フィードバックとは?種類・目的・効果と実践する際のポイントを解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「自己成長を促すフィードバックをするにはどうしたらいいのだろう」「フィードバックを行う時の注意点はあるのだろうか」

このように部下へのフィードバックについて悩んでいませんか?

正しいフィードバックを行うことは業務効率アップのためにも重要であり、ワークライフバランスの実現にもつながります

この記事ではフィードバックの種類、効果、ポイント、注意点を紹介します。

フィードバックとは

フィードバックとは、目標達成に向けて、行った業務の結果を口頭もしくは文書によって評価し、軌道修正や動機付けをするものです。

会社組織においては、上司が部下に対して仕事の評価を行う際に行われます。

フィードバックの目的

フィードバックの目的は、途中結果に至った原因を修正し目標達成できるようにすることです。

例えば新入社員の場合、仕事でミスをしていても自分では気が付けない場面が多々あるでしょう。

上司からのフィードバックがあれば途中で軌道修正ができ、より早い段階でプロセスの改善ができます。

フィードバックの言い換えや類語

フィードバックの類語は以下の通りです。

  • リアクション
  • 反応
  • 意見
  • 批評

同義語はありませんが、反応を伝える意味合いの言葉は類語と言えるでしょう。

フィードバックとフィードフォワードの違い

フィードバックは過去の問題や欠点を指摘するのに対し、フィードフォワードは未来に向けた解決策を伝えます

フィードフォワードは解決に向けた客観的な意見を指摘するため、批判的な意見は含まれていません。部下のパフォーマンスを向上させるために効果的です。

フィードバックの種類

フィードバックには2種類あります。

その内容や伝え方によって「ポジティブフィードバック」と「ネガティブフィードバック」に分けられます

ポジティブフィードバック

ポジティブフィードバックは被評価者にとって前向きな言葉を伝えることで、モチベーションや向上心アップを図るものです。

ポジティブフィードバック自体も以下の2種類に分けられます。

・組織と個人の目標を一致させ、会社に貢献してくれる人材育成を目指すもの
・被評価者に満足感や達成感を覚えさせて、自己効力感の向上を目指すもの

ネガティブフィードバック

ネガティブフィードバックは、否定的な評価や被評価者にとって望ましくない内容の意見を伝え、ハングリー精神や問題解決能力に刺激を与えることが目的です。

ですが、被評価者にとっては聞きたくない内容が多く、意欲をそいでしまったり、信頼関係を壊してしまったりすることにもつながります。

ネガティブフィードバックの効果を得るためには、日ごろから密なコミュニケーションを取ることが大切です。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

フィードバックの効果

ビジネスの場でフィードバックが広く行われているのは、様々な効果が期待されるからです。

ここでは、フィードバックで得られる主な効果を4つ紹介します

目標の達成

フィードバックは、目標達成の確度を上げること、そして目標達成に向け効率的に業務を進めるために効果的です。

進捗を確認して軌道修正を行うことで、メンバーの行動指針やモチベーションを適切に改善できます。

成長を促す

定期的なフィードバックは人材育成の面においても効果的です。

客観的な意見を取り入れることで視野が広がり、自分に必要な知識、考え、新たな問題解決の方法を認識できます。

個人の能力によってフィードバックの内容を変えられるので、段階的な成長を促すことが可能です。

パフォーマンス向上

フィードバックを受けると、結果を出すためにどう行動するべきかを認識できます

その結果行動を改善し、高いパフォーマンスを発揮することにつながります。

ミス・トラブル改善

間違った行動を指摘することで事前にミスやトラブルを防げることも、フィードバックの効果の一つです。

業務上のリスクを減らすだけでなく、被評価者が失敗して落ち込むことを防ぐ意味でも効果的です。

仕事でミスが多い…7つの対処法とミスをした時の正しい報告を解説
気をつけているつもりでも、ついやってしまうミス…ミスを過剰に恐れるばかりに、ストレスを抱えたり残業が増えたりとワークライフバランスを崩してしまう人も。ミスを防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。この記事ではミスを防ぐための6つのポイントと起きてしまったミスへの正しい対処法について解説します。

フィードバックのポイント

前述のような効果を発揮させるためには、正しくフィードバックを行う必要があります。

ここではフィードバックのポイントを6つ紹介します

内容は具体的にする

フィードバックを行う際は、目標達成に向けて何を改善すべきか具体的に伝えるようにしましょう

内容が具体的でないと何を改善したらよいか分からないだけでなく、評価者への不信感にもつながってしまいます。

次のアクションを明確にする

フィードバック後のアクションを明確に伝えないと、目標に向けたプロセスや行動は改善できません。

結果を出すための行動を促すことが目的なので、改善点を伝えたあとは具体的なアクションまで明確にすることが大切です。

実現可能な内容を心がける

あまりに高いレベルの改善を求めてしまうと行動に落とし込めず、かえってやる気をそいでしまうことにもつながります。

相手の能力に合わせた適切な目標設定を心がけましょう

丁寧な言葉で伝える

被評価者は上司の何気ない一言にも敏感に反応してしまうものです。

ネガティブな感情を引き出しモチベーションを低下させないためにも、丁寧な言葉で伝えることが大切です。

フォローアップをする

定期的なフィードバックを行うことで、より効率的に業務を進めさせることができ、被評価者にも達成感を与えられます。

改善点を共有し次のアクションを明確に伝えた後は、適度にフォローアップをしましょう

関係性を築いておく

フィードバックの効果を得るためには、被評価者がポジティブな気持ちで意見を受け入れられるような関係性が必要です。

信頼関係が築けていないとアドバイスもネガティブに感じてしまい、適切に受け入れてもらえません。日ごろからよい関係性を構築しておくことが大切です。

フィードバックの際に注意すべき点

してはいけないフィードバックを4つ紹介します

フィードバックの効果が得られないだけでなく、関係性の悪化にもつながってしまうので注意してください。

相手を追い詰めない

相手を追い詰めてしまうと、改善しようと思う気持ちを奪ってしまいます。ひどい場合はハラスメントと受けとられてしまったり、メンタルを崩壊させたりすることにもなりかねません。

イライラしてしまうことがあっても、感情に任せて部下を追い込まないようにしましょう。

主観的なフィードバック

フィードバックは客観的な意見によって業務効率の改善を図るものです。いくら上司からの意見であっても、主観を押し付けてしまっては部下も困惑してしまいます。

個人的な意見を話す時には「あくまでも主観的な意見だけど」といった前置き言葉を伝えるようにしましょう。

人前でのフィードバック

大勢がいる場でフィードバックを行うと、異なる受け取り方を与えてしまったり、必要以上に落ち込ませたりする可能性があります

チーム全体に伝えたいことがある際には、特定の人を対象としないように、より一層丁寧な言葉遣いを意識しましょう。

他の社員との比較

他の社員と比較してフィードバックを行っても、被評価者の自発的な成長は期待できません。かえってモチベーションを低下させてしまいます。

フィードバックは目標達成に向けどう改善すべきか一緒に考え、成長を促すことが大切です。主観的に比較をして意見を押し付けないように注意しましょう。

まとめ

フィードバックには様々な効果があり、ビジネスの場で広く行われています。

その効果を最大限に発揮させるためには、正しいフィードバックのポイントや注意点を認識することが大切です

自発的な成長を促すためにも、今回紹介した内容を意識してフィードバックを行ってください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました