フリーランスによくある不安の原因とその解消方法を解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

自由な働き方や柔軟な生活を求めて、あるいは自分自身への挑戦としてフリーランスになったものの、不安定な収入や仕事量から将来へ不安を抱いている人も少なくありません。

この記事では、「フリーランスになりたいが生活できるのか不安」「この先収入が0になってしまわないか不安」という方に、その不安の原因と解消方法を解説します。

フリーランスが感じやすい不安の原因

フリーランスとしての仕事のやり方や生活に満足してはいても、ふとした時に将来や生活に対して不安を感じることはありませんか。

その解消には、まずはあなたが不安に感じる原因を知る必要があります。フリーランスが感じる不安の主な原因を解説します。

収入の不安定さ

フリーランスとして収入は、仕事量とその単価によって変動します。

報酬の高い案件や継続的な案件を受注することが出来れば、同年代の会社員の平均よりも高い月収を得ることができるでしょう。

その一方で、体調不良や休暇などで仕事をする時間が取れない場合や、受注した仕事が少なかった月は平均よりも収入が少なくなる可能性もあります。

「今月はたくさん受注できたが来月はどうなるかわからない」といった不安は、フリーランスとして働く上では誰もが必ず直面する問題と言えます。

仕事をいつまで続けられるかわからないこと

会社によって毎月一定の給料が保障されている会社員と違い、フリーランスは自分自身が行った仕事で得た報酬が収入となります。言い換えると、仕事をしなければ報酬は得られません。

仮に世の中のニーズが変わってあなたが提供しているスキルやサービスが世の中から求められなくなったり、体調不良や家庭の都合などであなた自身が仕事をすることが難しくなった場合、仕事を続けることができなくなる危険性があります。

「すぐに仕事がなくなる可能性は低いとしても、やがてニーズがなくなるかもしれない」という不安を漠然と感じずにはいられないものです。

暇な時間が多すぎること

暇な時間が多すぎることで不安になることもあります。

世の中の会社員が平日朝から夜まで毎日働いている一方で、自分は昼も家にいて何もしていない・・・

といったように仕事がなく暇な時間を過ごすことで、「このままでいいのか」といった不安を感じる時もあるでしょう。

暇な時間が多いとしても、それで十分な収入が得られているのであれば問題ありません。

しかし、暇な時間が多いということはそれだけ仕事をしていない=収入が少ないことにもなり、収入面や将来の不安も重なることでさらに大きな悩みになってしまいます。

将来の結婚や子育てなど

出産休暇や育児休暇などの制度がないフリーランスでは、結婚・出産のタイミングも悩みの種の一つです。

特に女性は妊娠・出産すると一定期間キャリアがストップしてしまうことは避けられません。復帰しようと思った時に、これまでやり取りのあったクライアントはすでに別の受注先を見つけてしまっていた、といったことも起こりえます。

男性にとっては、収入の不安定さから家族を養える自信がないことで、結婚になかなか踏み切れないということもあるでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

不安を解消する方法【これからフリーランスを目指す方】

フリーランス・会社員に限らず、仕事をしている限り悩みの一つや二つはつきものかもしれません。

しかし、可能であれば不安や悩みをあまり持たずに仕事を楽しみたいものです。

では、どのようにすれば不安を解消出来るのでしょうか。

まずは、これからフリーランスを目指す人向けの予防方法を紹介します。

専門スキルを習得する

仕事を受注できるか否かは、あなたが提供できるスキル・サービスのレベル・質に大きな影響を受けます。

専門性・稀少性が高く、かつニーズの高いスキル・サービスを提供することが出来れば、それだけ仕事の獲得は容易になるでしょう。

これからフリーランスを目指す人で、収入面のおいて特に不安視している人は、世の中のニーズにあった専門スキルを身につけることを考えてみてください。

例えばエンジニアであれば「扱える技術者が少ない新しいプログラミング言語の習得」や、デザイナーであれば「流行りのデザインをスタイルに取り入れる」などがあります。

セミナーや勉強会に参加する

フリーランスとしての働き方が広く普及してきた中で、フリーランスを目指す人向けの勉強会・セミナーなども各地で開催されています。

例えば、フリーランスエンジニアやフリーランスデザイナーなどを目指す人を対象として営業方法や仕事の進め方を学べるセミナーや、副業としてフリーランスをしたい人向けの勉強会などがあります。

多くのセミナー・勉強会が平日夜や週末などに開催されており、費用も無料~数千円と手頃です。

セミナーや勉強会がきっかけで同じようにフリーランスを目指す仲間に出会うこと可能性もあり、情報交換の場としても利用できます。

過去のコネクションを活用できるか考える

いざフリーランスとして仕事を始める前でも、準備出来ることはあります。

例えばこれまで仕事をしてきた中で、あなたが独立した後も仕事をもらえそうなコネクションを探し、相手との距離を縮めておくことはその一つです。

名刺交換した人で、懇意にしてくれる人がいたら連絡をしてみて「これからフリーランスになるのでもし仕事があればよろしくお願いします」といったように、フリーランスとして契約させてもらえないか相談してみましょう。

副業から始めてみる

フリーランスとしての生活に大きな不安を感じているのであれば、まずは副業として始めてみる方法もあります。

本業で収入を確保した上で、平日夜や週末などの時間を使って始め、継続的に案件が受注できるようになったり、フリーランスとして一定の経験が積み重なってきたタイミングで本格的に活動を始めます。

人によっては、営業や書類作成などの事務作業も全て自分で行わなければいけないフリーランスよりも、企業で会社員として働く方が向いている場合もあるでしょう。

そもそもフリーランスとしての働き方があなたに合っているかどうかを試すためにも、副業として始めてみることをおすすめします。

以下の記事では、会社員からフリーランスになるためにまず副業をするべき理由が解説されています。参考にしてみてください。

会社員からフリーランスになりたいなら、まず『副業』として始めるべき理由 | テックキャンプ ブログ
会社員として働きながら、フリーランスのような働き方もしたいと考えていませんか?それなら「副業フリーランス」から始めるのがおすすめです。この記事では、会社員は副業ができるのかをはじめ、副業フリーランスの働き方をわかりやすく解説します。

不安を解消する方法【フリーランスとして働いている方】

あなたがすでにフリーランスとして活動を開始しているのであれば、今この瞬間も将来や収入に関して不安を持っていることでしょう。

あなたの抱く不安を解消・軽減させるための方法をいくつか紹介します。

スキルをブラッシュアップする

仕事の単価や案件の受注率をもっと上げたいという方は、スキルをブラッシュアップするなどあなたの市場価値を高める努力をしましょう。

世の中にはフリーランスとして活動をしている人がすでにたくさんいます。そのライバル達を抑え、高単価・好条件の案件を獲得するためには、発注者にあなたの魅力・スキルをアピールすることが重要です。

例えば

・検定試験などを受験しスキルを目に見える形にする
・ライバルが持っていないような専門スキルを身につける
・誰よりも多くの経験を積むために大小を問わず積極的に仕事を受ける

といった方法があります。

収入源を分散させる

フリーランスとしての収入が唯一の収入源になっている人は、それ以外に安定した収入源があると安心です。

例えば、エンジニアをやっている人は、技術や仕事に関するブログを書き、そのブログで広告収入などを得る方法があります。

あるいは、ライティングなど職種を変えた仕事を行い、そこから副収入を得る事もできます。

いずれも始めるには少し時間と労力はかかりますが、その仕事に慣れて収入源の一つとして確率することが出来れば、あるクライアントからの収入がゼロになったとしても別の収入源でカバーできます。

クライアントとの信頼関係を築く

今持っている仕事を今後も継続していく目的として、クライアントとの信頼関係を築くことも大切です。

多くのフリーランス関連の仕事は、メールやチャットなどオンラインのやり取りで仕事が完結します。しかしそれだけでなく、最初の挨拶や月に一回はビデオチャットなど顔を合わせて行うだけで、相手の印象は大きく変わることでしょう。

仕事の取引である以上、発注者の状況が変わって急に仕事が打ち切りになる可能性はゼロには出来ません。

しかし、よい信頼関係が出来上がっていれば、仕事内容や契約内容を変えながらも取引継続といったケースもありえるでしょう。

フリーランスの集まりに参加する

一人で仕事をするフリーランスこそ、世の中のトレンドやニーズをキャッチするための情報収集は重要です。

同じ職種のフリーランス同士の交流会やセミナー、勉強会に参加し、情報交換を行いましょう。

スキルアップ・キャリアアップのために他のフリーランサーがどのような工夫や努力をしているのかを知ることで、モチベーションアップにも繋がります。

そこで出来たコネクションをきっかけに仕事に発展する可能性もあるため、面倒くさがらず定期的に足を運びましょう。

体を動かして発散する

なんとなく気持ちがすっきりしない、不安な気持ちになる場合は、体を動かしてみることもおすすめです。

一日家にこもり、パソコンに向かって作業していることは健康にもよくありません。スポーツやストレッチをしたり、散歩に出かけるなどして気分をリフレッシュさせましょう。

体を動かすことはストレスの発散にも効果的です。気持ちがスッキリすると、悩みや問題に対して前向きに改善策を考えられるようになるでしょう。

スキルを磨くことが不安解消に効果的

不安に対しての様々な対処法を紹介してきましたが、スキルを磨き、自信を持つことこそ最も有効な不安解消の手段です。

スキルがあれば仕事も受注でき、仮に今の案件が打ち切られてしまっても次の案件を獲得しやすくなります。

確固たるスキルがあり、それを磨き続けていくことが出来れば、収入がゼロになって路頭に迷う可能性を下げられます。

専門スクールを利用する

より実践的でニーズの高いスキルを身に着けたい場合には、専門スクールを利用するのがおすすめです。

いくらか費用はかかりますが、受注に直結するような専門性の高いスキルを短期間で効率的に身につけることが出来ます。

フリーランス(独立)サポートやキャリアカウンセリングなどを行っているスクールもあり、不安を解消させながらスキルを高めることができます。

資格の取得に挑戦してみる

資格は、あなたのスキルを見える形で証明することが出来ます。仮にフリーランスをやめ再度会社に就職することになっても、履歴書に書けるような資格があればアピールにもなります。

取得する資格は仕事に関連するものを選ぶと良いですが、例えば英語などどの業界でも共通で使える資格なども有効です。

資格取得に関しては以下の記事で詳しく紹介されています。参考にしてみてください。

独学で資格をとって転職・キャリアアップしたい!挫折しない勉強のコツを解説 | テックキャンプ ブログ
キャリアアップや転職のために資格を取りたい。できれば独学で取得したい。このように考えている方はぜひお読みください。おすすめの資格や独学で取得を目指すポイントを詳しく解説します。

いざとなったら就職も選択肢に入れておく

フリーランスとして仕事を始めてみたが思うように上手くいかない、仕事がなかなか受注できず将来への不安は大きくなるばかり、という方は再度就職することも選択肢の一つです。

独立したらずっとフリーランスでいなくてもいい

一度フリーランス独立したらもう企業には戻れないということはありません。もしフリーランスとして働くことが難しければ、再就職の道があるということは意識しておきましょう。

会社員は勤務時間や場所、業務内容などフリーランスに比べて制約は増えますが、通勤手当や保険、福利厚生などのサポートがあり、また収入も安定しています。

人によってはフリーランスよりもいきいきと働けるかもしれません。

もし今、あなたの事業があまりうまく行っておらず、将来について不安がある場合でも「だめだったらまた会社員に戻ろう」と気楽に考えることで、不安を軽減させることが出来ます。

フリーランスで働いた経験は大きなアピールポイント

採用する企業にとっても、元フリーランスは貴重な人材です。

独立できるだけの高いスキル・ノウハウを持ち、事業を継続させるためのビジネス的な観点を持つフリーランサーは、自立性が高く企業においても高いパフォーマンスを発揮すると期待してくれる企業もあります。

フリーランスとしてどのように営業活動を行い、どのようなことが出来るのかをアピールすることで、よりよい条件の企業に就職できるチャンスが高まります。

働く条件を交渉してみる

「自由な働き方ができていたフリーランスをやめたくない」という人は、就職する企業と収入や出社日数など働く条件について交渉してみましょう。最近はリモートワークを採用している会社もあり、職種や職務内容によっては毎日出勤せずに自宅から勤務することも可能です。

条件面で妥協して就職したとしても、フリーランスの時の自由さを忘れられずに仕事が長続きしない可能性もあります。そのようにならないためにも、働く条件にはこだわり、それでもあなたを採用してくれる企業を選びましょう。

以下の記事では、リモートワークの魅力について紹介されています。参考にしてみてください。

リモートワークは多様で柔軟な働き方を可能にする
「リモートワークとは何か」から始まって、リモートワークのメリット・デメリット、向いている職種、助成金まで、リモートワークについて包括的に伝えます。

さいごに

収入や将来に関する悩みは、フリーランスに限らず多くの人が少なからず持っている悩みです。

あまり悩みすぎず「この悩みを解消するためにはどうすればよいか」を考え、積極的に行動を起こしていきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?