集中力を高めるおすすめの方法13選。役立つアイテム・ツール・本も紹介

「集中力を高める」というのは、仕事をする上での永遠のテーマかもしれません。

集中力を高めるスイッチが見つかれば、いつでも効率的に仕事を進められ、ワークライフバランスも整えられるでしょう。

この記事では、そのために役立つアイテム・ツール・本を紹介していきます。

あなたが集中できない原因

集中力を高める方法を知る前に、そもそもあなたの集中を阻害している原因を探しましょう。

他のことに気を取られている

仕事をする際に、仕事に必要のないものが視界に入ったり、耳に入ったりしていませんか。

例えば資料がたまってごちゃごちゃしたデスクで集中するのは困難でしょう。あるいは人の会話であふれる環境では、自分の業務に集中するのは厳しいといえます。

繰り返し同じことをやっていて飽きた

業務がルーチン化され飽きてしまっている状態も、集中力が続かない原因になります。

程よい緊張感がある業務であれば「集中して業務に励もう」と思えるものです。

業務とスキルが見合っていない

人は「今のスキルで達成できるかどうかギリギリのライン」のことをやっているときに集中できるといわれています。

あまりにも簡単すぎること・難しすぎることをやるときは集中しにくい状態になっているかもしれません。

精神的安全が守られていない

失敗したらどうしよう…」と常に不安な状態でいると、集中しようと思ってもなかなかできないですよね。

多少の失敗が許されるようなバックアップがない職場環境では尚更でしょう。

フィードバックの機会がない

やったことに対してスピーディーにフィードバックがあると、改善点が明確にわかります。

しかしフィードバックの機会がないと自分がやったことの答え合わせができない状態。やりがいが見出せず集中しにくい状況に陥りやすいです。

周囲の反応を気にし過ぎる

何をやるにしても「周りにどう思われるだろう」と気にしてしまう性格だと、自分の業務に集中できない要因になります。

周囲の目ばかりに気を取られ、目の前のことに集中して取り組めないでしょう。

疲れが溜まっている

睡眠不足や体調不良に陥っていませんか。

健康状態が保たれていないと仕事にも集中できません。まずはしっかり体を休め、仕事に取り組める状態を整えることが大切です。

集中力を高めるおすすめの方法

あなたが集中できない原因を踏まえて、集中力を高める方法を押さえていきましょう。

業務を細分化する

やるべきことはわかっていても、その業務が途方もないものに思えてやる気を失っていませんか。

そういった場合は業務を細分化してみましょう。細かいタスクに落とし込んで1つ1つクリアにすれば、集中しやすい状態になります。

タスクを書き出す

業務を細分化したら、それらをタスクとして書き出してみましょう。

その際におすすめなのが付箋に1つ1つ書き出す方法です。

「終わったら付箋を捨てる」という動作を繰り返すと、その動作自体が快感となり、集中のゾーンに入りやすくなります。

優先順位をつける

「やらなければならないことがいつまでも終わらず集中できない…」という状況に陥っていませんか。

そういった場合はタスクの優先順位をつけ、重要度の高いものから取り組んでいきましょう。

マルチタスクを避ける

2つ以上のことを同時に進行していると作業効率が下がる原因になります。

何かに集中したいときはマルチタスクを避けましょう。チャットツールやSNSなどの通知もオフにするのがおすすめです。

以下の記事では、マルチタスクが及ぼす影響について解説されています。こちらも参考にしてみてください。

宣言する

何かの業務に集中する際、その旨を周囲に宣言してみましょう。

例えば同じ職場のメンバーに「これから○時までにプレゼン資料をまとめる」「確認事項がある場合は○時以降にくれると助かる」と一言伝えておくとよいでしょう。

以下の動画「【皆やりがち】集中力が低い人がやっていることTOP5」の1位にも「人に終わりを宣言していない」が挙がっています。こちらも、ぜひ参考にしてください。

得意なことから取り掛かる

どうしても集中できない場合は、自分の得意なものから取り掛かりましょう。

得意な業務はテンポよく進められるため、集中しやすいメリットがあります。

目標を設定する

明確な目標があると集中するきっかけになります。単純作業でも「30分でここまで終わらせる」などの目標を設定するとよいでしょう。

休憩時間を設ける

いくら集中状態になっていたとしても、定期的に休憩時間を設けてみてください。おすすめは25分の作業と5分の休憩を繰り返す「ポモドーロ・テクニック」という方法です。

集中しているうちにあえて休憩を挟むことで、質のよい集中状態を長く保つことにつながります。

体を動かす

休憩時間にぜひやってほしいのが体を動かすこと。程よく汗をかく程度に体を動かすと気分のリフレッシュにつながります。

瞑想する

こちらも休憩時間におすすめの過ごし方です。瞑想とは外の世界からなるべく離れ、自分の内側に意識を集中させること。

目を閉じ深呼吸することで自分の中の感情や雑念を見つめ直し、ストレスを客観的にとらえるきっかけになります。

雑音を遮断する

オフィスの雑音が気になる場合は、それを遮断するアイテムを活用するのも1つの手です。

ノイズキャンセリング機能つきのワイヤレスイヤホンで音楽を聴いたり、デジタル耳栓を使ったりする方法があります。

これらのアイテムについては後ほど改めて紹介します。

通知音をオフにする

PCやスマホに出てくるメール・SNS・アプリの通知をオフにして、集中が切れないようにしましょう。

例えばスマホの場合は「機内モード」にすると簡単に通知オフできます。

程よい雑音のある場所に移動する

人は全くの無音状態よりも、50〜70デシベル程度の雑音があるほうが適度に集中しやすいといわれています。

50〜70デシベル程度の雑音とは、例えばカフェやレストランにいるときに耳に入る音です。気分転換も兼ねて、カフェなどに移動するのもよい方法でしょう。

コーヒーなどの飲み物を飲む

仕事中コーヒーを飲む人は多いと思いますが、集中力を高めるためには飲み方にコツがあります。

書籍「ヤバい集中力」に記載があったポイントを紹介しましょう。

  • 1度にコーヒー2本を飲まない
  • ミルクかクリームを入れる
  • 起床から90分は飲まない
  • 緑茶(テアニン)と一緒に飲む

詳しくは書籍をチェックしてください。

参照:ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

集中力を高めるおすすめのアイテム・ツール

ここでは具体的に、集中量を高めるのに役立つアイテム・ツールを紹介します。

ノイズキャンセリングイヤホン

出典:Amazon

ノイズキャンセリング機能がついていると、周囲の雑音を消すことができます。その上で集中できる音楽を聴ければ、効率的に集中力を高められるでしょう。

デジタル耳栓

出典:Amazon

環境騒音のみをカットできる耳栓です。アナウンスや会話は聞き取れるため、仕事上支障が出るのを防げるでしょう。

音楽配信アプリ

Spotify」では集中に役立つプレイリストが配信されています。「Concentration」といったキーワードで検索すると出てくるので聴いてみてください。

集中できる効果的とされる音「White Noise」「Pink Noise」といったプレイリストもあり、筆者である私も集中したいときによく聴いています。

集中力を高めるのにおすすめの音や音楽については以下の記事も参考にしてください。

集中するのに役立つアプリ

集中するのに役立つアプリもあります。以下のアプリは先に紹介したポモドーロ・テクニックを実践する際に有効です。

タイマー

出典:Amazon

ポモドーロ・テクニックはアプリやスマホのタイマー機能を使っても実践できます。

しかしスマホを開くと他のアプリも開いてしまい、結果的に集中の阻害要因になることも。シンプルなタイマーを使うのがおすすめです。

Esington Glass

出典:Amazon

こちらもポモドーロ・テクニックを実践する際に役立つグッズ。25分間で砂が落ちきるようになっている砂時計ですが、砂が落ちる際に「ホワイトノイズ」が発生するようになっています。

周囲のことを忘れて一点集中した状態「ハイパーフォーカス」に突入するのに効果的とされています。

体の負担が少ない椅子

出典:Amazon

自分の体型やデスク・PCの高さに合った椅子を使っていないと、作業効率が下がり集中できない原因に。

ゲーミングチェアであれば体への負担が少ないように開発されているので、デスクワークで正しい姿勢を保つのにも役立つでしょう。

出典:Amazon

自分で購入した椅子をオフィスで使用できない場合は、座布団で体の負担を軽減させるのもおすすめです。

【SNS調査】集中力を高める方法

SNS上で集中力を高める方法を調査しました。

青色のボールペンを使う

一説によると、青色を見るとセロトニンが放出され集中力が促されるといわれています。タスクを書き出す際に青のペンを使うのもよいでしょう。

集中できるBGMを聴く

雨音などの自然音は「1/fゆらぎ音」とも呼ばれ、脳を程よくリラックスさせ集中しやすい状態に導くといわれています。

整理整頓する

デスクまわりがごちゃごちゃしていると、頭もごちゃごちゃして集中しにくくなる原因に。

仕事に取りかかる前に整理整頓の習慣をつけると、集中しやすい状態になるでしょう。

香りで気分転換

音楽だけではなく、香りを気分の切り替えに使う人もいるようです。

集中力についての本を読む

この他にも以下2冊をおすすめします。

集中力に効くツボ押し

休憩時間にリラックスする音楽を聴きながら行うと、さらによいかもしれませんね。

工夫次第で集中力は高められる!

集中力は工夫次第で効率的に高められます。まずは目の前のことに集中できるように整理整頓をしましょう。

今回紹介したアイテム・ツールなどを活用して、あなたも「自分なりの集中力を高める方法」を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました