞いたり、ビデオ撮影をしてチェックしてみたりするのがおすすめです。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました