コアタイムとは?制度の仕組みや遅刻・半休の基準なども含めて解説【フレックスタイム制の基礎知識】

働き方改革が進み、好きな時間に働けるフレックスタイム制を導入する企業が増えてきました。フレックスタイム制において、働き方に大きな影響を与えるのがコアタイムです。

この記事では、コアタイムの意味やメリット・デメリット、制度の仕組みなどについて解説していきます。

今後、ワークライフバランスを重視した働き方を実現したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フレックスタイム制とコアタイム

コアタイムとは、フレックスタイム制を導入している企業で使われている制度です。

どのような仕組みか、関連するフレックスタイム制とあわせて具体的に解説します

フレックスタイム制の概要

コアタイムと関連するフレックスタイム制について説明しましょう。

フレックスタイム制は、社員が毎日の出勤時間、退勤時間を自分で決めることができる仕組みです。

ただし、必ず出勤しなければいけないコアタイムという時間があります。コアタイムについては後ほど説明します。

コアタイム以外の時間は自由に設定でき、その時間のことはフレキシブルタイムと呼びます。

所定労働時間さえ満たせば、ある程度自由に予定などを立てることができるでしょう。

社員は好きなライフスタイルを実現できるので、理想的な働き方と言えます。

フルフレックス(スーパーフレックス制度)

定められた月間の労働時間を満たせば、勤務時間を従業員の裁量で決められる制度を、フルフレックス(スーパーフレックス制度)と言います。

会社が働くことを許可している時間なら、いつでも自由に出勤・退勤をすることができます。企業によっては、仕事をする場所の裁量も与えられているケースもあります。自由度がさらに高い仕組みで、社員1人1人に合った働き方を実現できるでしょう。

デメリットとしては、会議の際に、社員が集まる時間をいちいち確認し、設定する必要があります。会社内や取引先との連絡が滞ってしまう可能性もあるでしょう。

コアタイムの意味

コアタイムとは、フレックスタイム制の中で「この時間からこの時間までは必ず勤務しなければいけない」という仕組みを指します。

全社員が必ずその時間は勤務する必要があります。働き方改革が進み、注目されるようになった言葉の1つです。

コアタイムは英語では「core time」と表記し、直訳すると「核となる時間」となります。

また、コアタイムと似た言葉に「モアタイム」があります。言葉の響きが似ているので、間違いやすい言葉です。モアタイムは金融機関のシステムを指す用語。言い間違いに気をつけましょう。

コアタイムの適用例

コアタイムにはどんな適用例があるのでしょうか。紹介します。

休憩を挟んでのコアタイム

比較的多いのが、休憩を挟んだコアタイムです。

例えば「11時から13時、15時から16時」がコアタイムとします。この場合、11時までは自由時間で、13時から15時までは休憩時間にあてられます。16時以降はいつでも退社可能です

休憩時間なしのコアタイム

休憩時間のないコアタイムもあります。

例えば「11時から15時」がコアタイムだとしたら、この間の4時間は働かなければなりません。この間は食事などの休憩ができないので、11時より前か、15時以降に休憩をとる必要があります

休憩時間なしのコアタイムは、シフト制の仕事などで適用されることが多いです。

コアタイムで働く際に知っておくべきこと

ここでは、コアタイムを設けている会社で働く際に知っておきたいことを紹介します

一般の会社とは就業規則等が違うので、事前に把握しておくといいでしょう。

必須の勤務時間

例えば、会社が勤務を許可している時間帯が8時から20時だったとしましょう。

その中で、コアタイムが11時から15時までと決まっていれば、その時間は必ず勤務しなければいけません。その時間以外は個人の裁量で出勤・退勤時間を決められます。

必須の勤務時間は会社ごとに異なりますが、昼前後から夕方前にかけてが多いようです。

コアタイムに遅れると遅刻扱い

コアタイムに遅れると遅刻扱いになります。例えばコアタイムが11時からの場合、その時間に遅れると遅刻です。

コアタイムはゆとりをもった時間設定がなされていることが多いので、遅刻をするような時間ではない場合が多いです。

コアタイム内の中抜け・半休には申請が必要

コアタイム内の中抜け・半休には申請が必要。前述のように、11時から15時がコアタイムならその時間は働かなければなりません。

私用でこのうちの半分を休むならば、それは半休扱いになります。急用で中抜けをする場合も申請をしなくてはなりません。

コアタイムのメリット

では、コアタイムにはどんなメリットがあるのでしょうか。それぞれ紹介します。

通勤ラッシュを回避できる

毎日の通勤ラッシュで、朝からストレスを抱えている人も多いでしょう。

コアタイムがあると、通勤ラッシュ時間を避けて、座席が空いている時間に電車に乗ることができます。

余裕をもって通勤できることにより、ストレスが軽減され、仕事の生産性も高められるでしょう。

以下の記事では、満員電車のストレスを軽減する対策について紹介されています。満員電車でストレスを抱えている方は、ぜひこちらを読んでみてください。

仕事と子育て・介護の両立が可能

午前中と夕方に自由時間を確保できるので、子育でや介護との両立も可能です。

心に余裕を持ちながら、保育園の送り迎えや、介護を行うことができます。例えば、11時から15時がコアタイムなら保育園や病院への送迎も可能です。

残業の軽減に繋がる

残業時間の軽減にも繋がるでしょう。勤務時間がしっかり管理されているため、ダラダラ働くなどの無駄な時間が減ります

コアタイムは短時間集中の働き方になるので、仕事の効率もいつも以上に高まります。

精神的な負担の減少

時間に追われる生活から解放され、仕事面での精神的負担が減るでしょう。

自分の好きなことに使える時間も増えます。趣味や家庭の時間などに時間を費やせると、ストレスも軽減できます

コアタイムのデメリット

では、コアタイムにはどんなデメリットがあるのでしょうか

取引先との勤務時間にズレが発生しやすい

フレックスタイム制を取り入れている企業はまだ多くはないので、取引先との勤務時間にズレが発生しやすいです。

取引先の担当者と連絡がつかなかったり、業務が滞ったりということが起こりやすくなります。出勤時間をきちんと伝えたり、何人かで業務をカバーするなどする必要があるでしょう。

社員同士のコミュニケーション量が減る

出勤する時間が減る分、社員同士のコミュニケーションが減る可能性があります

それぞれ決められた時間で業務をこなさなければいけないので、オフィスで会ったとしても雑談の時間などは減るでしょう。

職種によって向き不向きがある

他の部署や企業との連携が多い職種は向いていません

とりわけ、サービス業や営業職などは、どのタイミングで対応が必要になるかわからないので、制度を導入しにくい職種です。

コアタイムがある仕事に就く方法

コアタイムのある仕事に就くには、フレックスタイム制のある仕事を探すのがおすすめです。ここでは、おすすめの転職サイトを紹介します。

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

リクナビNEXT」では「フレックス勤務OK」の項目から求人を探すことができます

筆者がフレックスタイム制で求人を探したら、34,522件の求人がヒットしました。

女の転職Type

出典:女の転職Type

女の転職Type」では、フレックスタイム制の転職・求人情報を見ることができます。女性向けなので、子育てに力を入れたい人にはおすすめです。

CAREER INDEX

出典:CAREER INDEX

CAREER INDEX 」では、80の転職サイトをまとめて使えます。

フレックスタイム制の項目で調べることもできるのでおすすめです。筆者がフレックスタイム制で検索すると10,477件の求人がヒットしました。

まとめ

ワークライフバランスを求めて働くためには、まずはどんな働き方の制度があるかを知ることが大切です。フレックスタイム制におけるコアタイムについても、知っておく必要があります。

この記事が、あなたの理想の働き方を実現するきっかけになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました