生産性向上を成功させた企業の事例を紹介!おすすめの本も

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

ワークライフバランスの実現には、生産性の向上がかかせません。とはいえ、生産性向上に向けた施策を導入する際「周囲に納得感のある説明ができないかも…」とお悩みの方もいるでしょう。

生産性の向上につながった事例やメリットを具体的に提示することで、周囲に納得してもらいやすいくなり、施策の精度を高めることができます。

そこで当記事では、生産性向上を成功させた企業の事例や参考になる本など紹介します。

生産性を向上させた成功事例

厚生労働省が発表した資料を元に、生産性を向上させた成功事例をいくつか紹介します。

  • 飲食業の例

秋田市内で居酒屋を営む「秋田乃瀧」が注文データや顧客アンケートなどを通じたメニューの工夫により、売上が増加しました。

  • 小売業の例

スーパーマーケットを展開するさえき社が、売り場の整理や業務の標準化を行ったところ、1人あたりの生産性が22%向上しています。

  • 宿泊業の例

従業員の連絡手段としてのタブレット導入や、繁忙期の業務体制を改善したところ、労働時間が2%削減するなどの生産性向上に成功しました。

厚生労働省のホームページでは「生産性向上の好事例」として、他にも介護業や道路貨物運送業などの業界での生産性向上の成功事例を紹介しています。

生産性を向上させるタイムマネジメントのコツと時間管理アプリ7選
あなたは、自分のタイムマネジメントスキルに自信がありますか?タイムマネジメントをしっかりと身につけ、ワークライフバランスを実現させましょう。この記事では、生産性を向上させるためのタイムマネジメントのコツと、おすすめの時間管理(タイムトラッキング)アプリを紹介します。

生産性向上のメリット

生産性をアップさせることは「少ない時間で大きな成果を出せる」ということなので、当たり前ですがメリットがたくさんあります。

個人としては、ワークライフバランスの実現が可能になるでしょう。生産性の高さは、会社での評価につながったり転職のときのアピールポイントにもなります。

企業としては、離職率の低下、収益の増加、残業代の削減のメリットが見込めます。

離職率3割から見る若者の退職理由。理想の会社の選び方も紹介
大卒者のおよそ3割が、入社3年以内に離職しています。その背景には、働き方が多様化し「ワークライフバランスを実現したい」というニーズの高まりがあります。この記事では、多くの若者が退職を選ぶ理由と、理想的な環境で働くための企業の選び方について解説していきます。また、従業員の満足度が高い企業の実例も紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

生産性向上についてよくある誤解

生産性の向上によるメリットは大きい反面、生産性向上についてネガティブに捉えてしまっている人もいます。

例えば、以下のような誤解が考えられるでしょう。

  • 1人1人の仕事量が増えるのではないか
  • ワークライフバランスを実現できないのではないか

組織における生産性の向上は、個人の理解なくては達成できません。もしあなたが生産性向上の施策を提案する立場なら、それぞれ以下のように対処するのがよいでしょう。

1人1人の仕事量が増えるのではないか?

生産性向上というと「どんどん仕事を詰め込まれる」と思う人も。1人1人の作業量を増やすのではなく、同じ時間で大きな成果を生むことを目指していると理解してもらいましょう。

生産性を向上した結果、具体的に仕事量がどうなるのか、提示することをおすすめします。作業量を可視化できるシステムがあると良いでしょう。

社内における情報共有の意味とメリットとは?情報共有の方法も紹介
「情報共有にはどんなメリットがある?」「うまく情報共有するにはどうしたらいいのだろう」このように情報共有について悩んでいませんか? 円滑な情報共有は生産性を向上させる効果があり、ワークライフバランス実現のためにも重要です。この記事では情報共有の目的、効果、コツなどを紹介します。

ワークライフバランスを実現できないのではないか?

生産性を上げることを組織として目指すと「休みが取りづらくなるのではないか」と心配になる人もいます。

生産性アップのためには休むことが必要不可欠であることや、社内で休みにくい雰囲気を作らないよう配慮することもしっかり伝えるとよいでしょう。

本来、生産性向上すると効率的に仕事ができるようになり、ワークライフバランスを実現しやすくなるものです。

仕事を休むことに罪悪感を覚える理由とは?休んでもいい理由も解説
「どうして仕事を休むことに罪悪感を覚えるのだろう」「堂々と仕事を休むにはどうしたらいいのかな」と悩んでいませんか?適度な休みはむしろ仕事の効率を上げるので、ワークライフバランス実現のためにも大切です。本記事では、仕事を休むことに罪悪感を覚える理由、そして休むことが大切な理由を解説します。

生産性を向上させたい人におすすめの本

生産性を上げるには、生産性への考え方から具体的な方法まで、幅広い視点での知識が必要です。

実践することも重要ですが、まずは「生産性の向上」を解説している本で体系的に学ぶのがよいでしょう。

表面的な「生産性向上テクニック」ではなく、生産性を上げるための本質的な考え方がまとめられた本を選びました。それでは、生産性を向上させたい人におすすめの本を紹介していきます。

生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

出典:Amazon

マッキンゼーの元人材育成マネージャーによる生産性の上げ方を一から解説した良書です。

「組織としていかに生産性を上げるか」から、個人として生産性を上げるための方法まで詳しく解説しています。特に、管理職の方は必読の一冊です。

チームの生産性をあげる。 業務改善士が教える68の具体策

出典:Amazon

生産性を上げるための具体策を漏れ無く解説している本です。本書は「組織のムダをなくす」ことを主題とした内容となっています。

生産性向上に繋がる実践的な内容で、組織の生産性に問題を感じているリーダーや、個人的にスキルアップしたい方におすすめです。

自分の時間を取り戻そう ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

出典:Amazon

社会派ブロガーちきりんによる「時間への考え方」を解説した本となります。

生産性を上げるには、一人一人の時間の使い方が重要です。しかし、正しい時間の使い方を把握しているでしょうか?

本書では、生産性の向上に欠かせない「自分の時間を有効活用」するための根本的な考え方をわかりやすく解説しています。何かと忙しさを感じている方におすすめです。

まとめ

生産性の向上による労働時間・コストの削減などは、ワークライフバランスの実現に欠かせません。

生産性の向上には、個人のブランディングなど、様々なメリットがあります。一方で「生産性の向上」を誤解している人がいます。

生産性向上に向けた新たな施策を提案する場合は、過去の成功事例や具体的なメリットを説明し、周囲に納得してもらった上で取り組みましょう。

生産性の向上とは?テレワークでも使える方法を解説
リモートワークの導入により、生産性を可視化する企業も増えました。よいワークライフバランスには、生産性の向上が欠かせません。とはいえ「そもそも生産性の向上とは何か?」正確に理解していない方も多いのではないでしょうか。今回は「生産性とは何か」といった解説から、テレワークに重要な生産性向上のポイントまで解説します。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました