メラビアンの法則とは?誤解されやすい内容を簡単に解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

話している内容よりも、見た目や話し方などの方が相手に強い印象を与えるとされているメラビアンの法則。

「人は見た目が9割」といった内容で解説されることもありますが、実はこれは誤りです。

メラビアンの法則を正しく知ることで、仕事やプライベートでのコミュニケーションをよりスムーズに行うことができます

業務効率化や人間関係のストレス軽減によってワークライフバランスの実現にも。この記事では、メラビアンの法則についてわかりやすく解説します。

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則は、心理学者のアルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念です。

メラビアンは、ある実験を通して感情や気持ちを伝えるコミュニケーションにおいて、どのような情報が印象を決定づけるのかを検証しました。

心理学者メラビアンの実験内容

心理学者メラビアンが行った実験は次の通りです。

1.言語情報として、「好き・普通・嫌い」を想像させる言葉を3つ用意する。
2.聴覚情報として、1で用意した3つの言葉をそれぞれ「好き・普通・嫌い」を想像させる話し方で録音する。
3.視覚情報として、「好き・普通・嫌い」を想像させる表情の顔写真を用意する。
4.用意した言語、聴覚、視覚情報の中で、矛盾する組み合わせを被験者に見せ、最終的に「好き・普通・嫌い」のどのイメージを持ったかを質問する。

矛盾する組み合わせの例は次の通り。

・「嫌い」をイメージさせる言葉
・「好き」をイメージさせる話し方
・「普通」をイメージさせる表情の顔写真

実験を通して、メラビアンは言語情報、聴覚情報、視覚情報が矛盾している場合にどの情報を優先して受け止めるのかを調査しました。

3Vの法則(7-38-55のルール)

メラビアンが実験を通して提唱したのが、3Vの法則です。言語情報のVerbal、聴覚情報のVocal、視覚情報のVisualのそれぞれの頭文字を取って命名されました。

この法則では、言語情報、聴覚情報、視覚情報が矛盾しているケースにおいて、3つのVが以下の割合で伝達するとされています。

・視覚情報(見た目、しぐさ、表情、視線)55%
・聴覚情報(声の質や大きさ、話す速さ、口調)38%
・言語情報(言葉そのものの意味、会話の内容)7%

3Vの法則は数字の割合から「7-38-55のルール」と呼ばれることもあります。

誤解されがちなメラビアンの法則

接客研修やコミュニケーション講習など様々な場面で耳にすることの多いメラビアンの法則。

しかし、その内容については誤解をしている人も多いようです。

ここからは、メラビアンの法則に関して多くの人が持っている誤解と、法則の本来の意味について解説していきましょう

人は見た目が9割ではない

メラビアンの法則で示されている3Vの法則。

コミュニケーションにおいて相手に伝達される情報のうち、言語が占める割合が7%であるのに対して、聴覚が38%、視覚が55%であるという内容です。

しかし、これはあくまでも言語、聴覚、視覚情報が矛盾している(例:笑いながら叱る、無表情で褒める)という条件下での結果。

私達が日常で行う全てのコミュニケーションにおいて、この法則が適用されるわけではありません

本来は非言語コミュニケーションの重要性を説いたもの

すでに解説した通り、メラビアンの実験内容は特殊な条件で行われました。

そして、実験によって検証されたのは「言葉そのものや話し方と表情が矛盾している」場合に、視覚と聴覚から得られる情報が優先されるということ。

メラビアンの法則が示しているのは、非言語(ノンバーバル)コミュニケーションの重要性です。

相手に正確に情報を伝えるためには、話す内容や言葉だけでなく、口調や話すスピード、仕草や姿勢なども重要な意味を持ちます。

「7-38-55」という数字だけが強調されることが多いですが、言語情報が重要ではないということではありません。

非言語(ノンバーバル)コミュニケーションとは

非言語(ノンバーバル)コミュニケーションとは、言葉・言語以外によって行われるコミュニケーションです。

具体的には、声のトーンや早さなどの話し方、視線、仕草、表情、服装などです。

これらの非言語コミュニケーションと言語コミュニケーションを一致させることで、相手により正確に情報を伝達することが可能になります。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

ノンバーバルコミュニケーションスキルを伸ばすためのおすすめ本

メラビアンの法則で明らかになったノンバーバルコミュニケーションの重要性。

このスキルを伸ばすためには、コミュニケーションのコツを本で学ぶのがおすすめです。おすすめの書籍をいくつか紹介しましょう。

伝わり方が劇的に変わる! しぐさの技術

出典:Amazon

元プロ・パントマイムアーティストであるコミュニケーション講師による本書。言葉に頼らずに、その場にあった「質の高いふるまい」をするためのノウハウが解説されています

「一生懸命話してもなかなか理解してもらえない」「意思疎通に苦手意識がある」という人に特におすすめです。

できる大人の「見た目」と「話し方」

出典:Amazon

ノンバーバル研究の第一人者による一冊。科学的研究によって裏付けられた、第一印象が劇的に変わる具体的な方法が34の項目で紹介

誰にでもすぐに取り入れられる非言語表現のコツを漫画や図解でわかりやすく解説されています。

「第一印象をよくしたい」「もっとスムーズに人と信頼関係を構築したい」という人におすすめです。

まとめ

非言語コミュニケーションの重要性を説いたメラビアンの法則。正しく知り、その法則を意識したコミュニケーションを実践することで、よりスムーズな意思疎通が可能になります

メラビアンの法則をビジネスで活かす際の具体的なポイントについては次の記事で紹介しています。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました