個人事業主のメリット・デメリットとは?個人事業主になった方のリアルな声も紹介

ワークライフバランスよく働きたい方にとって「個人事業主」になることはメリットが多いと言えます。ただ一方でリスクやデメリットもあることを知っておきましょう。

この記事では個人事業主のメリット・デメリットを詳しく解説します。実際に個人事業主になった人のリアルな声も紹介するので、参考にしてください。

個人事業主として働くメリット

個人事業主が会社員と比較してどのようなメリットがあるのかを紹介します。

自由な働き方を目指している人にとって、個人事業主は魅力を感じる点が多いでしょう。

働く時間をコントロールしやすい

個人事業主は、基本的には働く時間を自分で自由に決めることができます。そのため実現したいワークライフバランスや生活リズムで仕事がしやすいといえます。

好きな場所で働ける

特にパソコンだけできる仕事であれば、働く場所を選びません。自宅やカフェなど好きな場所で働くことができます。

以下では「家でできる仕事」を紹介しています。気になる方は読んでみてください。

家でできる仕事を本業にしたい人向け!おすすめの仕事12選
「自宅でできる仕事がしたいけれど収入は大丈夫かな…?」在宅ワークを中心とした家でできる仕事を本業にすると、自由に使える時間が増え、ライフワークバランスよく働けるというメリットがあります。でも同時に、お金を稼げるか心配という方も多いのではないでしょうか。この記事ではある程度の収入が見込める、本業にするならおすすめの「家でできる仕事」を紹介します。

得意分野ややりがいのある仕事に専念できる

会社員の場合、自分の得意な仕事だけができるわけではありません。苦手な仕事や嫌いな仕事をしなければならない機会もあるでしょう。

個人事業主であれば、やりたくない仕事は自分でコントロールして「やらない」と決めることができます。得意分野に集中して極めることや、自分がやりがいを感じる仕事を注力して行うことができます。

人間関係の悩みが減る

よくある職場内の人間関係の悩みも、個人事業主なら少なくなります。会社員と比べて、人と直接会う機会が激減することがほとんどだからです。

会社の煩わしい人間関係がなくなれば、毎日をもっと気持ちよく過ごせるという人も多いのではないでしょうか。

よくある人間関係の悩みについては以下の記事で紹介しています。

仕事・人間関係のよくある悩みとおすすめの解決策を紹介
ほとんどの人が、何かしら悩みを抱えて生きています。健康や人間関係、あるいは原因はわからないけれど漠然とした悩みをもっている、なんてこともあるかもしれません。本記事では人が抱えるよくある悩みと、その解決策について紹介します。人間関係の...

集中して仕事ができる

1人で自宅で働いている場合、人が多くいる会社と違って周囲に人がいないため、集中しやすい環境といえます。また自宅のデスクや椅子などを調整して、自分好みの集中しやすい環境をつくれるため集中力を保ちやすいでしょう。

集中が切れたらカフェなどに場所を移動して、気分を切り替えて仕事をすることもできます。

完全な実力主義

個人事業主は、自身の努力や能力次第で報酬が変わります。会社員で「実力や頑張りに比べて給与が低い…」という悩みを持っている人は特にメリットを感じるポイントでしょう。

実力があれば、いくらでも収入をアップさせることが可能です。

個人事業主のデメリット

個人事業主には多くのメリットがありますが、個人事業主ならではのリスク・デメリットもあります。

よい面だけではないことを知っておきましょう。

仕事を獲得できないと収入がなくなる

会社員であれば、一定の給与をもらえる場合がほとんどでしょう。しかし個人事業主は、仕事が獲得できないと収入を得ることができません。

「今月は収入が0円…」なんてことも起きる可能性があるのです。

自己管理が大変

スケジュール管理・体調管理など、個人事業主は自己管理ができる人でないと続けることが難しいです。

進捗が遅れてしまった場合には、依頼主からの信用がなくなり次の仕事に繋がらなくなることも多いです。また会社員と違って有給はないため、体調を崩して休んでいるときはその時の収入がゼロになります。

孤独を感じやすい

従業員を雇わず1人で仕事をするのであれば、孤独を感じやすくなるでしょう。仕事の依頼主との連絡も基本的にはチャットツールなどでテキストで行うことが多いです。

コミュニティに属さないぶん人間関係の悩みから開放されますが、精神的に孤独になりやすいことは知っておきましょう。

事務作業を自分でやらなくてはいけない

確定申告・保険加入など、会社員であれば専門の部署がやってくれる事務作業を、個人事業主は自分でやらなくてはなりません。

確定申告や保険に関する事務作業はある程度知識が必要です。面倒に感じる人も多いのでデメリットといえるでしょう。

クレジットカードを作りにくい・ローンがおりにくい

個人事業主は会社員に比べ、社会的な信用が低くなるといわれています。そのためクレジットカードやローンの申請が通りにくいです。

クレジットカードが作りたい時や住宅ローンを組みたいときに、非常に不便です。

福利厚生がない

会社員の場合、勤めている企業によっては通勤手当・家賃補助・資格の取得支援などの福利厚生があります。また失業した場合も失業保険を受け取れる場合もあります。

しかし個人事業主は福利厚生がありません。自由に働ける分、移動やスキルアップのための費用などはすべて自分で負担しなくてはなりません。

個人事業主の方のリアルな声

Twitterにあった、個人事業主として働く方々のリアルな声を紹介します。個人事業主になった方は、以下のようなメリット・デメリットを感じているようです。ぜひ参考にしてください。

まとめ

個人事業主のメリット・デメリットと、個人事業主として働く方々のリアルな声を紹介しました。個人事業主になることを視野に入れている方はぜひ参考にしてください。

また以下の記事では「そもそも個人事業主とは?」「フリーランス・会社員との違い」といった基本的なことから、「個人事業主になるためにやること」「会社員との納税額の違い」まで詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

個人事業主とは?会社員・フリーランスとの違いや、個人事業主になるために必要なことを解説
ワークライフバランスのよい働き方を目指して情報収集していると、聞き慣れない言葉にも出会いますよね。この記事では、わかるようでわからない「個人事業主」について解説します。個人事業主とはなにか、会社員と何が違うのか、どうやってなるのかわかりやすく説明します。
タイトルとURLをコピーしました