ネガティブな感情がパフォーマンスに悪影響を与える理由と対処法を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「マイナス思考で悩み事ができると仕事が手につかない」
「些細なことにイライラしてしまい仕事上の人間関係が悪くなりそう」

そんな悩みを抱えるあなたに向けて。

この記事では、ネガティブな感情が自身のパフォーマンスに悪影響を与える理由とその対処法について解説。

この記事を読むことで、ネガティブな感情への理解が深まり、上手な向き合い方を学ぶことができます。

ネガティブ思考だと、仕事もプライベートもうまくいきません。ポジティブ思考になってワークライフバランスが整った生活を手に入れましょう。

ネガティブな感情が自分のパフォーマンスに悪影響を与える理由

そもそも、どうしてネガティブな感情は「自分のパフォーマンスに悪影響を与えるものだ」と考えられているのでしょうか?

その理由は、ズバリ、無理やりネガティブな感情を押さえ込もうとしているからです。

多くの人がネガティブな感情を扱い方を間違えていて、そのせいでネガティブな感情の悪い部分を増大させてしまいがち。

実は、ネガティブな感情自体はいい作用も悪い作用も持っていません。

ネガティブな感情とどう向き合うかといったいわゆる「捉え方」によって、自分への影響は変化します。

ネガティブな感情が悪影響を与える状態

まず、どういう状態がネガティブな感情を悪化させ、自分自身悪影響を与えてしまうのかについて説明します。

それは、ネガティブな感情を無理やり抑え込もうとして、無理して明るい気分を作ろうとしたり、前向きなことを考えようとしている状態。

つまり、ネガティブな感情を抑えるためにポジティブなことを考えようとしているときです。

ネガティブな感情は無理やり抑え込もうとすればするほど、自分自身が受ける悪影響を増大させることになるのです。

ネガティブな感情から悪影響を受けないための対処法

それでは、ネガティブな感情とはどう向き合っていけばいいのでしょうか。

まずはネガティブな感情の捉え方による影響作用の実験をご紹介します。

ネガティブな感情は捉え方によって影響作用が変わる

ここでは、ネガティブな感情を怒りと定義します。

ヘブライ大学で行われた実験の結果によると、怒りの捉え方によって自身への影響が変わるということがわかっています。

実験内容が以下の通りです。

・100人以上の学生を2つのグループに分けて金銭交渉を行ってもらう
・その時、怒って交渉してもらうグループと冷静に交渉してもらうグループに分ける
・冷静に交渉している人たちのほうが説得力が増し交渉は優位に進んだ
・しかし、例外がでた
・怒って交渉してもらうグループの中でも、怒りを持って自分の意見を強く言って交渉することは「判断力が高まり、交渉力が高まるため成功率があがる」と伝えていたグループに限って、怒ることで交渉が上手いった
出典:THE WALL STREET JOURNAL「交渉に勝つ怒りの力」

この実験結果から、怒るということが自分にポジティブな影響を与えると信じると、怒りによってよい影響を得られることがわかります。

通常通り、怒りをネガティブなものだと捉えていたグループは、交渉結果も悪くなりました。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

ネガティブな感情と向き合うときはポジティブに捉えることが重要

実験結果からもわかる通り、もっとも効果的な対処法は、ネガティブな感情をネガティブに捉えないこと。

逆に言えば、ネガティブな感情をポジティブに捉えるとプラスの力になるのです。

重要なのは、このネガティブな感情にはどういうメリットがあるか知ること。その上で、このネガティブな感情をどう利用できるかを考え、実践すると、よい影響を得られるようになります。

ネガティブな感情を無理やり抑え込んだりガマンしたりする方がいいと思っていた。それが悪影響だなんて考えたことなかったな。

一歩引いた視点で「ネガティブな感情をどう利用してやろうか」と考えるのが、プラスの影響を得るためのポイントです!

ポジティブな人と一緒にいることは逆効果

ネガティブな感情をポジティブに捉えるために「ポジティブな人と一緒に過ごせばいいのではないか」といった考えを思いつくかもしれません。

しかし、それは全くの逆効果を生み出します。

ポジティブな人と過ごすと、その人たちの前向きな考え方や捉え方が自分に伝染して自分もポジティブになれそうなもの。

実際は、自分のネガティブさが際立ちってしまい、精神的にさらに辛くなりネガティブな感情が増大する悪循環に陥ってしまうのです。

終わりに

日本では小さい子供の頃から親に「人前で怒ったり不機嫌になってはいけない」など、ネガティブな感情を抑え込むことをしつけとして行われるイメージがあります。

逆に「その感情をうまく利用てみよう!」と教わる機会もあまりないように思います。

だからこそ今回の記事を読んで、ネガティブな感情というものに対する印象や考え方が変わったのではないでしょうか?

ぜひ、今日からネガティブな感情を恐れることなく最大限利用して自分のパフォーマンスを向上させてください!

以下の記事では、ポジティブ思考になるための12の習慣を解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました