職場環境が悪くストレスを抱えていませんか? 原因別に改善策を紹介します

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

職場環境が悪いとストレスを抱えてしまい、仕事の効率が下がってしまいます。

ワークライフバランスを実現するためには、職場環境は重要です。

そこで本記事では、職場環境が悪いと感じている方に向けて原因ごとの解決策を紹介します。

職場環境が悪く悩んでいる人の割合

職場環境とは「オフィスの環境」「人間関係」「労働条件」など。

複数の要素が挙げられます。

職場環境に関して悩んでいる人の割合は、株式会社イー・クオーレの2019年の調査によると下記の通り。

今の職場に満足していない人(どちらともいえない含む)6割新卒社員は、中途社員よりも不満を抱えている人が多い

引用元:PR TIMES

会社に所属している半分以上の人が職場環境になんらかの不満を抱えているようです。

この不満が爆発してしまうと「身体・精神に支障をきたす」もしくは「退職・転職」につながることも。

不満の中には簡単に回避できないものもありますが、少しでも不満を軽減できるように、自身ができる範囲で対応を行う必要があります。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

職場環境が悪い原因と対処法

職場環境が悪くなっている主な原因として考えられるのは下記の通り。

  • 人間関係が悪い
  • オフィス環境が悪い
  • 労働条件が悪い

職場によって原因が1つの場合もあれば、複数の原因が絡み合っている場合も。

ここでは、それぞれの原因に対する対処法について紹介します。

人間関係が悪い場合

職場において人間関係が悪いことは、ストレスになる大きな要因になります。

エン・ジャパンの「職場の人間関係」の意識調査のアンケート結果によると下記の通り。

「今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことはありますか?」と伺ったところ、84%の方が「ある」と回答しました。

引用元:エン・ジャパン

人間関係の難しさを感じる対象としては、直属の上司がもっとも多く、全体の45%。

起こる問題としては、セクハラ・パワハラ・いじめなど多岐にわたります。

人間関係の問題にはいくつかの対処法があるので、それぞれ詳しく解説します。

対処法①:話すときに喜怒哀楽を表現する

相手と話すときは、あえて感情を表に出して会話をするようにしましょう。

普段からある程度感情を出すことで、相手もあなたの感情を察することが可能になります。

無表情でいると「まさか不快に感じているとは」と、相手が思うことも。

しかし、やりすぎると逆に人間関係が複雑になってしまいます。会話相手に合わせて適度に感情表現を行うとよいでしょう

対処法②:”仕事は仕事”と割り切る

職場の「面倒な人間関係」は、社会人である以上、簡単に回避することはできません。

そんなときは「仕事は仕事」と割り切り、プライベートを充実させるなどの代替手段も考えましょう。

趣味に熱中したり、友達と遊びに行くなど、プライベートを充実させることで「面倒な人間関係」も忘れられ、リフレッシュすることができます。

対処法③:苦手な人とは距離を置く

関わりたくない相手と距離を置くのも1つの方法です。

人間には相性もあるため、なかなか改善できないことも。

性格が合わない人たちとは、仕事以外では関わり合いを避けることを意識しましょう。

また、どうしても無理な場合は、部署を変えてもらうことで距離を置くのも1つの方法です。

オフィス環境が悪い場合

オフィス環境として不満になりやすいポイントは多岐にわたります。

不満になりやすいポイントとしては下記の通り。

  • エアコンの温度・湿度
  • オフィスのレイアウト
  • PC、LANなどの設備
  • 印刷用紙などの備品
  • トイレ
  • デスクやチェアなどのオフィス家具
  • 音・騒音・臭い

ASKULの調査では、オフィス環境の不満としてエアコンの温度・湿度は上位にランクインしています。

しかし、オフィス環境を改善するのは個人の力だけでは難しいもの。

不満になりやすいポイントごとに、相談先や対処法について解説します。

対処法①:運用ルールを決める

「エアコンの温度・湿度」「印刷用紙などの備品」などに関しては、運用ルールを明確にすることで改善につなげることが可能です。

エアコンの設定温度を決めることで、温度に合わせた服装を考えやすくなり、不満点を減らすことにつながります。

備品に関しても「どこまで減ったら発注を掛ける」「コピー機の紙がなくなったらちゃんと補給する」などの仕組みで解決が可能です。

できるだけ、運用ルールなどの仕組みで解決できないか模索しましょう。

対処法②:総務部へ相談

「オフィスのレイアウト」「デスクやチェア」「入居しているオフィスビル」に関しては、総務部への相談が必要。

また、デスクやチェアなどのオフィス家具に関しては、相談する前に実際にどういうものがあるか調べてから提案するのがよいでしょう。

対処法③:情報システム部へ相談

PC、LANなどの設備が古い場合は、情報システム部へ相談が必要です。

業務を効率化させるために必要なスペックやソフトウェアなどがあったら、情報をまとめて稟議を行うことをおすすめします。

労働条件が悪い場合

労働条件としては、給与や労働時間などがあげられます。

エン・ジャパンの調査によると、仕事量・実力に見合っていない給与や長過ぎる労働時間などが労働条件の不満につながる大きな要因としてあげられています。

働き方改革で労働条件が改善されている企業が多くなっているとはいえ、まだまだ多くの問題を抱えている企業も。

労働条件を改善するための対処法について紹介します。

対処法①:労務部・労基署へ相談

給与・残業代に関することはまずは労務部へ相談。

特に残業代は、未払いになると人間関係も含め、さまざまなトラブルを発生させる原因となります。

また、無理な長時間労働などが行われている場合も、労働組合と協力して改善を要求することが必要になるでしょう。

上記のことを実施しても状況が改善しない場合は、労基署への相談が必要になります。

特にサービス残業などは、労働基準法に違反する行為。労基署へ相談に行く際には、しっかりと証拠をそろえるようにしましょう。

対処法②:業務の効率化

長時間労働の原因は「無駄な作業フロー」「処理しきれないほどの仕事量」など、さまざまです。

作業フローについてはマニュアルを作成することで効率化することが可能。

また、処理しきれない仕事量がある場合、適切な人員配置や仕事量を減らしてもらうなどの相談をすることをおすすめします。

現在行っている作業を疑ってみると、意外と無駄な作業・案件が多いもの。自身が所属している部署も含め、関係各所に相談してみましょう。

それでも改善が見られない場合は、転職をするのも1つの手段となります。

職場環境に悩んだら転職も検討しよう

職場環境を改善するには、「人間関係」「オフィス環境」「労働環境」など、それぞれの原因ごとに対処法を考える必要があります。

個人で対処できるものから、何かしらの働きかけが必要になるものまで、対処法はさまざまです。

本記事で紹介した対処法だけでは、改善できないこともあります。

その場合は、転職を考えるのも1つの手段。

この記事が、職場環境に悩んでいる人の参考になれば幸いです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?