仕事が暇な時の10の対処法。評価・スキルをアップする時間に変えるために

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

この記事では、仕事が暇な時間を評価アップ・スキルアップにつなげる時間に変える10の対処法について紹介します。

そのような対処法を実践しても暇すぎる状況が解決できなかった場合にやるべきことも解説していますので、現状を変えるための参考にしてください。

評価アップやスキルアップができると、仕事を効率が高まり、ワークライフバランスの実現にも近づくでしょう。

以下の記事では、ワークライフバランスのメリットや実践方法について紹介しています。こちらも合わせて御覧ください。

暇でやることがない時間を評価アップにつなげる対処法

暇でやることがなく、ムダになってしまっている時間を評価アップにつなげる対処法について解説します。

積極的に仕事をもらいに行く

暇でやることがない時間を評価アップにつなげる一番シンプルな方法は、自ら仕事をもらいに行くことです。

何もやることがないからといってダラダラしていれば、あなたの評価は上がることはありません。

そこで、上司に対して「何かできることはありませんか?」と聞けば、「じゃあ、このデータをまとめておいてほしい」と依頼される場合もあります。

上司は仕事の割り振りがスムーズに行えて助かりますし、あなたに対する信頼や評価も上がるでしょう。

その時に依頼することがなかったとしても「チームとして働くことが意識できていいる」と認識されるでしょう。

営業職は情報収集と情報発信が重要

営業職であれば、お客さま先などからお困りごとなどの情報収拾を行い、それを解決する情報を提供することも仕事を獲得するアプローチになるでしょう。

まずはお客さま先に足繁く通い、信頼関係を築くことが大切。その上で、悩みごとや課題に関する情報を集め、解決策を考えて提案します。

これは取引先を開拓できるだけでなく、既存顧客からの新規案件の獲得にもつながるおすすめの方法です。

まわりに意欲をアピールする

もし、上司が忙しくしていて、あなたへの対応が負担になりそうな場合は、周囲の人に仕事はないか尋ねるのもおすすめです。

人にわざわざ頼むほどじゃないけれど、やってほしいことがある人は意外に多いもの。

これはまわりへの仕事に対する意欲のアピールにつながり、暇を持て余している人という印象を払拭できます。

暇な時間で清掃や雑用を進んでこなす

上司に聞いても、まわりの人に聞いても特にやることがなかった場合には、清掃や雑用を進んでやりましょう。

まずは自分のデスクを整頓し、仕事が来た時にすぐに取りかかれるように準備。それが終わったら、共有スペースも清掃しましょう。

書類のコピー・データの整理・不足品の補充など、みんなが手が回らないちょっとした雑用をこなせば職場での仕事が行いやすくなります。

気持ちよく仕事ができる環境を整えてくれる縁の下の力持ちとしてまわりから重宝されるはずです。ただし清掃や雑用をやることで仕事をしていると勘違いしないように注意。

業務のマニュアルを作成する

暇を持て余している時間を利用して、業務に関するマニュアルを作成しましょう。

特にベンチャー企業など、時間や人手などのリソースが限られている場所ではあなたの評価につながります。

また、自分自身の仕事の手順の整理や他の人のナレッジを吸収するチャンスにもなることもメリットです。

新規事業の提案を行う

「会社に仕事がない」が仕事が暇すぎる理由なのであれば、新規事業の提案を行いましょう。

もちろん、これは少し難易度の高い方法。その分、新規事業を立ち上げて成果を挙げれば、あなたの評価は大きく上がります。

もしも実現がしなかったとしても、自分が仕事を作るという目線が持てることが重要。

任された仕事をこなすだけではなく、どうすれば会社にとって利益を生み出せるか、より生産性の高い業務とは何だろうと考えながら仕事に取り組めるようになるでしょう。

すぐに成果は出なくても、このような考えを持って働くことは長期的にあなたを成長させます。

新規事業については姉妹サイトで詳しく解説されているので、合わせてご確認ください。

新規事業はなぜ失敗するのか?新規事業の成功確率をあげる方法を大解説! | テックキャンプ ブログ
新規事業はなぜ失敗するのか 大手企業などでもこぞって新規のビジネス立ち上げを図るようになりました。 ただ、新規事業やスタートアップの成功確率は極めて低く、米国の起業家養成型ベンチャーキャピタル「Yコンビネータ」のポール・グレアム氏によると、スタートアップの93パーセントが失敗するとのことです。 ニーズを汲み取らず発進

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

仕事が暇な時を生かしてスキルアップする対処法

次に、仕事が暇すぎる時間を生かしてスキルアップする対処法について解説します。

業務効率化に励む

暇な時間を利用して、普段何気なく行なっている業務にムダがないかを考えて業務効率化に励みましょう。

業務への理解が深まるだけでなく、効率化を実現できれば結果として自身のスキルアップにもつながります。

また、チャットツールやタスク管理ツールなど、必要に応じて新たなシステムやツールの導入も提案。それが的確かつ効果的であれば、評価アップも期待できます。

業務効率化の方法については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

業務で使っているツールのスキルを磨く

Excel・Word・スプレッドシートといったオフィスソフトなど、会社で使っているツールのスキルを暇な時間に磨くのもおすすめ。

たとえば、オフィスソフトであれば、業務に必要な最低限のスキルを身に付けるのは基本。その上で、関数などを利用して自動化の提案やデータの抽出もできるとよいでしょう。

頼まれた時に必要な対応をすぐにできる部下を上司は頼もしく思うはずです。

ビジネスマナーについて理解を深める

ビジネスマンにとって必須のスキルがビジネスマナー。ビジネスマナーは汎用的なスキルですので、暇な時間に理解を深めておいて損はありません。

「正しいビジネスマナーを身に付けている」と自信を持って言える人はあまり多くないと思います。

例えば、重要な取引先と大きな商談に臨む機会があるかもしれません。その際に、付け焼き刃のビジネスマナーでは不安です。時間がある時にしっかりと学んでおくことをおすすめします。

また、ビジネスマナーと同様に汎用性の高いコミュニケーションスキルを身に付けるのもよいでしょう。

ITリテラシーを身に付ける

ビジネスマナーと同様に暇な時間に身に付けておきたいのがITリテラシー。

ITリテラシーとは、簡単に言うとPC・スマホ・インターネットなどを自分の目的に合わせて活用できる力です。

現代のビジネスシーンにおいて、どのような職種であってもまったくITが導入されていない状況は稀でしょう。

そして、今後はさらにITの導入による新たなビジネスの開拓などのDX(デジタルトランスフォーメーション)が進むと予想されています。

そのような時代の変化に対応するためには、最低限のITリテラシーは必須です。暇な時間を使ってITに対する理解を深めましょう。

実務に役立つ資格の勉強をする

実務に役立つ資格の勉強は、キャリアアップや給与アップに直結するおすすめの対処法です。

暇な時間を有効活用でき、実務に対するスキルも高まるので一石二鳥。

また、資格の取得という明確な目標ができるので、モチベーションアップにもつながります。

転職を考えている人は、転職先で役立つ資格や色々な職場で役立つITパスポートのような資格を取るのもよいでしょう。

このようにさまざまな対処法をしっかりと理解しておけば、暇な時間は評価アップやスキルアップにつながる有意義な時間に変えられます。

仕事に本当に役立つ資格は姉妹サイトで解説しているので、こちらも確認してみてください。

資格取得マニアならないために|本当に仕事に使える資格はこれだ! | テックキャンプ ブログ
「もっとパワーポイントで見やすい資料が作れたらなあ」 「エクセルを使いこなせればもっと仕事が早くなりそうだなあ...」 「どうせなら実際の業務に活かせる資格を取りたいな!」 今の業務の完成度をワンランクアップさせたい!と思ったことはありませんか? 資格の勉強をすることで、業務で使えるスキルが身につけば一石二鳥ですよね。

それでも仕事が暇な状況が改善できない場合は

評価アップやスキルアップの対処法を実践しても、仕事が暇すぎる状態が変わらない場合もあります。

以下で、そのような場合に取るべき行動について解説します。

部署の異動を希望する

どんなにやる気を見せて、成果を挙げても上司があなたを認めない場合には異動願いを出しましょう。

なぜなら、上司はあなたに対する個人的な感情から、そのようなパワハラまがいの態度を取っている可能性があるからです。

「こんなことで異動願いを出してもいいのだろうか…」と悩むかもしれません。

しかし、じつは人間関係や上司に関する悩みは転職理由の上位に入る多くの人が悩む問題。あなただけではないので、ためらう必要はありません。

実際に、エン・ジャパンのアンケートを見ると、転職した人の本音の理由ランキングには「上司と合わない」が2位にランクインしています。

リスクを抑えて職場環境の変化が期待できる異動願いをまずは出してみましょう。

別の職種・企業・業界の情報を集める

暇すぎてつらいという状況が改善できない場合には、別の職種・企業・業界の情報を集めて自分を客観的に分析してみましょう。

まず、メリットとして暇な時間を潰せることが挙げられます。

そして、あなたは自分が思っている以上に働いていることに気がつくかもしれません。プライベートを今まで以上に充実させて、仕事とのバランスを取るのも一つの方法。

暇で悩んでいるのですから時間はあると思います。さらにお金に余裕があるなら、新しい趣味を始めるのもおすすめです。

趣味で悩んだら以下のサイトにある記事も見るのがおすすめです。
https://tech-camp.in/note/pickup/60657/

新たな環境を求めて転職する

暇な状況が改善されず、他の職種や企業について調べていくうちに気になる仕事を見つけたら、思い切って転職するのもアリです。

仕事をしたいという気持ちを行動で証明しても変わらず、異動願いも受理されないなら新しい環境を自分で開拓しましょう。

ただし、転職先でも暇すぎて悩む可能性は0ではないことを忘れないでください。

暇すぎることで悩む人は仕事に対する意識が高い人が多いと思います。もっと働きたいという気持ちはとてもよいことですが、焦りは禁物。

転職エージェントなどの専門家に相談して、企業や業界の研究を十分に行い、納得できる転職を実現しましょう。

転職エージェントについては姉妹サイトで詳しく触れています。ぜひ参考にしてください。

転職エージェントと直接応募のメリット・デメリットを解説!採用に有利なのは? | テックキャンプ ブログ
この記事では、転職エージェントを利用したほうがいい人、直接応募したほうがいい人の特徴を挙げます。あなたはどちらに多く当てはまるのか、チェックしてください。そして、転職エージェントと直接応募のメリット・デメリットを理解し、納得した上で転職活動を進めましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?