自己肯定感を高めるには、自分の考え方だけでなく環境を変えることも大切

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

自己肯定感を高めるには、あなた自身の考え方だけでなく身を置く環境を変えることも重要です。

環境を変えるためには具体的にどんな行動をすればいいのか、この記事で解説します。

自己肯定感が低いと仕事もプライベートも自信がなくなり、充実したものになりません。ワークライフバランスを実現させるためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

自己肯定感を高める環境に身を置く重要性

自己肯定感は環境によっても大きく左右されるものです。

例えば、自己肯定感を高める方法の一つに「他人からやってもらったことを数える」というものがあります。

それが環境や周囲の人間関係次第で実現できないことも考えられるでしょう。わざと否定的な言葉を投げかけてやる気を鼓舞するといった文化の企業や組織も存在するようです。

そういった環境下にいる場合、自己肯定感を高めようと思ってもなかなか容易ではありません。

環境を変えるためにできること

では、環境を変えるために具体的にできることを紹介します。

今回紹介するのは一例です。あなたが自己肯定感を下げる要因だと感じる環境に合わせて使い分けてください。

自立して一人暮らしを始める

家庭環境に要因があるなら、自立して一人暮らしできないか考えてみましょう。

すでに一人で生活できるだけの収入があり、経済的に余裕があるのならば自立は可能でしょう。

どうしても自立できない事情があるならば別ですが、特になければ家族と離れた環境に身を置いてみるのもおすすめです。

家に自分しかいないのは寂しいですが、家族から嫌味や文句を言われるということはなくなります。

所属している組織を変える(転職など)

自己肯定感を下げる要因が会社や学校にあることも考えられます。冒頭で紹介した事例と同じようなケースです。

その場合、組織から抜けることを検討してみてください。転職や転校です。

転職ならあなたの仕事状況や求人探し次第で早いうちに行動に移せるでしょう。つらいと感じているのならば、早めに行動するべきです。

ただ学生の場合、すぐに転校できるかどうかは親御さん次第です。きちんと相談した上で決めましょう。

人間関係を見直してみる

環境全体だけでなく、個別の人間関係についても見直してみましょう。

中にはあなたの自己肯定感を下げる要因となっている人が見つかるかもしれません。

そのような人とは、深くまで関わらない方がいいでしょう。自分から避ける必要はありませんが、仕事や生活に悪い影響が出ないくらいの付き合い方ができていれば十分です。

職場の人間関係に問題がある方は以下の記事も参考にしてみてください。

自分を非難する人の発言は間に受けすぎない

前述の通り、自己肯定感の低さは、環境に依るところもあります。

生きていると、あなたの自己肯定感を下げるような発言をしてくる人もいるでしょう。

そういった発言は極力間に受けないようにするべきです。

発言した本人は、あなたのためにアドバイスをしているのではなく、実はあなたの能力に嫉妬していたり、あなたの生き方がうらやましかったりして、非難しているだけの可能性もあります。

自分に都合の悪い発言すべてをシャットアウトするのはNG

ただ、自分に都合の悪い発言をすべて無視するのはおすすめしません。あなたの成長の機会を閉ざしてしまうことになる場合もあります。

自分に投げかけられる言葉を一様に避難であると認識せず、「非難」と「助言」を見極めることが大切です。

あなたにとって嫌なことを突いてくる意見もあるかもしれませんが、それを受け入れ、改めることであなたはもっと理想的な人間になれるでしょう。

あなたを傷つけるための発言なのか、あなたをよりよくしようとしての発言なのか判断を冷静に行うことが重要です。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

悲観的な人=冷静な判断ができる人と考えよう

「どうしても悲観的な自分を変えられそうにない」と思うのであれば、まずあなた自身を「冷静な判断ができる人」だと考えてみてください。

これは視点を変えることで物の捉え方を変える「リフレーミング」という方法です。

悲観的な人は、ある物事に対して悪いパターンをとっさに思いつくことに長けています。最悪のパターンを想像できる人は、何かアクションを起こす際に本当にそれをやるべきかの判断が下せるので、ミスが少なくなります。

特にビジネスシーンでは、ポジティブさや行動力よりも、冷静な判断ができる人が求められる場面も多いです。そういう時はあなたのような人の力が発揮される機会となるでしょう。

まずはこのように考えて、自分を肯定的に考えることに慣れていってください。

さいごに

自己肯定感は日々の生活や仕事に大きな影響を与える要素です。重要なのは、まずは今の自分を認め、受け入れること。

プラスの面もマイナスの面も一旦全部受け入れて、そのあとにポジティブな自己肯定感を高めていきましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました