今日から「理想の上司」になるコツ!部下から尊敬される上司を目指そう

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「理想の上司」と聞いて、あなたはどのような人をイメージしますか。

上司として「部下に尊敬される上司になりたい」「どのような人が理想の上司と呼べるのだろうか」と悩んでいる人もいるかもしれません。

この記事では、部下から尊敬される「理想の上司」になるためのポイントを紹介します。

尊敬される上司になると、チームワークも高まり、ワークライフバランスの実現にも繋がるでしょう。
以下の記事では、ワークライフバランスのメリットや実践方法について紹介しています。こちらも合わせて御覧ください。

部下が尊敬する「理想の上司」とは

上司としてのあなたが思い描く「理想の上司」と、部下たちが考えている「理想の上司」のイメージに違いがあっては、いつまで経ってもあなたは理想の上司になることは出来ません。

まず、部下たちはどのような上司を尊敬し、理想の上司と呼ぶのかを整理しましょう。

仕事の目標にしたくなる上司

一つ目のポイントは、部下が「自分もこんなビジネスパーソンになりたい」と目標にしたくなる上司であることです。
・仕事の目標を達成する
・時間を必ず守る
・部下の悩みに向き合ってくれる
・部下を信頼しつつ、何かあった時には助けてくれる
・部下の成長に繋がる発言や行動ができる

など、一人の人としてはもちろん、ビジネスパーソンとしてお手本となる存在である必要があります。

安心して仕事ができる上司

「この人の下でなら安心して仕事ができる」と思える人は、多くの部下が思い描く理想の上司像の一つです。

スキルや経験が豊富でチーム全員を引っ張ってくれる、何かあっても最後は上司が何とかしてくれる、と部下が感じられる上司が当てはまるでしょう。

社内からの信頼が厚い上司

部下だけでなく、社内全体からの信頼が厚い上司であることも大切です。

中には、上司として部下たちの機嫌を取ろうとするあまり、社内の他部署の人たちからは評判が悪かったり、管理職社員の中では立場が弱い、という人もいます。

しかし、部下にとっての理想の上司は、自分の管理しているチームや部署だけでなく社内のいろんな人とコミュニケーションをとっている人です。

上司の同期社員や先輩社員、役職者からも信頼されている人こそ、「自分もこうなりたい」と尊敬出来るものです。

以下の記事では、良質な関係を築く上で重要になってくるラポールについて紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

個人的な気分に左右されず、明るく前向きである上司

いつも機嫌がよく、いつ話しかけても丁寧に対応してくれる上司と、機嫌の浮き沈みが激しく顔色を伺いながら接しなければいけない上司と、どちらが理想の上司と呼べるでしょうか。

セルフマネジメントが出来ていて、気分に左右されずに仕事や部下に向き合うことは社会人として当然のこと。しかし、残念ながらそれが出来ていない上司も世の中には少なからずいます。

理想の上司を目指すのであれば気分屋をやめ、常に明るく前向きな姿を部下に見せましょう。

以下の記事では、仕事でも使えるポジティブ思考な言葉を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

理想の上司を目指すためにやるべきこと

部下にとっての理想の上司でありたい、と思っても、すぐにそうなれるわけではありません。
それは、人として、社会人として、上司として尊敬できる人になれて初めて「理想の上司」となれるからです。

理想の上司を目指すためにあなたがまずやるべきことについて解説しましょう。

仕事の目標は必ず達成する

上司として部下に仕事の締め切りや目標を守らせたいのであれば、まずはあなた自身がそれらをしっかりと守る必要があります。

業務目標や締切は必ず達成し、目標達成の重要性を部下たちに示しましょう。

目標管理については、以下の記事でも紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

目標管理のコツを解説!チームメンバーそれぞれに適した目標設定をさせよう | テックキャンプ ブログ
この記事では、チームの目標管理のコツを解説します。ビジネスにおける目標設定は、チームメンバー各自が自由に行っても問題ありません。しかし、リーダー・マネージャーが目標マネジメントのコツを知っていれば、チーム目標を達成するために最適な個人目標へと導くことも可能です。目標管理がうまくできていないと感じるなら、本記事が参考にな

感情的にならない

感情的な態度は部下との関係性を悪化させる一因となります。

「怒ったら怖い上司」や「気分屋の上司」は部下たちの理想の上司像には当てはまりません。

どうしても感情的になってしまう時がある、という人はマインドコントロールやアンガーマネジメントについて勉強してみるとよいでしょう。

以下の記事では、アンガーマネジメントについて詳しく解説しています。

ポジティブな気持ちで仕事をする

笑顔同じように、仕事に対して常にポジティブでいることを心がけましょう。
上司のポジティブな姿勢は、部下にも影響します。逆に、上司が悲観的な考え方などネガティブであると、部下たちは前向きに仕事に取り組む事ができません。

職場のよい雰囲気づくりも上司の大切な仕事であることを覚えておきましょう。

以下の記事では、簡単にできるポジティブになるための取り組みについて紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

論理的に話をする

どのような場合でも、論理的に話をすることは重要です。

ミスをした人に「なんでミスをしたんだ」と感情的になっては、部下が萎縮してしまうだけで他に意味はありません。

何事においても論理的に考える癖をつけ、部下との会話では特に論理的であることを意識しましょう。

社内の人と幅広く交流する

自分のチームや関係部署だけでなく、社内の人と幅広く交流しましょう。

社内の幅広いコネクションは、上司として他の部署との調整・交渉する際に使えるだけでなく、他部署でのマネジメント方法や社内の状況を知る上でも役立ちます。

広い視野と柔軟な思考をもつ

凝り固まった思考は、部署やチーム内のアイデアや活動を形骸化します。
昔ながらの方法にとらわれ、新しいアイデアや方法を排除してはいませんか。そういった姿勢は、若い世代の部下の信頼を得られない上に、社内や社会の流れから取り残されてしまいます。

「古い上司」と呼ばれないためにも、広い視野と柔軟な思考を持ちましょう。

部下の失敗を責めるのではなく対策を練る

部下が失敗したことを叱ることは上司の大切な仕事の一つです。しかし、いつまでも失敗を責めるだけでは部下のモチベーションは下がる一方で、次に繋がりません。

ただ失敗を責めることをやめ、原因を分析し、どうすればミスが発生しないのか、対策を一緒に練ってあげることで、あなたの信頼度は上がっていくことでしょう。

困っている部下をサポートする

教育として部下にスキル以上の仕事を任せる上司がいます。

部下の教育方針は上司によって異なりますが、忘れてはいけないのはどのような仕事を任せたとしても、困っている部下をサポートするのも上司の仕事であることです。

難しい仕事を与えた場合は、正しく仕事が進められているか、無駄な作業をやってしまっていないかなどをチェックするようにしましょう。

部下に仕事を任せるだけでなく自分も動く

理想の上司であるためには、理想のビジネスパーソンであることが必須です。
上司の仕事は部下のマネジメントのみと考えて、面倒は仕事は全て部下に任せ、自分はデスクでネットサーフィン…なんて上司が、部下からの尊敬を得られるはずがありません。

部下に仕事を任せるだけでも、自分も積極的に動き、その姿を部下に見せましょう。

部下の相談には真剣に向き合う

部下から相談事があった時はないがしろにせず、真剣に向き合うことが大切です。

仕事の割り振りや働き方などに関する相談はもちろん、プライベートな質問を受けることもあるでしょう。

そのような相談をされた時は、自分の考えを押し付けるのではなく部下の立場になって考えてアドバイスするのがコツです。

決断力を身につける

人の上に立つものとして、優柔さは不要です。

論理的・客観的に物事を考え、最短時間で決断するスキルを身に着けましょう。

ただし、周囲の意見を無視した独断はよくありません。あくまで上司として部下や周囲の意見を聞き入れ、それらを総合的に考えて決断するスキルが必要です。

自分自身のスキルアップも欠かさない

自分自身が新しいスキル・経験を身につけることを怠らないようにしましょう。上司自身が率先して自己研鑽している姿は、部下にとってもモチベーションアップに繋がります。

上司として、社会人として自分に何が足りないかを考え、そのギャップを埋めるために行動することで「自分もこうなりたい」と部下に思ってもらえるのです。

身だしなみに気を遣う

社会人として当然のことですが、身だしなみには気をつけましょう。

ヨレヨレのシャツに曲がったネクタイ、ボサボサの髪や濃すぎるメイクに気をつけ、他の社員の手本となるようにしましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

理想の上司になろうとしすぎに注意

面接「理想の上司」と部下から思われることは、上司としての喜びであり、仕事のやりがいでもあります。
しかし、理想の上司になろうとするあまり、独りよがりにならないようには注意すべきです。

自分の理想像を部下に押し付けるのではなく、部下のタイプや関わり合いの中で理想的な上司としての姿を導き出していくことが重要です。

「甘やかすこと」は部下のためにならない

仕事場は、好感度アップの場ではないことは常に意識しておきましょう。

部下から気に入られたいがあまり、つい甘やかしてしまうかもしれないが、報酬をもらって仕事をしている以上、甘やかすことは誰のためにもなりません。

極端に厳しくする必要はありませんが、何もかも上司がやってあげていたのでは部下の成長にはならないでしょう。それで部下から好感を持たれても、真の意味で「理想の上司」になれたとは言えません

部下のタイプを見極め、それに応じて適切にサポートしながら成長を促しましょう。

あなた自身の働き方と照らしわせて理想に近づこう

部下のために理想の上司になりたい、と思う気持ちは良いですが、そうするあまりあなた自身にあっていない働き方をするのは本末転倒です。

あくまで自分ができる範囲で、そしてあなたにあった働き方で理想の姿を目指していきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました