「もしかして浮いてる?」職場で孤立した時にとるべき7つの対策

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「最近、職場でなんだか浮いている気がする」
「職場で孤立しているように感じ、仕事にも支障が出てきた」

職場で浮いてしまうと、仕事も円滑に進みません。場合によっては、あなたのワークライフバランスも崩れてしまうでしょう。

そこで、この記事では職場で孤立する4つの原因、孤立しないための7つの対策方法を解説します。

職場での孤立を自覚する5つのケース

職場で「なんだか浮いてる?」と感じるケースは人それぞれ。

ここでは職場での孤立を自覚する5つのケースを見ていきましょう。

職場の人とのコミュニケーションがどこかぎこちない

職場で自分から同僚に話しかけたとき、反応がいまいちだったことはありませんか。

また話し続けたいのにやけに遮られたり「後にしてくれる?」と言われてそのままになったり。

このようなことが続くと「避けられているのかも」と感じる要因になるでしょう。

飲み会に呼ばれなくなった

職場で開催される飲み会に声がかからなくなるのも、孤立を自覚する代表的なケース。

もともと飲み会の席が苦手だった人はまだいいでしょうが、参加・不参加を聞かれることもなくなるのは寂しい気分になるでしょう。

そしてSNSなどで同僚同士が飲みに行っているのを知ってしまったり、職場内での会話の中でそのことに気づいてしまったりすると、さらに孤立感を深めてしまいます。

仕事がしにくくなった

職場でのコミュニケーションがぎこちなくなり仕事にも影響し始めると、改善が必要になってきます。

例えば社内で共有されることが自分の耳に入らなくなったり、明らかに自分に情報が来るのを防ぐような雰囲気を感じたりしているのであれば、対策を考えましょう。

自分が出社すると変な雰囲気になる

自分が出社したときや休憩室に入ったときに「何だか不穏な空気が流れる」といったこともあるでしょう。

このような状況に頻繁に出くわすと「自分の陰口や噂話をされているのでは?」と不信感が募り、居場所がなくなったように感じてしまいます。

いじめられているようにも感じ、精神的に不安定

悩みここまであげた状況が継続していて、いじめのように感じることもあるでしょう。

業務に支障をきたすような状況では仕事に集中することもできず、精神的に不安定な状態に陥ることも。

出社するのが辛かったり、職場のことを考えるだけで体調を崩したりするケースもあります。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

職場で孤立する4つの原因

そもそも前項のような状態になるのは何故なのでしょうか。

ここでは職場で孤立する主な原因を4つ紹介します。

そもそも人付き合いが苦手

そもそも集団の中にいるのが苦手な人は、職場で孤立する傾向があります。

基本的に一人でいるのが好きで、飲み会に誘われてもあまり参加しない人などです。

仕事上必要最低限のコミュニケーションに留めること自体は問題ないでしょうが、あまりにも無愛想な態度を取られては、相手が悪い印象を持ってしまいます。

ときには「感じが悪い」「付き合いが悪い」と思われることもあるでしょう。

性格に難あり

周囲と調和がはかれない性格の持ち主は、職場で孤立することが多いです。

例えば以下のような振る舞いをする人は、周囲の人が負の感情を抱く原因になるでしょう。

・同僚や先輩からのアドバイスを受け入れない
・「手伝って」と言われても断る
・陰口や噂話が好き
・マイナス思考でいつも否定から入る

このような態度は「一緒にいて心地よい」と思われにくく、自然と人が離れていく要因になってしまいます。

仕事上ミスが続いている

仕事でミスをすること自体は問題ではありません。ミスが繰り返されることに問題があります。

1回や2回のミスなら周囲もフォローしてくれるでしょう。

しかし改善の努力を怠ったり、アドバイスしても自分のやり方を曲げなかったりすると、周囲の人が呆れ、離れていく原因になります。

周囲から嫉妬されている

本人にあまり問題がなくても、職場で孤立するケースがあります。

それは、周囲から嫉妬心を抱かれている場合。仕事ができ上司から評価されていたり、その評価が給与などに反映されていたりすると、同僚から妬まれることも。

ときには「女の武器を使っているのでは」「媚びを売るのがうまい」などと勝手に噂されることもあるでしょう。

職場で孤立しないための7つの対策

では、職場で孤立しないためにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは7つの対策を紹介します。

必要最低限のコミュニケーションはとる

人付き合いが苦手でも、仕事上支障が出ない程度のコミュニケーションは取るようにしましょう。

飲み会に必ず参加する必要はありません。しかし節目に定期的に開催される会にはなるべく参加することをおすすめします。

そのような場で会話を交わせば、良き理解者と巡り合えることも考えられます。

以下の記事では、円滑なコミュニケーションをとるためのアサーショントレーニングについて解説しています。こちらも参考にしてみてください。

話しやすい雰囲気を作る

職場の人から話しかけられたときに、無愛想な態度をとっていませんか。

自分ではそんなつもりがなくても、真剣な表情が怒っているように見えたり、もともと目力がある人は横目で見ただけで睨んでいるように見えたりすることも。

もしそのような自覚がすでにあれば、意識的に表情をやわらかくする努力が必要でしょう。

体調を整える

体調が悪い状態で出社すると余裕がなくなります。

周囲からのヘルプ要請を断ってしまったり、表情が暗く話しかけづらい雰囲気を出してしまったりするでしょう。

そんな状況が続けば、周囲に悪い印象を与えてしまいます。まずは休日をリフレッシュに徹し、自分の体調を整えましょう。

また信頼できる人物に悩み事を相談するのもおすすめです。自分を大切にできれば、周囲の人も大切にできるでしょう。

ミスを素直に認める

自分がしてしまったミスは、きちんと認めましょう。そして周囲からのアドバイスを真摯に受け止めます。

何か指摘されても反論ばかりしていては、周囲の人が離れてしまいます。

謝るときは潔く謝り「どうすればいいでしょうか」「何かアドバイスお願いします」と謙虚な気持ちで改善に取り組みましょう。

基本的なビジネスマナーを見直す

基本的なビジネスマナーが身に付いていないせいで孤立していることも考えられます。

例えば「丁寧な言葉遣い」「清潔感のある髪型や服装」「気持ちの良い挨拶」などは、職場だけでなく取引先やお客さまに対しても影響を及ぼします。

悪口や陰口を言わない

悩み「人の悪口や陰口を言っていいことはまずない」と考えましょう。また人を容易に差別したり軽視したりするような言動もNGです。

会話するたびにそのような話題を持ちかけてしまうと、相手が不快な気持ちになり「あまり話したくない」と思われる原因になります。それよりもまずは自分のことや仕事に集中しましょう。

謙虚な気持ちを忘れない

周囲からの嫉妬で孤立している場合は「自慢をしていないか」「成果をひけらかして傲慢な態度になっていないか」をチェックしましょう。

成果をあげても嫉妬されない人は、周囲への感謝の気持ちを忘れません。

そして自分が成果をあげた方法を周囲に惜しみなく共有でき、チーム全体を押し上げる力を持っています。

職場での孤立を気にしない方法もある

職場での孤立は、自分の力ではどうしようもないことも。

そのような場合は孤立を気にせず、仕事に集中するのも一つの手です。

以下の記事では「職場であえて馴染まない」という考え方を紹介しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?