会社に行きたくない人必見!悩みの理由別に最適な対処方法を紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「なんか会社に行きたくない」
「仕事に対してやる気がでない」
「楽しい仕事なら毎日頑張れるのに」

このような悩みを抱えてはいませんか?実は会社へ行くことに対して抵抗がある人は意外と多いものです。

本記事では「会社にいきたくない」と感じている人が、なぜそう思ってしまうのか理由を解説し、それぞれの悩みに合わせた解決策を紹介していきます。

仕事のストレスを減らして、ワークライフバランスの実現に一歩近づきましょう。

  1. 約7割の人が「会社に行きたくない」と感じたことがある
  2. 会社に行きたくないと思うおもな8つの理由
    1. 単純に疲れきっている
    2. 仕事がもはや楽しくない
    3. 気分が乗らない
    4. 人間関係で悩んでいる
    5. 仕事が忙しすぎる
    6. 仕事に対して自信が持てない
      1. 認めてもらえない
      2. 結果が出せない
    7. 仕事よりも楽しいことがある
    8. 天気が悪い
  3. 会社に行きたくない人の解決策を悩み別に解説
    1. 疲れ切っている人の解決策
      1. 睡眠時間を確保する
      2. 休みや仕事終わりにマッサージや温泉でリフレッシュする
      3. 定期的な運動で基礎体力をつける
      4. 落ち込んだ気持ちが続いているなら病院を受診する
    2. 仕事がもはや楽しくない人の解決策
      1. 結果が出れば自然と楽しくなる
      2. 仕事の工夫や改善策を考える
      3. 仕事が楽しくない理由を書き出す
    3. 休み明けで気分が乗らない人の解決策
      1. 仕事終わりに自分用のご褒美を用意する
      2. 週末が待ち遠しい予定を作る
      3. 週末の不規則な生活に気をつける
    4. 人間関係で悩んでいる人の解決策
      1. 信頼のおける上司や同僚に相談する
      2. 自分の考え方を変えるように努めてみる
      3. 転職することを考えながら働く
    5. 仕事が忙しすぎる人の解決策
      1. 自動化・効率化の方法を考える
      2. 人に仕事を割り振る
      3. ゲーム感覚で楽しむ
    6. 仕事に対して自信を持てない人の解決策
      1. 小さな目標を決めて達成する
      2. とことんその分野に対して研究する
      3. 自分に対するハードルが高すぎないか見直す
      4. 異動を申し出る
    7. 仕事よりも楽しいことがある場合の解決策
      1. 仕事はお金のためと割り切る
      2. 逆に仕事のモチベーションに変える
      3. 思い切って有給休暇を取る
    8. 天気が悪い時の解決策
      1. 小物でテンションを上げる
      2. 自律神経の乱れを整える
      3. 雨の日だけの「お得」を楽しむ
  4. やりがちなNG行動
    1. 暴飲暴食でストレス発散
    2. 現実逃避をする
    3. イヤイヤ仕事をする
      1. 作業効率が下がる
      2. 仕事で成果も出ないので負のスパイラルに陥る
  5. 「会社に行きたい」と思えるやりがいのある仕事に変える
    1. イヤな仕事を楽しい仕事に変える
    2. そもそも会社に行かない働き方もある
  6. まとめ

約7割の人が「会社に行きたくない」と感じたことがある

マイナビが実施した会員へのアンケート調査によると、約7割にあたる69.4%の人が「会社に行きたくない」と感じたことがあると答えました。

つまり、働く人の大部分は、「会社に行きたくない」と大なり小なり悩んだことがあるということです。あなたが、「会社に行きたくない」と感じたとしても自分を責める必要はありません。

それほどまで多くの人が会社に行きたくないと思うのは、一体なぜでしょうか?その理由を理解すれば、「会社に行きたくない」という気持ちも解消しやすくなります。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

会社に行きたくないと思うおもな8つの理由

会社に行きたくないと思う理由はそれぞれで違いますが、ここではその中でも、多くの人が悩んでいるおもな理由を8つ解説していきます。

単純に疲れきっている

単純に疲れていて会社に行きたくないと思う人は多くいます。仕事での疲れや家庭での疲れ、精神的なダメージも疲弊する要因です。

そのような状態で朝を迎えてしまうと、睡眠を取ることである程度は回復するにせよ、蓄積された疲れはなかなか取れません。

体力面だけではなく、精神的なダメージも要注意ですので気をつけましょう。

仕事がもはや楽しくない

入社したてや働きはじめの時のようなモチベーションを失ってしまい、もはや仕事が楽しく感じられない人も多いです。

ルーティンワークにより仕事内容自体が退屈に感じたり、目的がよくわからなくなったりすることで向上心が無くなり、会社に行きたくなくなってしまいます。

やりたくない仕事を押し付けられたり、部署異動で本望ではない仕事を与えられたりすることも仕事への取り組みが楽しくなくなってしまう要因です。

気分が乗らない

「プライベートや仕事上で嫌なことがあり気分が乗らない」「ただただなんとなく仕事する気分ではない」といった、漠然としたことが理由となって会社に行きたくなくなってしまいます。

そして、特に多いのが休み明けに出社する際です。楽しい休日を過ごした次の日というのはどうしても「働きたくない」という感情が生まれる原因になります。

人間関係で悩んでいる

社内や外部の人との関係にストレスを感じている人は大勢います。「今日も会社であの人と顔を合わせなければいけない」という気持ちになれば、会社に行くのが億劫に感じるでしょう。

気の合わない先輩や嫌いな同僚、パワハラな上司などがいても、一緒に働く上では関わらないといけない場面はおのずと出てくるものです。。

リクナビNEXTが転職者100人へ向けて調査した「退職理由の本音ランキング」では、「上司・経営者の仕事が気に入らない」「先輩・後輩・同僚とうまくいかなかった」という意見だけで全体の36%を占めています。

この結果からもわかるように、どの会社でもかなりの割合で人間関係のもつれは存在するので、多くの方が抱えている悩みの1つとなっているのです。

参照:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10|転職ならリクナビNEXT

仕事が忙しすぎる

単純に仕事量が多かったり、ノルマが厳しく達成するまで働かなければならなかったりなど、仕事が忙しいと感じる人の多くが会社に行きたくないと思っています。

「今日までに終わらないだろうな…」「今日も残業か…」などと考えながら出勤することで、仕事に対するモチベーションの低下にも繋がってしまうでしょう。

仕事に対して自信が持てない

自分と比べてまわりの人は仕事がデキると思ってしまい、劣等感を持ってしまうことで、仕事に自信が持てなくなり会社に行きたくなくなる人もいます。

また、単純に仕事内容に対して「自分がこの仕事をやらなくても誰でもできるのではないか」と感じている人や、会社の上司に認めてもらえないことで不満を抱えている人も多数いるのが実情です。

認めてもらえない

いくら会社のために身を削って働き貢献したとしても、評価されなかったり、上司に認められなかったりするケースもあります。

そうなってしまうと、「何のために自分は働いているのだろうか」といった感情に陥りやすく、仕事への自信も熱意も失ってしまうことに繋がってしまうのです。

結果が出せない

自分なりには仕事を頑張っているはずなのに、なかなか結果が出せず落ちこんでしまう人もいます。

結果が出ないために上司から怒られることや、社内で「仕事のデキない奴」というレッテルを貼られてしまうのではないかと怖がっている人は、その恐怖心から会社に行きたくなくなってしまうのです。

仕事よりも楽しいことがある

なにかの趣味にハマっていたり、副業が楽しいと感じていたりする人の中には、そちらに気を取られてしまい会社に行くのが嫌になってしまう人もいます。

楽しめることがあるのはよいことですが、気持ちの切り替えができないと仕事中も集中できず、そのことばかり考えてしまうため作業が手につかなくなり悪循環となってしまうでしょう。

天気が悪い

雨降りや空が淀んでいるなど、天気が悪い日だと気持ちも落ちこんでしまい、外に出るのさえ億劫になってしまう人も多くいます。

女性の場合だと、雨の日はお化粧や髪型のセットが上手くいかないといった悩みもあるでしょう。

また、低気圧によって引き起こされる頭痛や体調不良によって、身体的な影響を受け会社に行きたくなくなる人もいます。

会社に行きたくない人の解決策を悩み別に解説

会社に行きたくない人の理由はさまざまありますが、ここからはそれぞれの悩みに合わせた解決策を紹介していきます。

ぜひこちらを参考にして試してください。

疲れ切っている人の解決策

日々の生活で、体力的にも精神的にも疲れ切っており、会社に行きたくないと思っている人への解決策を、4つのポイントに分けて紹介します。

睡眠時間を確保する

疲れている体を休めるためには、まず睡眠時間を確保するようにしましょう。十分な睡眠を取ることで脳が休まり、自律神経の働きが整うのでストレスが和らぎ耐性も上がります。

個体差によって取るべき睡眠時間はさまざまですが、成長ホルモンが体全体に行き渡る時間がおよそ7時間と言われているので、誰であろうと1日7時間ほどの睡眠時間を取るのが理想的です。

しっかりと睡眠時間を確保することで、疲れが取れて元気に出社できるようになるので、休日であろうとも意識するようにしましょう。

参照:睡眠リズムラボ

休みや仕事終わりにマッサージや温泉でリフレッシュする

仕事終わりや休日を使いマッサージを受けたり、温泉でゆったりと体を休めたりすることで疲れが取れ、会社に行きたくない気持ちも紛れます。

心身ともにリフレッシュすれば、仕事をする際のモチベーションも上がるでしょう。

定期的な運動で基礎体力をつける

定期的に運動をすることにより、基礎体力がつき、疲れにくい体をつくることができます。家での簡単なストレッチから、本格的なジム通いまで幅はありますが、まずはできそうなことから始めてみましょう。

今まで疲れで眠くなっていた時間帯があったとしても、体力をつけることでシャッキっと働くことができます

落ち込んだ気持ちが続いているなら病院を受診する

もしも落ち込んだ気持ちが続いているのであれば、すぐにでも病院で診察を受けましょう。そういった気持ちのまま無理をして働いていては精神を病んでしまいます。

放っておくとどんどん悪化してしまい、最悪うつ病になってしまう可能性も考えられるでしょう。

「このくらいは大丈夫」と、心のつらさを我慢してしまう方は多いです。しかし、風邪を引いた時には、悪くなる前のひきはじめに対処する方が大半でしょう。心の不調も同じだと考えてください。

精神的に辛いと少しでも感じているのであれば、軽い症状のうちに病院で受診することをおすすめします。

仕事がもはや楽しくない人の解決策

「仕事に飽きた」「やりがいを感じない」「部署異動でやりたくない仕事をしている」など、さまざまな理由で仕事が楽しくないと感じている人がいます。

ここでは、そういった理由で会社に行きたくないと感じている人へ、3つの対処法を紹介。
ぜひ参考にしてください。

結果が出れば自然と楽しくなる

仕事上での結果が出ることで自分の自信になり、「うれしい」という喜びの気持ちが生まれ、仕事が楽しく感じるのです。

そうなると、「楽しいので努力ができる」「努力することでまた結果が出る」「結果が出れば更に頑張ろうと思い努力ができる」といった好循環が生まれます。

この好循環に乗ってしまえば、楽しくなかった仕事が一転してやりがいのある楽しい仕事へと変わり、会社へ行きたくない気持ちもどこかへ吹き飛ぶでしょう。

仕事の工夫や改善策を考える

普段取り組んでいる仕事の流れや内容を一度見直し、工夫や改善策を考えて実行することで、新しい発見に喜びを見いだせたり、マンネリ感が解消されたりします。

もちろん、そのアイディアが必ずしもうまくいくとは限りませんが、おもに単純作業でやりがいがなく楽しくないと感じている人には、よい刺激となるでしょう。

仕事を効率化するアイディアに関しては、以下の記事でも紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

仕事が楽しくない理由を書き出す

仕事が楽しくないと感じるのには、なにかしらの理由があります。もしその理由を自分でもよくわかっていないのであれば、ノートに書き出すことで原因がはっきりと浮かび上がり、改善点を知ることができるでしょう。

「やりがいがない」と感じているのであれば、「なぜやりがいを感じないのか」というポイントに着目して考えることで、「単純作業だから」「これ以上成長できる見込みがないから」など具体的な理由が見えてきます。

具体的な理由が見えてくれば、改善策を考えることができるでしょう。

仕事を楽しむコツについて以下の記事で解説しています。こちらも参考にしてみてください。

休み明けで気分が乗らない人の解決策

休みの次の日はどうしても気持ちの切り替えが難しいものです。そんな気分の乗らない人へ向けた解決策を紹介します。

仕事終わりに自分用のご褒美を用意する

仕事が終わったあと、自分用のご褒美を用意しておくことで、会社に行くモチベーションとなり作業効率もアップします。

「自分の好きな食べ物を買う」「ハマっているゲームの続きをやる」「友人とご飯の約束をしておく」など、楽しみなことが待っていると思うだけでその日1日を頑張って乗り切れるでしょう。

週末が待ち遠しい予定を作る

週末休みの方は、平日ではなかなか取り組めないような予定を作っておくことで、仕事を頑張れるモチベーションに繋がります。

連休を使ってどこか遠方へ旅行に出かけたり、朝から撮りためておいたドラマを一気に観たりなど、長い時間を使ってじっくり楽しめる予定を作っておきましょう。

週末の不規則な生活に気をつける

週末に飲み過ぎたり、遅い時間まで起きていたりしてしまうと、休み明けで会社に行くのが辛くなり、出勤する気力が無くなってしまいます。

週末を楽しむのはよいことですが、ハメを外しすぎないように気をつけなければいけません。

人間関係で悩んでいる人の解決策

人間関係のもつれやトラブルはさまざまな会社で存在しており、多くの方が抱えている悩みの1つです。
ここでは、そんな人間関係で悩んでいる人への対処法を紹介していきます。

信頼のおける上司や同僚に相談する

人間関係の悩みを信頼のおける上司や同僚に話すことで、「自分も同じ悩みを抱えている」「同じような悩みがあったけれど解決できた」など、解決に繋がるヒントが得られる可能性もあるでしょう。

もし解決策が見つからなかったとしても、話すことで気持ちが紛れるので、相談することは気持ちの整理をする上でもよい影響を与えてくれます。

自分の考え方を変えるように努めてみる

さまざまな価値観を持った人がいるので、自分と気の合わない人がいるのは当たり前のことです。

そういった人と接することでイライラしてしまっても、相手の性格を変えることなどは不可能で仕方のないことですので、自分の考え方を変えてみるよう心がけることが大切。

「気が合わない人とは無理に話さない」「馴染めないのだから仕方がない」と、失礼な態度を取ってはいけませんが、必要最低限のやり取りしかしないと割り切って接するのもよいでしょう。

転職することを考えながら働く

次に働いてみたいと思える会社を実際に探し、そこで働くことを現実的に考えることで、今働いている息苦しい会社の人間関係など、どうでもよく感じてきます。

嫌な同僚や上司がいたとしても、「もうすぐこの会社を辞める」といった心持ちで働くことによって、そこまで大した問題ではないと思えるのです。

実際に転職するかどうかは大切ではありません。つらいと感じる会社という世界の人間関係はとても限定的で、あなた次第で変えられると気づくことが重要です。

そのほか職場の人間関係を改善する方法については以下の記事で紹介しています。気になる方はこちらも確認してみてください。

仕事が忙しすぎる人の解決策

1日では到底終わらない仕事量を与えられ、毎日の仕事が忙しすぎて会社に行きたくないと思ってしまう人も多くいます。

ここでは、そういった人に向けた解決策を紹介していきます。

自動化・効率化の方法を考える

仕事をいかに自動化できるか、効率よくこなせるかを考えましょう。そうすることで時間短縮に繋がり、忙しさも軽減することが可能。

毎回同じ仕事を手作業で行っているのであれば、Excelであればマクロなどで自動化することで効率が上がります。

仕事量が多い人はWunderlistやRedmineなどの「タスク管理ツール」を活用しましょう。

重複作業を防ぐ事もでき、進捗をグラフ化して見ることのできるツールも揃っているので、プロジェクト管理などに大いに役立ちます。

人に仕事を割り振る

1人でこなせない仕事量を抱え込んでいても仕方がないので、自分でなくてもできるような仕事は他の人にどんどん割り振りましょう。

業務を上手く割り振るのも仕事のうちの1つ。苦手な人でも、「やらなければいけない仕事である」といった意識のもと行動してみるとできるものです。

ゲーム感覚で楽しむ

「どうすれば今日までにこの仕事を終われせることができるのだろう」と、ゲームをクリアしていく感覚を持って働くことで楽しみが生まれ、会社に行くモチベーションに繋がります。

タスクをこなすことでレベルアップしていくといった「仕事はゲームと同じ」という感覚を持つことで、仕事を楽しみながら成果に繋げてることが可能です。

以下の記事では仕事を効率化するヒントを紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

仕事に対して自信を持てない人の解決策

一生懸命仕事に取り組んでも結果が出ない人や、怒られてばかりの人は「自分にこの仕事
は向いていない」「必要とされていない」とネガティブに捉えてしまい、自信がなくなっていくため、どんどん会社に行くのが嫌になってきます。

ここでは、そんな人への対処法を紹介していきます。

小さな目標を決めて達成する

なにか小さな目標を達成して成功体験を得ることで、自分のやるべき仕事に対して自信がつき、会社に行くモチベーションに繋がります。

「目標時間内に仕事を終えることができた」「今日は契約を一件取ることができた」などの達成経験で十分です。

大きなプロジェクトの成功などではなくて全然構わないので、一つ一つの積み重ねが自信へと繋がるのです。

とことんその分野に対して研究する

仕事に自信がないことは、その分野の知識・経験不足の裏返しとも取れるでしょう。何を聞かれても答えられるくらいの専門知識をつけることで自信に繋がり、仕事も楽しくなっていきます。

自信の無さは、勉強することによってカバーできる部分が大きいので、できる限りの努力はするべきです。

自分に対するハードルが高すぎないか見直す

「これくらいはできて当たり前」といった仕事に対するハードルを自分で高く設定しすぎているせいで、全く超えることができず自信をなくしていないか一度見直してみましょう。

傾向として仕事に真面目な人ほど陥りやすい現象なので注意が必要。目標の設定は重要ですが、高すぎても低すぎても効果的ではありません。適切な目標設定を行って課題を達成し、自分で成長を実感することもとても大切です。

仕事に対しての自信や楽しさを失っては本末転倒なので、まわりの期待以上に自分で仕事のハードルを上げすぎていないかよく考えましょう。

異動を申し出る

どうしても今の仕事が自分に合っていないと感じたら異動を申し出ましょう。実際に業務を行ったところ、仕事内容が自分とはどうしても合わないといったことは十分に考えられます。

無理に頑張ろうとしても精神的に追い詰められるだけなので、できるだけ自分がストレスを感じずに、能力を最大限に発揮できる部署への異動を希望しましょう。

仕事よりも楽しいことがある場合の解決策

なにかしらの趣味や副業などに楽しさを感じていたりする人の中には、そちらに気を取られてしまい会社に行くのが嫌になってしまう人もいます。

そういった方たちへ向けた解決策をここでは紹介します。

仕事はお金のためと割り切る

楽しいことをするには、なにかとお金が必要です。だとすれば「仕事はお金のため」と割り切り、楽しいことをするために仕事は必要不可欠なことと考えましょう。

やりがいや楽しさで比較してしまうと、もちろん魅力的なのは好きなことです。その要素で負けている会社には行きたくないといった感情に陥ってしまうのもムリはありません。

同列のこととして比較するのはやめて、お金のための仕事をどのようにこなすかを考えましょう。

仕事を最大限に効率化して短い時間で稼ぐことができるようになれば、楽しみのために頑張れます。仕事がその楽しいことの一部に感じられるレベルになれば、おのずと会社に行きたくなるでしょう。

逆に仕事のモチベーションに変える

楽しみが仕事終わりに待っていると考えることでモチベーションに繋がり、会社も頑張って働こうといった気持ちになります。

残業がある職場だと時間通りに業務を終わらせなければ、楽しみに使える時間が無くなってしまうので、そのぶん作業のスピードも上がるのです。

思い切って有給休暇を取る

もはや仕事が手に付かないレベルなのであれば、有給休暇を取って集中的に取り組むのもアリ。

一度区切りがつくまで存分に取り組んでみることで、気持ちも落ち着き、スッキリした気分で会社に行くことができるでしょう。

天気が悪い時の解決策

天気が悪い日は気持ちが落ちこんでしまいがちです。髪型のセットやお化粧が上手くいかなかったり、低気圧の影響から体調不良になったりする人もいるでしょう。

ここでは、そういった方たちが会社へ行きたくなる対処法を紹介します。

小物でテンションを上げる

雨の日には欠かせないグッズである傘やレインブーツを、自分の好きなブランドやデザインのものから選ぶことにより外に出ることが楽しみになります。

雨の日を楽しむ」くらいの気持ちで会社に出社すれば、気持ちは晴れやかになれるでしょう。

自律神経の乱れを整える

低気圧の影響で頭痛や体調不良となってしまう人の大半の原因は「自律神経の乱れ」なので、そこを整えるだけで天候に左右されることも少なくなります。

「早寝早起き」「十分な睡眠を取る」「規則正しい食生活を心がける」など、普段の生活を見直し改善することで自律神経の乱れはよくなるので、一度見直してみましょう。

雨の日だけの「お得」を楽しむ

会社に行きたい気持ちを盛り上げるために、雨の日だけの「お得」を楽しみましょう。

雨の日は外に誰でも外に出たくないもの。そのため、集客アップをはかるために雨の日セールやポイント2倍などのキャンペーンを行う飲食店や小売店もあります。

少し豪華なランチを食べたり、帰りにショッピングを楽しんだりすれば、雨の日に対しても前向きになれるでしょう。

やりがちなNG行動

会社に行きたくない気持ちが募ってストレスが溜まり、ついついやってしまいがちなNG行動があります。

ここでは、そのNG行動をピックアップして紹介しますので、参考にして気をつけるようにしてください。

暴飲暴食でストレス発散

食べ過ぎや飲み過ぎで、会社に行きたくない気持ちを発散するのはやめましょう。ついついやってしまいがちな行為ではありますが、それで体調を崩してしまっては元も子もありません。

また、お酒を飲みすぎた次の日に出勤となると、余計行きたくない気持ちに拍車がかかってしまいますので、暴飲暴食は絶対にやめましょう。

現実逃避をする

今抱えている問題から目をそむけても、何も現状は変わらないので、現実逃避をするのはやめましょう。

会社に行きたくないのであれば、「なぜ行きたくないのか」「どうすれば悩みが解決するのか」「自分はどうしたいのか」など、自分自身にしっかりと問いかけて問題を解決しなければいけません。

現実から逃げずに、しっかりと向き合っていきましょう。

イヤイヤ仕事をする

頑張って会社に行っても、イヤイヤ仕事をしているとよくない影響が出てしまいます。無理して仕事をすることでプラスに働くことはありません。

イヤイヤ働いている気持ちが表情や行動に出てしまうことで、人間関係の悪化や営業先とのトラブルなどにも繋がります。

作業効率が下がる

会社に行きたくない気持ちで働くと、仕事に身が入らなかったり、全く手につかなかったりして作業効率が下がってしまいます。

やる気のない状態で働いているのも、上司や同僚にバレてサボっていると見られ、嫌われる可能性もあるので気をつけましょう。

仕事で成果も出ないので負のスパイラルに陥る

無理をして働いていると、もちろんですが仕事への向上心が全く生まれず、成果をあげることはできません。

成果が出ないと誰にも認めてもらえず楽しくもないので、更に仕事のやる気が出なくなる、といった負のスパイラルに陥ってしまいます。

イヤイヤ仕事をしていると、どんどん深みにはまっていってしまうので、やるからにはきっちり働きましょう。

「会社に行きたい」と思えるやりがいのある仕事に変える

もしも、今の会社にどうしても行きたくないのであれば、「会社に行きたい」と思える職種に転職するのも1つの方法です。

ぜひ「こういった考え方もあるのか」と思っていただければ幸いです。

イヤな仕事を楽しい仕事に変える

会社に行きたくない理由が「仕事がイヤ」という感情なのであれば、それを「仕事が楽しい」に変えることで会社に行きたくなります。そういった方の場合は「転職をする」という選択肢もアリ。

転職することでイヤな仕事から抜け出すことができ、楽しいと思える仕事を任されることになれば、「会社に行きたくない」といった悩みも解決します。

ただし、「入社してみたら思っていた仕事ではなかった」という場合も考えられるので、転職する前にはしっかりと転職先での業務内容を把握しておきましょう。

転職活動のサポートが欲しい人は、無料で転職活動をサポートしてくれる「転職エージェント」を利用するのもよいでしょう。

そもそも会社に行かない働き方もある

「会社に行きたくない」と多くの方が悩みを抱えていますが、そもそも会社に行かない働き方の「フリーランス」や「在宅ワーク」といった道もあります。

案件によっては毎日家での仕事も可能です。特に「ITエンジニア」のフリーランスは給料も高く需要も高まっているのでおすすめです。

フリーランスになる方法は以下の記事で詳しく解説しています。興味のある人は確認してみてください。

まとめ

会社に行きたくないという気持ちには必ず理由があります。理由を知る事で対処できる悩みもあるので、その悩みの原因をまずは探ることが大切です。

その悩みが解決できれば自然と会社に行くのも楽しみになってくるでしょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?