ビジネスで柔軟性が重要な理由とは?身につける9つの方法を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「仕事をする上で柔軟性があると何がいいの?」「どうしたら柔軟性がある人になれるのだろう」

このようにビジネスの場における柔軟性について悩んでいませんか?

柔軟性のある人は仕事で成果を出しやすいです。また、業務を効率的に進められるので、ワークライフバランスも実現できるでしょう。

この記事ではビジネスで柔軟性が重要である理由、そして柔軟性を身につける方法について解説します

柔軟性のある人とは

ビジネスの場における柔軟性の意味は、状況に応じて適切な判断や行動ができる能力のこと。


柔軟性がある人には、以下などの特徴があります。

  • 臨機応変な対応ができる
  • トラブルが発生しても冷静に対応できる
  • 他者の意見を積極的に受け入れ、思考の選択肢が多い

あなたの身の周りにこのような人はいませんか?柔軟性がある人はあまり多くありません。そのため、会社では重宝される存在といえるでしょう。

ビジネスで柔軟性が重要である理由

採用活動を行っている企業の多くは「柔軟性がある人材」を求めています

ここでは、ビジネスで柔軟性が重要である理由を5つ紹介します。

問題が発生しても冷静に対応できる

仕事を進めていると、トラブルが発生することもあるでしょう。そんなときは、冷静に状況を整理し、適切な判断をすることが求められます。

柔軟性がある人なら、問題が生じても臨機応変に対応できます。急なトラブル時には、多くの人が慌てて冷静さを欠いてしまうものです。

広い視野で的確に優先事項を考えられる人材は重宝されるでしょう。

吸収力が高く成長しやすい

柔軟性のある人は、他人の意見やアドバイスを積極的に受け入れます。


どんどん知識やノウハウを吸収するため、成長スピードも早いです。

自分の意見に固執してしまうと、新たな気付きが得られません。そのため、発想できるアイデアも限られてしまいます。

自身の成長のためにも、柔軟性は大切といえるでしょう。

新たな仕事のチャンスをもらいやすい

柔軟性のある人は成長速度が早く、どんどん新しい仕事のチャンスがめぐってきます。なぜなら、上司や先輩から信頼されていたり、さらなる成長を期待されたりしているからです。

また、柔軟性のある人は、問題が生じても冷静に対応できるので、新しいことにも臆せずチャレンジをします

挑戦する回数が多い分、他人よりも成長しやすいのは当然のことでしょう。

周囲と円滑にコミュニケーションが取れる

仕事を円滑に進めていくためには、周囲とうまくコミュニケーションを取ることが大切です。なぜなら、ほとんどの仕事は他者と協力しないと進められないからです。

聞く耳を持たないで、自分の意見を押し通してばかりの人がいたら困ってしまいます。周囲の人は、気を遣いながら仕事を進めないといけないでしょう。

柔軟性のある人は他者の意見を尊重しているため、コミュニケーションで迷惑をかけることはありません

基本的なことですが、信頼関係を築くためにも重要なスキルといえるでしょう。

異動や転職で環境が変わってもすぐに適応できる

社会人として働いていると、異動や転職をして環境が変わることもあるでしょう。


環境が変われば、さまざまなことに変化が生まれます。

  • 仕事内容
  • 人間関係
  • 組織の雰囲気

上記のほか、新しい組織だけの暗黙のルールがあるかもしれません。いち早く環境に適応できないと、仕事で成果が出せず迷惑をかけてしまいます。

柔軟性のある人なら、すぐに適応し即戦力としての活躍が期待できます。転職者に柔軟性が求められる理由として、この「適応力の高さ」は大きなポイントでしょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

柔軟性を身につける方法

ここまで、柔軟性の重要性について解説してきました。社会人にとって、いかに重要な能力か分かっていただけたでしょう。

ここからは、柔軟性を身につける方法を解説していきます

固定観念を捨てて多面的に物事を考える

柔軟性のない人は、固定観念にしばられていることが多いです。まずは「一般常識」や「こうあるべき」といった考えを捨ててみましょう

あらゆる考えに疑問を持ち、多面的に物事を考えることがおすすめです。徐々に思考の幅が広がり、柔軟性も身に付いていくでしょう。

挑戦する機会を増やし様々な経験を積む

挑戦する回数を増やすと、その分失敗をします。


しかし、多くの失敗を経験することで自分の引き出しが増えることは間違いありません

引き出しが増えると、トラブルが発生しても冷静に対応できるようになります。失敗から学ぶことはとても多いです。

慣れないうちは怖さを感じますが、自身の成長のためと考え、さまざまな経験を積みましょう。

慌てなくてもいいように時間にゆとりを持つ

時間にゆとりがあれば、慌てないで冷静に対応できます。深刻な事態のときに時間の余裕がないと、視野がせまくなり余計に追い込まれてしまいます。

トラブルが発生しても慌てなくていいように、常に時間にはゆとりを持っておきましょう

本やインターネットで情報収集する

柔軟性のある人は知識が豊富なことが多いです。これは、積極的に挑戦したり、他者の意見を取り入れたりしているからです。

本やインターネットで情報収集すれば、アイデアの引き出しは多くなります。人とのコミュニケーションだけに限定せず、気軽にインプットしてみましょう。

相手の立場になって考えることを意識する

柔軟性のない人は、自分の考えや価値観と異なる人を否定しがちです。


このような考え方では、相手の意見を尊重できず、アイデアも限定的になってしまいます。

柔軟性を身に付けるには、相手の考えを受け入れることが大切です。そのための一歩として、まずは相手の立場になって考えることを意識するとよいでしょう。

こだわりを捨てる

柔軟性のない人は、自分の中のこだわりにしばられていることがあります。古い考えがあると、新しい考えを吸収することはできません。

他者の考えを受け入れるためにも、強すぎるこだわりは捨てましょう

人との関わりを大切にして視野を広げる

交友関係を限定せず、さまざまな人の意見を取り入れることも大切です。身の回りで柔軟性がある人を探して、参考にすることもおすすめの方法です。

視野を広げることを意識すれば、次第に柔軟性が身に付につくでしょう。

冷静さを保つように努める

トラブル時も慌てなくていいように、事前に入念な準備をしておくことも効果的です。


日ごろから予想外の事態に備えておけば、冷静さを保って対応できるはず。

寛大でいることを意識して、心にゆとりを持つこともおすすめです。

他人からのアドバイスは素直に聞き入れる

柔軟性のある人ほど、他者からの意見を受け入れます。柔軟性を身に付けたいと考えている人は、まずはこの点を意識することから始めてみましょう。

徐々に視野が広がり始め、豊かな発想ができるようになるはずです。

まとめ

柔軟性がある人は適応力が高かったり、トラブルが発生しても冷静に対応できたりします。また、吸収力が高く成長しやすいため、新たな仕事のチャンスをもらいやすいです。

しかし、柔軟性のある社会人は多くはありません。今回紹介した「柔軟性を身に付ける方法」を参考にして、ぜひ重宝される人材を目指してみてください

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました