福利厚生とは?人気の種類やユニークな福利厚生を導入している企業も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「福利厚生」はよく聞く言葉ですが、詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、福利厚生はどんな制度なのか、どんな種類の福利厚生があるのかを解説します。

福利厚生は、社員とその家族の生活や健康を維持し、よりよい生活を送れるようにすることを目的にしています。ワークライフバランスを実現したい方は特にちゃんと知っておきたい制度ですね。

福利厚生の人気ランキングや福利厚生が充実している企業も紹介するので、転職を考えている人も参考にしてください

福利厚生が充実している企業は、ホワイト企業と呼ばれることも。以下の記事で、最新のホワイト企業ランキングを紹介しています。

福利厚生とは

福利厚生とは、企業が社員に提供する給料以外の報酬・サービスのことです。

企業が、社員の満足度を上げるために必要な要素になります。福利厚生の主な役割には、以下の2点があります。

・社員とその家族の生活や健康を維持し、よりよい生活を送れるようにすること
・社員が働きやすい環境を作り、1人1人のモチベーションアップを図ること

ワークライフバランスの観点からも、とても大切なものと言えるでしょう。

転職先を検討する際に福利厚生を重視する人は74%

エン・ジャパンが行った調査では、転職先を考える際、福利厚生を重視する人は74%もいました。

20代68%、30代45%、40代42%と若い世代ほど福利厚生を重視していることが分かります。

福利厚生の対象者

福利厚生は、正社員以外に契約社員やパートタイム勤務者も利用することができます

正規社員と非正規社員の待遇の格差を禁止した「パートタイム・有期雇用労働法」が、2020年4月から施行されました。

それにより、福利厚生の対象者として契約社員もパートタイム勤務者も法的に適用されるようになったのです。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

福利厚生の種類

福利厚生は、大きく2つに分けることができます。

社会保険料などの法定福利厚生と、企業が独自に設けている法定外福利厚生です。それぞれ見ていきましょう。

法定福利厚生

法律で義務付けられた福利厚生が「法定福利厚生」です。

法定福利厚生がない企業は、法律違反になります。子ども・子育て拠出金を除くほとんどの法定福利が、社会保険です。

社会保険は企業に入ると、ほぼ自動的に加入することになります。

健康保険

社員とその家族の医療費が、必要に応じて支払われます。病院の窓口で自己負担費用は3割
ですが、健康保険によるもの。保険料は、社員と企業の折半です。

介護保険

老化などにより介護サービスが必要になった際に、費用の一部が介護保険給付金から支払われます

40歳以上になると、社員は強制加入になり、給与や年金から徴収されます。保険料は、社員と企業の折半です。

労災保険

業務中や出勤途上に、怪我や病気、あるいは死亡した際に従業員に治療費などが支払われます。

保険料は、企業が全額支払わなければなりません。

厚生年金保険

会社員は全員加入します。一定の年齢までお金を支払い続けることで、その額に応じて老後に年金を受給することができます。保険料は、社員と企業の折半です。

子ども・子育て拠出金

厚生年金に加入している社員がいる企業に納税義務があります。

企業から集まった拠出金は、子育て世帯向けに児童手当として再分配されます。企業側の全額負担で、社員の負担はありません。

法定外福利厚生

企業が独自に設ける福利厚生が「法定外福利厚生」

社員のモチベーションを上げるために、ユニークなサービスを提供する企業が増えています。以下でいくつか紹介しましょう。

無数にあるので、あなたの会社がどの福利厚生を提供しているのか、確認してみてください。

住宅手当・家賃

社員の家賃や住宅ローンなど住宅にかかる費用の一部を、企業が負担する制度です。

金額や支給対象は、企業ごとに異なります。住宅手当・家賃の金額ですが、一般的には家賃の3分の1程度のようです。

適用対象は、自宅から会社までの距離や独身の有無などのケースなど企業によって異なります。

交通補助費

通勤の際にかかる費用を、企業が一部あるいは全額負担します。

定期代の補助、遠方手当などが、交通費補助にあたります。

多くの人が馴染みがあると思いますが、これも福利厚生です。通勤は毎日のことなので、とても助かりますよね。

家族手当

扶養家族がいる場合、その人数に応じて金銭的サポートを受けられる制度です。

家族がいる社員の場合、単身者に比べて日頃の支出は増えます。その分の負担を、企業が支援してくれるというサービスになります。支援額の相場は1〜2万円ほどです。

健康・医療

健康診断や人間ドック、メンタルヘルスケアなどの費用を企業が負担するのも、大切な福利厚生です。

健康診断費用などは高額となることも多いため、企業が負担してくれる範囲が大きいほど、会社員にとっては大きなメリットになるといえるでしょう。

弔事見舞金

お祝い事や、弔事・不幸な出来事に対して企業が現金を支給する制度です。

結婚祝金、出産祝金、入学祝金、弔慰金、見舞金などが支給されます。社員の帰属意識が高まりやすくなる制度といえるでしょう。

育児・介護

休暇制度や短時間勤務制度などがあります

最近は仕事と子育て、仕事と介護を両立させたいと願う社員も増えています。そのため、育児・介護を支援する制度が整備されているかどうかは、働くモチベーションに大きく関わるでしょう。

独自の支援策を設ける企業も増えてきているようです。

自己啓発

資格取得や、学習のサポートなどを指します。

昨今の社員は、定年退職まで働くことを考えていないため、企業が自分を成長させてくれたり、スキルアップさせてくれたりする環境の有無を大切にしているようです。

そのため、企業も社員の離職率を下げるために、自己啓発の福利厚生を取り入れています。

職場環境

社員食堂や託児所の有無など職場環境も、福利厚生に含まれます

最近は健康を意識して、社内にスポーツジムを構えている企業などもあるようです。

休暇

会社が用意している福利厚生には、休暇制度もあります。有給休暇、弔事休暇などが一般的です。

企業が、独自に設けている特別休暇もあります。誕生日の日に休暇を取得できる誕生日休暇など、多くの企業がユニークな制度を設けているようです。

レクレーション

社内運動会、社内サークル、社内親睦会の開催費用を補助してくれます

社員同士のコミュニケーションの促進、仕事に対するモチベーションアップなどの目的があるようです。

財産形成

財形貯蓄制度、社内預金、個人年金などへの補助です。

企業から会社への補助は給与と見られます。定年後を見据えた資産形成ができ、給与から自動で天引きされます。

共済会

社員と企業がそれぞれ資金を捻出して、財源を作り、そこから弔事金や福利厚生提供する仕組みのことです。

企業負担額は、企業により異なります。給与から自動で天引きされるのが一般的です。

人気の福利厚生ランキング

社員に人気の福利厚生ランキングを、経団連の「福利厚生制度に関する調査」から見ていきましょう。

多くの人が働く上で、どの福利厚生サービスを大切にしているのか気になりますよね

1位:食事や昼食補助

福利厚生の中で、最も人気が高かったのが、社員の食事を補助する制度でした。

社員食堂やお弁当の配送、食事補助チケットなど様々な形で展開されています

毎昼の食事代は、1ヶ月にすると馬鹿になりません。企業がその負担を軽くしてくれることで、従業員の満足度はかなり高まるようです。

2位:住宅手当や家賃補助

住居には大きな負担がかかるため、多くの社員が求めている福利厚生です。

住居へのサポートは社員の生活に結びつくため、人気があります。また、社員にとって、手当・補助があることでいい条件のところに住めたり、通勤が楽な場所に住めたりするというメリットも。

ちなみに厚生労働省の「平成27年就労条件総合調査」では、平均の住宅手当の支給額は1万7000円でした。

3位:宿泊施設やレジャー施設の割引制度

社員が格安で、宿泊施設やレジャー施設を利用できる制度も人気です。

働き方改革の一環で、有給や特別休暇を取得する社員が増えており、割引制度を利用する人が多くなっていると思われます。

4位:財形貯蓄制度

会社を通して貯蓄を行う制度が4位でした。結婚、出産、子育てなどライフイベントのために効率よく貯蓄できるため多くの人が利用しています

財形貯蓄には3種類あり、加入は任意です。税制面での優遇もあることも人気の理由の1つでしょう。

・一般財形貯蓄:使用用途が限定されていない貯蓄
・財形住宅貯蓄:住居の購入・建築・リフォームの資金を蓄えるための貯蓄
・財形年金貯蓄:老後の生活資金を貯めるための貯蓄

5位:法定外の健康診断(人間ドック)

定期的な健康診断、人間ドックなどです。

特に人気なのは、がん検診、インフルエンザの予防接種など法定福利厚生に含まれていないもののようです。

福利厚生に力を入れている企業

では、どんな企業が福利厚生に力を入れているのでしょうか。

福利厚生に力を入れている企業は、社員を大切にしている企業と言えます。紹介しましょう。

サイバーエージェント

出典:サイバーエージェント

IT企業のサイバーエージェントは「安心できる福利厚生」を謳っており、様々なユニークな制度を取り入れていることで知られています。いくつか紹介しましょう。

・リフレッシュ休暇 休んでファイブ:入社 3年目以上の社員が毎年5日以上の年次有給休暇を取得可能
・妊活コンシェル:妊活に興味がある社員や、妊娠に不安がある社員が、専門家に月1回個別でカウンセリングを受けられる
・部署懇親会:月1回の部署懇親会を推奨し、1人あたり5000円の懇親費用を会社が負担

エブリプラン

出典:エブリプラン

コンサルティング企業のエブリプランは、就労時間を短くするため「ニコニコ出勤制」というものを導入しています。

この出勤制度では、社員は1週間に1度に限り、1時間遅い10時に出社できるそうです。終業時間は変わらないので、必然的に社員の就労時間は短くなります。

この福利厚生のおかげで、作業効率も向上し、業績アップに繋がったというから驚きです。

ヒューゴ

出典:ヒューゴ

インターネットコンサルティング会社のヒューゴでは、変わった休憩制度を取り入れています。

13時から16時までを昼休憩とする「シエスタ制度」です。この時間の過ごし方は、仮眠やジム、美容室、映画鑑賞など何にあててもかまいません。

ちなみに、就業時間は朝8時から夜8時までなので、勤務時間自体は8時間になります。

サイボウズ

出典:サイボウズ

ベンチャー企業のサイボウズは、様々な福利厚生の施策を通し、離職率を28%から4%まで下げたことで有名な会社です。

最長6年間の長期育児・介護休暇が取得できる他、子連れ出勤制度などを導入しています。

また、退職者は最長6年間は復職できる「育自分休暇制度」という、ユニークな制度もあり、働きやすい環境といえるでしょう。

リラク

出典:リラク

リラクゼーションスタジオを首都圏で展開するリラクは、経営理念であるクレドを浸透させるために「クレドポイント制度」を導入しています。

社員には毎月5ポイントが付与され、いいなと思った仲間の行動に対してポイントを付与することができるのです。

ポイントは以下の商品と交換できます。社員のモチベーションが上がる福利厚生といえるでしょう。

・ディズニーリゾートのペアチケット:100ポイント
・リッツ・カールトンの宿泊券:200ポイント
・ハワイペア旅行券:300ポイント

Chatwork

出典:Chatwork

ビジネスチャットツールを運営しているChatworkは、社員満足度調査で高い評価を得ている企業として知られています。

デバイス購入費を半額支給してくれるなどユニークな制度が豊富です。いくつか紹介します。

・オフィス選択制度:働く場所を2つの拠点から好きに決められる
・長期休暇制度:年に3回、10日程度の休暇を取得できる
・出産立ち会い制度:産前4週間、産休8週間まで在宅勤務が可能

Eyes,JAPAN

出典:Eyes,JAPAN

IT企業のEyes,JAPANは、仕事効率化のために15分〜30分程度の昼寝ができるシエスタ制度を取り入れています。

また、フリーカフェイン制度では、本格的なエスプレッソマシーンで淹れたコーヒーを自由に飲めるそうです。

アイスを食べながら、社員が交流を深めるアイスブレイクタイムという変わった仕組みもあります。

freee株式会社

出典:free株式会社

クラウドサービスを展開しているfreee株式会社では、勤務中の軽食や飲み物を無料で支給してくれる制度があります。

約30種類のお弁当から好きなものを選べるそうで、羨ましいですね。結婚出産時にはお祝い金とプレゼントを会社から贈呈される制度もあり、社員のモチベーションアップに繋がっています。

まとめ

福利厚生は、企業が社員のモチベーションアップのために導入しています。また、会社への満足度や定着率を高めることも目的にしています

あなたの会社はどのような福利厚生がありますか。仕事もプライベートも充実させるために活用してみてはいかがでしょうか。

転職の際にも、福利厚生を重視して会社を選ぶのもよいですね。この記事をぜひ参考にしてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?