スキルアップにおすすめの資格10選!取得する資格を選ぶ基準も

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「資格を取得するとどんなメリットがあるのだろう」「仕事の幅を広げるにはどんな資格を取った方がいい?」

このように社会人の資格取得について悩んでいませんか?

社会人が資格を取得すればスキルアップにもなり、業務の効率化につながるでしょう。またワークライフバランス実現にも効果があります。

この記事では社会人がスキルアップに繋がる資格を取得するメリット、資格を選ぶ基準、おすすめの資格を紹介します

社会人が資格を取るメリット

資格を取るべきか悩んでいる社会人の方は多いでしょう。

ここでは、社会人が資格を取ることのメリットを5つ紹介します

仕事の幅が広がる

たとえ現在の業務では使わなくても、資格を取得しているだけで仕事の幅は広がります。

急な仕事が舞い込んだときに、資格の知識を活かせることがあるかもしれません。また、資格を取得することで、新たな自分の適性に気付けることもあるでしょう。

キャリアップにつながる

社内で必要とされるスキルがあれば、資格取得によってキャリアアップにつながる可能性が高まります。より大きな会社に転職したい時にも、資格はアピールポイントになります。

将来的にどうなりたいかイメージがある方は、それに近づける資格の学習がおすすめです。

仕事の効率化に繋がる

仕事の効率化に繋がる資格も多数あります。たとえば、以下のIT資格は業務の効率化に直結します。

・マイクロソフトオフィススペシャリスト:OfficeソフトやOutlookに関する試験
・VBAエキスパート:Excel、Accessのマクロ機能に関する試験

働き方改革が進み業務の効率化が求められている現代において、とても有効な資格といえるでしょう。

副業に結びつく

クラウドソーシングなどで副業をしている場合、関連の資格があればクライアントからの評価が高まります

「未経験からの応募のため、実績がなく案件を獲得できない」という方は多いです。資格があれば他の応募者と差別化でき、仕事の受注にもつながるでしょう。

姉妹サイトでは副業の見つけ方について紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

転職に役立つ

転職活動において資格はとても役に立ちます

以下のように、資格の有無を重視している企業は多いです。

・未経験でも資格があれば応募できる
・資格を持っていないと応募できない
・資格所持者は優遇される

将来的に目指している企業がある方は、有利になる資格がないか確認しておきましょう。

スキルアップにおすすめの資格

ここからは、社会人がスキルアップするためにおすすめの資格を10個紹介します

社会人が働きながら取れる資格も多いので、ぜひ参考にしてください。

TOEIC

出典:IIBC

あらゆる企業でグローバル化が進む現代において、英語のスキルは高く評価されます。TOEICの点数を、入社や昇進の基準としている会社も多いです。

ビジネスマンに必要な知識として、今後はますます求められるレベルが上がるかもしれません。英語力に自信がない方は、まずは600点を目標に学習するとよいでしょう。

日商簿記検定

出典:日本商工会議所

日商簿記検定の資格は、事務の仕事をする上で役に立ちます。級が上がるごとに難易度は高くなりますが、働きながらでも挑戦できる資格です。

経理部の仕事では必ず活用するので、異動をしたい方には特におすすめです。

MBA

MBAは経営学に精通していることを証明する資格。キャリアアップにも有利な資格ですが、以下のように難易度は高いです。

・スクールに通う必要がある
・取得までに1年以上かかる

スクールに通えない方向けに、オンラインで受講できるものもあります。

販売士

出典:日本商工会議所

販売士の資格を取るには、以下などの知識が必要です。

・商品開発
・仕入れ
・物流
・消費者心理
・マーケティング

小売業の人だけでなく、商社や営業の方が習得すれば業務でも役立つでしょう。

消費生活アドバイザー

出典:日本産業協会

消費生活アドバイザーは、以下などの間に入って活躍できる重要な資格です。

・消費者と企業
・消費者と行政

消費者の意見を企業や行政に反映させたり、消費者からの相談にアドバイスを行ったりします

ファイナンシャルプランナー

出典:日本FP協会

ファイナンシャルプランナーになるには、以下などのお金に関するあらゆることに精通する必要があります。

・税金
・投資
・保険
・不動産
・相続

お金に関する知識は、日常生活においても役立つでしょう。

また、金融業界では幅広く活かせるスキルなので、転職活動の際にもアピールできる資格です。

コミュニケーション能力認定資格

出典:日本コミュニケーション能力認定協会

コミュニケーション能力認定資格は「日本コミュニケーション能力認定協会」が開講する資格講座の受講によって取得できる資格。

基礎レベルから指導者レベルまでの4段階があり、最短2日で取得が可能です。

経団連の調査によると、企業が採用する人材に最も期待することはコミュニケーション能力とのこと。

コミュニケーション能力を高めたい方には、これ以上ない資格でしょう。

基本情報技術者

出典:情報処理推進機構

基本情報技術者とは、基本的な情報処理技術の知識を証明する資格です。急速にIT化が進む現代においては、業界に関わらずITの知識が必須でしょう。

IT業界への転職を考えている方は、特に取得しておきたい資格といえます。

基本情報技術者試験については姉妹サイトで詳しく解説しています。こちらも合わせて御覧ください。

日商PC検定

出典:日本商工会議所

日商PC検定は、日本商工会議所が実施するパソコンの検定です。検定の内容は、主に以下などです。

・Word、Excel・PowerPointの操作ができるか
・IT関連の知識があるか

ビジネスの基本を学びたいという方には、おすすめの資格といえます。

中小企業診断士

出典:中小企業診断協会

中小企業診断士とは、国が唯一認める経営コンサルタントの資格です。企業の経営に関する知識が必要なため、試験範囲も以下のように広範囲です。

・販売
・会計
・財務
・マーケティング
・生産管理

資格取得のために学ぶことは多いですが、学んだ知識はそのままビジネススキルになります。

実際に資格を取得し、キャリアアップや独立開業をしている方も多いです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

取得する資格を選ぶ基準

資格が大切だと理解しても、どの資格を取得すべきか分からないのではないでしょうか?

ここでは、資格を選ぶときに確認すべき基準を3つ紹介します

難易度が高くないか

まずは、自分にとって資格の難易度が高すぎないか確認しましょう。社会人として働きながら、多くの学習時間を確保することは難しいです。

難易度が高すぎると資格取得までに多くの時間が必要になり、その分モチベーション維持も難しくなります。

限られた時間の学習でも取得できるような、自分に合ったレベルの資格を選びましょう

スクールに通う必要があるかどうか

スクールでの学習が必要かどうかも、資格を選ぶ際の重要なポイントになります。

資格の中には、学校を卒業していないと受験できないものがあります

社会人が働きながらスクールに通うことは困難です。資格を選ぶときには、しっかりと受験資格を確認しましょう。

実務経験が必要かどうか

実務経験がないと受験できない資格もあります。何を持って実務経験とするかは、資格によっても様々です。

・短期間の講習でも実務経験を満たす
・数年の実務経験が求められる

実務経験が必要かどうかも、事前に確認するようにしましょう。

まとめ

資格を取得すればスキルアップにより仕事の幅が広がり、キャリアアップできる可能性が高まります

さらに副業に結び付いたり転職にも役立ったりと、社会人が資格を取得するメリットは大きいです。

今回はおすすめの資格だけでなく、資格の選び方についても解説しました。仕事能力を向上させるためにも、ぜひ資格取得に向け学習を始めてみてください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました