毎日上司にビクビク怯える…。心的負担を感じずに恐いと感じる人と付き合う方法

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「チームメイトや上司が恐い人で、詰められたり怒られたりしすぎて精神的に参っている…」

と感じているあなたに向けて。

この記事では「恐いと感じる人との上手な付き合い方」や「第三者に協力してもらっての具体的な改善策」をお伝えします。

仕事でのストレスを減らして、ワークライフバランスの実現した生活を手に入れましょう。

  1. 仕事で感じるストレスの理由上位は人間関係
    1. 人間関係はすぐに改善することが難しい
  2. 相手を恐い人と感じる5つの原因
    1. 原因1:攻撃的な言葉遣いをする
    2. 原因2:怒鳴ったり大きな物音を立てたりする
    3. 原因3:問題点を執拗に指摘されたり詰められたりする
    4. 原因4:嫌悪感をあからさまに態度にだす
    5. 原因5:人格を否定される
  3. 恐いと感じる人との付き合いかた3つのポイント
    1. ポイント1:事実と解釈を一緒にしない
    2. ポイント2:否定を全面的に受け入れて自分を責めない
    3. ポイント3:相手が自分と上手くいっているイメージを想像する
  4. 自分ひとりで解決できないときは第三者に現状改善をお願いしよう
    1. ステップ1:第三者に仲裁をお願いする
    2. ステップ2:現状整理
    3. ステップ3:3人で集まり仲裁者に解決策を提案してもらう
    4. ステップ4:解決策のすり合わせと承諾
    5. ステップ5:定期的に解決策が機能しているか確認する場をもうける
  5. どうしても辛いときは転職もひとつの手段
    1. 自己分析して自分が快適に働ける環境を明確にしよう
    2. 業界研究・企業研究をして自分にあった業種・職種・会社につこう
    3. 面接の際に社内の様子を質問してみよう
    4. 人間関係に縛られない自由な働き方を目指すならエンジニアがおすすめ!
      1. エンジニアの仕事内容
      2. エンジニアに向いている人
      3. エンジニアで働くことのメリット
  6. まとめ

仕事で感じるストレスの理由上位は人間関係

社会人になると誰もが仕事でストレスを感じるようになります。仕事によるストレスの原因は人間関係によるものが上位を占めているよう。

以下がストレスの原因を順位別にならべたものです。

1位:上司との人間関係(38.9%)
2位:同僚との人間関係(29.0%)
3位:仕事の内容(27.2%)
4位:仕事の量が多い(26.8%)
5位:給与や福利厚生などの待遇面(25.6%)

人間関係が起因のストレスの理由を詳しくみると、1位は上司つぎに同僚と続いています。

アンケートデータを見ると社会人の多くが同様のストレスを抱えている模様。「自分だけが職場の人間関係に悩んでいたわけじゃないんだ」と思うと少し安心できますね。

▼引用記事:マイナビニュース|「職場のストレス原因、1位は?」
https://news.mynavi.jp/article/20180516-631687/

人間関係はすぐに改善することが難しい

人間関係をよい方向に改善することは時間がかかりますし、なかなか難しいことです。特に上司は関わりたくなくても、仕事をする上で絶対にかかわらないといけない存在。

たとえ上司との人間関係にストレスを抱えていたとしても、自分の意思と判断を持てている状態なら上司とも対等にやりあっていけるでしょう。

あなたは上司を恐いと感じながらも以下のような状態だと言えますか?

・自分を押し殺していない
・マイナス思考になっていない
・冷静な態度で客観的な意見を言うことができいる

もしも「はい」と答えられない方は、ストレスが高負荷でかかっていると可能性があるので注意が必要です。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

相手を恐い人と感じる5つの原因

それでは、具体的にどんなことをされると「恐い」と感じてしまうのでしょうか?

原因1:攻撃的な言葉遣いをする

強い言葉を自分に向けられると人間は傷ついてしまうもの。特にキツイと感じる言い方をわざとされるすると「自分のことが嫌いなのかもしれない」と思ってしまいます。

原因2:怒鳴ったり大きな物音を立てたりする

音をつかって相手を威圧する行為を繰り返し行われると、ちょっとした物音にも次第に恐怖を感じるようになります。

原因3:問題点を執拗に指摘されたり詰められたりする

人間だれもが失敗したり至らない点があるものです。でも、それをわざわざ見つけ出して毎回指摘されたり詰められたりすると、新しいことに挑戦できなくなります。

また、普通の業務を行う際も「これで本当にあっているのか?」と疑心暗鬼になりますし、上司に軽く質問することができなくなっていきます。

原因4:嫌悪感をあからさまに態度にだす

表情や態度で嫌悪感をわざと示されるとどんな人でも確実に傷つきます。そういう態度をとられるかもしれないと思うと仕事の話であってもコミュニケーション取るのが憂鬱になってしまいます。

原因5:人格を否定される

「だからお前はダメなやつなんだ」などと、自分自身を否定されると、自信を失っていき自分自身で判断することができなくなっていきます。判断能力を失うと仕事を正確に行うことが難しくなります。

恐いと感じる人との付き合いかた3つのポイント

相手を恐いと感じる原因がわかっている場合、どのような付き合いかたをすればいいのでしょうか?

「相手を変えることはできない」という前提をもって、まずは自分の考え方や態度を変化させいきましょう。

ポイント1:事実と解釈を一緒にしない

「攻撃的な言葉遣いをする」「怒鳴ったり大きな物音を立てたりする」「嫌悪感をあからさまに態度にだす」相手に対しては”事実と解釈を一緒にしない”ことが重要です。

例えば「自分のことが嫌いだからそういった態度を取るんだ」と考えるのではなく「今朝、朝食に食べようと楽しみにしていたパンにカビが生えていたから機嫌が悪いんだ」などと考えるんです。

「相手の態度がよくない」という事実に対して、その解釈を自分意外の外におくことで、心の平和を保てますしモヤモヤとしたりやるせなかったりする気持ちもなくなります。

ポイント2:否定を全面的に受け入れて自分を責めない

「問題点を執拗に指摘されたり詰められたりする」「人格を否定される」相手に対しては”否定を全面的に受け入れて自分を責めない”ことが重要です。

例えば「相手の言うとおりだ」と思って自分を責めそうになったら、指摘された部分をポジティブな面から捉え直してくれる人に話してみるといいでしょう。

ものごとには二面性があります。ある人にとって悪いことでも、別の人にとっては良いこともあります。いい部分をしれば否定された部分への負の気持ちが収まります。

ポイント3:相手が自分と上手くいっているイメージを想像する

様々な理由で恐いと感じる相手に対しては”相手が自分と上手くいっているイメージを想像する”ことが重要です。

例えば、挨拶しても無視する相手なら「自分が挨拶した時ににこやかに挨拶を返してくれる」イメージをしてみましょう。

イメージするときのコツは具体的に詳細まで想像すること。相手がどんな笑顔を返してくれたのか?相手がどんな返事をしてくれたのか?まで想像すると、その時感じる心地よい気持ちを実感しやすくなります。

自分のイメージの中で上手く振る舞えるようになったら、そのイメージの時の自分で相手にふるまってみましょう。相手の返答は関係ありません。

良い関係性を抱けている自分を現実でも演じるのです。そうすることで相手に態度に自分の気持や態度左右されなくなります。結果、相手が握っていたイニシアチブを自分が握れるようになります。

自分ひとりで解決できないときは第三者に現状改善をお願いしよう

恐いと感じている人との関係性の改善が「自分ひとりでは難しそう」「上手くやれそうにない」と思う場合は、第三者に仲裁に入ってもらうのが堅実な解決策です。

ステップ1:第三者に仲裁をお願いする

今回は恐いと感じる人が上司だと仮定してみましょう。

まずは仲裁にはいってもらう人を見つけます。ベストな人選は「自分も上司も知っている人」です。上司の上司が一番最適だと言えるでしょう。

ステップ2:現状整理

つぎに仲裁者に自分と上司の両方へヒアリングを行ってもらいましょう。

ここで聞いてもらうことは感情的な話ではなく、2人の間で起きている事実についてです。

「◯月◯日に廊下で会った時に〜という言葉を上司が発した」といったようなレベルで事実だけを細かくまとめてもらい現状を整理しましょう。

ステップ3:3人で集まり仲裁者に解決策を提案してもらう

3人で集まる場をもうけ仲裁者から自分と上司それぞれに対して解決策を提案してもらいましょう。

仲裁者に注意してほしい点は、あくまで解決策を「提案する」という姿勢でいること。

相手が否定されていると感じると逆効果になります。否定していなくても感じるので、注意してください。

ステップ4:解決策のすり合わせと承諾

解決策の内容をきちんと自分と上司が理解して承諾したら合意書にサインしましょう。

そこまで厳密にする必要ってあるの?と感じるかも知れませんが、事実を残しておくこと、それぞれのその段階での意思表明を残しておくことは、大切なことです。

人間時間が立てば考えが変わってしまうことがあります。そういったときに記録が残っていないと、うやむやにされてしまう恐れがあるのです。

ステップ5:定期的に解決策が機能しているか確認する場をもうける

数ヶ月に一度、解決策として決めたことが互いにきちんと実行されているか3人で確認する場をもうけましょう。

機能していない場合は、なぜか原因を突き止め、新しい解決策を打ち出してもらいましょう。

これを繰り返していけば、ストレスの少ない関係性へと互いにちかづいていけるはずです。

もっと詳しい内容を知りたいと感じた方は以下の動画が参考になります。

まこなり社長のyoutube:「大嫌い」な人と上手く付き合う唯一の方法

どうしても辛いときは転職もひとつの手段

恐いと感じる人が上司や同僚にいて「どうしても辛い。会社にも怖くていきたくない」と
思いつめていたり、会社にいくことすら困難になりそうだったりしたら、転職するのもひとつの手段です。

自己分析して自分が快適に働ける環境を明確にしよう

まずは自己分析をして、自分はどんな環境だったら快適に働くことができるのかを明確にしましょう。

「人間関係」なのか「お給料」なのか「仕事内容」なのか。

自分にとってなにが充実していれば、他で苦しいことや辛いことがあっても耐えられると思うのか?自分自身と向き合うことが大切です。自分の転職の軸を見つけましょう。

自己分析に関しては、以下の記事で紹介されいています。参考にしてみてください。

転職を成功に導く!自己分析の必要性と具体的な方法を紹介 | テックキャンプ ブログ
失敗を恐れて、転職になかなか踏み切れない人は多いでしょう。しかし、あるポイントを押さえれば、転職活動を有利に進められることを知っていますか? そのポイントが、「自己分析」です。「そんなの知ってるよ……」と思われたそこのあなた。あなたは、転職活動に本当に役立つ自己分析ができているでしょうか? 転職活動における自己分析は、

業界研究・企業研究をして自分にあった業種・職種・会社につこう

自分が求める環境が用意されている業界・企業はどこなのか?業界研究と企業研究を重ねて明確にしていきましょう。

「業界研究や企業研究ってどうやってするの?」と疑問をもっているかたは以下の記事で紹介されているので参考にしてください。

就職・転職で失敗しないために!業界研究と企業研究のコツを解説 | テックキャンプ ブログ
就職や転職に必要な「業界研究・企業研究」のやり方について基本から解説。より採用されやすくなるポイントについても紹介します。就活生にも初めての転職となる方にも参考となる記事です。

面接の際に社内の様子を質問してみよう

企業の面接がはじまったら、しっかりと自分の想像と企業の内情が一致しているか確認しましょう。

転職先となる企業の細かい部分まではホームページでなどを使って、入社前に把握することは難しいです。

だからこそ転職時には、面接担当者に社内の様子や人間関係の質問することで実際の会社の雰囲気をつかみとることが重要です。

面接中に「何か質問はありますか?」と逆質問の機会をもらったら、どんどん気になっていることを尋ねていきましょう。

人間関係に縛られない自由な働き方を目指すならエンジニアがおすすめ!

エンジニアに少しでも興味を持っているなら、自分のやりたいことや適正と照らし合わせてぜひ検討してみるといいでしょう。

エンジニアの仕事内容

エンジニアとは、「工学(エンジニアリング)に関する専門的な知識やスキルを持った人材」を指す言葉で、日本では「技術者」とも呼ばれます。

システムエンジニア、Webエンジニア、ゲームエンジニアなどなどたくさんの種類のエンジニアが存在しており、それぞれで必要とされるスキルも異なります。

それぞれのエンジニアの具体的な仕事内容に興味がある方は以下の記事で紹介されているので、参考にしてみてください。

ITエンジニアとは?仕事内容・年収・種類・やりがいまでわかりやすく解説 | テックキャンプ ブログ
ITエンジニアと聞いて、あなたはどのような仕事内容を思い浮かべますか?この記事ではITエンジニアの種類、仕事の内容、収入、求められる能力、転職までエンジニアライフの現状を1から解説します。

エンジニアに向いている人

以下の質問に「はい」と答えられる人はエンジニアに向いていると言えるでしょう。

・プログラミングが好き
・ 地道な作業が好き
・ トライアンドエラーを繰り返すことができる人

エンジニアは先程も説明したように様々な種類があります。特にWebエンジニアに興味のある人は詳しくは以下の記事で紹介されているので、目を通してみてください。

Webエンジニアに向いてる人・向いてない人の特徴を解説 | テックキャンプ ブログ
「Webエンジニアへの転職を検討しているが、自分に適性があるか心配…」そのような悩みを抱える人向けに、この記事ではWebエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴をわかりやすく解説します。

エンジニアで働くことのメリット

エンジニアは技術さえあれば自分の望む働き方を叶えやすい職業と言えます。

人間関係で悩みたくない場合は、業務委託やフリーランスで働くこともできます。

また、お給料が高くあまり働く場所や時間にとらわれないので、自由な働き方を実現しやすいとも言えるでしょう。

まとめ

会社に勤めていれば「恐い人だな」と感じても付き合ってくしかない相手はいるものです。

たとえそんな状況に追い込まれた時でも、恐い人と上手くやっていくことができれば仕事を円滑に進められて毎日の会社も楽しめるはずなので、今回ご紹介した方法を試してみてください。

そうはいっても自分ひとりで相手との不仲な人間関係を解決することが難しい場合も。そんなときは転職をすることも一つの手段です。

自分が「いまこの瞬間幸せだ!」と感じられる日々を送れるような手段を選択をしてあげてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?