やりたいことが見つからない人が陥りがちな勘違い3つとは?

やりたいことが見つからず悩んでいませんか?

今回はそんな「やりたいことが見つからない人が陥りがちな3つの勘違い」や注意点を解説。この記事を読めば「やりたいことを見つけなければ」というプレッシャーを和ぎ、本当にあなたがやりたいことに向き合えるでしょう。

ワークライフバランスを整えるうえでも「やりたいことを見つけられているか」は重要なポイントです。ぜひ参考にしてください。

「やりたいことが見つからない」のはあなただけではない

近年「やりたいことが見つからない」と悩む人が増えています。

やりたいことがしっかりある人は少数派

やりたいことが初めから明確にある人は少数派です。例えばあなたの周囲にも、以下のような人は数えるほどしかいないのではないでしょうか。

  • 医者になりたいから医学部への合格率が高い高校へ行き、医学部のある大学を目指し、国家資格に合格して医者になる
  • 帰国子女で英語を活かす仕事に就くために客室乗務員を目指し、専門学校と大学のWスクールで就職を目指し、実際に航空会社に就職して国内外を飛び回っている

初めから明確な目標があり、目標から逆算して進路を歩める人は少ないのです。

珍しいからメディアで取り上げられる

ではなぜ「やりたいことが見つからない」と焦る人が多いのでしょうか。それはメディアやSNSで「やりたいことで成功した人」の声が大きく取り上げられるからです。

大きく取り上げられるのは珍しいからであって、それは多くの人に当てはまらないことが多いです。

しかしメディアで取り上げられる人を見て「自分もこうなりたい」「好きなこと・やりたいことで成功したい」と夢見る人も。それと同時に「自分にはやりたいことがない」「やりたいことが見つからない自分はダメなのか」と悩む人も出てきます。

便利な現代だからこそ悩みが尽きない

現代は「やろうと思えばできる範囲」が広がりました。

例えばこれまで漫画家を目指す場合は出版社が主催する漫画賞に応募したり、出版社に直接漫画を持ち込んだりする方法がありました。

近年はSNSで自分の作品を投稿することも可能。クリエイター向けのSNSもあり、そこで開催されるイベントで話題になり出版・プロデビューを果たす漫画家もいます。

このように現代は「誰もがチャレンジできる時代」といえます。

その一方で「こんな便利な世の中なのに自分にはやりたいことがないから何もできない」と思うも増えているのでしょう。

やりたいことが見つからない人が陥りがちな3つの勘違い

やりたいことが見つからないのは、以下のような勘違いをしているからかもしれません。

あなたはどうでしょうか。

「いつか運命的な出会いがある」


やりたいことが見つかったとき「これだ!」と電流が走ったような感覚に陥る……なんて考えていませんか?

確かにそのような人もいるかもしれませんが、大抵の人は「何となくはじめてみたら楽しかった」と答えるでしょう。

頭で悩んで行動できないよりも、まずは何かしらやってみることをおすすめしたいです。

筆者である私も限られた選択肢のなかではじめた今の仕事が楽しくて、もう4年以上続いています。

「ずっと続けられるものでないといけない」

「人生100年時代」といわれる現代で「ずっとやりたいこと」を見つけるのは困難でしょう。10年先のことを考えて身動きが取れなくなってしまうのであれば「今やりたいこと」にフォーカスしてOK。

「やりたいことは常に変わっていくもの」と思えば、やりたいことを見つけるハードルが低くなります。

「社会に役立つことでないといけない」

初めから「社会に役立つこと」に絞るのはやめましょう。それよりも最初は「自分が充実感を得られること」から考えればいいのです。

特に仕事は何かしら社会に価値を提供しているものですから、あなたが気づかないうちに社会に役立っている部分が必ずあります。

やりたいことがはっきりしている=幸せとは限らない

やりたいことが見つかってイキイキ働いている人を見ると「いいなあ」と思いますよね。

しかしやりたいことが明確にあるからこその悩みもあるのです。

やりたくないことするのが苦しくなる

やりたいことが明確にあると逆に苦しい場面も多くなります。やりたくないことも明確になるからです。

やりたくないことはアウトソースするなどして対処できればいいですが、うまくできない場合は「やりたくないこと」に追われることも考えられます。

やりたいことで食べていけるかどうかはわからない

やりたいことに没頭できるのは楽しいです。しかし「それで生活していけるか?」は別の話。

やりたいことだけでは食べていけず、生活が苦しくなることも十分考えられます。

やりたいことが見つからないときの対処法

やりたいことが見つからないときは、以下のような対処法を試してみましょう。

・やりたくないことを挙げる
・これまで周囲に評価されたことを挙げる
・ストレスなくできることを続ける

以下の記事では、他の対処法含めて詳しく解説しています。参考にしてください。

やりたいことが見つからないときの対処法4つ!おすすめの本も紹介
「やりたいことが見つからない」と悩んでいませんか。ワークライフバランスを整える上でも、仕事やプライベートでやりたいことができているかは重要な要素となるでしょう。この記事では、やりたいことが見つからないときの対処法を紹介します。

やりたいことが見つからない人への注意点

やりたいことが見つからずに悩んでいると、周囲の声に振り回されてしまう可能性があります。

以下を注意しましょう。

周囲の声に流されない

・やりたいことが見つからないなんて贅沢な悩みだ
・自分たちの時代は働いて稼ぐので精一杯だった
・もう社会人なんだから目の前の仕事をまずこなしてから考えろ

……周囲からこういわれた経験がありませんか?

せっかくやりたいことが見つかりそうだったのに、このような周囲からの声でUターンしてしまう人もいるでしょう。

しかし何かきっかけを見つけて実行に移しているのであれば、やめてしまうのは勿体ないです。

周囲にどう見えるかよりも、自分が何をしているときに充実感を得られるかで考えればいいのです。

メディア・SNSの情報を鵜呑みにしない

「やりたいことを仕事にしている人」として活躍しているのは、じつは多くありません。

「やりたいことを仕事にする方法」として紹介されるノウハウも、あなたに当てはまるかどうかはわからないのです。

やりたいことが見つからなくても焦らないで

周囲に刺激されるまま焦って何か始めようとしてもうまくいかないことが多いです。
まずは「苦なく続けられること」や「今やりたいと思うこと」からはじめてみましょう。

少しずつ前に進むことであなたにとって「強み」といえるものが見つかり「やりたいことができている状態」になるでしょう。

以下の記事では、やりたいことリストについて解説しています。やりたいことが見つからない人は試してみてはいかがでしょうか。

やりたいことリスト100で充実した人生を!今すぐできる書き方とコツ
人生や生活について漠然とした悩みを持っていませんか。人生で達成したい目標や夢と呼べるものがなく、心にもやもやを抱えている方は、やりたいことリストを作ってみるのがおすすめです。この記事では、あなたの毎日をより充実したものに変えるやりたいことリスト100の効果や書き方について解説します。
タイトルとURLをコピーしました