リモートワークとは?テレワークとの違いや導入事例を紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「ワークライフバランス」という言葉の普及とともに、注目を集める「リモートワーク」という働き方。

「在宅勤務やテレワークとはどう違うの?」と、疑問を感じる人もいるでしょう。

今回はリモートワークに興味がある人に向けて、意味・導入事例・経験談などを紹介します。

「リモートワーク」とは?

近年急速に普及した言葉「リモートワーク」

いわゆる「在宅勤務」のことをリモートワークと呼ぶ人も多いですが、厳密にはどういう意味なのでしょうか。

ここではリモートワークの意味や「在宅勤務」「テレワーク」との違いを見ていきましょう。

リモートワークの意味・特徴

リモートワークの英語表記は「remote work」

直訳すると「遠隔で働く」です。これは、所属するオフィスなどから離れた場所で働くことを指します。

リモートワークの場所は在宅のみを指すのではありません。カフェ・出張先のホテル・レンタルオフィス・サテライトオフィスなどでの勤務もリモートワークに入ります。

「テレワーク」との違い

同様の意味合いで使われる言葉として「テレワーク」もあります。人によってはこちらの方が働き方をイメージしやすいと感じるでしょう。

では「リモートワーク」と「テレワーク」にはどのような違いがあるのでしょうか。

テレワークは英語表記で「tele work」となり、「tele=離れた所」「work=働く」ことを指します。つまり言葉上の意味はリモートワークと同じと言えます。

一方「一般社団法人 日本テレワーク協会」は、テレワークを以下のように定義しています。

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方

リモートワークにおいても、働くにはパソコンやインターネットを使ったやりとりが必要です。なので、昨今ではリモートワークとテレワークはほぼ同じ意味として捉えて問題ないでしょう。

「在宅勤務」との違い

在宅勤務とはその名の通り自宅で勤務することを指します。

一方でリモートワークは「オフィスから離れた場所で働くこと」を指すため、働く場所は在宅に限定されません。

またリモートワークやテレワークはICTを活用した働き方である意味合いが強いですが、在宅勤務はそういったものに限定されない「自宅での勤務」として使われることが多いです。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

リモートワークの導入事例

リモートワークはどのような企業で導入されているのでしょうか。国内の先駆けとなった企業や近年のユニークな事例を紹介します。

NEC:日本のリモートワークの先駆け的存在

出典:NEC

日本で初めて「オフィスから離れた働き方」を導入したのはNECだと言われています。

「インターネット」始まりの年とされる1993年に、NECでは研究職を対象に「在宅勤務制度」を導入。2000年に育児・介護を行う社員、2008年には全社員対象へと拡大しました。

現在のNECのリモートワーク(テレワーク)の形は「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)」の3つとなっています。

参照:NEC

リクルート:上限日数なしのリモートワークを導入

出典:リクルート

2015年4月に「働き方変革プロジェクト」を発足したリクルート。

この背景にはワーキングマザーやエンジニア(もともと自由な働き方をしていたIT企業からの転職者のニーズ)の増加がありました。同年6月より実証実験を開始し、2016年より全社に上限日数なしのリモートワークを導入。

オフィスにフリーアドレスエリアを導入したり、サテライトオフィスを導入したりして、リモートワークを奨励しています。

参照:リクルート

JTB:ハワイでリモートワーク

出典:JTB

JTBでは2019年4月より海外でのテレワーク制度「ワーケーション・ハワイ」を導入。

ワーケーション」とは休暇先で仕事をすることを指す造語で、日本航空や三菱UFJ銀行でも導入が始まっています。

業務ができるのはハワイにあるJTBのテレワークスペース。ワイキキの海が一望できます。

参照:JTB

ワーケーションについては、以下の記事でも詳しく解説しています。こちらも合わせて確認してみてください。

リモートワークを経験した人の声

実際にリモートワークをする人はどういった感想を持っているのでしょうか。SNSの声を参考に見てみましょう。

「ペットと過ごせて楽しい」

自宅でペットを飼っている人は癒されながら仕事ができるメリットがあります。ただし癒されすぎて仕事ができないこともあるようなので、注意が必要ですね。

「好きな音楽をかけて仕事できる」

自宅だと自分の好きな音楽を聴き、リラックスしながら仕事できます。

誰かから話しかけられることもないので、集中したいときに集中できるメリットがあるでしょう。

「在宅でも普通に仕事できる・・・」

これまでリモートワークを経験していなかった人にとっては、リモートワークでも仕事が回ることに驚く人も多いようです。

環境を整えられれば出勤の手間がかからないため、1度経験すると「オフィスに行く必要ある?」と思ってしまう人もいるでしょう。

リモートワークに適した職種

リモートワークに適する職種はIT系クリエイティブ系コンサルティング系の仕事に多いと言われています。

ここでは具体的な職種を紹介しましょう。

ITエンジニア・プログラマ

ITエンジニア・プログラマはITシステム・ソフトウェア開発に携わる職種です。プログラム作成業務を行う場合、リモートワークでもほぼ問題なく進められるでしょう。

リモート可能な具体的な業務としては企画・設計・コーディング・単体デバッグなどがあります。

これらの業務にはコミュニケーションは必要ですが、チャットツールなどでカバーが可能です。

ライター

記事や書籍の執筆に携わる職種です。企画〜入稿がPCとインターネット環境があれば問題なくできます。

取材が必要な場合もあり、そのまま出先で執筆作業に映ることもしばしば。

わざわざオフィスに出社して作業にあたるよりも、リモート環境のほうが効率的に業務できることが多々あります。

フリーライターとはどんな仕事?年収や未経験でもなれるのか解説
会社に所属せず、自由な働き方ができるフリーライター。ワークライフバランスの実現をはかるため、フリーライターの働き方に興味を持つ方も多いでしょう。この記事ではフリーライターの仕事内容や、求められるスキルなどを解説していきます。

デザイナー

雑誌や書籍、Webサイトなどのデザインに携わる職種です。作業はPCとインターネット環境があれば行えます。

あらゆる資料や画材道具を自宅の作業場に揃えてアトリエにすることも多く、オフィスに出社するよりも効率的に仕事ができることも多いです。

マーケター

マーケターとは商品やサービスの見込み顧客を獲得し、購入に至るまでの後押しをする職種。

具体的には市場調査・ニーズの分析・新商品や宣伝の企画などに携わります。

パソコンとインターネット環境があれば市場調査やニーズの分析が行えるため、リモート環境でも仕事をしやすい職種です。

商品や宣伝方法の企画もチャットツールを使えば他部署との連携が可能となります。

管理業務

管理業務とは会社の実績・社員の評価・給与・勤怠などの管理に関わるものです。

会社のこういったデータをリモート管理できる環境があれば、オフィスに出社しなくても仕事を行えるでしょう。

一方で個人情報に関わるデータを扱う職種なので、セキュリティ体制を整える必要があります。

リモートワーク向きの職種・企業の特徴

前項で紹介したリモートワーク向きの職種や、リモートワークを積極的に取り入れる企業には共通点があります。

オフィス出勤が価値を生み出しにくい

例えば前述したデザイナーは、自宅をアトリエにしたほうが効率的に作業できることも多いです。

多くの作業がPCとインターネット環境があれば可能な職種は、リモートワークでも問題なく行えるでしょう。

一方オフィスにある機材を使わないとできない作業がある場合は、リモートワークに向きません。

成果物が現物ではない

例えばライターの原稿やデザインの納品物など、成果物がデジタルなものはリモート環境でも問題なくやり取りできます。システム開発も同様でしょう。

コミュニケーションや業務がITツールで代替可能

「オフィスでのコミュニケーションが重要」と言われることもありますが、大抵のコミュニケーションはチャットツールで代替できるでしょう。

またセキュリティの課題がクリアできる業務管理系ツールが導入されれば、人事や労務などの業務もリモートで行えるようになります。

勤怠・業務管理システムが一元化されている

勤怠・業務管理システムが一元化されていれば、リモートで働く人たちの管理をスムーズに行えます。

働いているかどうかわからない状況をなくせるため、出社している人の不満も抑えられるでしょう。

評価制度がクリアで明確

従業員のリモート業務を促すためには、会社全体で評価制度に透明性を持たせる必要があります。

評価制度が属人的で、且つオフィスに出社している社員のほうが評価が高い傾向にあれば、リモートワークは避けたほうがよいでしょう。

リモートワークの仕事に就くには

「リモートワークの仕事をしたいけれど、どう探せばいいの?」

このように考えている人に向けて、リモートワークの仕事を探す方法や、リモートワークをする方法を紹介しましょう。

求人サイトで探す

まずは求人サイトのキーワード検索で「リモートワーク」「テレワーク」と入力しましょう。

そうすればリモートワークを導入している企業やリモートOKな求人が見つかります。

また先述したリモートワーク向きの職種に絞って検索をかけるのもよいでしょう。

フリーランスになる

フリーランスは特定の企業に属さず、複数の企業と契約を交わして仕事を行います。

その際は企業と業務委託契約を結ぶことが多く、基本的に成果を出していれば勤務場所に縛られることがありません。

業務委託については以下の記事でも詳しく解説しているので、こちらも合わせてご確認ください。

リモートワークのメリット・デメリットも知っておこう

場所に縛られずに働けるメリットがあるリモートワークですが、デメリットがあるのも事実。

以下の記事では、その点を詳しく解説しているので参考にしてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?