「転職したけど職場に馴染めない」と感じる時にやるべきこと

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「転職して数ヶ月経つが、どうしても職場に馴染めない…」

新しい職場での困り事として多いのは、人間関係ではないでしょうか。特に転職した場合は、同期入社の社員が自分一人ということも珍しくなく、最初は既存社員と少し距離を感じてしまいがち。

仕事を円滑に進めてワークライフバランスを実現するためにも、今すぐできる対処法を試してみましょう。

この記事では今からでも間に合う、職場に馴染み良好な人間関係を作るコツを解説します。

「職場に馴染めない」と感じる原因を考えよう

まずは、あなたがなぜ今の職場に馴染めていないのか考えてみてください。

苦しい気持ちになるかもしれませんが、現状を改善するためだと思い少しだけガマンしましょう。

その原因は大きく2つに分けられると思います。

・自分に原因があるケース
・自分以外の部分に原因があるケース

さらにこの2つを具体的に見ていきます。あなたはどちらに当てはまるのか、分析してみましょう。

自分に原因があるケース

まずは自分自身に原因があるケース。この場合、現在の職場で見せている態度や考え方を改めることが求められます。

周りに合わせて自分のスタイルを変えるのは、少し納得がいかないところもあるかもしれません。しかし、職場に馴染めない理由が自分にあるとわかれば、次の「自分以外の部分に原因があるケース」よりも簡単に改善できます。

ではその原因になる要素は何なのか、次の2つを詳しくみていきます。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションに苦手意識がある方は、職場に馴染めないと感じやすい傾向があります。

自分から積極的に行動を起こせず、周囲に馴染めないまま毎日過ごしてしまう…心当たりはないでしょうか。

コミュニケーションをとることから逃げてしまうと、人間関係を作るチャンスを逃してしまうことになります。

ただ、悲観的になる必要はありません。このケースでの解決方法はシンプルです。「自分から職場の人に声をかける」だけ。もっとも簡単に解決できる原因と言ってもいいでしょう。

職場の人に声をかけるコツについては、本記事の後半にて紹介します。

以下の記事ではコミュニケーションに苦手意識を感じてしまう人に試して欲しいことが紹介されています。こちらも参考にしてみてください。

どうしてもコミュニケーションに苦手意識を感じてしまう人に試してほしいこと | テックキャンプ ブログ
誰でもコミュニケーション能力を高められるかというと、そうではありません。向き不向きがあります。しかし、コミュニケーション能力が低いからといって悲観的になる必要はありません。この記事では、コミュニケーションに対する苦手意識を解消するコツと、あなたの得意を活かしていく考え方などについて解説します。

仕事に慣れておらず人間関係まで手が回らない

入社してまだ日が浅いうちは、仕事に慣れるので手一杯になりがち。

そのような状態で社内の人間関係までうまく回そうとすると、キャパオーバーになってしてしまう恐れがあります。

職場では仕事が最優先。それがわかっているからこそ、忙しさのあまり人間関係をおろそかにしてはいませんか。

このケースも解決は簡単。もう少し仕事に慣れるのを待てばいいのです。仕事が落ち着いたら、改めて人間関係の構築に時間を使いましょう。

自分以外の部分に原因があるケース

続いては、自分以外の部分に原因があるケースです。

こちらは、職場によっては解決が難しい可能性があります。自分が原因ではない分、自分自身の頑張りだけではどうにもできない場合が考えられるのです。

例えば、次の2つ。このような時は、工夫が必要となるでしょう。

すでに輪が出来ている

転職した人が経験しがちなパターンとして、職場ですでに輪が出来ており、その中に入りにくくなっているということがあります。

新卒入社の社員も新しい職場で働くという意味では転職組と変わらないように見えます。しかし、新人は同じタイミングで入社した同期社員が複数いる場合があり、その中で輪を作りやすいです。

社内的にも新卒歓迎会などが開催され、歓迎ムードになります。

転職してきた中途社員にも歓迎会を開いてくれる会社はあるでしょう。しかし、繁忙期と入社タイミングが重なってしまったりすると、歓迎会などが開催されないことも考えられます。

社内の人とタイプが合わないと感じる

会社は社員の人間性も見て採用してますが、社内での人間関係がどうなるかまで予想はしていないでしょう。

そのため、入社したら社内の人と全くタイプが合わなかったという状況になる可能性もゼロではありません。

全くコミュニケーションをとらないままタイプが合わないと判断するのは尚早です。

しかし、いろんな人と話したり、食事をしたりなどしても合わないと感じるならば、職場に馴染むこと自体難しいかもしれません。

このようなケースでは、無理に馴染もうとする必要はないでしょう。後述しますが、会社は友達を作る場ではなく仕事をする場。仕事が問題なく回っていれば、人間関係に悩まなくてもいいのです。

下記の記事では人間関係にとらわれない考え方について紹介されています。こちらも参考にしてみてください。

その他どうしても馴染めない理由がある

ここまでに紹介した職場に馴染めない原因以外にも、考えられるパターンはあります。

・理不尽なことを命令する上司
・自分のことを無視してくる同僚
・職場の集まりに顔を出せないほど大量の仕事

これらは仕事や生活に支障が出る要素です。職場に馴染む馴染まない以前に、あなたが働く環境そのものを見直すべきでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

お互いに距離は詰めにくいもの

関係を構築するには、どちらかが歩み寄らないと難しいです。

自分だけなく、周りの人も遠慮したり、様子を観察したりしすぎて距離が詰めにくくなっていることも考えられます。

特に先ほど説明した「コミュニケーションが苦手」「仕事が忙しい」という方は、このような状況になっている可能性が高いです。

自分も周りの人も話してみたいと考えているのに、何もできないままでいるのはもったいないです。まずは以下の内容を参考に考え方を変えてみましょう。

立場や年齢を意識せずフラットに接するのがベター

職場の人間関係が難しく感じるのは、年齢や立場、入社歴が関係してくるためではないでしょうか。学生時代の友人とは関わり方が違います。

特に転職すると、年齢は自分が上なのに入社歴は自分より年下の社員の方が長いなど、年齢や立場、入社歴によるギャップが生まれがち。

このような場合、どのようなスタンスでコミュニケーションを取ればよいか悩むところだと思います。

基本的には、敬語でフラットに接するのがベターです。その中で交流が生まれてきたら、スタンスを作り上げていけば遅くありません。

最初から立場や年齢を意識しすぎるくらいなら、誰にしても問題の起こらない接し方をしてみましょう。

悩んでいるのは自分だけではない

社内での人間関係に悩んでいるのは自分だけとは限りません。

自分が行動を起こすことで、同じように会社に馴染めないと感じている方の悩みを解決することも可能です。

数十人から数百人と働いている職場なら、社内全ての関係がうまくいっているとは考えられません。

「自分の行動が社内の誰かの助けにもなる」と思えば、行動する意欲が湧いてきませんか。

大切なのは自分からの働きかけ

どんな状況であれ、職場に馴染むには自分からのは働きかけが大切です。

何もしないままでいると、人間関係に悩む時間もその分長くなります。

職場は仕事が回れば問題ない環境だからこそ、社員同士の関係が希薄のだとそのままになってしまいやすいです。

自分の状況を変えられるのは自分だけ。誰かの助けを待つのではなく、まず自分自身でできることをやってみましょう。

そのヒントを以下で解説します。

まずは1人だけ食事や飲み会に誘ってみよう

まずは誘いやすそうな人を1人だけ食事や飲み会に誘ってみてください。それを何度か繰り返します。

誘うのは同じ人でも別の人でも構いません。毎回別の人を誘い、来てくれた人を次の会にまとめて誘えると関係性は広がりやすいので理想的です。

それが難しくても、あなたが社内の人をよく誘っていることを知って、参加したい人が増えるかもしれません。小さな行動でも続けていくことで、コミュニティが少しずつ広がっていきます。

自分から積極的にあいさつしよう

コミュニケーションの基本はあいさつです。

自分から元気にあいさつしていけば、これまで関わりがなかった人と会話をするきっかけになることも。

また、積極的にあいさつする人は印象がよく、後述する「誘われやすい人」と思われやすいです。

周囲の人たちのあなたに対する印象を変えるためにも、あいさつを徹底しましょう。

わからないことはどんどん質問しよう

自分の直属の上司や先輩、同じ部署の同僚以外にも質問してみましょう。意外とそこから話が発展することもあります。

関係性作りのきっかけとしてだけでなく、仕事に慣れる上でも大切なことです。

社内のいろんな部署・チームの人から話を聞くことで、今の仕事への理解を深めることにもつながります。

そうして仕事に慣れていき、社内交流の時間を作っていきましょう。

社内の人間関係を観察しよう

社内で輪ができていて入りにくい…と感じている方は、改めて社内の人間関係を観察し、把握してみてください。

どうしても人数が多く、社内でも力を持つグループに目がいきがちですが、職場のグループはその1つとは限りません。

少人数で楽しんでいるグループや、基本的に1人で過ごしている人など様々な関係性が見つかるはずです。

その中からあなたが馴染めそうなグループ・人にアプローチしていきましょう。

次第にあなたの評判が広がる

自分から積極的に働きかけることで、あなたの活動が社内に広がっていくでしょう。

結果、活動的な人だということが評価され、他の人から誘われる機会も増えます。

何よりも、それだけ社内の人と交流しようとしている姿は、他の人からすると食事や飲み会に誘いやすいです。

仕事で大きな成果を残せば認められる

やはり自分から行動する勇気が出ない…という方もいると思います。

しかし、まだ手は残されているのでご安心ください。

その方法は、仕事で大きな成果を残すことです。職場ではやはり成果を出す人こそが高い評価を受け、周りの社員からも実力を認められます。

それが社内での交流を増やすきっかけにもなるのです。

あなたの話を聞きたいと感じる人が増える

仕事で成果を残すことは、同じ社内で働く人たちに共通する目標です。

あなたに実力があるとわかれば、どうやって成果を出しているのか知りたくて声をかけてくれる人も増えるでしょう。

成果を残そうとするあまり仕事で手一杯になってしまったとしても、結果はあなたにとってプラスに働きます。

「誘いやすそうな人」になっていく

その他の方法としては、あなたが思い描く「食事や飲み会に誘いやすそうな人」を目指し、自分を作り上げていくことです。

こうすることで、次第にあなたが行動をしなくても社内の誰かがあなたを誘ってくれる状態を作ることも可能です。

以下の例を参考に、これからの振る舞いを見直してみてください。

よく集まりに参加している

社内のイベントや歓送迎会などといった集まりによく参加している人は、飲み会や食事にも誘われやすい傾向があります。

これは「集まりに参加する=付き合いがいい人」というイメージが理由でしょう。

また、参加率が高いということは社内の人間関係を重視している人という見方もされるはず。

結果「この人は誘えば来てくれる」というイメージを周囲の人に持ってもらいやすくなるのです。

1つの集まりに参加することは、次の集まりに呼んでもらえるきっかけになり、職場の人たちに馴染みやすくなっていきます。

誘いをあまり断らない

軽く飲み会に誘うにしても、心のどこかで「断られたらショックだ」と感じているものです。そのような心配をせずに誘える人もいますが、そう多くはないでしょう。

断られるリスクを考えると、誘う側としては「あまり断らない人」を選んで声をかけたいところです。

普段から誘いを断らずにいると、あなたの印象は「断らない人」になり、あらゆるタイミングで声をかけてもらいやすくなるでしょう。

無理のない範囲で、誘いに乗るのは効果的です。

普段から楽しそうにしている

一緒にいて楽しい時間を過ごせそうな人は、積極的に声をかけたくなるもの。

日頃から笑顔で楽しそうに働いている人や、明るく元気な人となら楽しめそうだと思いませんか。

少なくとも不機嫌そうで表情がない人を誘ってみようとは思いにくいでしょう。

先ほどあいさつについても触れましたが、楽しそうで元気なことを周りの人に知ってもらうには、ハキハキとあいさつすることが肝心です。

話題をたくさん持っている

話の引き出しをたくさん持っている人は、食事や飲み会の場で重宝されます。

理由は、話を聞くだけでも面白そうですし、仮に気まずい空気になっても話題を変えて打開してくれそうだと期待されやすいからです。

ニュースや新聞、ネット記事などで情報を仕入れておくと話題には困りません。スキマの時間を使って話題が尽きない人を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

自分もよく人を誘っている

誘われる人は、自分もよく誘っている人であるケースが多いです。

人を誘って何かしようとしていると、時間的な余裕があることのアピールにもつながります。

つまり、少々ネガティブかもしれませんが「あの人は暇そうだから逆に誘えばいつでも来てくれるだろう」と周りの人に認識してもらえるのです。

もちろん、自分から誘うことにポジティブな要素もあります。

例えば、あなたが社内の人を飲みに誘って断られたとしましょう。その相手は断ってしまったことを申し訳なく思っており、別の機会にあなたを誘ってくれた、という流れになることもあるのです。

自分がやってあげたからこそ、相手もお礼に何かしてあげたくなる。このような感情の動きを利用することにもつなげられます。

馴染めそうにないなら割り切ることも大切

どうしても馴染めない事情がある場合、社内での人間関係を割り切ることも大切。

実際のところ、職場の雰囲気に馴染めなくても仕事が順調に回っていれば何も問題はないのです。以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?