「やりたい仕事」を見つけるコツを解説。楽しみながら働ける仕事をしよう

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「今の仕事は楽しいですか?」

この質問に自信を持って「はい」と答えられる人は少ないでしょう。

あなたも今の仕事に楽しみを見出せず、「このまま続ける自信がない」と感じている一人かもしれません。

そこでこの記事では、あなたが楽しみを感じられる「やりたい仕事」を見つけ方を解説します。

やりたい仕事ができると、休日も満喫できるようになり、ワークライフバランスの実現にも近づくでしょう。

以下の記事では、ワークライフバランスのメリットや実践方法について紹介しています。こちらも合わせて御覧ください。

やりたい仕事を見つけるコツ

「あなたのやりたい仕事は何ですか」と尋ねられても、はっきり答えられない人が多いです。

ではやりたい仕事を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは5つのポイントで解説します。

やりたいことをできる限りリストアップする

やりたいことを頭の中で一生懸命考えても、

「稼げないかもしれない」
「仕事としては成り立たないかもしれない」

と、いつの間にか自分で打ち消してしまうことがあります。

おすすめは、実際に紙に書き出してリストアップする方法です。

その上で大切なのは、この段階では「思いつくまま書き出すこと」。途中で考え直して、書いた項目を消してしまうのはNG。

そうやってどんどん書き出していくうちに、何か仕事に繋げられるヒントが見つかる可能性があります。

以下の記事では、やりたいことリストの書き方とコツについて紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

候補をいくつか作っておく

「やりたい仕事」を、初めから特定の職種に絞ってしまうのはリスキーです。

なぜならその職種に就けなかった時、その他全ての仕事が「やりたくない仕事」になってしまうからです。

1つの角度だけでなく、様々な角度で「自分がやりたい仕事」を考えましょう。例えば以下のようなポイントで挙げていくのもコツです。

  • 十分な収入を得られる仕事
  • 自分の手で何かを作り出せる仕事
  • 若くても実績があれば評価される仕事
  • プライベートの時間を確保できる仕事

こうやって3〜4つは候補を作っておくようにすると、仕事に就けないリスクが下げられます。

過去に楽しかったことを思い出す

もし「やりたいこと」と言われてもピンとこない場合は、「過去に楽しかったこと」からヒントを得ましょう。

例えば学生時代の学園祭などでもいいでしょう。そのようなワクワクした思い出があれば、なぜそれが自分にとって楽しかったのか、どのような部分で充実感を得ていたのかを掘り下げていきます。

例えば以下のように展開できるでしょう。

  • 運営実行委員長としてメンバーを取りまとめるのはやりがいがあった
    将来的には人を率いるような仕事に就きたい
  • 学園祭の看板作りなど、仲間と協力し合って作品を作り上げる満足感があった
    チームでクリエイティブな仕事がしたい
  • サークルの出し物の宣伝方法を創意工夫するのが楽しかった
    人の心に響くようなコンテンツ制作に携わりたい

もし、やりたいことがどうしても見つからない場合は以下の記事を読んでみてください。すらすら書ける切り口を紹介しています。

将来どんな自分になっていたいか考える

あなたが理想とする将来像から、今やっておくべき仕事を逆算する方法もあります。

例えば「5年後には起業して経営者になりたい」という目標があるとしましょう。

どのような事業で起業するかが明確にあれば、そのために必要なスキルをリストアップすると、現在やるべきことが見えてきます。

逆に「起業」自体が目標なのであれば、個人でも起業・独立を図りやすい仕事を選ぶのも一つの方法です。

以下の記事では副業から起業につなげる方法を解説されているので、参考にしてください。

起業・独立を考えている人が副業から始めるべき理由!おすすめの副業も紹介 | テックキャンプ ブログ
独立したいと考えているが、いきなり会社を興したり、独立するのは不安。 将来的にフリーランスになったり起業したいと考えている人の中には、このような不安を抱えている方も多いです。収入が大幅に減少したり、事業が安定しない間は働きづめとなってしまう可能性もあります。 もし将来的に独立を考えている方は、まずは小さく稼ぎながら、軌

この他にも以下のような将来像から、あなたの今すべき仕事をピックアップしてみましょう。

  • 5年後には結婚して子供をもうけ、マイホームも購入したい
  • 会社や場所にとらわれない自由な働き方がしたい
  • 20代前半は今の会社で経験を重ね、後半になったらキャリアアップのために転職したい

やりたくないことを考える

ここまで紹介したのは、あなたの「やりたいこと」「楽しかったこと」「将来なりたい姿」から仕事を考える方法でした。

一方で「やりたくないこと」から仕事を考える方法もあります。これはネガティブな方法と捉える人も多いかもしれません。

しかし長く仕事を続けるためには、やりたくないことを極力避けることも大切です。

例えば以下のようなことをピックアップして、大きく当てはまらない職業を選ぶ方法もあります。

「やりたくないこと」の例

  • ルーチンワーク
  • 体力的にキツいこと
  • 睡眠時間を削ること
  • 年功序列な仕事
  • 説教をされること
  • 説教をすること
  • 飲み会の幹事
  • 上司の機嫌取り
  • 汚いこと
  • 明確な目的がないこと
  • 生活リズムが乱されること
  • プライベートの時間がなくなること

やりたい仕事の方向性が見えたら行動に移す

ここまでに紹介した方法を試すことで、今のあなたがどんな仕事をしたいのが見えてくるでしょう。

少なくとも「こんな業界で働いてみたい」「こんな職種に就きたい」などの方向性はわかると思います。

方向性が見えたら、より具体的な職種を見つけ、その職種になるための対策を練る段階に移ります。

具体的な方法についてはこちらの記事で解説されています。合わせてご覧ください。

やりたい仕事に就くための方法!あなたの理想を実現する第一歩 | テックキャンプ ブログ
今の仕事に楽しみを見出せず、続ける自信がないのであれば、今一度あなたの「やりたいこと」を見つめ直しましょう。自己分析や業界研究をしっかり行えば、きっと「楽しみ」や「やりがい」につながる仕事を見つけられます。この記事ではそのコツについて解説します。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました