名刺管理アプリの主な機能とおすすめアプリ9選!名刺を会社の資産に

溜まっていく名刺、有効活用できていますか?クライアントの名前や会社名、役職、連絡先などが詰まっている名刺は、会社の資産とも言える大切な情報。

名刺管理アプリを使って今後のビジネスに繋げていきましょう。ワークライフバランスの実現などの目的で増加するオンライン会議にも、名刺管理アプリは便利です。

この記事では、名刺管理アプリの主な機能とおすすめアプリを紹介します

名刺管理アプリとは

名刺管理アプリとは、その名の通り名刺を管理するためのアプリです。

名刺をスキャン・撮影するだけで登録、管理ができる機能があります。その他、集めた情報を社内で共有する機能や名刺交換をした相手とアプリ上でチャットができる機能なども。

名刺管理アプリのメリット

名刺管理アプリを導入するメリットには、次のようなものがあります。

・名刺の情報を簡単に保存、共有できる
・もらった名刺の情報を社内で簡単に共有できる
・外出先からでもスマートフォンやタブレットですぐに確認できる
・名前や役職で検索ができる

名刺情報をデータとして管理することで、共有が簡単にできる点や場所を選ばずどこからでも情報にアクセスできる点が大きなメリットです。

名刺管理アプリのデメリット

一方、名刺管理アプリには以下のようなデメリットもあります。

・名刺の情報をスキャンや撮影などで取り込む必要がある
・サービスによってはデータの取り込みにコストがかかることがある
・字体や紙質によっては情報が正確に読み取れないケースがある
・SFA/CRMなどの他システムの情報と重複する可能性がある

名刺管理アプリの主な機能

名刺管理アプリには、主に以下の機能があります

データ化の方法や検索機能、他システムとの連携はアプリによって仕様が異なる部分なので、サービスの選定時にはしっかりと確認しましょう。

名刺情報のデータ化

名刺情報のデータ化の方法は主に2つです。スキャナでの取り込み、またはスマートフォンやタブレットでの取り込みです。

多くの場合、OCR機能(光学文字認識機能)を使ってデータ化されています。

読み込んだ結果を一度確認してから保存できるサービスであれば、誤った情報を保存するのも避けられます。

閲覧・検索

名前や会社名などで情報を検索・閲覧する機能です。会社やプロジェクトごとにカテゴライズする機能が搭載されているサービスもあります。

閲覧・検索は最も使う機能なので、使い勝手はしっかりと確認しておくと良いでしょう。

名寄せ

同じ人物の名刺が重複して保存されるのを防ぐ他、役職が変わった時に情報を更新する機能です。

昇進した人をうっかり前の役職名で呼んだり、異動して担当から外れた人に連絡してしまうのを防げます。

CSV・Excel出力

登録してあるデータをCSV形式やExcel形式で出力ができる機能です。法人向けの有料サービスに搭載されていることが多いです。

出力したデータは他システムに読み込ませる用やデータの一括確認用として使えます。

他システムとの連携

 一部のサービスでは、営業管理システム(SFA)や顧客管理システム(CRM)などの外部システムとの連携に対応しています。

定期的にデータを同期することで最新の情報で戦略を練ることができるでしょう。

おすすめ名刺管理アプリ9選

名刺管理アプリは利用規模や機能、有料・無料などがそれぞれ異なります。

ここからは、おすすめの名刺管理アプリを9個紹介します

名刺ファイリングCLOUD

出典:名刺ファイリングCLOUD

名刺ファイリングCloudは基本利用料が0円の名刺管理アプリです。名刺をスキャン・撮影するだけで高性能のOCR技術によって即座にデータ化されます

セキュリティ対策がしっかりとされているので、ビジネス利用にも安心。なお、基本サービスでは名刺100枚までの登録が可能で、それ以上には有料プランの契約が必要です。

iOS版

Android版

名刺バンク

出典:名刺バンク

スマートフォン・タブレット・携帯電話など多様なデバイスに対応したクラウド型の名刺管理アプリです。登録する名刺の枚数に応じて課金される従量課金制であるのが特徴。

スキャナやスマートフォンカメラで簡単にデータの取り込みができます。

その他、CSV出力や人物相関図表示、名寄せ、タグ登録などデータを有効活用するための便利機能が搭載されています。14日間の無料トライアルあり。

iOS版

Android版

Business Card Reader

出典:Business Card Reader

25の言語に対応している名刺管理アプリ。スマートフォンでスキャンするだけでデータの登録ができます。

登録した連絡先はSalesforceに送信できる他、CSV保存やOutlook、Google Contactsとの同期も可能。

FacebookやLinkedInとの連携もあるので、海外とのビジネスが多い企業におすすめです。

iOS版

Android版

Wantedly People

出典:Wantedly People

Wantedly Peopleはビジネス系SNSのWantedlyに紐づく名刺管理アプリです。

最大10枚の同時スキャン、氏名・企業名・役職名・電話番号・メールアドレスなどの幅広い情報での検索など、業務効率化に繋がる機能が搭載されています。

ビジネスの情報収集や人脈作りなどをしていきたい方におすすめです。

iOS版

Android版

CamCard

出典:CamCard

16カ国語に対応しているアメリカ発の名刺管理アプリ。世界中に1億以上のユーザーがいるため、海外企業とのやり取りが多い企業におすすめです。

特徴は登録した名刺データに細かいメモが入力できること。相手の特徴ややり取りの記録を残しておくのに便利そうです。

名刺データはQRコードなどで交換もでき、オンラインの名刺交換にも対応しています。

iOS版

Android版

Scannable

出典:Scannable

ScannableはEvernote社が開発した名刺管理アプリ。Evernoteとの連携がスムーズな点が魅力です。

名刺以外にも書類や写真、レシートなどもスキャンできるので、ビジネスの様々なシーンで活用できます

iOS版のみ

Sansan

出典:Sansan

業界シェア82%、6000社の企業が利用している名刺管理サービスです。Sansanの魅力は高い読み取り精度。ほぼ100%の精度で名刺情報のデータ化が可能です。

セキュリティ体制が強固で、高い機密性が求められる大手金融機関や官公庁でも導入されています

なお、個人での利用を想定している場合は、次に紹介する名刺管理サービス「Eight」がおすすめです。

iOS版

Android版

Eight

出典:Eight

多くのユーザーから高い評価を受けている名刺管理アプリEight。Sansanと同じく高精度のデータ認識機能により簡単に名刺のデータ化ができます。

チャット機能が搭載されており、SNS的な要素も持っています。名刺で繋がった相手とのチャットはもちろん、まだ繋がっていない相手にはリクエスト送信が可能です。

オンライン会議の普及で需要が高まっているオンライン名刺交換にも対応。

iOS版

Android版

myBridge

出典:myBridge

LINEの名刺管理アプリであるmyBridge。名刺を撮影するだけでデータ化でき、名刺情報はLINEのトークで共有することができます

その他、電話帳との連携、連絡先の一括ダウンロードなどの多様な機能が搭載されていて、利用料は完全無料。ビジネスでLINEを使っている人におすすめです。

iOS版

Android版

まとめ

名刺管理アプリを活用することで、もらった名刺を会社の資産としてビジネスに活用することが可能になります

各アプリ・サービスで、機能や仕様、他システムとの連携などが異なるので、自社のビジネスにあったサービスを検討しましょう。

タイトルとURLをコピーしました