コミュニケーション能力が低いのを改善する方法。役立つスキルも紹介

コミュニケーション能力はどのように改善すればいいのでしょうか。

この記事では具体的な改善方法と、コミュニケーション能力を高めるメリットを解説します。

コミュニケーションが円滑になると、仕事もプライベートもうまくいきます。ワークライフバランス実現のためにも参考にしてみてください。

コミュニケーション能力が低いのを改善するメリット

コミュニケーション能力が低いのを改善すると、ビジネス面だけでなくプライベート面でもメリットが得られます。

以下ではコミュニケーション能力改善のメリットを紹介します。

チーム全体の作業効率がアップする

コミュニケーション能力を高めると、チームメンバー同士でホウレンソウをこまめに取れるようになります。

そのためチーム全体の作業効率が上がります。また、相手が今抱えている仕事量や状態、感情を把握する力も備わるでしょう。

上手く人に仕事を回せるようになり、スムーズに業務を進行できます。

周囲との信頼関係が築ける

相手の気持ちを汲み取る力が高められるため、信頼関係構築に役立ちます。

ビジネス面では上司や部下との関係を良好に保てますし、クライアントからの評価も上がるでしょう。

仕事全体の評価を上げられるため、大きなメリットになります。

警戒心を和らげられる

コミュニケーション能力が低い人は、自分でも気づかないうちに壁を作ってしまいがちです。

しかしコミュニケーション能力を高めて自信がつくと、そのような警戒心を和らげられるでしょう。

近寄りやすい雰囲気が出るようになるため、新たな出会いが見つかるケースもあります。

周囲からの理解が得られる

相手の気持ちを察知し、相手の理解度に合わせて表現を変えられるようになるため、自分の気持ちを上手く伝えられます。

これは、大切な商談でも大いに役立つスキルでしょう。

周囲に人が集まる

信頼関係を築けるようになると、周囲に自然と人が集まってきます。

自分が困ったときに頼りにできる人を増やせるため、ビジネスでもプライベートでもスムーズに物事が進むようになります。

大きな仕事を任せられる

上司からも信頼されるようになり、徐々に責任ある仕事を任せられるようになります。

大きな仕事を任せられるチャンスも訪れるでしょう。

新たな出会いが広がる

コミュニケーションの幅が広がり、これまで話す機会がなかった人ともやりとりできるようになります。

「とっつきにくい」と思われていた人とも会話できるようになるでしょう。新たな出会いにつながることも考えられます。

人生が楽しくなる

コミュニケーション能力の低さがコンプレックスになっていた場合、改善することで自信がついたり、日々の生活が楽しくなったりします。

他人に対する恐怖心がなくなり、生きやすくなるのを感じられるでしょう。

コミュニケーション能力が低いのを改善する方法

では、コミュニケーションが低いのを改善するにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは9つの方法を紹介します。

まず聞き役に徹する

はじめに、人の話を最後まで聴く努力をしましょう。

相手への理解に努め、相槌をうちながら相手が話終わるのを待ちます。

相手の意見を受け入れる

相手から何か意見を述べられたときに、否定から入らないでおきましょう。

まずは相手が感じること・求めることを受け入れ、肯定するようにします。

相手の立場で考える

相手の考えを「全く理解できない」と諦めないでください。

そのためには、相手が座る椅子に自分が座るのをイメージするのが役立ちます。

何か質問されたのなら、その意図を相手の立場で考えると良いでしょう。

相手に共感する

コミュニケーション能力の低さをコンプレックスに感じる人の多くは、「上手に話さなければ」と思っています。

しかしコミュニケーション上は「聴く力」も重要なスキル。相手の話をただおうむ返しするだけでもいいのです。

「そうなんだね」「そう感じたんだね」と相手の気持ちを受け入れ共感すると、相手が「もっと話したい」と感じてくれるようになります。

下記の記事では「聞き上手」になるためのスキルについて紹介されています。こちらも参考にしてみてください。

円滑なコミュニケーションを取る際に必要な「聞き上手になるためのスキル」を紹介 | テックキャンプ ブログ
双方にとって良い信頼関係を築けるコミュニケーションには、話すためのスキルだけがあればいいという訳ではありません。話すスキルのほかにも聞くスキルを持ち合わせていなければ、円滑なコミュニケーションは実現しにくいのです。本記事ではそのような「聞き上手になるためのスキル」について紹介します。

相手の気持ちを引き出す

相手の立場で考えた後は「第三者の立場」で物事を見てみましょう。

そこで感じた疑問を相手にぶつけてみると、うまく会話が続くこともあります。

自分の気持ちが伝わっているか尋ねる

一方的に話してしまう癖がある人は、相手が理解できているか確認するのを習慣づけましょう。

その上で、相手が自分の話に理解できていないようであれば、表現を変えることが大切です。

結論から伝える

誰かに何かを説明する時に、結論から伝えてみましょう。

例えば上司に対して、「△△の案件で私は□□で進めるのがいいと思うのですがどうでしょう」など。

特に時間がない相手には、結論から述べると伝わりやすいです。理由を問われたらその結論に至るまでの流れを説明すれば良いでしょう。

相手のペースに合わせて話す

相手が小さく話すなら自分も小さな声で、相手が興奮気味に速いスピードで話すなら自分も速く、など。

相手の調子に合わせると一体感が生まれ、会話が弾みやすいです。

このように相手のペースに合わせることを「ペーシング」と言います。後ほど解説しますので参考にしてください。

身振り手振りなどの視覚情報を上手く使う

コミュニケーションで重要なのは言葉だけではありません。

表情や身振り手振り、声の大きさなどのノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)を活用することで、意思疎通を円滑にできます。

また、紙に書いて説明するほうが伝わりやすいケースもあるでしょう。相手の理解度に合わせて伝え方を工夫することが大切です。

コミュニケーション能力を高めるのに役立つスキル

コミュニケーション能力においては、「話す力」だけでなく「聴く力」や「理解する力」も重要です。

ここではそのような、コミュニケーション能力を高めるのに役立つスキルを4つ紹介しましょう。

傾聴力

コミュニケーション能力の高い人は「聞き上手」な人が多いです。

そしてただ聴くだけでなく、相手の立場を理解しながら話を聴けます。このような姿勢を傾聴と言います。

傾聴力を高めると、コミュニケーションに非常に役立ちます。相手の態度と姿勢を意識し、信頼関係を築く反応ができるようになるからです。

傾聴力を磨く方法は以下の記事で解説されています。こちらも参考にしてください。

「傾聴力はコミュニケーションの基本スキル」メリットと誰でも身に付くトレーニング方法を解説 | テックキャンプ ブログ
プライベートでもビジネス面においても役立つスキルである「傾聴」。本記事では、「傾聴力とはどういったものか」から、「メリットとトレーニング方法」についてまで解説します。また、傾聴するうえでNGな振る舞いなども紹介。傾聴力を身に付けたいと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

共感力

コミュニケーション上で、相手の気持ちを汲み取ることは非常に重要。そのために必要なのが共感力です。

共感力が磨かれると、相手の話に興味を持って耳を傾けることができ、自然と相手の気持ちを引き出すことができます。

プライベートだけでなくビジネスでも非常に役立つスキルでしょう。

理解力

コミュニケーション能力を磨くためには、相手が伝えてきたことに対してきちんと理解する力が必要です。

理解力がないと、相手が「わかってくれていない」「何度言っても伝わらない」と感じる原因になるでしょう。

理解力を高めるためには、まずは相手のことを「知りたい」という気持ちを大切にすること。

また、読書量を増やしてあらゆる知識に触れたり、アウトプットの機会を増やしたりするのも有効です。

理解力を鍛える方法は以下の記事で解説されています。こちらも参考にしてください。

「理解力がない人」からの脱却!理解力を高める8つの方法とおすすめの本も紹介 | テックキャンプ ブログ
物事の仕組みや状況を適切に判断する能力を指す理解力は、トレーニングによって高めることが出来ます。「もう理解力がない人だと言われたくない」という方のために、本記事では理解力を高める8つの方法を解説します。

ペーシング

コミュニケーションを円滑にするためには、相手が「話しやすい」と感じられる雰囲気を作る必要があります。そのために役立つのがペーシングです。

ペーシングとは、相手のペースに合わせるコミュニケーション技法。

声のトーンや大きさ、呼吸のリズム、感情の起伏を相手に合わせることで、スムーズに信頼関係を築けます。

コミュニケーション能力が低いのは改善できる

コミュニケーション能力が低いのを、幼い頃からコンプレックスに感じている人もいるでしょう。

しかしコミュニケーション能力の低さは改善できますし、高めることでビジネス・プライベートいずれにおいても好影響が期待できます。

あなたもこの機会に、自分のコミュニケーションの方法を見直し、信頼関係を築けるコミュニケーション手法を試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました