今からできる行動力の鍛え方を解説!おすすめ本やすぐに動けない原因も

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

ビジネスやプライベートの様々な場面で役立つ行動力。いざという時に動ける人は周囲からの信頼を得やすく、昇進やキャリアアップのチャンスも掴みやすいとも言われています。

行動力がある人はくよくよ悩むことも少なく、ワークライフバランスを実現させている人も多いです。

この記事では、今すぐにできる行動力のトレーニング方法やあなたがすぐに動けない理由、そして行動力を学ぶためのおすすめ本を紹介します

行動力とは

行動力とは、目標や目的を達成するため、自ら考え積極的に行動を起こすことができる能力を指します。

行動力がある人とは、好奇心旺盛で失敗を恐れない、スピード感を持った決断ができるなどの特徴があります。

今日からできる、行動力を鍛える方法

行動力を鍛えるためには、日々の様々な場面で少しずつ習慣や考え方を変えていくことが大切です。

ここからは、今日からできる行動力を鍛えるための方法を解説します。

1日1つ小さな目標を立てて行動する

1日1つ、何か小さな目標をたてて行動するようにしましょう

行動力のない人は、必ずしもいまやらなくてもいいことはどんどん先延ばしにしてしまいがち。

この癖を治すために、やりたかったことややりたいことを1つずつ達成していきます。

例えば「英語力を伸ばしたい」と思って行動ができていない人は、まずは英会話スクールの体験に行ったり、英語のレッスン動画をYouTubeで調べてみたりするなどができるでしょう。

期限をつける

期限がないようなことであっても、自分で期限をつけて行動してみるのも有効な手段

「◯時までやる」と決め、それを達成するために努力することで毎日小さな達成感を得ることができます。

仕事で期限を決める場合には「◯時までに終わらせます」と宣言してしまうことも適度な緊張が得られて良いでしょう。

行動力が高い人と関わりを持つ

行動力が高い人と関わりを持ち、彼らの考え方や行動を起こす時のスピード感を学びましょう

行動力のある人は、例えば気になったことはすぐに調べる、質問は時間のかかるメールではなくその場でさっと電話で済ませるなどを日常的に行っています。

彼らのポジティブ思考や仕事ぶりを見ることで、あなた自身の行動も変わってくるはずです。

周囲を気にしすぎない

周囲の目を気にしすぎるのをやめ、自分の行動に自信を持ちましょう

完璧主義や慎重派の人は「これをすると他の人がどう思うか」「失敗するとかっこ悪い」など、周囲からの評価を考えるあまり思い切った行動が取れないことも多いです。

自信が持てない人は自己肯定感を高める方法も合わせて実践することをおすすめします。

できない理由を言わない

できない理由を言うのをやめて「どうすればできるか」「いつであればできるか」を考えます

すぐに行動に移せなかったのは「その日は他の仕事で手一杯だったから」「寝不足だったから」「その件について知るのが遅かったから」など、言い訳は作ろうと思えばいくらでも作れます。

できない理由や言い訳ではなく、次に同じような状況になった時にすぐに動くためにはどうすればよいか、と考えるのが大切です。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

行動力がない人の特徴

仕事ができる人が持っている行動力。

もっと行動力を身に着けないと、という自覚はあっても、なかなか動けない優柔不断な人もいるでしょう。

まずは、行動力がない人の特徴について整理していきます

自分に自信がない

自分に自信がないために積極的な行動が取れないことが考えられる原因の1つ。

「できないかもしれない」「失敗したらどうしよう」というネガティブな気持ちが先走り、どうしても1歩を踏み出す勇気が出ないのです。

このタイプの人は、過去の失敗がずるずると引きずってしまうことも多いです。

完璧主義

完璧主義で準備が完全に整うまで行動に移せない、という人もいます。

周囲からは「丁寧」「真面目」といった良い評価を受ける一方、スピード感が必要な場面では足を引っ張ってしまうことも。

性格なので仕方のない部分もありますが、ある程度の雑さは許容する気持ちも必要でしょう。

慎重すぎる

大胆な行動や感情的な行動が苦手な慎重派の人も、行動力がないと判断されがちです。

完璧主義の人と同様、その慎重さが評価されることもありますが「ゆっくりすぎる」「ビビりすぎ」という評価を受けることもあるでしょう。

変化を好まない

もともと行動を取るのが好きではない、というケースもあります。

変化を好まない、現状維持をしようとする人は、変化に敏感に反応して行動することが苦手です。

行動力がある人は「もっと色々なことを経験したい」「もっとステップアップしたい」と考えます。一方、変化を好まないタイプの人は「現状のままで居られれば良い」と考えているのです。

先延ばし癖がある

「いつかやろう」「時間ができたらやろう」と物事を先延ばしする癖も、行動力をなくす原因。

「資格を取ってステップアップしたい」と考えた時、行動力がある人は早速試験を申し込んで参考書を用意します。一方、行動力のない人は「明日調べよう」とつい先延ばししてしまいます。

行動力を鍛えるためにおすすめの本

社会人の必要な行動力は、本を読んで学ぶのも方法の1つ。

行動力を鍛えるためにおすすめの本をいくつか紹介します

0秒で動け

出典:Amazon

すぐ動ける人と動けない人の違いは「頭の使い方」にあるという本書。

わかっているけど動けない、という人のために、すぐ動くためのマインドとスキルが解説されています

行動に移すまでの考え方を体系的に学びたい人におすすめです。

今日から行動力を一気に高める本

出典:Amazon

行動力を高めるために必要なのは「やる気」のマネジメント。

ちょっとしたコツでモチベーションを刺激しながら行動力を高め、自分自身を成長させていくためのプロセスが解説されています

行動したいという気持ちがそもそもわかない、行動力のエネルギー源が知りたいという人におすすめです。

超習慣術

出典:Amazon

メンタリストのDaiGoさんによる、よい習慣を身につけるための方法が解説されている本。

習慣は人の行動の45%を占めていることから、人生を思い通りにするための習慣化のコツが紹介されています

行動力を鍛えるための習慣が続かない、3日坊主になりがちという人は読んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

行動力を鍛えるためには「なぜ自分に行動力がないのか」という理由を分析し、意識的に習慣や考え方を変えていくことがポイントです

1日1つの目標を作ることや期限設定など、今すぐにできることもあります。早速、できることからやっていきましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました