雑談が苦手な人が使いやすい話題・ネタ一覧!おすすめ本も

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

雑談によるコミュニケーションは、人間関係を円滑にする大きな要素となります。

しかし、最近では雑談をすること自体が苦手な人が多くなっている傾向も。

雑談のスキルを磨くことで、仕事だけでなく、プライベートでも円滑なコミュニケーションをとることができ、ワークライフバランスを実現できるでしょう。

この記事では、雑談が苦手な人にむけて雑談で使いやすい話題、雑談に関する本を紹介します。

雑談の話題・ネタ

雑談に慣れていない場合、一からネタを考えるのはつらいですよね。

雑談において使える話題・ネタには鉄板のものがいくつかあります。

雑談の話題・ネタに使えるのは、主に下記の通り。

  • 出身・住まいのこと
  • 季節のこと
  • 食事のこと
  • 仕事のこと
  • 最近のニュースや話題のこと
  • 身に着けているもののこと
  • 健康のこと
  • 最近の自分のこと

ここでは、それぞれのネタについて具体例を挙げて解説します。

出身・住まいのこと

誰もが答えられる話題という観点で言えば、出身・住まいのことは鉄板のネタといえます。

出身・住まいのことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・出身はどちらですか?
・お住まいはどのへんなんですか?
・どういったところが気に入っているんですか?

出身・住まいのことは、聞いた場所の名産・観光地への質問を派生させることもできるので覚えておきましょう。

ただし、プライベートに踏み込むような話題に持っていくのはご法度。相手の信頼を失うことにもつながってしまいます。

季節のこと

季節のことも話を広げる話題としては鉄板のネタです。

季節のことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・もう〇月/月末/年末ですね!
・秋らしくなってきましたね!
・花粉症の季節ですね!

夏・秋などの話題を振ると、次のステップとしてスポーツ・食べ物などに話題を展開をさせることもできます

季節に関係することを、いくつか知識として用意しておくと、より長く雑談をすることが可能になるでしょう。 

食事のこと

食事の話題は、飲み会を開催する場合などの情報収集としても利用可能。

食事のことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・好きな食べ物はなんですか?
・〇〇のお店ができたみたいですよ!
・先日おいしいお店に行ったのですが知っていますか?

相手と自分の好きなものの共通項を見つけやすいですし、お店の紹介しあうことで別の話題につなげるのもいいでしょう。

仕事のこと

社内でも、社外でも使える話題として、仕事の話題は雑談のネタとして使いやすいものの一つです。

仕事のことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・どんな関係のお仕事されているんですか?
・最近忙しいですか?
・困っていることないですか?

仕事関係の話題なので、時には愚痴になってしまうことも。また、機密事項など話してはいけない内容もありますので注意しましょう。

最近のニュースや話題のこと

最近のニュースや話題のことは、新聞やテレビなどで情報が仕入れやすい雑談のネタになります。

最近のニュースや話題のことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・今朝こんなニュースがありましたね。
・最近は〇〇がすごいですね!
・〇〇が流行ってますね!

スポーツや芸能などの話題になっていることは一通りチェックしておくのがおすすめ。

しかし、政治・宗教はアイデンティティに関わる部分もあるので避けるのが無難です。

身につけているもののこと

相手や自分の身につけているものを話題として取り上げるのも一つの方法です。

身につけているもののことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・その〇〇お似合いですね
・この前iPhone変えたのですが、〇〇の機能がすごいんですよ!
・その〇〇はどこで買われたんですか?

特に相手がこだわっている部分に対し、話題を振ることができたら話はどんどん広がっていくでしょう。

健康のこと

健康は目上の人が相手だと事欠かない話題になります。健康のことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・いつもお元気そうでうらやましいです!何か秘訣はあるんですか?
・運動しようと思っているんですが、最近◯◯さん運動していますか?
・〇〇って健康によいらしいですよ!知ってました?

健康の話題は、ネガティブな方向になりやすいこともあるので注意が必要です。

最近の自分のこと

ネタが思いつかない時は、自分のことをネタにするのも一つの方法。最近の自分のことで投げかける言葉の例は下記の通り。

・最近、〇〇を始めたのですが…
・この前の休みに〇〇へ行ったのですが…
・そういえば〇〇を作ってみたのですが…

自分のちょっぴりプライベートなことを話すことで、相手は好感・親しみを感じてくれるでしょう。

雑談の返し方

雑談が始まっても相手の話に単純に「そうですね」という返答をすると、話題はそこで終了してしまいます。

雑談をする際の返し方にも気を付けてみましょう。

そんなときは「そうですね」にプラスして「オウム返しをする」「感情をこめて相槌をする」などを行い、相手に気持ちよく会話をしてもらうという手法がおすすめ。

自分で会話をする際も、自分の返答に+αの質問を加えることで、雑談が継続しやすいように工夫をしてみましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

雑談力を上げたい人におすすめの本

最近は、雑談に関する書籍も多くあります。今回は「雑談が苦手だけど、少しでも雑談力を上げたい」という人におすすめの本を3冊紹介します。

雑談力が上がる話し方

「声に出して読みたい日本語」をはじめ、多くのベストセラーを出している斎藤孝さんの雑談力に関する著書。

「雑談の意味」「雑談には何が重要か」「コミュニケーションにおけるルール」などが記載されています。

また、本の中には具体的なコミュニケーションの方法も記載があるので、雑談をすることに悩みがある人は一度読んでみましょう。

超一流の雑談力

雑談力を学ぶための入門書のような一冊。

雑談が「どのように自分の印象を決めるのか」「相手との距離を縮めていくものなのか」をトレーニング方法を含め記載されています。

初心者からある程度自信がある人まで、すぐに実践できるノウハウを知ることができます

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

ニッポン放送アナウンサーである吉田尚記さんの著書。

昔はコミュ障であった吉田さんが、今では一緒にラジオをする初対面のゲストとも話が盛り上がるようになった、コミュニケーションのプロセスやアプローチ方法が記載されています。

雑談が苦手だった過去のある人の、人と話すことをゲームとしてとらえ克服するという考え方は参考になるので一度読んでみましょう。

雑談はメリットがたくさんある

雑談は、使いやすい話題・ネタを知っているだけでスムーズに行うことができます

雑談をうまく使いこなすことで「自分の印象をよくする」などのメリットを得ることも可能に。

また、雑談そのものの目的を知っておくとさらに多くの効果を得ることができるので、雑談の意味や目的について解説した以下の記事をぜひ読んでみてください。

仕事で役立つ雑談力とは?上手い人が実践するコツを紹介
人間関係を円滑にするために、会話によるコミュニケーションは重要な要素。その中でも雑談力は、社会人なら身につけておきたい能力ですよね。この記事では、雑談が苦手な人にむけて、雑談をするのが上手い人が実践しているコツを紹介します。

この記事が、雑談に苦手意識を持って悩んでいる人の参考になれば幸いです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました