会社の飲み会に行きたくない!断り方7個と飲み会に行きたくない理由を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

普段は楽しい飲み会でも、「今日は家でゆっくりしたい」「仕事が終わりは家族や友人との時間を楽しみたい」「お金がない」など飲み会に行きたくない時もあります。

ただ、上司や先輩からの誘いに断りきれずに結局行ってしまった、という経験がある人も多いでしょう。この記事では、行きたくない飲み会の断り方を紹介していきます。

飲み会をうまく避けて、ワークライフバランスの整った毎日を手に入れましょう。

飲み会に行きたくない若者が増加

マイナビが行った20~30代へアンケートによると、「職場で飲みに誘われたとき、行きたいですか? 行きたくないですか?」という質問に対して、行きたくない人が53%、行きたい人が47%という結果が、約二人に一人が「飲み会には行きたくない」ことがわかりました。

飲み会に行きたくない理由としては、女性の場合は「仕事以外で職場の人と関わりたくないから」(34.3%)が多く、男性では「気を遣うから」(29.3%)などがありました。

会社の飲み会の理想頻度

では、職場の飲み会の理想頻度はどれくらいなのでしょうか。マイナビ学生の窓口が2017年に社会人男女407人(男性205人、女性202人)に行ったアンケートでは、「職場の飲み会頻度の理想はどのくらいですか?」という質問に対して以下の結果が出ました。

  1. 飲み会はまったくないほうがよい 123人(30.2%)
  2. 半年に1回 106人(26.0%)
  3. 1年に1回 74人(18.2%)
  4. 2~3ヶ月に1回 49人(12.0%)
  5. 1ヶ月に1回 28人( 6.9%)

飲み会に参加したくない理由

現代人から不人気の会社の飲み会。

なぜ飲み会に参加したくないのでしょうか。詳しい理由を見ていきましょう。

仕事とプライベートは分けたい

仕事が終わってまで会社の人と関わりたくない、というのが大きな理由の一つです。仕事終わりに開催される飲み会は、業務外イベントとは上司や先輩がいる以上、プライベートのように気を抜くことができません。

仕事とプライベートはしっかりと分けて、仕事終わりの時間は自分の好きなことに使いたい、という人が特に女性に多いです。

お金と時間が無駄

一回の飲み会での平均予算は4,100円と言われています。社会人になると料理にこだわったおしゃれな居酒屋に行ったり、二次会でバーに行ったりすることもあります。また、仕事終わりに始まる飲み会で帰宅が深夜になることもあります。

友人や恋人など気の合う仲間との食事であれば良くても、付き合いの会社の飲み会でそれだけのお金と時間を使うのはもったいない、と考える人も多くいます。

お酒が好きじゃない

もともとお酒が好きではない場合、飲み会の場での上司・先輩の強要が苦痛に感じられて、行きたくないと思う人もいます。

飲み会では参加者全員が飲み放題プランになることも多く、ソフトドリンク2~3杯のために飲み放題にするのは割りに合わないと言えます。

説教されるのが嫌

お酒が入った上司・先輩に説教に付き合っていられない、というのも理由の一つです。適当に相槌を言っていると「本当に聞いているのか」と怒られ、意見を言うと「黙って聞け」と言われるなど、お金と時間を使ってストレスな時間を過ごすことに意味がない、と考える若者は多くいます。

以下の記事では職場での人間関係が面倒な時に心がけるべきことが解説されています。こちらも参考にしてみてください。

職場での人間関係が面倒に感じたら試してほしい4つのこと | テックキャンプ ブログ
職場の人間関係が面倒、職場の人との関係を深める気にならない、といったように人間関係に悩みやストレスを抱えている方は多くいます。 一方で、仕事を辞めるほどつらいわけではない、仕事は続けたい、と我慢せざるを得ない状況にある方もいらっしゃることでしょう。 この記事では、職場での人間関係が面倒に感じる原因や、スト

気を遣うことがストレス

料理や飲み物の注文、取り分けなどに気を遣うことがストレス、という人もいます。同じお金を払うのであれば気の合う仲間と飲んだ方が何倍にも楽しいはずです。

家に帰るのが遅くなる

仕事が終わったら早く家に帰って自分の時間を満喫したい、という意見もあります。二次会まであると帰りが終電になり、深夜の帰宅になります。

飲み会のせいで翌日寝不足になったり、翌日のパフォーマンスが悪くなることも、飲み会を嫌う大きな理由の一つです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

飲み会の断り方

上司や先輩からの飲み会への誘いに行きたくない場合、相手の機嫌を損ねずに上手く断るにはどのようにすれば良いでしょうか。

飲み会の具体的な断り方を紹介します。

当日

当日に「今日これから飲みに行こう」と誘われた場合は、何か「今日は家にいなければいけない」理由を言うのがおすすめです。

宅配便が届く

「今日の夜に宅配便が届く予定があって、20時には家にいないといけないんです」と、宅配便が届くことにしましょう。それ以外には「親からの荷物が今晩届くかもしれない」「旦那宛の荷物を受け取らないといけない」なども言えます。

金欠

当日の急な誘いであれば「今月は飲みすぎてちょっとピンチなので」「週末にたくさん買い物をしてしまって」など金欠を理由にもできます。

ただし、この理由は「おごってあげるから」と相手に言われてしまうと返しようがないので、割り勘であることがわかっている飲み会のときにのみ有効です。

体調不良

急な体調不良もたまには使える理由です。

「ちょっと頭が痛いので」「昼からお腹が痛くて飲めそうにありません」などもっともらしく言いましょう。

自分の体調不良以外にも「妻の体調が悪いので早く帰ってあげたい」「親の体調が悪いので、帰って電話をしてあげたい」なども使えます。

両親や友人との約束

「今親がこっちに来ていて、今日は夕食の約束があるんです」「学生時代の友人が出張でこちらに来ているんです」なども使える理由です。

嘘をついていることがバレないよう、事情はあまり詳しく説明せず、「なので今日は参加できません」ときっぱり断ってしまいましょう。

1週間くらい前

当日の急な誘いではなく、1週間ほど先に予定されている飲み会に誘われた場合は、「考えます」などと曖昧に返事をすると、後でより断りづらくなります。返答を保留するのではなく、その場で何か理由をつけて断ってしまいましょう。

先約がある

「その日はもう別の飲み会の約束があります」「その日は仕事終わりに美容院に行くんです」など先約があることを理由に断るのが最もシンプルでおすすめです。

たとえ誘われた時点で約束がなかったとしても、友人や恋人など本当に楽しめる相手との約束を後から入れてしまうのも良いでしょう。

お酒が飲めない

「次の日に健康診断があってお酒が飲めない」、「医者(家族)から飲まないよう言われている」という理由もたまには使えます。体調不良を理由にすると相手に心配をかけてしまう可能性があるため「飲まないほうがいい」という程度にとどめておきましょう。

習い事・勉強

「仕事終わりに英会話スクールに行く予定がある」「ビジネスセミナーの予定がある」など習い事・勉強を理由にすることもできます。せっかく飲み会を断ったのであれば、本当に習い事・勉強の予定を入れて有意義な時間を過ごしてみるのもおすすめです。

まとめ

あなたの身体的・精神的な健康のためにも、行きたくない飲み会には無理をせず断るのが一番です。

ただ、せっかく「あなたと飲みに行きたい」と誘ってくれた相手に不快な思いをさせないよう、適切な理由をつけて丁寧に断ることを忘れないようにしましょう。

以下の記事では社会人の飲み会マナーとNG行為について解説しています。こちらも参考にしてみてください。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました