柔軟性がある人の特徴とは?意味や仕事上のメリットを解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「柔軟性がある人ってどんな人?」「柔軟性があるとどんなメリットがあるのだろう」

このように柔軟性について悩んでいませんか?

柔軟性がある人は、公私ともにさまざまなことに挑戦するため、知識や経験が豊富です。そのため、ワークライフバランスも充実している人が多いです。

この記事では柔軟性がある人の特徴、そして仕事をする上での柔軟性のメリットについて解説します

柔軟性の意味

柔軟性には、主に2種類の意味があります。

  1. 物理的にしなやかでやわらかい性質
  2. 状況に応じて適切な判断、対応ができるさま

ビジネスの場では、2つ目の柔軟性が大切です。仕事上のトラブルや変化に対応できる人が「柔軟性のある人」といえるでしょう。

柔軟性の類語

ビジネスの場で大切な「柔軟性」の類語には、以下などがあります。

  • フレキシブル
  • 臨機応変
適応力がある人を形容する言葉として、仕事上でも耳にする単語でしょう。

柔軟性の英語表現

柔軟性の英語表現は、以下の通りです。

物理的にしなやかでやわらかい性質:softness

状況に応じて適切な判断、対応ができる:flexibility、pliability

英語で伝える場合は、上記の単語を使うとよいでしょう。

柔軟性がある人の特徴とは

柔軟性がある人を想像すると、どのような特徴が思い浮かびますか?

ここでは、柔軟性がある人の特徴を7つ紹介します

問題が生じても臨機応変に対応できる

柔軟性がある人は、視野が広く客観的に物事を考えることが得意です。そのため、問題が発生しても状況を整理して臨機応変に対応できます。

トラブルが起きても慌てずに対応できる人は、柔軟性があるといえるでしょう。

人間関係の構築が得意

柔軟性がある人は、新しい環境やコミュニティでもすぐに馴染めます。なぜなら、相手に応じて適切なコミュニケーションが取れるからです。

自分が話すことも相手の話を聞くことも得意なので、あらゆる人と良好な関係を築けます。

好奇心旺盛で知識が豊富

柔軟性のある人は、好奇心旺盛なことが多いです。様々なことに挑戦したり、自ら勉強したりするので、自然と知識が豊富になります。

多趣味であらゆる分野の知識があるので、人間関係の構築にも役立つでしょう。

さまざまな苦難を乗り越えた経験がある

前述の通り、柔軟性のある人は積極的に挑戦をします。しかし、毎回うまくいくとは限らないため、その分多くの失敗を経験しています。

苦難を乗り越えてきたからこそ、自身の成長につながっているのです。多くの引き出しを持っている人は、それだけ多くの失敗を経験しているといえるでしょう。

失敗しても冷静かつポジティブに対応できる

柔軟性のある人は、失敗をしても長時間引きずることはありません。

むしろポジティブに考え、すぐに切り替えて対応をします。

この対応ができるのは、多くの失敗を経験しているからでしょう。失敗は当たり前と知っているので、トラブルが発生しても冷静に対応できます

他人の意見を積極的に取り入れる

柔軟性がある人は、年齢や立場に関わらず他人の意見に耳を傾けます。そのため、自分の意見を無理に押し通すことはありません

プライドが高く、面目を守るために他人の意見を受け入れない人は多いです。よい意見を取り入れる姿勢は、仕事を円滑に進めることにつながるでしょう。

発想力が豊か

柔軟性がある人は、発想力が豊かなことが多いです。なぜなら、上で紹介した特徴があり、思考パターンが豊富だからです。

  • 好奇心旺盛でさまざまな知識を持っている
  • あらゆる失敗を経験している
  • 他人の意見を積極的に受け入れる

日ごろの行動の積み重ねにより、発想力が磨かれているといえるでしょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

柔軟性がない人の特徴

続いて、柔軟性がない人の特徴を5つ紹介します

自身に当てはまる部分がないか、確認しながら読み進めてみてください。

他人の意見を受け入れない

柔軟性がない人は、自分の意見に固執してしまい、他人の意見に耳を傾けません

1人の意見では選択肢が限られてしまうため、失敗する可能性も高くなります。

他人の意見をむやみに否定していては、仕事を円滑に進めることはできません。よい考えは積極的に受け入れることが大切です。

変化を嫌う

柔軟性がない人は、現状維持を好み、新たな変化を嫌います。なぜなら、突発的な事象に対応することが苦手だからです。

誰しも、環境が変わるときには不安を感じるでしょう。しかし、成長やステップアップのためには、自分自身が変化しないといけません。

自身の成長のためにも、時には変化を受け入れることが大切です。

固定観念にとらわれている

柔軟性のない人は、固定観念を持っていることが多いです。

上で紹介したように、柔軟性のない人は他人の意見を積極的に受け入れません。これは、1つのアイデアに固執してしまうからです。

斬新な意見が、売上や仕事の効率化につながることもあるでしょう。特にビジネスの場では、固定観念にとらわれず柔軟な思考をすることが重要といえます。

交友関係が狭い

柔軟性のない人は、幅広い人と人間関係を築くことが苦手です。

なぜなら、積極的に他人の意見を受け入れられないので、苦手な人とはうまくコミュニケーションを取れないからです。

また、柔軟性がある人と比べると知識が少ないため、話題に困ることも多いでしょう。親しくなる人は限られるため、交友関係は狭くなりがちです。

ストレスを感じやすい

柔軟性のない人は、視野がせまくなりがちでネガティブに考えてしまうことが多いです。

そのため、物事がうまくいかないと自分を追い詰めてしまい、ストレスを感じます。

また、うまくいかなかったとき、失敗を引きずってしまいがちです。ストレスを軽減させる方法として、まずは他人の意見を受け入れてみることをおすすめします。

仕事をする上での柔軟性のメリット

最後に「ビジネスの場で柔軟性がどう役立つのか」について解説します

仕事をする上での柔軟性のメリットは、以下の3つです。

適応力が高く状況に応じた行動ができる

ビジネスの場では常に変化が起こるため、スピーディーに適切な対応ができる人材は重宝されます。

柔軟性のある人は情報収集を欠かさないので、豊富な選択肢の中から最善の行動ができます

また、社会人であれば、異動や転職といった環境の変化はよくあることです。柔軟性がある人は適応力が高いので、即戦力として活躍できるでしょう。

急な変化やトラブルにも対応できる

仕事は、常に計画通りに進むとは限りません。

むしろ、想定外の事態になるケースも少なくないでしょう。柔軟性のある人なら、トラブル時にも冷静になり客観的な判断ができます

しかし、そのような対応ができる人材は多くありません。急な変更にも適切に対応できる人材は、ビジネスの場で重宝されるでしょう。

相手に合わせたコミュニケーションが取れる

相手に合わせたコミュニケーションが取れる人は、仕事を進める中で多くの人に支えてもらえます。なぜなら、よい印象を抱いている人は、無理をしてでも支えてあげたいと思うからです。

仕事を円滑に進めるためには、さまざまな人との連携が欠かせません。単に情報共有するだけでなく、お互いの信頼関係があれば、よりスムーズに業務が進められるでしょう。

まとめ

今回は柔軟性がある人、ない人の特徴について詳しく紹介しました。柔軟性がある人は、環境への適応力や問題解決力が高く、ビジネスの場でとても重宝されます

今回紹介した柔軟性がある人の特徴と自身を比較し、何が不足しているのか考えてみてください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました