生産性の向上とは?テレワークでも使える方法を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

リモートワークの導入などにより、生産性を可視化する企業も増えました。よいワークライフバランスには、生産性の向上が欠かせません。

とはいえ「そもそも生産性の向上とは何か?」正確に理解していない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「生産性とは何か」といった解説から、テレワークに重要な生産性向上のポイントまで、事例を交えながら解説します。

生産性の向上とは

そもそも生産性とは「投入した支出に対し、成果を生み出した度合い」のことです。

生産性は大きくわけて資本家視点の「資本生産性」と、労働者視点の「労働生産性」の2種類があります。一般的に生産性は「労働生産性」で語られることが多いので、この記事では「生産性=労働生産性」として解説します。

労働生産性とは、労働者が1人あるいは1時間当たりに、売り上げたり、生産したりしたサービスを数値化したもの。

生産性を向上するなら、労働時間を減らすか、成果を増やすかのどちらかになります。

生産性の指標

生産性には「付加価値生産性」と「物的生産性」の2種類があります。

付加価値生産性は基本的な生産性を測る指標で、付加価値とは「粗利」のこと。計算式にすると「付加価値生産性=付加価値額÷労働量」となります。

それに対して物的生産性は、生産数や生産量など生産した数値を考慮した指標です。計算式にすると「物的生産性=生産量÷労働量」となります。

業務効率化との違い

生産性向上と業務効率化は似ているように思われがちですが、異なります。業務効率化は、生産性を高めるための1つの手段に過ぎません。

業務効率化とは、省人化や社員のスキル向上によって、業務にかける時間を減らす企業努力のこと。生産性の指標の分母を小さくすることで、生産性が向上します。

一方で、生産性の向上は分子を大きくする方法もあります。「生産性向上=業務効率化」ではないので、混同しないようにしましょう。

テレワークによって生産性は上がるのか?

テレワークは生産性を上げるイメージがありますが、実際のところどうなのでしょう。

日経BP総研 イノベーションICTラボが行った「新型コロナ対策テレワーク実態調査」によると、テレワーク利用者の中で業務の生産性が上がったと回答した割合は12%となっています。

必ずしもテレワークが生産性の向上につながるとは言えません。

「テレワークと生産性」に関して、SNS上で様々な意見が寄せられています。

生産性の向上を実感している人がいる一方で、同等あるいは生産性が下がる可能性が高いとの意見もあります。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

生産性を向上させる方法

ここまでの説明で「生産性の向上とは何か?」明確になったと思います。

ここからが本題で、生産性を向上させるポイントを解説します。

テレワークにも応用が効く、実践的なものばかりなので、ぜひ参考にしてください。

タスクを可視化し取捨選択する

まずは紙やアプリなどでタスクを可視化し、取捨選択しましょう。

生産性の高い人は、1日のタスクを絞っています。利益に繋がらないなど重要度の低いタスクをやらないという選択肢もあります。実行前にタスクの優先順位を確認してください。

可視化の方法としては、to doリストを活用するのがおすすめ。生産性を上げるto doリストの書き方については、こちらの記事を参考にしてください。

仕事の生産性を上げるtodoリストとは?作り方のポイントも解説
仕事で「やらなければいけないことを忘れてしまうことが多い」という悩みはありませんか。そんな人におすすめなのがtodoリスト。仕事の効率が上がれば、プライベートの時間が増えてワークライフバランスを整えることにも繋がります。この記事では、todoリストのメリットや作り方、作成時のポイントについて解説します。

また優先順位をつけるフレームワークを以下の記事で紹介しています。あわせてご覧ください。

仕事の優先順位決めるフレームワークを紹介!緊急度・重要度マトリクスなど
物事の優先順位を付けられるようになると、仕事もプライベートも充実し、ワークライフバランス実現につながります。今回は、優先順位を決める際に押さえてほしいポイントや、優先順位を付けるのに役立つフレームワークを紹介します。

周囲と協力できる体制にする

周りと協力して、生産性を上げるのも一つの手です。生産性の向上は1人で行うものとは限りません。

自分に関わる業務の専門知識をもった人や経験豊富な人と協力することで、生産性の向上に繋がります。

生産性を上げるためにも、周囲とのコミュニケーションが重要。社内コミュニケーションを活性化させる方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

社内コミュニケーションを活性化させる方法は?ユニークな事例も紹介
同僚や上司、部下と普段何気なく取っている社内コミュニケーション。実は生産性やチームワークの向上などの様々なメリットがあります。社内コミュニケーションを活性化することは、社員の満足度を高めてワークライフバランスの実現にも。この記事では、社内コミュニケーションを活性化すべき理由や今すぐできる活性化の方法を紹介します。

簡単な日報を共有しあう

簡単な日報を共有するのも、生産性の向上に役立ちます。タスクとスケジュールを人に共有しておくことで、作業時間を意識できます。

タスクとスケジュールは可視化するだけでなく、振り返って計画の精度を上げていくことで、生産性向上につながるでしょう。

1人だとついサボってしまったり後回しにしがちなので、振り返る機会を日報という形でルーティンにするのがおすすめです。

振り返りの意味とは?効果的なフレームワークも解説
「振り返りにはどんなメリットがある?」「効果的な振り返りをするにはどうしたらいいのだろう」このように振り返りについて悩んでいませんか?適切な振り返りはパフォーマンス向上にも効果があり、ワークライフバランス実現のためにも重要です。この記事では振り返りの意味、メリット、フレームワークを紹介します。

モチベーションを保つ工夫をする

モチベーションが下がると、生産性の低下に繋がります。モチベーションは常に変動するもの。自分でモチベーションを保つ工夫をしましょう。

それには、自分に合ったワークライフバランスを実現することが大切。残業にならない業務量に調整するなどしてモチベーションを保って、生産性向上に繋げましょう。

企業としては、表彰制度やインセンティブを設ける、社員同士で日頃の感謝を伝える機会を作るなどの方法が考えられます。

いますぐ仕事のモチベーションを上げる方法を紹介【たった5分でやる気が約1.5倍増】
「仕事のモチベーションがなかなかあがらない」「気分にムラがある性格で業務の生産性が落ちやすい」といった悩みを抱えるあなたに向けて。この記事では、仕事のモチベーションを上げるのに有効な方法を紹介。所要時間も5分程度と簡単に実行可能。それなのに「やる気は38%も上がった」との研究結果がでた最新のテクニックです。

スキルアップの機会を作る

スキルを底上げすることで、アウトプットの質やスピードが上がり、生産性向上につながるでしょう。

一概に「スキル」といっても多種多様です。

段取りスキルやコミュニケーションスキルなど、具体的なスキルアップの方法については、以下の記事で紹介しています。

仕事で役立つ!段取り上手になるための方法とおすすめ本を紹介
無駄のない作業で素早く仕事をこなしていく段取り上手な人。もっと段取りよく仕事を進めたいが、物事を順序立ててやることに苦手意識を持っている人も多いでしょう。段取りよく仕事を行うことは、ストレス軽減やワークライフバランスの実現にも大切です。この記事では、段取り上手になるための具体的な方法とおすすめの本を紹介します。
コミュニケーション能力が低いのを改善する方法。役立つスキルも紹介
この記事では具体的な改善方法と、コミュニケーション能力を高めるメリットを解説します。コミュニケーション能力が低いと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。
テレカン(Web会議)のテクニック。話が伝わらないストレスを解消するコツとは
コロナウィルスの感染拡大の影響によって普及したテレカン(Web会議)。働き方改革やワークライフバランスの実現のために、継続して利用する企業も増えていくでしょう。一方で「話が伝わりづらい」「やり取りに時間がかかりストレス」といった意見もよく聞かれます。この記事では、スムーズなテレカンのためのコツを解説します。

またパソコンのスキルが生産性を大きく左右します。

例えば以下の姉妹サイトの記事では、テレワークですぐに使えるショットカットキーについて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【知っておきたい】Google Chromeのショートカットキー22選+α | テックキャンプ ブログ
「パソコンでの業務スピードを上げたい」と考えていませんか?そんな方は、今すぐChromeのショートカットキーを覚えましょう。また、Chrome拡張機能にショートカットキーを設定することもできます。この記事で詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

仕事環境を整える

仕事の椅子やデスクトップなど、仕事環境を整えるのもよいでしょう。

自分に最適なグッズを取り揃えることで、作業スピードがアップします。場合によってグッズを増やすのではなく、減らすことも検討してください。

こちらの記事では、Web会議でおすすめのマイクスピーカーを紹介しています。マイクスピーカーを使うと「声が聞きづらい」問題を解決することにつながるでしょう。

【Web会議・テレカンツール】マイクスピーカーおすすめ6選厳選!製品の選び方も
Web会議(テレカン)では「音が聞こえづらい」という問題も起こりがち。そんなときは、声をしっかり拾ってクリアな音声で相手に届けてくれる「マイクスピーカー」を使ってみてください。Web会議での音声の問題を解消します。この記事では、おすすめのマイクスピーカーを紹介します。

生産性向上のツールを使う

ITツールを活用することで、抱えている本質的な課題に集中できます。単調な作業は、ITツールに置き換えられます。

日常的なタスクを見直し、生産性向上ツールを導入できるものはないか検討しましょう。各業界で自動化の流れが進んでいます。

こちらの姉妹サイトの記事では、自動化ツールなど生産性向上に役立つツールを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

テレワークに必要なスキルと心構えとは 生産性をアップするおすすめツール・アプリも紹介 | テックキャンプ ブログ
テレワークは誰にでも合うわけではありませんが、求められるスキルを理解して、ツールを上手く使えばテレワークの生産性を向上させることは可能です。この記事では、テレワークを成功させるために必要なスキルとおすすめのツールについて解説します。

生産性向上を成功させた企業の事例

生産性向上の成功事例は、以下が挙げられます。

  • 注文データや顧客アンケートによるメニューの改善で、生産性向上
  • 商品の整理や業務の標準化による生産性向上
  • 繁忙期の業務体制の改善による生産性向上

業界やその現場に合わせた施策によって、生産性向上に成功した事例は多数あります。

こちらの記事では、生産性向上の成功事例をはじめ、生産性向上のメリットやよくある誤解について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

生産性向上を成功させた企業の事例を紹介!おすすめの本も
ワークライフバランスの実現には、生産性の向上がかかせません。とはいえ、生産性向上に向けた施策を導入する際「周囲に納得感のある説明ができないかも…」とお悩みの方もいるでしょう。そこで当記事では、生産性向上を成功させた企業の事例や参考になる本など紹介します。

まとめ

生産性を向上させるなら、同じ労働時間で成果を増やすのか、同じ成果を少ない労働時間で達するのかのどちらかです。

テレワークの導入が必ずしも、生産性の向上につながるとは限りません。タスクの可視化や、スキルアップの機会を設けるなどの工夫が必要です。

自分や部下に合った方法で生産性を上げ、より良いワークライフバランスを目指しましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました