どんな理由で有給取得する?事例や有給が取りにくい人に知ってほしいことを紹介

有給取得は労働者の立派な権利なので、特別が理由がなくても有給は取れます。

しかし以下のように感じている方も多いのではないでしょうか。

「有給とるのは勇気がいるな…」
「有給取得の理由欄ってみんな何書いてるの?」

そこで今回は、SNSで有給の理由を調査した結果や、有給休暇を取りにくいと感じている人に向けて伝えたいことを紹介します。

有給を取りたいときに取得できるようになればワークライフバランスも整えられ、健康的に長く働けるきっかけになるでしょう。

みんなの有給の理由を調査

SNS調査の結果、意外な理由で有給を取得している人がいました。

早速みていきましょう。

「推し」のため


理解ある職場でうらやましいですね。何でも正直に話せる職場は長く働ける環境といえます。

家族(ペット)の通院のため


確かに、ペットも大事な家族です。土日は動物病院も混雑しますから、平日に休みを取る必要もあるでしょう。

ゲームのため


「『旅行のため』なら理解されるのに『ゲームのため』だと歓迎されないのはなぜ?どちらも同じ趣味なのに…」という声もありました。

趣味を充実させることはワークライフバランスの維持につながりますし、仕事への好影響もあります。有給を取るのに十分な理由です。

親戚(?)の集まり


アーティストやアイドルのファン同士のつながりは、確かに親戚のつながりくらい大切といえますね。

家族のため


有給の理由が家族の場合は「家庭を大事にする社員」として、知らないうちに周囲からの評判がよくなっていることもあるようです。

有給取得で悩む人は多い

そもそも、有給を取得する際に理由を伝える義務はありません。

しかしSNSを調査すると以下のように悩む声が多く見られます。


みなさん、有給取得の理由を考えるのにうんざりしたり、「そもそも有給取得って労働者の権利だよね?」とモヤモヤした気持ちを抱えたりしているようです。

中小でもホワイト企業は存在する!優良企業に転職する方法を解説
ホワイト企業に就職したいけど、調べても大企業ばかり…。中小企業にはホワイトな企業はないの?と疑問に感じている方もいるでしょう。そこで、この記事ではホワイトな働き方ができる中小企業を見つけるコツを紹介します。ぜひ転職時の参考にしてみてください。

スムーズに取得できる!有給の理由

上記のように有給取得で悩む人におすすめなのが、以下のような理由で有給を取得することです。

・マンションの修理工事や点検
・役所での手続き
・家族や親族の用事(法事など)

これらの理由は比較的スムーズに承認される可能性が高いです。この他にも有給取得におすすめな理由がありますので、以下の記事を参考にしてください。

有給の理由は「私用」で大丈夫?おすすめの理由やNG例を紹介
有給を申請する際に「私用」で提出していいのか不安になる人もいるでしょう。本記事では、有給を申請する際におすすめの理由やNGな例を紹介。また、嘘の理由で申請したら違法なのかも解説します。

有給の理由を考えるのに疲れた人へ

「有給取りにくい」「理由を考えるのが大変」と悩む人は、以下のように考えてみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にしてください。

有給取得は労働者の権利

ここまで何度か述べてきましたが、有給取得は労働者の権利です。「特別な理由がなくてはいけない」ということはありません。

消化しないと会社のためにもならない

従業員が有給を消化していないと、会社のためにもなりません。なぜなら2018年に成立した「働き方改革関連法案」では、社員に有給を取得させることが会社側に義務付けられたからです。

ですから社員が有給を取得・消化していない会社は、問題がある組織と見なされるきっかけになります。

参照:「働き方改革」の実現に向けて|厚生労働省

年次有給休暇の義務化で何が変わる?背景や不安点についても解説
2019年4月に労働基準法が改正され、年次有給休暇の取得の使用者による時季指定が義務化されます。この記事では、年次有給休暇の取得における義務化のポイントについてわかりやすく紹介します。義務化の背景や不安点についても解説。また、年次有給休暇の知っておきたい基礎知識についても理解できます。

有給取得しにくい会社は問題

そもそも有給取得しにくい会社は組織として問題があるといえるでしょう。

例えばあなた1人が休むことで仕事が回らないような状況では「組織としてビジネスをうまく回していけない」ともいえます。

属人的な業務をなくし、フローがクリアで他の人が代打できる環境が整えられれば、組織全体として働き方改革も進めやすくなります。

働き方改革を進める企業の事例から見る働きやすい環境とは?
働き方改革と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか。長時間労働の是正、多様な働き方、生産性の向上などなど様々な言葉を思い浮かべたのではないでしょうか。では、企業は一体どんな働き方改革に取り組んでいるか知っていますか。この記事では、働き方改革の企業の事例を紹介します。

1人が数日休むくらい問題ない

「自分が休むとまわりに迷惑がかかる」と思っていませんか。でも休んでも意外と大丈夫なんですよ。

もちろん休みをとる前は引き継ぎをしたり、連絡可能な時間帯を伝えたりする必要があります。「事前準備が面倒だから有給を取りにくい」と思ってしまうことがあるでしょう。

しかし誰にでもバトンタッチできる状況を常に整えておけば、急遽休まなければならないときにも休みやすくなります。

繁忙期を避けて余裕を持って申請する

繁忙期に有給をとるのは心理的に厳しいことも多いでしょう。年間通して繁忙期の見通しが立てやすい会社であれば、繁忙期を避けて余裕を持って有給申請をしておくのも1つの手です。

会社としても余裕がある時期ですし、前もって申請を出すことで前後の業務引き継ぎの準備も余裕を持って進められます。

嫌な顔をされても気にしない

有給を申請することで上司・先輩・同僚に嫌な顔をされるかもしれません。そのような場合は「心が狭いな」「自分は絶対こんな対応はしない」と思えばいいのです。

むしろ自ら積極的に有給を取得していくことで、周囲のメンバーも有給取得しやすい環境に。組織全体で働きやすい環境を整えることで、あなたも他のメンバーもワークライフバランスが保てるでしょう。

有給取得に特別な理由は不要!

有給を取得する理由は何でもいいです。むしろ理由を伝える義務もありません。申請書類の理由欄は「私用のため」で全く問題ないです。

有給取得は労働者の権利であることを忘れずに、ワークライフバランスを整えるために規定の有給は消化していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました