女性活躍推進法とは?女性が活躍できる職場の見分け方も解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

女性の社会進出や社会での活躍を後押しするために2015年に成立した女性活躍推進法。具体的にどのような内容かきちんと理解できていますか?

女性活躍推進法の内容を知ることで、将来のキャリアを考えた企業選びの参考にすることができます。

働きやすい職場を選ぶことはワークライフバランスを実現するためにも欠かせません。この記事では、女性活躍推進法の内容や女性や活躍できる職場の見分け方を解説します

女性活躍推進法とは

女性活躍推進法とは、正式名称で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」と呼ぶ法律です。

女性の社会進出や女性の社会での活躍を後押しする法律として2015年に成立しました。その後2019年に改正法が成立しています。

女性活躍推進法の内容

女性活躍推進法では、対象企業に対して女性活躍をサポートするためのいくつかの取り組みを求めています。

主な対応は次の通りです。

1.自社の女性活躍に関する状況把握・課題分析
2.課題を解決するための数値目標と取り組みを盛り込んだ、行動計画の策定および届出
3.自社の女性活躍に関する情報の公表

企業として女性の活躍をいかにサポートできているのかを調査し、自社の課題や問題を解決するための具体的な行動計画を策定・届出させることが、女性活躍推進法の主な役割です。

えるぼし認定とは

女性活躍に関する取り組みにおいて、一定の条件を満たしている企業に与えられる認証が「えるぼし認定」

えるぼし認定は次の5つの項目で審査されます。それぞれに基準が定められており、状況に応じて3段階の認定が行われます。

・採用
・継続就業
・労働時間
・管理職比率
・多様なキャリアコーチ

えるぼし認定を取得した企業は、その認定マークを自社の商品や広告、パンフレットなどに載せることが可能に。

就職・転職先を探している女性は、えるぼし認定によってその企業が女性の活躍をどれくらいのレベルでサポートしているのかを知ることができるでしょう。

また、企業にとっても自社の働きやすさをアピールし、優秀な人材を確保することに繋がります。

女性活躍推進法が成立した背景

男女が平等に雇用される機会を得られることを後押しする法律である男女雇用機会均等法。

学校の社会の授業で教わったことを覚えている人も多いでしょう。

この法律をきっかけに女性の社会進出が進む中、新たに女性活躍推進法が成立した背景には何があるのでしょうか。

大きな理由は、将来(および現在)の労働力不足の解消です。

育児や介護を理由に働きたくても働けない女性が多い中、彼女たちの社会進出・社会復帰を推進することで労働力を確保する狙いがあります

また、女性に対するハラスメント防止やグローバル化、ダイバーシティ(人材の多様化)に対応することも目的です。

対象企業

女性活躍推進法で定められた取り組みが義務付けられているのは、次の条件にあてはまる企業です。

・国、地方公共団体、常時雇用する労働者が301人以上の民間事業者

300人以下の中小企業については、2022年3月末までは努力義務となっています。

なお、2022年4月1日からは、以下の取り組みの実施義務が常時雇用する労働者101人以上の事業主に拡大されます。

・一般事業主行動計画の策定、届出
・自社の女性活躍に関する情報公表

4割が女性活躍推進法の影響を実感

施行されて数年が経過した現在、女性活躍推進法は実際の働く現場にどのような影響を与えているのでしょうか。

人材サービスのアデコは、課長職相当以上の女性管理職に対してインターネットアンケートを行いました。(2018年12月、有効回答数550)

「女性活躍推進法が自身の管理職への昇進にプラスになったか」という質問に対して「影響があった」「やや影響があった」という回答が4割に上りました

未だに男性優位を感じる人も

女性活躍推進法が管理職への昇進に影響していることを実感している女性が一定数いる反面、未だに職場での男性優位を感じている人も。

アンケートでは「採用や昇進で男女差を感じることがあるか」という質問には、50%が「男女差はない」と回答する一方、43.6%が「男性優位である」と回答しています。

女性が昇進・キャリアアップを目指す理由とは

女性にとってはまだ働きづらさを感じることもある社会。

しかし、アンケートでは今後の昇進を希望する女性が全体の54.4%を占めています。

その理由は次の通りです。

1.給与がアップする(47.8%)
2.女性が活躍できる職場にしたい(34.8%)
3.女性管理職としてロールモデルになりたい(32.1%)
4.職場の環境や制度を変えたい(31.4%)
5.上位の管理職を経験したい(27.8%)

自身のキャリアや将来のためだけでなくこれから社会での活躍を希望する女性のために昇進を希望する人も多くいるようです。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

女性が活躍できる職場のポイント

女性活躍推進法やえるぼし認定にとって女性の働きやすい環境が整備されている中、実際に職場を選ぶ際にはどのようなポイントで企業選びをすれば良いのでしょうか

女性が活躍できる職場のポイントを紹介します。

女性がキャリアを考えられる取り組みがあるか

男性が昇進や昇給を働く際の当然の目標として考えている一方で「現状維持ができればいい」「管理職にはなりたくない」という女性は多くいます。

そのような風潮がある企業では、活躍したくてもモチベーションの面でつらいかもしれません。

キャリアを積んでいくことを希望する人は、女性がキャリアについて真剣に考える機会を提供しているかどうかを見極める必要があります

女性リーダーの育成に力を入れているか

女性リーダーへの育成に力を入れているかどうかも重要なポイント。

「女性は男性社員のサポート役」といった古い考えがある企業では、いくら能力が高くても昇進していくのは難しい可能性があります。

キャリア教育や管理職研修など、女性リーダーの育成に積極的な企業を選びましょう

出産・育児への理解とサポートがあるか

どんなに働きたくても、出産や育児の際は一時的に職場を離れることは避けられません。

復帰後に同じポジションや同等の条件で働けるか、時短勤務や在宅勤務など柔軟な働き方でできるかなど、家庭と仕事を両立するための体制が整っているかを見ることが大切です。

女性の活躍推進企業データベース

出典:厚生労働省

各企業の女性活躍推進法への取り組み状況は、厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」で見ることができます。

採用に占める女性の割合、平均勤続年数、育児休業取得率などの各種データが見られます。転職・就職の際には参考にしましょう。

まとめ

取り組み状況は企業によって異なるものの、女性活躍推進法は女性の社会進出や長期的なキャリア形成に役立っています。

法律を理解することは、自分の能力を活かしキャリアを積んでいける企業を選ぶためにとても重要です

この記事を参考に、あなたのキャリアビジョンにあった企業を探していきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました