無料で使えるテレカンツール!手軽に導入できるおすすめツール5選

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

コロナウィルスの影響によって利用が普及しているテレワーク。働き方改革やワークライフバランスの実現のためにアフターコロナの新しい働き方としても定着すると見られています。

そして、テレワークでのコミュニケーションに欠かせないのがテレカン(Web会議)です。しかし、たくさんあるツールの中でどれを選べばいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、手軽に導入できる無料テレカンツールを紹介します

テレカンとは

テレカンはWeb会議や電話会議などとも呼ばれます。

英語のTeleconferenceの略で、ビデオやテレビ、電話などを用いて遠隔地と行う会議のことです。

1対1での会議はもちろん、国内・海外の複数拠点と繋いだ会議も開催することができます。パソコン、スマホ、カメラ、マイク、インターネットがあれば開催ができる手軽さも魅力です。

テレカンツールの選び方

コロナウィルスの影響によりビジネスシーンだけでなく、オンライン飲み会などプライベートでの利用も増えているテレカン。

「SkypeやZoomなどツールがたくさんあって、どのように選べばいいのかわからない…」という人もいるでしょう。

ここからはテレカンツールの選び方を紹介します

オンライン飲み会については、姉妹サイトで紹介しているので、ぜひ御覧ください。

手軽に導入できるか

導入の手軽さはツール選びの1つ目のポイントです。具体的には、以下のポイントで各ツールを見てみましょう。

・アプリやソフトウェアのダウンロードが必要か
・会議管理者(開催者)のID作成やユーザー登録が必要か
・会議の参加者全員のID作成、ユーザー登録が必要か

会議への参加人数

同時に会議に参加できる人数についても、事前に確認しておきましょう。

無料版の場合、会議の参加人数に制限があったり、複数人で行う場合は開催時間に制限があったりします

何人での会議での利用が多いかを想定してツールを選ぶことが必要です。

セキュリティは万全か

セキュリティ体制も要チェックです。

インターネットを通じて通信するため、外部からの不正アクセスなどによる情報漏えい、乗っ取りなどのリスクがあります

セキュリティについては以下の点を満たしているかを確認しましょう。

・データは暗号化しているか
・会議ごとに新しいURLが発行されるか(同じURLの使いまわしがないか)
・入室パスワードの設定などのセキュリティ設定ができるか

ベンダーのサポート体制

アプリや通信のトラブルによって「会議が開催できない」といった事態にならないよう、ベンダーのサポート体制についても見ておきましょう。

無料版の場合、そもそも問い合わせ窓口がなかったり、アプリやソフトウェアのバグ(不具合)修正がされなかったりすることがありえるからです

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

無料で使えるテレカンツール

テレカンには無料版、有料版があります。

「ビジネスで使うなら有料版」といったイメージを持っている人もいますが、無料版でもビジネス利用できるツールもあります。

ここからは、無料で使えるおすすめテレカンツールを紹介しましょう

※2020年6月現在の情報です。最新情報は各公式サイトをご確認ください。

Zoom

出典:Zoom

コロナウィルスの影響による外出自粛によって全世界で利用者が増加したテレカンツールZoom

Web会議室のURL、パスワードがあれば会議に参加できる、スマホからも繋げる、といった手軽さが大きなメリットです。

録画機能や参加者を複数のグループに分けて話し合いができるブレークアウトルーム機能なども搭載されています。

なお、Zoomでは1:1の通話は時間無制限ですが、3人以上のグループ通話の場合は40分までとなっています。

姉妹サイトで、Zoomの使い方がわかりやすく解説しているので、こちらも御覧ください。

Google ハングアウト

出典:Googleハングアウト

Googleアカウントがあれば誰でも無料で使えるテレカンツールがGoogleハングアウトです。

1対1の通話はもちろん、最大10人のグループ通話にも対応しています。Googleハングアウトの便利な点は、Googleドライブを使って通話中にファイルの共有ができること

会議中に「ちょっとこれ共有します」といった場面にも重宝しそうです。

なお、Googleハングアウトは、2020年後半には提供が終了することが発表されています。終了後はGoogleの他の類似サービスであるGoogle Chat(チャットツール)とGoogle Meet(ビデオ通話ツール)に分割される予定です。

Skype

出典:Skype

世界的に利用者が多いSkype。アカウントを作成する必要はありますが、使い方がシンプルで、複数人でも時間無制限でテレカンができる点がメリットです。

世界中で利用されているため、海外との会議にもスムーズに使えます。

Meet Now

出典:Meet Now

Skypeの新機能であるMeet Nowは、アプリのダウンロード不要、アカウント作成不要で使えるテレカンサービスです。

使い方は基本的にSkypeと同じなので、Skypeを使ったことがある人であれば混乱なく利用できるでしょう。

Meet Nowの魅力はその手軽さです。SkypeIDも不要で、Webページ上で「無料の会議を作成」から会議を開催できます

BIZMEE

出典:BIZMEE

音声・画像が高品質で操作性がシンプルなBIZMEE。Meet Nowと同様、アプリのダウンロードやID作成などの面倒なことは一切ありません。

ホワイトボード機能は複雑な議論を行うことが多いビジネスシーンにぴったりです。人数制限はありませんが、人数が増えると品質が悪くなることがあるため、3~4人までの開催に最適です。

無料版と有料版の違い

無料版でもビジネスに使えるツールがたくさんありますが、そもそも無料版と有料版では何が違うのでしょうか

接続の安定性

無料版は有料版と比べて接続が不安定になりがちです。

1対1や少人数の会議ではあまり差はありませんが、大人数の会議になると無料版では音声が途切れたり画像が固まったりする可能性があります。

通信が途切れるたびに会議を中断していては、その時間をロスするだけでなくストレスにもなります。

クライアントなどとの会議が多い場合は有料版の方が安心です。

利用人数

無料版では、会議に参加できる人数に上限がある1つのIDでは同時に複数の会議を開催できないといった制限があることが多いです。

開催できる会議の数に制限があると、オフィスの会議室のように事前予約をする必要などが出てきます。

そうなると、円滑なコミュニケーションが実現されない可能性も出てくるために注意が必要です。

録画機能

クライアントとの重要な会議やWebセミナーなどで必要になる録画機能。

有料版では基本機能としてあることが一般的ですが、無料版ではツールによっては録画機能が搭載されていないことも

サポート

通信トラブルや、アプリやソフトウェアのバグ(不具合)発生時のベンダーのサポート体制にも違いがあります。

無料版ではそもそも「サポート」というサービスがないので、何かあった時に会議が開催できないリスクがあります

その点、有料版では問い合わせ窓口が設定してあり、トラブルにも迅速に対応してもらえるでしょう。

まとめ

たくさんあるテレカンツールの中から、自社の業務にあったツールを選ぶには、機能やコストに加えて、サポート体制やセキュリティについてもチェックすることが重要です。

まずは、無料版ツールをいくつか試してみて、有料版を導入する必要があるかどうか検討するのが良いでしょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました