テレカンでのプレゼンを成功させるには?知っておきたいデメリットと解決策

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

新型コロナウイルスが猛威をふるった2020年。企業活動に大きな変化が訪れています。なかには社内や営業先でのプレゼンをテレカンで行う企業も増えているでしょう。

しかしテレカンでのプレゼンは対面でやりとりできない分、コツを押さえて進める必要があります。

この記事ではテレカンのデメリットやその解決方法、テレカンでプレゼンを成功させる方法を解説します

テレカンでプレゼンを成功させるコツが掴めれば、遠隔でも問題なく営業活動できるようになるでしょう。ワークライフバランス実現にもつながります。

テレカンでプレゼンを成功させるには?

新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの企業でテレカン導入が進んでいます。

営業先へのプレゼンもテレカンで行う企業も増えたでしょう。

ではテレカンでのプレゼンをうまく進めるためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか

オンラインでも信頼関係を構築するコツを把握

なかにはこれまで訪れたことのない営業先において、テレカンでプレゼンを行うケースもあるでしょう。

そのような場合はオンラインでも一から信頼関係を構築するポイントを押さえる必要があります

オンライン名刺交換の活用も

例えば通常対面で行う名刺交換をオンラインでするのもおすすめ

「オンラインで名刺交換する意味なんてあるの?」と思われる方も多いでしょうが、事前にあなたの情報をオンラインでも伝えられることで相手に信頼感を与えられます。

現在はオンラインで名刺交換できるツールがありますので、以下の記事も参考にダウンロードしてみてください。

テレカンのメリット・デメリットを把握しておく

テレカンにはメリットもあればデメリットもあります。

例えばオンラインなので営業先に出向く必要はなくなりますが、相手のリアクションがわかりにくい課題も

このようなテレカンのメリット・デメリットと解決する方法を知っておくことで、スムーズなオンラインプレゼンの実現につながります。

テレカンでプレゼンを行うメリット

テレカンでプレゼンを行うと、双方の負担を軽減できるメリットがあります

営業先に出向かなくてもいい

営業先に出向かなくてもいい点は最大のメリットといえるでしょう。

例えばこれまで遠方でなかなか出向けなかった客先とも、オンラインで気軽にやり取りできます。出張費用などのコスト削減にもつながります。

特別な機器は不要

テレカンは使用ツールとインターネット環境があれば実施できます

スライドを映し出す機材なども不要なので手軽でしょう。また客先への準備も最小限で済ませられます。

資料共有が簡単

テレカンでプレゼンを行う前は資料をメール添付するのはもちろん、プレゼン中に必要になった資料もファイル共有機能を使えば簡単に共有可能です。

リアルタイムで必要になった資料も共有できるため、効果的なプレゼンにつながります。

リアルタイムで質問に回答

プレゼン中に出てきた疑問は途中で受け付けることも可能ですが、チャット上で受け付けておいて回答時間にまとめて対応することもできます。

このような対応によって、効率的にプレゼンを進められるでしょう。また質問に関するデータをその場で検索し共有することも可能。

程よくリラックスできる

それぞれの場所をつないでプレゼンを行えるため、お互い程よくリラックスできます

「機材を持ってくるのを忘れた」といったことも避けられるでしょう。

録画機能で振り返れる

テレカンツールには録画機能があります。

録画したものを後から振り返ったり、セミナーであれば参加者に送信して共有することも可能です。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

テレカンでプレゼンを行うデメリット

テレカンでのプレゼンは、オンラインでのやりとりならではのデメリットも発生します

事前準備が必要

アプリのインストールや招待URLの発行などが必要です。

インストール不要なサービスもあるので、事前に各種ツールを比較して導入しやすいものを選ぶとよいでしょう。

インターネット接続環境に左右される

テレカンはインターネット接続環境に左右されるデメリットがあります。

自分や相手側の回線が不安定であればプレゼンの途中で回線が途切れたり、音声が聞き取りにくかったりする可能性も。

事前に接続テストを行い確認する作業が必要でしょう。

話がそれやすい

特に顔見知りとのやりとりの場合、程よくリラックスした状態なので話が外れやすいデメリットがあります。

レジュメを共有したり質問への回答は時間を定めて行うなど、ある程度ルールを定めて進める必要があるでしょう。

リアクションがわかりにくい

オンラインでのやりとりになるため、自分や相手のリアクションが伝わりにくい課題があります。

相手の反応をみながら話を進めることがしにくくなるため、適宜リアクションが確認できるような声がけなどを行いましょう。

例えば「ここまででご不明点はございますか?」「今の部分ご理解いただけたでしょうか?」と声がけするとスムーズにプレゼンがおこなえます。

テレカンプレゼンをうまく進める方法

デメリットの部分でも解決策については少し触れましたが、ここで改めてテレカンプレゼンを上手に進める方法を紹介しましょう

事前準備を入念に

テレカンでのプレゼンを成功させるには、事前準備がカギです。

レジュメを共有して当日の流れを連絡したり、テレカンに必要な準備(アカウント登録やアプリのダウンロードなど)を相手側に伝えたりしましょう

特に準備が不要であれば「特別な準備は不要です」と伝えるのがベターです。

テレカンを行う際は招待メールを送信しますが、前日や当日にリマインドメールも送ると確実です。

テスト接続の時間も確保

自分や相手がテレカンツールを初めて行う場合は、テスト接続の時間を確保しましょう

テレカンの実施を伝えるメールに「あらかじめ接続環境テストの実施をお願いいたします」と記載しておき、当日スムーズにテレカンでのプレゼンを行えるようにしましょう。

こちらも前日・当日にリマインドしておくと確実です。

質問事項の確認

テレカンによるプレゼンの途中で質問を随時受け付けることもできますが、あらかじめ質問を受け付けておく方法もあります

内容がかぶっている質問はまとめて回答するなど、効率的に時間を使えるようになるでしょう。

いつもより明瞭快活に笑顔で話す

インターネット環境によっては自分の声が聞き取りにくいこともあります。

またテレカンは画面越しでのやりとりになるため、相手の印象がわかりにくいデメリットも。

自分のなかでは普通の表情でも無愛想に思われやすい傾向があるため、いつもより笑顔で安心感を与えられるようにしましょう

プレゼンのコツについては姉妹サイトの記事も参考にしてみてくださいね。

事前準備を入念に行いテレカンプレゼンを成功させよう

新型コロナウイルス感染症が収束したあとも、現在のテレワーク推進の流れはとどまらないでしょう。

テレカンでのプレゼンなど遠隔での営業活動を上手にこなすことが、これからのビジネスマンの必須スキルといえます

今回紹介したコツを押さえ、テレカンプレゼンをスムーズに進められるようにしましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました