満員電車通勤は本当に必要?コロナで働き方への意識が変化

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

2020年に発生した新型コロナウイルス感染症は、働き方に対する意識変革を多くの人にもたらしています。緊急事態宣言により、多くの人の働く環境は一変しました。

テレワークを経験した人の中には「通勤時間は本当に必要なのか」と疑問に思った人もいるはずです。

この記事では、「満員電車通勤をやめることは、生産性向上に繋がる」ことを紹介します。ワークライフバランスを重視した働き方をしたい人は、ぜひ参考にしてください。

新型コロナウイルスにより働き方に変化

2020年に発生した新型コロナウイルス感染症は、私達の働き方に大きな変化をもたらしました。

人との接触を8割減らす目標を掲げている政府も「働き方の新しいスタイル」を提案しています。

・テレワークやローテーション勤務
・時差出勤でゆったりと
・オフィスはひろびろと
・会議はオンライン
・名刺交換はオンライン
・対面での打合せ時は換気とマスク

政府が提案した、上述の新しい働き方を見ると、これからは在宅勤務が増えていくことが想像できます。

企業の97.8%がテレワークを実施

経団連が2020年4月に全会員企業(1,470社)に行った調査によると、97.8%がテレワーク・在宅勤務を実施していると回答。

一方、社内のテレワークや在宅勤務者数の割合について、8割以上と回答した企業は36.1%でした。

テレワークを実施している企業の中にも、出社している人が半数以上いることがわかります。

テレワークとは:「tele(離れた場所)」と「work(働く)」を組み合わせた造語。情報通信技術(ICT)を利用した場所や時間に縛られない働き方のこと

テレワークで82.1%の企業が労働生産性の向上を実感

2017年の総務省の調査によると、テレワークの導入により、82.1%の企業が「労働生産性の向上」の効果を実感したと回答。

社員が感じるメリットとして一番多かったのが「通勤時間・移動の削減」で、71.5%でした。

多くの人が、通勤・移動にかなりの時間を奪われていることがわかります。

コロナ後も8割がテレワークの継続を希望

日本能率協会が2020年5月に行った調査では、在宅勤務者の8割が、コロナ収束後もテレワークの継続を望んでいることがわかりました。

多くの社会人の意識が変化していることがわかります。

これからの働き方

より具体的に、働き方がどう変わるのかを紹介しましょう

完全テレワーク勤務

オフィスに出社することのない完全テレワーク勤務。リラックスした環境下で仕事ができる分、より成果が求められる働き方です。

テレワークと出社の併用

週2はオフィスに出社し、週3はテレワークという勤務体系。テレワーク、出社勤務のどちらにも一長一短があり、社員1人1人に合った柔軟な働き方といえるでしょう。

時差出勤

満員電車回避や社員の家庭事情に配慮した時差出勤。通勤・退勤時間をそれぞれの都合に合わせて選択することができます。政府が提案する新しい働き方でも推奨されています。

地方で働く逆参勤交代

都市で働く人が期間限定で地方に赴任し、テレワークをするという働き方です。通勤時間も短くなり、ゆとりある環境で仕事をすることで生産性が高まることが期待されています。

地域活性化にも繋がり、今後普及していくでしょう。逆参勤交代については以下の記事で詳しく解説しています。

なくならない満員電車通勤の実情

コロナウイルスによる緊急事態宣言解除後に、再び出社を要請する企業が出てきました。

多くの社会人が在宅勤務の継続を望んでいる現実がある中、再び満員電車通勤が復活しようとしています。

これまでは当たり前だった満員電車通勤ですが、これからの働き方において、本当に必要なものなのでしょうか

働く人の8割以上が満員電車が嫌い

ニュースサイトしらべぇが全国の10〜60代に行った調査によると、「満員電車が嫌いだ」と回答した人は84.4%もいました。「出勤前に疲れてしまう」「パーソナルスペースがない」などという声がありました。

2020年のコロナウイルスによる緊急事態宣言解除後には「満員電車」という ワードがTwitterのトレンド1位に。テレワークに戻りたいと思っている人も多いようです

社会人が電車通勤にかける時間

社会人の電車通勤時間について見ていきましょう。

首都圏や地方を例に紹介します。社会人は一体どれくらいの時間を電車通勤で奪われているのでしょうか。

ちなみに総務省統計局の2016年(平成28年)社会生活調査では、通勤の往復時間の平均は男性1時間26分、女性1時間7分でした。各都府県の平均も見てみましょう。

  • 東京:43.8分
  • 埼玉:43.7分
  • 神奈川:48分
  • 千葉:45.7分
  • 大阪:36.1分
  • 愛知:27.9分
  • 福岡:26.5分

※全て片道の通勤時間(統計情報リサーチ

往復の時間にすると、多くの都府県で1時間はかかります。この時間を無駄に感じるという人もきっと多いでしょうね。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

満員電車通勤をなくすことによるメリット

では、通勤時間をなくすことにより、一体どのようなメットがあるのでしょうか

時間を捻出できる

まず、シンプルに時間を捻出できます。

例えば往復で1時間かかる通勤時間がなくなれば、その分を仕事の準備に当てることもできるでしょう。

1日1時間の通勤時間は年間換算すると240時間(年間休日120日の場合)。その時間を捻出できれば、仕事以外に趣味やスキルアップなどにも使うこともできます。

仕事の生産性が向上する

満員電車通勤をやめることは、仕事の生産性にも繋がります。

通勤時間と健康、生産性についてイギリスの保険会社やケンブリッジ大学などが共同で調査しました。通勤に時間をかけている人は、そうでない人に比べて生産性が年7日分高いという結果に。

また、うつ傾向が33%、仕事関連のストレスが複数あるという傾向が12%高くなったそうです。

満員電車通勤をやめると、より仕事に集中しやすくなり、生産性は飛躍的に高くなるでしょう。

通勤によるストレスの軽減

満員電車通勤をやめるとストレスを軽減できます。

電車通勤は、人と密着していたり、遅延が発生したり、目的地で降りられるか不安になったりしますよね。

さらに、通勤に時間をかけている人は朝早くに起きなければいけません。当然睡眠時間が短くなりやすく、睡眠不足によるストレスも抱えやすくなります。

電車通勤をやめると、心身の負担はかなり軽減されるでしょう。

長時間労働の削減

満員電車通勤をやめることで長時間労働も削減できます。

通勤に時間をかける分、仕事に割ける時間は減ってしまいます。そのため、多くの人が仕事が定時には終わらず残業せざるをえません。

また、帰宅ラッシュを避けるために時間をずらして遅く帰ろうとすると、会社に残って仕事をしてしまうのです。

テレワークにすることで、無駄な長時間労働は減らせます。

ワークライフバランスの充実

ワークライフバランスも充実させることができるでしょう。満員電車通勤がなくなると、仕事と育児や介護との両立がしやすくなります

生活面のことを気にしながら仕事をすることがなくなるため、キャリアアップに対する心配も軽減できるでしょう。

オフィスをなくし電車通勤を避ける企業が続々出ている

IT企業やベンチャー企業では、コロナウイルス対策で在宅勤務を導入した後に、そのままオフィスを消滅させるという動きが出始めています

こういった動きは、満員電車通勤の必要性を改めて考えさせられます。

Clip Line

出典:Clip Line

動画サービスを提供しているClip Lineは、2020年4月末に本社オフィスの賃貸契約の解除に舵を切りました。

全社員50人は今後は完全テレワークで働くことになるそう。社員の声として「仕事が楽になった」「通勤や身支度がなくなったので負担が減った」といった内容がありました

LAPRAS

出典:LAPRAS

AIヘッドハンティングサービスを提供しているLAPRASは、2020年に都内にあるオフィスを解約する方針を打ち出しました。

サテライトオフィスを確保しつつ、全社員のテレワーク化を進めていくそうです。

コロナウイルスでテレワークになり「仕事の成果が上がった」「仕事のパフォーマンスも以前と変わらない」と答えた社員が多かったそう

また、通勤時間を、趣味や仕事の準備にあてられることにメリットを感じた社員もいました。

overflow

出典:overflow

ウェブサイトのコンテンツ作成やコンサルティング業務を手掛けるoverflowも、2020年にオフィスを手放すことを決めた企業の1つ。

元々社員の7割が在宅勤務をしていた同社では、コロナウイルス対策で全社員が在宅勤務になりました。

パソコン、通信環境、ビデオ会議、チャットツールなどの環境が整っていれば、オフィスは必ずしも必要ないという結論になったそう

まとめ

新しい働き方が推奨される中で、オフィスをなくす企業も出始めています。私達は真剣にこれからどう働くかを考えなくてはいけません。

その中で、毎朝満員電車通勤をすることはこれからの時代に本当に必要なのでしょうか。

この記事を読み「満員電車に乗って出社する生活はもう無理だ」と本当に思っている方がいたら、ぜひ自分自身に合った働き方を見つめ直してみてください

この記事があなたの背中をおすことに繋がればと思います。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました