朝活勉強のメリットとは?効率的に学習する方法も解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「趣味を深めるために勉強したい!でもワークライフバランスが悪くて時間がとれない…」
「夜に資格試験の勉強をしてもはかどらない」

こんな方は、朝少し早く起きて勉強してみてはいかがでしょうか。朝活で自分のための時間を作れば、1日がより充実します。

でも、もともと朝起きるのが苦手な人にとってはハードルの高い朝活。

この記事では、朝活で勉強するメリットと効率化のコツを知ってもらい、あなたの朝活勉強のモチベーションを上げるお手伝いをします。

これを読んで、あなたも明日から朝活勉強をスタートさせましょう。

朝活とは?メリットやおすすめ、三日坊主にならないコツを解説
朝の出勤前の時間を使って勉強や運動を行う朝活。集中力アップや生活リズムを整えるメリットがあり、忙しい人ほど朝活で時間を有効活用していると言われています。しかし「三日坊主になってしまった」「何をすればいいかわからない」という人も多いはず。朝活のメリットや明日からできるおすすめの朝活、そして続けるコツを解説します。

朝活で勉強するメリット

朝活勉強はメリットがたくさんあります。

もしあなたが今勉強したいものがあれば、迷わず朝活ではじめてほしいです。

ここでは「朝活勉強はメリットだらけ」といわれる理由を紹介しましょう。

1人で集中できる

忙しい人や家族と暮らしている人も、早朝は自分の時間を作りやすいです。

朝なら誰にも邪魔されないので、勉強に集中できます。

例えば筆者である私も夫と子供がいますが、2人がまだ寝ている早朝は自分1人の時間です。

勉強しやすい環境が作れる

日中いざ勉強しようと思ったとき、誰かからメッセージが来て返信したり、電話がかかってきて出たりしていて「結局勉強する時間を作れなかった…」という経験はありませんか?

しかし早朝はそういった連絡も来にくいです。

日中なかなか集中して勉強する時間を持てない人に、朝活勉強はおすすめです。

リミットがあるため集中しやすい

朝は時間的制約のなか勉強することになります。

制限があるなかで何かをするとき、人は半強制的に集中モードになりやすいです。

例えば仕事の締め切りギリギリになると、否応なしに仕事に集中しなければならなくなりますよね。このような状況になりやすいのが朝活勉強なのです。

1日のエンジンがかかる

1日を朝活で始めると、その後の仕事のエンジンもかかりやすいです。それは朝から勉強によって頭をフル回転させたから。

頭が動きやすい状態になっているので、本業の仕事も効率的に進められるきっかけになるでしょう。

満足度が高い

みんながまだ寝ている間に勉強している自分の姿を想像してみてください。

「朝から勉強するなんて、自分すごい」と思えてきませんか?

実際に朝活勉強が続くようになると、一種の快感のようなものを覚えるようになります。

朝から自己肯定感を高められ、1日の活力になるでしょう。

生活習慣が整う

社会人になって1人暮らしを始めた人のなかには、生活リズムが崩れてしまった人も多いのではないでしょうか。

朝活を継続するには睡眠時間を確保しなければなりません。そして、睡眠時間を確保するためには早寝が習慣化されます。

夜になると眠くなり、朝スッキリ目覚められるリズムができ、生活習慣が整えられるメリットがあります。

仕事への相乗効果も

朝活が習慣になると、早めに自宅を出ることもできます。

ラッシュの時間を避けられ、電車で座って通勤することも可能になるでしょう。

朝から満員電車で消耗することが少なくなり、出社してからもスムーズに仕事に取り掛かれるようになるでしょう。

また電車の席に座れると、仕事のメールチェックなどもしやすい状態。出社したらすぐに実務に取り掛かれるのでおすすめです。

美容・健康によい

朝活を継続させるには質のよい睡眠が大切。質のよい睡眠が取れるようになると、美容や健康にもよい効果が期待できます。

例えば寝始めの3時間にぐっすり眠れるようにすると、その間に成長ホルモンがしっかり分泌され、細胞の新陳代謝が促されます。

また午前0時〜3時の間には、睡眠ホルモンともいわれる「メラトニン」が分泌。これは美肌作りに欠かせないホルモンともいわれています。

このように、朝活による早寝習慣や質のよい睡眠を心がけることは、美容や健康にもメリットがあるのです。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

朝活勉強を習慣化させるには

朝活勉強を習慣化させるにはポイントがあります。

以下の6つを意識してみてください。

明確な目標を立てる

朝活勉強に関する目標を作りましょう。例えば英語の勉強をするのであれば「○ヶ月後までにTOEICのスコアを100上げる」などでもよいです。

明確な目標ができれば、朝活勉強のモチベーションも保ちやすいです。

目標達成のための計画を立てる

目標を決めたあとは「目標達成のためには朝活でどのくらい勉強しなければならないのか」を考えましょう。

例えば試験までにテキスト1冊を終わらせるようにするのであれば

「1日に○ページを進める」
「1日に○ページ進めるために必要な時間は○分」

というように、朝活に必要な時間が明確になりやすいです。

仲間を見つける

1人で朝活勉強を頑張る自信がなければ仲間を見つけましょう。例えばSNSで「#勉強垢」「#朝活」などで検索してみると、朝活勉強を頑張っているアカウントが見つかります。

また朝活勉強会などのイベントに参加するのもおすすめです。一緒に朝活勉強をする仲間が見つかれば、モチベーションも保ちやすいでしょう。

良質な睡眠習慣を

朝スッキリ目覚めるためには良質な睡眠を取ることが大切。そのためには以下のような習慣を身につけましょう。

  • 湯船に浸かる
  • 眠る前2時間はなるべく食べない
  • 激しい運動はしない

朝活を失敗する原因になる悪習慣については、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

朝活失敗の原因になる悪習慣5つ。成功させるコツを解説
「朝活をはじめるとワークライフバランスを整えられる」と聞いたことがありませんか?でも、もともと朝起きるのが苦手な人がいきなり朝活をはじめるのは大変ですよね。今回は朝活を失敗してきた人向けに、失敗の原因や成功するコツを解説します。

すぐに勉強できる環境を整える

早朝は睡眠によって脳の機能が回復している状態。すぐにでも勉強にとりかかり、脳をフル活用したいところです。

そのため、前日の夜できることはなるべく済ませておくのがよいでしょう。例えば机の上など朝活勉強をする場所に、勉強道具を準備しておくのがおすすめです。

出発時間から逆算して起きる

朝活時間を何時から始めようか迷っている人は、出社などの時間から逆算して考えましょう。

例えば朝8:20に家を出発するのであれば、

  • 朝食〜出発:7:50〜
  • 身支度〜朝食:7:20〜

とざっくり逆算できます。

この時間から30分勉強時間を確保するとなると、さらに以下のように逆算できるしょう。

  • 勉強(朝活):6:50〜
  • 起床〜勉強開始:6:30〜

こうやって出発時間や朝活勉強に充てたい時間からスケジュールをたて、起床時間を決めてみましょう。

朝活は何時からはじめる?何時に寝る?朝活の時間の疑問を徹底解説
「朝活って何時からはじめるもの?」「何時までに寝ればいいの?」という疑問を持つ方におすすめ。この記事では朝活のスタートに最適な時間や、朝活を続けるのに理想的な睡眠時間について解説します。

朝活勉強を効率化させるコツ

朝の限られた時間に効率的に勉強するコツを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

朝のスケジュールを決めておく

朝のルーティンができているとスムーズに勉強をはじめられます。

例えば筆者の場合は、以下のようなスケジュールで過ごしています。

トイレ→歯磨き→洗顔→水を飲む→瞑想→副業・勉強→仕事→弁当作り→朝食

特に気をつけたいのが、朝何となくスマホをいじってしまうこと。この習慣がある人は明日から辞めましょう。

やることとかけられる時間を書き出す

朝の時間を有効活用したいなら、勉強もテンポよく進めていくべきです。ダラダラ学習する時間を避けるためにも、学習内容と学習にかけられる時間を大体決めておくとよいでしょう。

例えば英語学習ならば

  • オンライン英会話(スピーキング)に30分
  • 長文読解(リーディング)に10分

のようにあらかじめ学習する内容を決めておくと、スムーズに勉強できます。

個人的には朝はシャドーイング(英語を聞いて即座に復唱する学習法)がおすすめです。

集中力を高める習慣を身につける

朝、効率的に集中して勉強するためには、集中力を高める習慣を身につけておくと便利です。例えば以下のような方法があります。

  • ポモドーロ・テクニック(25分の勉強+5分の休憩を繰り返す)
  • 集中力を高める音楽を聴きながら勉強する

集中力を高める音楽については以下の記事を参考にしてみてください。

集中力を高めるのに「音楽」を聴くのはNG!?作業中におすすめの曲6選
仕事をしているときに音楽を聴いて集中できるの?と疑問に思う人もいるでしょう。じつは曲を選べばむしろ集中力は上がります。この記事では仕事中におすすめの曲を6つ紹介します。

朝向けの学習内容を選ぶ

朝を勉強する時間に充てるなら、思考力が問われる問題を解くのがおすすめです。なぜなら朝は睡眠によって脳も十分休息が取れている状態で、思考力も働きやすいため。

例えばTOEICのテスト問題であればPart7の長文読解問題などの対策を行うのがよいでしょう。

反対に夜に勉強する場合は暗記がおすすめです。なぜなら記憶は睡眠中に定着されるためです。

朝活勉強のデメリットと解決する方法

あらゆるメリットがある朝活勉強ですが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

あるとすれば以下のようなデメリットですが、それぞれ解決する方法はあります。

睡眠時間が減る

朝活によって睡眠時間が減ると、朝活失敗の原因になります。ですから自分にとってスッキリ目覚められる睡眠時間を把握し、その睡眠時間から逆算して早く寝るようにしましょう。

睡眠時間を確保するように心がけると、夜だらだらと過ごすことがなくなるのでおすすめです。

日中眠くなる

朝活を続けている私もそうですが、朝活を始めると日中どうしても眠くなる時間帯がやってきます。特に昼食後は眠気との戦いになるでしょう。

眠くなったら、思い切って仮眠するのがおすすめです。その際は20分未満で仮眠を切り上げるようにしましょう。

私も自分にとってちょうどいい仮眠時間を測ってみたのですが、18分がもっともスッキリ目覚められました。

夜を楽しめない

朝活のために睡眠時間を確保しようとすると、夜の飲み会や晩酌などを楽しめなくなります。お酒を飲むことが好きな人には正直きついかもしれません。

しかしたまにはハメを外すことを許せば、意外と大丈夫です。

筆者である私は土曜日は少し晩酌するのを許しています。

夜に我慢することが増えて耐えられないのであれば、代わりに朝に楽しみを見出してみてはいかがでしょうか。

例えば朝活用の美味しいコーヒー豆を購入するなど。朝から優雅な気分でカフェタイムを楽しめるでしょう。

みんなの朝活勉強スタイル

SNS上でも工夫して朝活勉強している人がいました。

勉強するテキストを絞る


あれこれテキストに手を出すよりも、勉強するテキストを1冊と決めて繰り返しやったほうが効果的なこともあります。

やらないことを明確にする

やらないことを決める」のは、時間のない朝を有効活用するのにおすすめのアイディアです。

「今日は5分だけでもいい」と甘やかす

朝活を続けているとどうしても気分が乗らない日やとても眠い日が出てきます。そんな日も5分だけでも机に向かってみると、意外と勉強が進むことがあります。

子供と一緒に寝てしまう

睡眠時間を確保するには、早寝の習慣をつける必要があります。

筆者である私も朝活を習慣化してからは、なるべく子供と一緒に寝てしまうようにしています。

まず何かを習慣化する

「いきなり朝早く起きるハードルが高い」という人は、他のことでまず習慣づけを行うのもよい方法です。

例えば早めに入浴する習慣をつけるだけでも、自然と早めに寝る習慣がつくでしょう。

朝活勉強で人生を豊かに

朝活で人生を豊かにする勉強を始めれば、知識が増えるだけでなく自己肯定感も高められます。

あなたもこの記事を参考に、朝活勉強を試してみてください。

以下の記事では、朝活に役立つおすすめアプリを24種類紹介しています。ぜひ参考にしてください。

朝活に役立つおすすめアプリ24選。睡眠時間コントロール・トレーニング・瞑想用など
ワークライフバランスを整えるため、朝活をスタートしようとお考えの方もいるのではないでしょうか。この記事では、朝活に役立つおすすめアプリを24種類紹介していきます。あなたの目的に合ったアプリを見つけてみてくださいね。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?