仕事でやりがいを得るためのコツ!それでも得られない時の解決策も

>>ワークライフバランスを実現したい方へ

手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

やりがいとは、物事に対する充足感・手応え・張り合いを意味します。

それを踏まえると、仕事におけるやりがいとは、自分の能力にあったパフォーマンスを発揮し、まわりの評価や適性な報酬が得られた時に感じられるものと言えるでしょう。

しかし、そのようなやりがいはどうすれば得られるのでしょうか。

この記事では、仕事でやりがいを得るためのコツと、どうしてもやりがいが感じられなかった時の解決策について解説します。

仕事でやりがいを得られると、生産性も向上し、ワークライフバランスの実現にも一歩近づくでしょう。

仕事でやりがいを得るためのコツ

「やりがい」という感情は、あなたの周りの状況はもちろん、あなた自身の気持ちの状態も影響を受けます。

もしあなたが今の職場でやりがいを感じていなかったとしても、それはちょっとした気持ちの持ち方や工夫で変わるかもしれません。

以下で、仕事でやりがいを得るためのコツをいくつか紹介します。

主体的に仕事に取り組む

やりがいとは、充足感、手応え、張り合いと言い換える事ができます。充足感や手応えは、あなたがその物事に対して「本気」で取り組むからこそ得られるものです。

例えばあなたが仕事に対して「仕事だからやっている」「上司から指示されたからやっている」といったように「やらされている」という受け身の考えを持っているのであれば、それを変えてみましょう。

「これは◯◯のために必要だからやる」といったようにあなた自身がその業務に対しての意味を見出し、主体的に取り組むことでやりがいを感じられるようになるでしょう。

1つ1つの業務を積み重ねて改善を目指す

ルーティンワークが多い仕事の場合、その繰り返しを何度も行ううちに飽きが出てきます。

そのような場合は、どれか1つの業務に着目し、その業務で何か改善できることがないかを考えてみましょう。

例えば、書類作成の業務であれば、どうすれば速く精度の高い書類が出来るのかを考えてみたりすることで、主体性が生まれてきます。

上司や同僚もあなたに一目置くようになり、仕事における評価が得られることでやりがいが感じられるでしょう。

同僚の仕事を正しく評価する

やりがいを感じさせるのは必ずしも報酬や評価だけでなく、同僚やクライアントからの感謝の気持ちなども含まれます。

言い換えると、職場の人間関係もやりがいに影響することになります。

自分のやりがいだけを求めると自己中心的になってしまったり、視野が狭くなってしまいがちです。

やりがいがあまり感じられないのであれば、自分だけでなく一緒に働く同僚などの周囲に目を向けてみましょう。

同僚がどのような仕事をしているのかよく見て、よいと思ったところは評価し、感謝の気持ちを伝えます。

関係性が良好になり信頼関係が築けると、やがてあなたも誰かから感謝の気持ちを伝えてもらえるようになるでしょう。

まわりに働きかけて仕事をする

主体性を持って仕事に取り組むことでやりがいを得ることができますが、1人ではなかなか行動に移せない、何をしたらいいかわからないという方もいるかもしれません。

そのような場合は、誰かを巻き込んでみましょう。あなたが普段から思っているアイデアや業務改善案を話してみて、一緒にそれを実現する仲間を集めます。

誰かと仕事を行うことで視野が広がり、また一体感も得られます。1人では出せない成果を出すことができれば、大きな評価・成果に繋がります。

それでも仕事でやりがいが感じられない時には

やりがいを得るためのポイントをいくつか紹介しましたが、それらを実践したからといってすぐにやりがいを感じるの難しい場合もあるでしょう。

また、これまでの解説の通り、やりがいとは様々な要素が組み合わさることで感じられるものです。

あなたの不満要素のどれか一つが改善したとしても、すぐにやりがいに繋がるわけでもありません。やりがいを感じるための改善には、どうしても時間がかかるものです。

以下では、「色々と試してはみたがやはりやりがいが感じられない」というケースへの対処法を紹介します。

仕事に無理にやりがいを見出だせそうしなくてもよい

やりがいがあれば、仕事に対してモチベーションを維持しやすく、また仕事そのものへの楽しみにも繋がります。

ただし、やりがいが見出だせないことをプレッシャーに感じてしまうのであれば、無理に見出そうとする必要はありません。

人生・生活における仕事の立ち位置(価値観)は人によって異なります。

仕事=人生と捉え、仕事のやりがいを多く求める人もいれば、仕事は生活や趣味を楽しむための資金作りだとして、やりがいはあまり求めていないという人もいます。

やりがいは必ずしも持たなければいけないものではありません。あなた自身、やりがいがなくても構わないのであれば、それを無理に変える必要はないのです。

やりがいが感じられないことにプレッシャーを感じるのであれば、1つ1つの仕事を着実にこなし、成果を挙げることにフォーカスすることをおすすめします。

それにより、自然とあなたにとって何がやりがいなのか見えてくることもあるでしょう。

やりがい溢れる仕事に転職する

仕事にやりがいを求める人で、現在の職場でそれを見出すことが難しいのであれば思い切って転職することも選択肢の一つです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

やりがいを求めた転職で失敗しないためには

より多くのやりがいを求めて転職をするのであれば、十分な自己分析と情報収集が欠かせません。やりがいを求めた転職で失敗しないためのポイントを解説します。

自分にとってのやりがいに合った仕事を選ぶ

これまで解説してきた通り、やりがいを感じるポイントは人それぞれです。

あなたにとって大切なことは何か、どのような状況でやりがいを感じるのか、ゆずれないことは何かなどをこれまでの経験などを振り返りながら考え、転職活動の軸を定めましょう。

募集要項に「やりがいのある仕事です」と書いてあっても、その仕事であなたがやりがいを感じられるかどうかはわかりません。

面接の場では、気になることは積極的に質問し、あなたの希望とそのポジションでの業務内容がマッチするかどうかを見極めましょう。

転職先の情報を幅広く集める

現在の職場にやりがいがないという不満があり、それが原因で転職を行う場合、それだけを重点的に見てしまう可能性があるため注意が必要です。

例えば、給与面に不満があり「次はもっと給与が高い会社で働きたい」という希望があると、給与面にばかり目が行ってしまうでしょう。

業務内容やその他の待遇の確認が疎かになってしまう可能性があります。

やりがいを求めて転職をするのであれば、転職サイト・転職エージェント・掲示板・SNS・口コミサイトなどを活用して幅広い情報を集めましょう。

そこから、あなたの求めるやりがいとマッチする仕事を選べば、転職が成功する可能性は高まります。

転職のプロに相談する

もし転職に関して悩んだら、転職エージェントなどのプロに相談しましょう。転職エージェントを利用する場合、一般的にあなたが転職をしたい理由や転職先の希望などを面談する機会が設けられます。

そこで誰かにあなたの考えを説明することで、あなた自身の中で考えが整理されたり、転職エージェントからキャリアに関するアドバイスを受けられることでしょう。

転職はよりよい職場で働くための手段であって、目的ではありません。転職で失敗しないためにも、視野を広く持ち、他者のアドバイスも受け入れながら柔軟に判断していきましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました