「仕事に飽きた…」と感じたら試してほしい6つのこと

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「今の仕事に飽きてしまった、このまま仕事を続けていても得るものはなさそう…」と仕事に対するモチベーションの低下を感じていませんか。

異動や担当替えなどによってある程度の刺激はあっても、根本的な業務内容に変化がないと飽きてしまうのも無理はありません。

しかし、仕事を楽しめないとプライベートでも気が沈みがち。ワークライフバランスも実現できません。

新しいことに挑戦する時のようなワクワクや熱意を取り戻すためにはどうすればよいのでしょうか。

なぜ仕事に飽きたと感じるのか?原因を考えよう

新入社員の頃は、毎日が初めてのことばかりでとても刺激的な日々だったかもしれません。

それが、1ヶ月、1年、5年…と月日が経っていく間に、以前のような新鮮な気持ちが失われ、飽きを感じてしまうのです。

では、飽きを感じてしまうのには具体的にどのような原因があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ルーチンワークが多い

定例会議や書類作成、顧客対応など、日々の仕事にルーチンワークが多ければ多いほど、飽きを感じやすくなります。

同じ作業を機械的に繰り返すことは楽ではありますが、その一方で「刺激が足りない」「やりがいがない」と感じてしまう人も多いのです。

成長している実感がない

毎日の仕事の中で成長している実感が持てないと、仕事中の時間がただ「お金を稼いでいる時間」に思えて、やる気がなくなってしまいます。

新しいこと、難しいことに挑戦している時は、時間を忘れて一生懸命になることができ、終わった後に達成感や成長を感じられるもの。

しかし、スキルを必要としない作業を続けていると時間の経過が長く感じられ、終わった後も達成感の代わりに疲労感が残り安いです。

好きな仕事をしていない

そもそもやりたかった仕事や好きな仕事をしていない場合も、そうでない場合よりも飽きを感じやすくなります。

好きな仕事を出来ている場合、向上心や積極性が持てるため多少のルーチンワークも苦になりません。また、面白くないことをどうすれば面白くできるか、といったことも好きなことであれば考えることが出来ます。

一方、そもそも好きではない・興味がない仕事は、ただのお金稼ぎの手段となってしまい、仕事に慣れてくるうちにだんだんと飽きてきてしまうのです。

仕事で掲げている目標のハードルが低い

仕事に飽きを感じる原因が、自身の目標設定にある可能性もあります。

仕事で掲げている目標のハードルが低いと、目標達成のために工夫したり頑張る必要がないため、手を抜いてしまいがち。

高い目標を設定するよりも楽に仕事が出来ますが、達成感や成長している実感が持てず、次第に飽きていきます。

他の仕事に興味が湧いてきた

今の仕事の他にやりたい仕事がある場合「本当は◯◯がやりたいのになぁ」と考えることで、目の前の仕事への向上心が持てず、つまらない・飽きたと感じます。

そのやりたいことが本当に楽しい仕事なのかはわからないものの、隣の芝は青く見える状態に陥ってしまうのです。

それ以外に、会社や業務内容に不満がある場合や転職願望がある場合も、同じように感じる傾向が見られます。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

仕事に飽きたら試してほしい6つのこと

一度飽きてしまった仕事をもう一度面白いもの・ワクワクするものにすることは、出来ないものなのでしょうか。

仕事に飽きた・つまらないという人は、転職などを考える前にまずこれから紹介する6つのことを試してみましょう。

困っている人のサポートに回る

自分の仕事に慣れてくることで、時間に余裕が出来てきます。その時間を使って、同じチームメンバーなどのサポートに回ってみましょう。

自分で仕事をするのとは違う視点で仕事をすると、新しい発見があるかもしれません。

また、同僚から感謝されることでやりがいや達成感、同僚との一体感を感じることも出来ます。

上司に新しい仕事を提案する

仕事がルーチン化しているのであれば、自分で新しい仕事を作り出してみましょう。

勝手に始めるのではなく、まずは上司に提案してみることをおすすめします。

職場や業務の課題を解決するためのプロジェクトを立ち上げてみたり、チームの一体感を強めるためのイベントの企画をしてみたりなど、よく観察すればアイデアはたくさん生まれてくるものです。

企画の目的や手段、予算、期限などを考え、提案することは頭の使う作業で、モチベーションにもなりやすいでしょう。

たとえその提案が却下されてしまったとしても、上司があなたの積極性を認め、評価してくれることがやる気につながるかもしれません。

自分にとって「やりがいのある仕事」は何か考える

飽きた、つまらない、とネガティブに考えるのをやめて、なぜ飽きてしまったのか、なぜつまらないのかを考えてみましょう。

そうすることで、自分にとってやりがいのある仕事とは何か、どのような仕事が出来れば充実した日々を送ることが出来るのか、を見つけられます。

「今の仕事は自分に合っていない。だからこそつまらなく感じる」という方にまず試してもらいたい方法です。

以下の記事では、やりがいを感じて働ける会社の選び方を解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

目標を高めに設定する

すでに業務のためのスキルがあって、これまでの業務に物足りなさを感じているのであれば、少しレベルアップしてみましょう。

新しい目標は、今の自分が少し背伸びして届くくらいの目標に設定するのがおすすめです。例えば、

・営業職→先月は新規の契約を5件取れたから今月は7件を目標にする

・システムエンジニア→先月の依頼は納期ギリギリになってしまったから、今月の依頼は納期の2日前までには終わらせる

といったように、前月よりも少しだけよい結果を残すためにはどうすればよいかを考え、実践していきます。

それが達成できた時こそあなたが成長した瞬間です。達成の喜びからモチベーションを取り戻しやすくなります。

仕事以外の楽しみをもつ

これまでは「仕事へのモチベーションをいかに保つか、持ち直すか」に重点を置いてきました。

反対に、仕事は仕事、と割り切ってしまうのも方法の一つです。

仕事以外の時間に没頭できる趣味を見つけ、その趣味を続けるためのお金を稼ぐために仕事をすると考えます。

旅行やショッピング、芸術鑑賞、漫画・読書、スポーツなど、今特に趣味を呼べるものがない人は新しいことに挑戦してみるのもよいでしょう。

もちろん、これは仕事に直結するモチベーションではありませんが、「仕事を続ける」モチベーションにはなります。

社内での交流を広げてみる

モチベーションの上げ方の一つとして、仕事そのものではなく「会社に行くこと」自体に楽しみを見出すという方法もあります。

学生時代、勉強は嫌だったけど学校に行くのは楽しかった、という思い出はありませんか?

それの理由は、クラスに気の合う友人がいたり、部活動で一緒の目標に向かって切磋琢磨する仲間がいたりした面が強いでしょう。

職場でのよい人間関係は、仕事に行くモチベーションになります。

社内での交流を広め「あの人と会話をするのは面白い」「チームで飲み会に行くのは楽しい」といった感情が生まれると、今の仕事を続けたい気持ちになれることでしょう。

どうしても難しければ転職も考える

どうしても状況の改善が出来ない場合には、思い切って転職することも考えましょう。

「仕事内容に不満があるけど異動や担当替えはできそうにない」

「職場の雰囲気が悪くてこれから長く勤めたいと思えない」

「いくら考え方を変えようとしても仕事の意欲がわかない」

など、その仕事での未来に希望が持てないのであれば、さっさと別の職場に移った方がキャリアにとってプラスになることもあります。

収入や将来のキャリアを考慮して慎重に決めよう

転職は多くの社会人が一度は経験することではありますが、ただ「仕事に飽きた」という理由だけで転職するのは注意が必要です。

転職したことによる収入の変化や将来のキャリアへの影響などもあるため、一時的な感情にとらわれずに冷静に判断する必要があります。

今の職場で働き続けた方がいいというケースもあるでしょう、同僚や友人、家族などにも相談しながら検討することをおすすめします。

もし、周囲に相談できる相手がいない場合は、転職エージェントなどの専門家に相談するのも一つの方法です。

転職エージェントについては以下の記事で詳しく解説されているので、ぜひ参考にしてください。
https://tech-camp.in/note/careerchange/58973/

「仕事に飽きた」にはよい面もある

「仕事に飽きた」ということは、つまらない・やりがいがないといったネガティブなことばかりではありません。

何かに飽きるということは、それだけ多くの時間を費やしてきたということであり、その時間は何かしらのよい結果を生み出してくれます。

「仕事に飽きる」ことのよい面について考えることで、成長を実感できるかもしれません。

慣れてきたとも考えられる

仕事に飽きたのは、裏を返すと「仕事に慣れた」とも言えるでしょう。

不慣れだった仕事も難なくこなせるようになったことで、刺激や成長している実感がなくなり「飽きた」と感じてしまうこともあります。

つまり、仕事に慣れたのはむしろ喜ばしいことであり、今後もその仕事を長く続けていけるだけのスキルが充分に身についたとも考えられるのです。

作業のスピードが上がる

仕事に慣れたことで作業スピードも上がります。

上司の立場からすると、同じ仕事を依頼した時よりスピーディにこなしてくれる部下の方が仕事を任せたくなりますし、信頼度も上がります。

上司からの評価が上がれば、新しい仕事を任せてもらえるチャンスも高まるでしょう。また、あなた自身も新しいことに挑戦する心の余裕を持つことができます。

ミスが少なくなる

仕事に慣れることで、ミスもしにくくなります。

もちろん、慣れてきたという油断がミスにつながることもありますが、失敗から学んでいくことであなたの仕事の精度はどんどん上がっていくことでしょう。

素早く、正確に仕事をこなせる社員になれれば、職場での評価も上がっていきます。

さらに新しいことの提案などができれば、積極性も評価され、昇進・昇格のチャンスも広がっていく可能性があります。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?