キャリアウーマンとは?その特徴や目指す方法を紹介!休日の過ごし方、恋愛事情も

「バリバリ働きつつプライベートも充実している、ワークライフバランスのよい人生を送りたい」と考えている女性も多いはず。

この記事では仕事もプライベートも楽しんでいる、いわゆる「キャリアウーマン」について解説していきます

キャリアウーマンの特徴、よくある休日の過ごし方、恋愛事情、キャリアウーマンを目指すにはどうしたらいいのかなどを紹介します。また、キャリアウーマンが多いといわれる仕事にも触れるので、キャリアウーマンになりたい方は参考にしてみてください。

キャリアウーマンとは?

キャリアウーマンとは、もともと職業を持って働いている女性を意味します。

というのも「キャリアウーマン」という言葉が生まれたのは昭和の時代だったので、当時は仕事に就いても、結婚すると退職して専業主婦になる女性の方が多かったのです。

つまり、一生働くだけでも“キャリア”と見なされたのです。

ただ、最近は働き続ける女性が増え、キャリアウーマンはキャリアアップをして出世したい女性、専門性を持って働く女性というイメージで使われることも増えてきました

キャリアウーマンが誕生した背景

昭和にキャリアウーマンが誕生した背景には、男女雇用機会均等法が生まれたことがあります。

これまで一般職に就いていた女性が、総合職を目指せるようになったのです。女性には結婚以外に働いて管理職を目指すという選択肢が増えました。

もちろん、法律が整備されても男性優位の社会は変わらず、女性は何倍も仕事に対して努力をしなければいけませんでした。

キャリアウーマンのイメージはこういった背景から「結婚できない」「性格がキツイ」「仕事が休めない」などネガティブ印象を持たれることもあります

キャリアウーマンは死語?新しい言葉バリキャリ

キャリアウーマンは死語なのでは?という議論もあります。

2016年に女性活躍推進法が施行されました。女性が仕事で活躍することを企業に義務付けた法律です。

これにより、ますます女性が活躍できる環境が整い、女性がキャリアを持つことが特別ではないため、現在はあまり使われなくなったと考えられます。

新たに生まれた言葉が「バリキャリ」です。プライベートよりも仕事に全力で挑んでいる女性を意味しています

キャリアーマンの特徴

キャリアウーマンの女性の特徴を見ていきましょう

キャリアウーマンを目指す人は、ご自身と照らし合わせてみてください。

時間管理が上手

仕事に対する意識が高いキャリアウーマンは、時間管理が上手です。

仕事のスケジュール管理を徹底しているため、納期や仕事の予定などをしっかり守ります。納期が遅れる=信頼を失うと認識している人が多いです。

また、忙しくても、後輩へのフォローもしっかりする余裕まで持っています。

以下の記事では、時間管理が上手になるための方法について解説されているので、気になる方は読んでみてください。

主張がはっきりしている

キャリアウーマンはしっかりと自分の意見を持っています。

納得できないことや、間違っていると思ったことがあれば上司に対してもはっきりと意見を言います

また仕事を振られたときでも、できないときにはできないとちゃんと伝え、仕事が回らなくなり結果的に周囲に迷惑をかけるようなことにはならないようにしています。

オンオフの切り替え方が上手

仕事人間と思われがちなキャリアウーマンですが、仕事と休日のオンオフははっきりとしています。

仕事が終われば趣味や友人、恋人との時間に全力投球です。生活にメリハリを付けてワークライフバランスを整えたほうが、仕事の生産性が向上するということが分かっているのです。

仕事の誇りを持っている

キャリアウーマンは「自分にしかできない仕事」という誇りを持ってやっているため、プロ意識がとても高いです。

結婚・出産などのライフイベントを経たあとも、仕事を続けていこうという気持ちを強く持っていることに特徴があります。

ポジティブ思考

ポジティブ思考で何事も前向きに捉えます。

仕事でミスや失敗をしても、引きずらずに上手く切り替えることが出来る人が多いです。

ポジティブ思考なので、難しい仕事や課題に対して積極的に挑戦する傾向もあります。

柔軟性がある

どのような相手でも上手くやっていける柔軟性があります。

知識を常に吸収している人が多いので話題も豊富で、様々な話題についていける人が多いです。

仕事を後輩に教える際は、相手の立場を考えながら指導できるため、周囲からの人望が熱いです。

キャリアウーマンの休日の過ごし方の特徴

キャリアウーマンの女性は、休日をどう過ごしているのでしょうか。

ここでは、休日の過ごし方日特徴を紹介します。もし、あなたがキャリアウーマンに憧れを抱いているのなら、ぜひ参考にしてみてください。

自分磨きを怠らない

自分磨きをして休日を過ごす女性が多いです。勉強をして知識を吸収したり、健康維持のために運動をしたりしています。

ファッションやメイクなどの研究にも力を入れている人も多いです。キャリアウーマンにとっては、自分が納得する外見でいることも大切な要素になるのです。

1人の時間を満喫させている

キャリアウーマンは1人の時間を満喫させています。気持ちに余裕を持っていたり、精神的自立をしているため、何事も1人でも楽しめるのです。

日頃忙しい分、休日に1人でリフレッシュできる時間を大切にしている人も多いでしょう。

旅行が好き

アクティブでいろいろなことに興味を持っているので、非日常気分を堪能できる旅行が趣味の人も多いです。

旅行はリフレッシュのためだけでなく、自分と向き合う時間にしたり、今後の生き方を考えるヒントに得たりするために行く人もいます。また、仕事を頑張ったご褒美に旅行にいくという人もいますね。

体力づくりに励んでいる

仕事が普段忙しくて運動をする時間がないからこそ、休日を使って体力づくりに励んでいる人が多いです。

WOMAN SMARTの調査によると、働く女性の多くはウォーキングに力を入れているようです。ヨガやピラティスで体力づくりをしているという声も。

キャリアウーマンの恋愛事情は?

キャリアウーマンは仕事が忙しいというイメージがあります。

では、キャリアウーマンの恋愛事情はどうなのでしょうか

恋愛する時間が少ない

仕事が忙しいため「恋愛したいけれど時間がなくてできない」という人はよくいます。

そのまま自然と恋愛から遠ざかってしまう人や、恋人がいても忙しくてなかなか会う時間がとれずお別れする人は少なくないようです。

マッチングアプリを利用することも多い

仕事が忙しいキャリアウーマンのなかには、マッチングアプリを積極的に活用する人もいます

以下の記事では、マッチングアプリで良縁を見つけたキャリアウーマンのリアルが紹介されています。気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

恋愛下手な一面もある

キャリアウーマンのなかには、仕事はバリバリできるけれど、じつは恋愛が苦手という人も意外といます。

男性に気を遣いすぎたり、甘え方がわからず隙がなかったりして、恋愛が上手くいかないパターンもよく聞きます

結婚しても仕事は続ける前提で恋愛する

キャリアウーマンは仕事を楽しんでいるため、結婚しても仕事を続けたいと感じている人が多いです。

そのため「将来は専業主婦になってほしい」「結婚したら仕事はほどほどにしてほしい」「家事や子育てはすべて女性がするもの」と思っている男性とは相性がよくないでしょう。

逆に理解のある人と出会いがあれば、スピード婚することもあるようです。

独身を貫くことも

恋愛よりも仕事での成長やスキルアップに生きがいを感じて、独身を貫く人もいます

なかには、仕事に打ち込んだり友人との時間を楽しんでいたら、いつの間にか婚期を逃してしまったという人もいるようです。

キャリアウーマンを目指すには

キャリアウーマンのような、かっこいい女性になるにはどうしたらいいのでしょうか。

キャリアウーマンを目指す方法を紹介します

スキルアップ・勉強に励む

今の仕事でもっとプロフェッショナルになるため、それを実現させるための資格を取ったり、セミナーに参加したりするといいでしょう

また、ビジネス書を読んむのもおすすめです。

スキルや知識を得ることで、新たな仕事に挑戦できる可能性もあります。

なりたい自分の姿を明確にする

自分がなりたい理想の姿を明確にすることも必要です。理想の姿になるためにはどうしたらいいのかを考えると、そのためにやらなくてはいけないことがはっきりするでしょう。

憧れの女性が身近にいる場合はアドバイスをもらうと、よい気づきがあるかもしれません。

女性が活躍できる環境で働く

女性が活躍できる環境で働くこともおすすめです。女性が活躍できる環境の場合、結婚や子育てをしながら働ける環境が整備されています

キャリアウーマンが多い仕事に就くのも1つの手でしょう。

キャリアウーマンが多い仕事

では、キャリアウーマンが多いといわれる仕事はどんなものがあるのでしょうか。専門的技術や資格が必要な仕事が多い傾向があります

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは人気が高く狭き門です。

容姿やスタイルはもちろん、コミュニケーション能力や語学力が必要。また、緊急事態が起きた時に冷静に対応できるスキルや専門知識も求められます

キャビンアテンダントになるということは、キャリアウーマンになることと言っても過言ではありません。

ブライダルコーディネーター

人生の一大イベントである結婚式をプロデュースするブライダルコーディネーター。

結婚式に出席する新郎新婦や関わるスタッフなど大勢の人と関わりながら、式を演出しなければなりません。

忘れられない人生のイベントを作り上げる喜びが大きいので、やりがいのある仕事です。

新郎新婦の晴れ舞台を作ることに全力を注ぐため、必然的に仕事に打ち込む人が多いのでしょう。

公認会計士

国家資格が必要な公認会計士は、誰でもできる仕事ではありません。

そのためプロフェッショナルの意識を持って働く人が多いです

難関の試験を合格し、仕事に誇りを持って働く公認会計士のような専門職の人は、キャリアウーマンと呼ばれるでしょう。

商品企画・マーケター

商品企画やアイデアの提案を行う商品企画・マーケターもキャリアウーマンが多いです。

世の中のトレンドを見極める必要があるので、最新のファッションや流行にも敏感な傾向があり、いわゆる女子力が高い人が多い仕事といわれます。

商品企画・マーケターは男女関係なく成果を残せることから、キャリアウーマン率が高いのでしょう

女性の年収ランキング

働く女性たちの年収はどれくらいなのでしょうか。転職エージェントサービス「 doda」が2019年に調査を行いました。

それによると、2019年の女性の平均年収は345万円です。女性全体の平均年収の分布は、300〜400万円の層が1番多く、全体の36.8%を占めていました。

年収400万円以上の女性は全体の27.7%。職種分類別の女性の年収ランキングも紹介します。

女性の職種分類別平均年収

専門職や職業的地位がある職が上位に多いことが分かります。また、専門職として割と新しいエンジニア職が入っているのが特徴的です。

1位:コンサルタント・専門事務所・監査法人専門職 女性485万円(全体574万円)
2位:企画・管理職 女性436万円(全体511万円)
3位:IT・通信系エンジニア 女性393万円(全体457万円)
4位:電機・電子・機械系エンジニア 女性382万円(全体469万円)
5位:営業職 女性377万円(全体440万円)

まとめ

キャリアウーマンと聞くと「仕事ばかりやる人」をイメージする人もいると思います。しかし、仕事とプライベートを上手いこと両立させてこそ「キャリアウーマン」です。

プライベートも充実させてワークライフバランスよく働きたいと思っている方は、ぜひこの記事を参考にして「理想のキャリアウーマン」を目指してみてはいかがでしょうか

以下の記事では、ワークライフバランスを実現するコツについて紹介しています。こちらも読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました