世渡り上手になるメリット6つ。役立つスキルも解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

世渡り上手になることにはメリットも多々あります。とくに仕事面では業務が円滑に進むようになり、ワークライフバランスも実現しやすくなるでしょう。

本記事ではそのような、世渡り上になることで生じるメリットについて解説していきます。

以下の記事では、世渡り上手な人の特徴と、嫌われる理由について紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

世渡り上手になるメリット

世渡り上手になると、何事も要領よくこなせるようになります。
ここでは世渡り上手になる6つのメリットを解説しましょう。

仕事を要領よくこなせる

世渡り上手になると、何事も要領良くこなせます。一つの手法に拘らず、ときには周囲の力を借りられるからです。

「何でも自分の力でやらなければ」と思わず、適度に手を抜いたり、お願い事を断ったりもできるでしょう。

人を頼れるようになる

甘え上手になり、人をうまく頼れるようになります。

先輩や上司に相談しながら仕事を進められるため、一人で抱え込むことが少なくなるでしょう。

ストレスが減る

苦手な仕事や困っていることを一人で抱え込まないため、ストレスを軽減できます。

例えば残業が続きそうな仕事を任されたときも、うまく周囲を頼れるため、プライベートを犠牲にすることを避けられます。

人と信頼関係を築ける

世渡り上手はコミュニケーション能力が高く、人と信頼関係を築くのが得意です。

相手が求めることを読み取るため、期待に応えたり、的確なアドバイスをしたりできるでしょう。

周囲からの評価を高められる

特に先輩や上司など、年上からの評価が高い傾向にあります。
そのため昇進や出世にも好影響を与えられるでしょう。

働きやすい環境を整えられる

自分が助けて欲しいときに手を差し伸べてくれる人を増やせます。

自分から頼まなくても「これ手伝おうか」「こっちはやっておくから」と声をかけられやすくなるでしょう。

世渡り上手になるには

さまざまなメリットがある「世渡り上手」。

では世渡り上手になるにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは8つのコツを紹介します。

一人で抱え込まない

何事も一人で抱え込まず、人を頼る努力をしましょう。仕事であれば、先輩や上司にこまめに報告しながら業務を進めます。

そうすると「どこまで進んでいるのかわからない」と思われず、相手に安心感を与えられるでしょう。

何か課題が発生したときも報告した内容をベースにできるため、相談しやすい状況を作れます。

時には適当に

「完璧にこなしたい」と思う人ほど、手を抜くことを意識してください。

「手を抜く」を聞くと悪い印象を持つでしょうが、誰にとっても「完璧」と言えることはまずありません。

自分を追い詰めすぎず「ここまででいいでしょうか?」と確認をとり、そこでOKをもらえばいいのです。

こうやって自分の「適当」を受け入れられれば、周囲の「適当」も受け入れられ、生きやすくなります。

笑顔を忘れない

世渡り上手は明るいイメージがありませんか。
笑顔の人には手を差し伸べやすいですし、逆にいつも明るい人が元気がないと、「どうしたの」と思わず声をかけてしまうでしょう。

そうやって自分が困ったときに周囲から助けてもらえる状況を作るためには、笑顔でいることが大切です。

約束は厳守

「仕事の納期を守る」「人との約束の時間を守る」など、基本的なルールをきちんと守れる人は、周囲からの信頼を集められます。

逆にそのようなルールを守れない人は、何か困った状況に陥ったとしても「自業自得」と思われやすくなります。

有言実行

一度決めたことをやり抜く誠実さも必要です。

目標に向かって一生懸命努力する姿を見れば、周囲の人は応援したくなったり、手を貸したくなったりします。

謙虚な気持ちを持つ

つねに謙虚な気持ちで、周囲への感謝を忘れないでおきましょう。

人に物事を頼む時もきちんとお願いし、やってくれた後の感謝の言葉を必ず伝えます。

対面コミュニケーションを大切に

いくらメールなどで感謝の言葉を並べても、面と向かって笑顔で伝える「ありがとう」には敵いません。
コミュニケーションは非言語で伝わる部分(ノンバーバルコミュニケーション)が大半だと言われています。

言葉だけでなく、表情や話すスピード、動作などにも気をつけて、相手の気持ちを読み取りながらコミュニケーションをとる必要があるでしょう。

以下の記事では、話す人とそれを聞く人がお互いを尊重し合いながら、率直に意見を言い合うコミュニケーション方法「アサーション」について紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

ミスは次につなげる

何事も後ろ向きな考えをする人に対して「何かアドバイスしよう」「手伝ってあげよう」とは思いにくいもの。

仕事上のミスもいつまでも悔やむのではなく、次につなげる姿勢が必要です。

例え上司から叱責されたとしても、そのことに落ち込むだけではなく「次はここを改善してこうしていこうと思いますが、どうでしょうか?」と相談して進めていきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

世渡り上手になるために役立つスキル

ここまで解説したように、世渡り上手にはさまざまなスキルが必要です。

ここでは特に役立つスキルを3つ紹介します。

コミュニケーション能力

世渡り上手はコミュニケーション能力が高く、特に相手が望んでいることを読み取る力が高いです。

コミュニケーション能力を高められれば、職場での人間関係だけでなくプライベートもうまくいくでしょう。

以下の記事では普段の生活でコミュニケーション能力を上げるコツを解説しています。

傾聴力

一つ目の「コミュニケーション能力」の中で重要となるのが「傾聴力」です。
傾聴力とは、相手の話にしっかり耳を傾けるスキル。傾聴力を磨くと、相手が望むものを読み取れるようになり、相手の期待に応えられます。

相手の期待に応えられれば、周囲からの評価や信頼を得られ、世渡り上手になれるでしょう。

傾聴力に関しては以下の記事でも紹介されているので、こちらも合わせて確認してみてください。

「傾聴力はコミュニケーションの基本スキル」メリットと誰でも身に付くトレーニング方法を解説 | テックキャンプ ブログ
プライベートでもビジネス面においても役立つスキルである「傾聴」。本記事では、「傾聴力とはどういったものか」から、「メリットとトレーニング方法」についてまで解説します。また、傾聴するうえでNGな振る舞いなども紹介。傾聴力を身に付けたいと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

セルフマネジメント力

世渡り上手は何事も要領良くこなすのが得意。

要領の良さを身につけるためには、物事に優先順位をつけたり、それぞれのタスクに対して必要な時間を把握したりする必要があります。

つまり、自分のいまの実力を理解し、仕事を効率よく進めるために自分自身をマネジメントするスキルが必要なのです。

このようなセルフマネジメント力が身につけば「どこまで自分の力でできるのか」が分かり、人に頼るべき部分は潔く頼めるようになります。

以下の記事ではセルフマネジメントの基礎について解説されています。ぜひ参考にしてください。

セルフマネジメントを実践し、リーダーに必要なマネジメントの初歩を身につけよう | テックキャンプ ブログ
この記事では、将来チームマネジメントをしたいけど不安に感じている方へ、今日からできる対策を紹介します。その対策とは「セルフマネジメント」です。自分自身を管理するセルフマネジメントを通してマネジメントの初歩を学びましょう。その上でチームマネジメントに応用すれば、不安を解消できます。

世渡り上手になるとビジネスもプライベートもうまくいく

世渡り上手な人は、ときに負のイメージを持たれることもあります。

しかしコミュニケーションスキルやセルフマネジメントスキルなど、実はさまざまな能力を備えている人物なのです。

世渡り上手になると人間関係を中心に円滑に物事を進められるため、ビジネスもプライベートもうまくいくようになります。ワークライフバランス実現のためにも、世渡りを目指しましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました