社会人の飲み会マナーとNG行為を解説します!

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

仕事終わりの上司や先輩との飲み会。全く楽しくないというわけではないが、飲み会でのマナーがよくわからない、気を使いすぎてストレスが溜まるなど、悩みを抱えているという人もいます。

この記事では社会人の飲み会でのマナーや話す内容、NG行為などを解説します。

飲み会は参加するべきか?

新社会人や若手は、上司や先輩からの飲みの誘いに断れず、本当は帰りたいのに参加することになる、ということも多くあるでしょう。

しかし、業務終了後に行わえる飲み会は「業務外」のイベントであり、参加の義務はありません。上司や先輩であっても業務時間外にあなたを拘束する権利はないため、もし本当に乗り気になれない飲み会であれば、断ってもかまいません。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

飲み会におけるマナー

職場の飲み会は、友人など気の合うメンバーとの飲み会とは違って何でも自由に出来るというわけではありません。業務外のイベントとはいえ、飲み会での振る舞いが仕事でのあなたのイメージや評価に影響する可能性があるためです。

言い換えると、飲み会の場で上手く振る舞えることができれば、仕事においてもプラスになる可能性があるということです。ここからは飲み会での適切なマナーについて紹介していきます。

集合時間は必ず守る

まず、時間厳守は徹底しましょう。特に若手社員の場合は先輩・上司よりも早く集合場所について、みんなの到着を待つくらいが良いです。

その日のうちに終わらせないといけない仕事などでどうしても遅れる場合には、事前に何時くらいに到着するのかを伝えておくのもマナーです。

座る位置は下座

店に入り、席に案内されたら上座に上司・先輩を案内し、自分は店員とのやり取りがしやすい席につきましょう。

面倒見のよい先輩が自ら下座につこうとする場合には「今日は自分にやらせてください」「先輩はゆっくりしてください」と他の席を勧めるのがスマートです。

気配りを大切にする

業務外とはいえ、若手社員としての気配りは忘れないようにしましょう。例えば

  • 飲み物のグラスが空いていたらおかわりを頼む
  • 食べ終わった皿を片付ける
  • 料理を取り分ける

などがあります。また、乾杯前には上司・先輩のグラスに先に飲み物を注いだり、乾杯時のグラスの高さは目上の人よりも低い位置にするといったことも気をつけましょう。

飲み会の翌日にお礼を伝える

飲み会の翌日に一言「昨日は有意義な時間をありがとうございました」「貴重な話をありがとうございました」とお礼を伝えると、あなたの印象はグッと良くなります。

もし飲み会代を上司・先輩に払ってくれた場合は、そのお礼も忘れずに伝えましょう。直接伝えられない場合にはメールを送るのも良いでしょう。

飲み会におけるNG行為

お酒が入ってつい羽目を外してしまいがちな飲み会の場ですが、その時の振る舞いがきっかけであなたの印象が悪くなったり、仕事に影響が出てしまうことは避けたいものです。

飲み会のNG行為について解説するので、しっかりと覚えておきましょう。

上司・先輩にタメ口で話す

もし「飲み会なんだから気楽に」「今日は無礼講で」などと言われても、最低限のマナーは守るべきです。上司・先輩にタメ口で話したり、家族や恋人などプライベートな質問を深堀りすることは、相手との関係を悪化させる可能性があります。

会社のダメ出しをする

お酒の入った勢いで会社のダメ出しをすることもNGです。うっかり口にした会社の愚痴が、別の誰かに伝わり、さらに社内に広がって「◯◯さんは会社を辞めたがっている」などとあらぬ噂を立てられてしまうかもしれません。

上司・先輩が会社のダメ出しをして、同意を求められた場合は「私はまだ経験が浅いのでわかりません」「私はまだ自分の仕事だけで手一杯です」などと逃げるのが得策です。

スマホをいじる

付き合いで参加した飲み会がいくらつまらなかったとしても、飲みの場でスマホをいじることはやめましょう。家族などへの連絡でどうしてもスマホを使わないといけない場合は、席を立って廊下やトイレでささっと連絡しましょう。

挨拶をせずに帰る

飲み会が進んで終電の時間になると、だんだんと人が減っていきます。誰かが帰るタイミングで自分も帰ろうとするのは構いませんが、挨拶をせずに無言で帰るのはよくありません。

誘ってくれた先輩やおごってくれる上司には「終電があるのでお先に失礼します」と一言挨拶してから帰りましょう。

飲み会に参加するメリット・デメリット

付き合いで参加せざるを得ないことも多い職場での飲み会ですが、無理をしてまで参加するメリットがそもそもあるのでしょうか。

飲み会に参加するメリット・デメリットを整理しましょう。

メリット①上司・先輩との距離感が縮まる

業務ではあまり関わることができない上司・先輩と、距離を縮めることが出来るのが飲み会に参加するメリットの一つです。

仕事中は真面目で少し近づきがたい印象のある上司が、一緒に飲むことで実はとても面倒見が良く信頼出来る人であることがわかるかもしれません。

逆に、上司・先輩からしても新入社員・若手社員との良好な関係は仕事をスムーズに行うために欠かせません。互いに業務外で交流することで、より早く信頼関係を築くことが出来るのです。

メリット②他部署の人との交流が広がる

部署をまたいだ飲み会では、普段の業務では関わる機会のない他部署の人とも知り合えます。

飲み会で培ったコネクションがその後の仕事で使える可能性もあります。人脈を広げるためにも、飲み会では様々な人と話すことがおすすめです。

メリット③上司・先輩の考えを知ることができる

業務外とはいえ、職場の飲み会では仕事に関する話題が多く出てきます。そこで上司や先輩が今の会社や仕事にどのような考えを持っているのか、過去にどのような仕事をやってきたのか、仕事をするためには何が必要なのかなどを話してくれるはずです。

普段は聞けない貴重な話を聞けるのも会社の飲み会のメリットです。

メリット④コミュニケーションスキルが上がる

歳の近く、同じようなことに関心を持っている人とだけ関わりが持てる学生時代とは異なり、社会人になると自分の親くらいの歳の人まで幅広い人と関わります。

世代の違う人たちとの交流は言葉遣いなど気を使う場面も多いですが、コミュニケーションスキルを上げるのにはとても役立ちます。

デメリット①お金がもったいない

社会人の飲み会一回あたりの平均金額は4,100円と言われています。その後に二次会に行ったり、終電がなくなってタクシーで帰宅すると、一晩で1万円以上を使うことになります。

このような飲み会が週何回も、となると、お金がもったいなく感じられるのは仕方ありません。

デメリット②自分の時間がなくなる

もし飲み会に行かなければ、自宅でゆっくりしたり、読書や英語の勉強などキャリアアップのための時間にあてられます。

自己研鑽など自分のためになる時間と違い、お金を払ってストレスや疲れを溜め込む飲み会が嫌いな人がいるのも無理はありません。
以下の記事では社会人が学び続ける必要性と勉強するべき内容について紹介されています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

社会人だからこそ勉強は必須!学び続けるメリットと勉強すべき内容5つを紹介 | テックキャンプ ブログ
本記事では、社会人が勉強すべき内容やメリットについてを紹介します。この記事を読んだあなたが、勉強する際の不安や疑問点を解消し、明日からの行動につながるきっかけになれば幸いです。

デメリット③翌日のパフォーマンスが落ちる

仕事終わりに始まり、深夜まで続いた飲み会の翌日、寝不足で体がだるかったり、頭がぼーっとしてしまうことはよくあります。二日酔いで気持ち悪くて仕事に遅刻することもあるでしょう。

いくら上司とのコミュニケーションやコネクション作りといえ、翌日の仕事に支障が出てしまっては意味がありません。社会人として後先考えた行動も必要です。

まとめ

付き合いで行くことも多い会社の飲み会ですが、上司・先輩との関係を構築できたり、他部署への人脈作りに役立ったりとメリットもあります。

業務時間外であっても相手が上司・先輩であることには変わりありません。あなたの仕事にもプラスに働くよう、マナーと気遣いは忘れないようにしましょう。

以下の記事では飲み会の断り方と飲み会に行きたくない理由について解説しています。こちらも参考にしてみてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?